FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

吹奏楽練習待ったなし

 いよいよコンクール本番も近くなってきたので、暗譜でやらないといけない。
「ヨ~シ、みんな、楽譜を隠せ!」
と指示を出して通し練習をするが、ふと見ると、全くこっちを見てないやつがいる。何じゃコイツは?と思いつつ様子を窺っていると、全然テンポもあってなく、でも平気で、閉じた楽譜ファイルをじっと見ながら演奏しているのだ。コイツの脳味噌はどうなっているのだろう?
で、演奏を止めて、
「キミ、どこ見てんの?」
「え?」
「何で楽譜隠せ、っていったか、わかってる?」
「…」
「指揮、ちゃんと見なさいって意味だと思わなかったの?」
「え…あ、はぁ、そうです」
これが1年生ならま~だわかるんですけどね。それでもよっぽどトロイ奴だ。それが、2年ですから。こんな意味のわからない不思議ちゃんが混ざるというのも最近の子供のニューウェーブなのであろうか。一体どういう育ち方をするとこういうのが育ってくる?

それとも俺のことなんか見てるのイヤなのか、とあとで思ってふてくされました。
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2013/07/30 06:59 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

このところの天気:つけまつげとクーラー

先日、恐るべき事件が!
戻り梅雨のような、猛烈な湿気が二日ほど続いたのだが、気温が上がらないので、クーラーをつけずに過ごしていたのである。こんなご時世ですから、当然ですよね。当然、家の中は床から何から、触れるところ一切まるで湿っているようなベタベタ状態に。

そして恐るべき事件が発生した。

夜、突然家内が
「ひゃ~~~~っっっ!!!」
と聞いたこともないような悲鳴を!何事ならん、と驚いた瞬間
「虫!変な虫がっ!!!」
それは大変、変な虫ってゴキブリじゃないよね、ゴキブリならゴキブリっていうし。
でそっちに行ったというドアの隙間を見てみると、
ゲジゲジではないか!!!このところの湿気で家の中まで入って来ちゃったのか!これは恐ろしや!ゲジゲジは特に害のない節足動物であることは知っているが、あの姿と動きの速さは身の毛がよだつ。大至急殺虫剤で処理したのだが、けっこうあっけなく殺虫剤にやられてしまって(ゴキブリはそうはいかない)ちょっと見た感じかわいそうだった。
あとで聞いたら、人差し指についていて、
「あれ、つけまつげかな?」
と思ったらそいつがサワっと動いたという。つまりゲジゲジが手にたかったってこと?うわ~、想像もしたくない事態である。
で、それからというもの、ウチのリビングは何が何でもクーラーのドライを入れることにしたのだ。

ちなみに、ゴキブリもウチには生息していないが、年に何回かはトチ狂って紛れ込んでくるヤツもいる。本当に油断も隙もない。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2013/07/29 07:01 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

至高のゼロ完成(というより台無し?)

残っていた細かいデカールを適当に貼り、適当に省略して、アンテナとピトー管と機関砲を組んで、完成!ということにした。
DSC_0926s.jpg

マーキングは、なにやら終戦時に残存していたラバウルの飛行機だそうだが、脚カバーとか機関砲とかないはずなのを全部あることにして、しかも塗装のはげたのも省略!要するに「2-182号機の新品だった時期の姿」というフェイク作品、ということになりますな。
DSC_0927s.jpg

どうも、しっくりこないんだよな~このゼロ戦。妙にゼロ戦らしくない、となぜ感じてしまうのだろう。ゼロ戦以外の何者でもないのに。
DSC_0928s.jpg

ゼロ戦ですよね~。どう見ても。
DSC_0929s.jpg

プロペラの黄色塗装も、「新品時代」ということで、やっぱりフェイク。
DSC_0930s.jpg

結局、「至高のゼロ」のキットを一つ台無しにしちゃいましたね。最初から予想されたことでしたけど。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/07/28 01:11 】

零式戦闘機三機連続(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

スコールの被害

 職場からの帰りは猛烈な雷雨だった。カッパ着てれば平気だろ、と軽く考えて帰宅の途についたのが失敗だった。途中の細い道が冠水しており、そこに突っ込んでバイクのエンジンが止まってしまった。しまった!と思ったが時すでに遅く、水はスネの半分ちょい下のところまで着ている。ほとんど真っ暗だが、周辺の家は床下浸水までしてる家がありそうだ。で、止まったバイクを引きずって脱出し、それから見ると、電気系統は生きていそうだ。セルモーターを回すとエンジンがかかりそうである。お、どうにかなるか!と思ったが、ちょっと走るとすぐエンストしてしまう。その後はセルが聞かないのでキックで何度かエンジンにカツを入れ途中で止まってもキックでカツを入れ、とがんばってエンジンを回し、どうにか家にたどりついた。明日以降バイク屋さんに持っていかねばならないであろう。 とんでもない出費である。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2013/07/27 23:13 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

あわや熱中症!

 近く(といっても3~4㎞は離れている?)の市民会館で吹奏楽部はホール練習を行った。今年は新入部員が少なく、それに伴って予算規模も大幅に縮小してしまったので、去年のように単独で一日ホールを借り切るような贅沢はできず、近隣の中学校と時間をシェアしての練習会だ。ウチの学校は9寺から12寺、すなわち午前中である。
 まあ無事に練習を終了し、自転車で学校に帰ることになったのだが…。生徒がみんな自転車に乗って出発し、自分はバイクに乗って一番最後の生徒のあとからゆっくりついて行く。引率の教員がついた方がいいに決まってるからね。しかし、今回はそれがどれだけ大事か身にしみた。
 まずは市民会館を出発すると、そこは心臓破りの坂なのだ。それを自転車の部員達はみんな元気に登って行く。ところが列の最後の方の3年のトロンボーンの奴がなんだか体調が優れないらしく、自転車に乗れずに押して歩いている。最後尾担当の2年生と、仲のよい3年生が付き添って本体とどんどん遅れていく。こっちも心配だからそこについて行くのだが、本人は
「平気です」
といいつつ、ゆっくり坂を登っていく。(じゃ、坂を登り切れば、そこからはどうにかなるかな)と思っていたのだが、登り切ってもまだ自転車に乗れないようなのだ。よく見ると汗まみれで顔も真っ赤。このままいったら、学校に帰り着けないのではないのか?バイクを止めて近づき、
「おい、大丈夫か?」
「平気です。」
「顔、真っ赤じゃないか。」
「そうですか?」
「もしかして、気持ち悪いとかない?」
「ああ、そうですね。」
「おまえさ、もしかして熱中症じゃないの?ちょっとまずいんじゃないか?」
で、学校に電話して、迎えに来てもらうことにしたのだが、その会話の中の
「熱中症」
という言葉に、近くを歩いていたおばさんが2人、敏感に反応した。そして
「大丈夫?こっちに行けば日陰だよ。」
「この2軒先は公的機関だから、中に入れて休ませてもらいなよ。クーラー効いてるから、その方がいいよ。」
と言ってくれたのだ。ありがたい。地獄に仏である。でその、「上下水道センター」みたいなオフィスに入れてもらい、別の先生が自動車で迎えに来るまで置いてもらったのだが、2年生の最後尾担当は、
「座って水飲んだら回復しましたから、そうたいしたことありませんよ。」
と、至って冷静である。聞くところによると、本人は去年も同じ坂で同様な症状に見舞われたというから、熱が上がってきやすい質なのかも知れない。
 それにしても、熱中症はもはや国民的関心事。命にかかわる重大な問題として、認識されているのか、と改めて考えさせられたことである。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2013/07/26 20:30 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

予定通りの到着

 7月20日発売予定、ということでアマゾンで予約しておいたら、ちゃんと20日に届けに来た。残念ながら、その日は一日いなかったので、今日届けてもらった。

 オスプレイである。話題の。米軍が沖縄だか岩国だかに配備する、ということで、ワケのわからん連中が危険な飛行機の配備をやめろだなんて反対運動をしたりして話題になっていたが、そのうちに、思ったよりもまるっきり事故率が低くてむしろ安全だとか、沖縄に配備されなければ喜ぶのは誰か(それは中国だ)とか、そういった当たり前のことが知れ渡って行くにつれて、反対話は下火になったようだ。
 確かにYouTubeなんかにアップされているオスプレイの事故映像はなかなかショッキングだが、オスプレイに限らず飛行機の事故なんて悲惨なものに決まっていて、取り立てて騒ぐほどのものでもないし。むしろ危険なヘリコプターなんかがこれによって引退すれば、かえってよかったということにもなるであろう。
DSC_0924s.jpg
それにしても、面白い造形だな~、と当初話題になった頃からプラモデルないかいな、と思っていたのだがイタラエリの入手困難なのしかなかったので、今回Hasegawaから発売されたのはよいことである。Hasegawaのキットはかなり久しぶりである。15年以上前に一式陸攻22型を作りかけて、あまりの面倒くささに胴体左右の接着もままならないうちに引っ越し騒ぎのどさくさで捨ててしまって以来だ。(ひどい話だ。)さらに言うなら、現代機なんか作ることは滅多にない。昔ベレンコ中尉がミグ25を函館空港に強行着陸させた頃にそのミグ25とついでの勢いで作ったミグ23(これはかなりいい飛行機だ、ということがわかった)以来である。しかも、置き場所に困ってけっこう短期間のうちに処分してしまった。今回もサッサと作って完成させてHPにアップしたら近所のガキにくれてしまおうか。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2013/07/21 23:34 】

プラモデル  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ゼロ戦、牛歩その2

デカールを貼り始めた。ファインモールドのデカールは質が良くて好きである。でも、こんなにたくさん面倒なステンシルをいちいち貼っていくのは正直大変である。大きなものは貼っちゃっが、数としてはまだ半分もいってないかも。
DSC_0921s.jpg
それにしても、牛歩である。昔、ゼロ戦を工場から飛行場まで運ぶのに、牛車を使ってゆっくり壊さないようにして移動させていた、というが、こっちの工作が先へ進まないのは単に億劫なだけである。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/07/17 00:57 】

零式戦闘機三機連続(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ゼロ戦、牛歩

残すは機関砲とピトー管とアンテナ柱だけとなりました。塗装は窓枠とか。とにかくちょこっとやっては一週間あけて、みたいな鈍いことをやっているので。
DSC_0919s.jpg
でも次からはマーキングに入ろう。
21型(エアフィックス)の方も、その状態ですでに半月投げてあります。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/07/15 06:08 】

零式戦闘機三機連続(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

毎度おなじみ、百合日記

何と律儀な。ウチの植物どもは、こっちが何も手入れをしなくとも常に時期になると仕事をしてくれる。
今年もカサブランカ(っていうの?)が伸びてきたのだが、いつもとは様子が違う。
まずは6月27日。今年咲かせる花の数を宣言する時期か。
yuri20130627.jpg

7月6日、突然の梅雨明け。
yuri20130706.jpg

7月9日、蕾が急激にふくらむ。暑いぜ!
yuri20130709.jpg

7月10日、前日の夕方には開き始めてしまっていたのが。
yuri20130710.jpg

7月11日、すでに2個目の花が日開いてしまった。連日35度の猛暑である。大急ぎで仕事を済ませてしまおう、という意志がありありと伺える。
yuri20130711.jpg

7月12日、三日連続で一つずつ花が開いていく。こんなことは今まで初めてである。いつもは2~3日おいてから一つずつ咲くのであるが。
yuri20130712.jpg

7月13日、ついに4日連続、つまり同時に4個の花が咲いている。あっという間じゃないか。これではまるで桜のようにパッと咲いてパッと散ってしまう、ってやつか。ゴージャスではあるが病的だ。
yuri20130713.jpg

そして、きょう日曜日。ちょっと悲しくて百合がどうなっているのか見なかった。信じられないくらい暑い!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2013/07/14 23:11 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

こんな時だというのに!いや、だからこその破滅的行動

しばらく放ったらかしだったゼロ戦だが、ゆうべ久しぶりに箱を開け、脚とか細かいところをやってみた。
DSC_0912s.jpg
どうも至高のゼロの方がほっそりして華奢な感じがする。エアフィックスの方がぼってりしてるのか?どっちかよくはわからないが、、いよいよマーキングの工程に入ってきたか、というところである。

 それにしても、おととい発熱で休んだことで、本職の方は破滅的な状況に陥っている。やること山積だというのに、こんなことやってていいのか。あとが恐ろしいぜ。だが、精神が無意識のうちに「切り換え」を要求しているのであろう。知らんぞ!

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/07/05 06:12 】

零式戦闘機三機連続(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

またしても減俸、そしてその影響

 熱出して仕事休んだ。今も7度2分ある。腰が重苦しく痛いし、頭もがんがんする。テニス肘や五十肩がここぞとばかりに存在を主張する。体中メッチャ重い。なんだかここに来て具合を悪くすることが多いのだが、今回ばかりは心理的なものが大きいかも。
 というのも、公務員の給与削減がついに我が身にも降りかかり、3月までの減俸分が30万になろうかという。何でこんなにストレスの多い職場で、しかも給料下がるって?やってられないじゃん!と何かをつかんで床にたたきつけたい気分なのだ。一番もらっていた時期に比べると、年額で100万以上の削減である。その上今年初めに騒ぎになった退職金大幅削減。とにかく、スト権交渉権のない異常な職場で上からのお達しには素直に従うしかない立場。文句を言わないという保証があるところからガンガン減らしていく。まさに弱いものイジメである。もちろん、民間なんかはもっと大変なんだから、とおっしゃる向きもあろうが、年々困難になる仕事を続ける身としては、やることが逆だろ、という思いはぬぐえない。俺らだって、そりゃ平均よりはもらっていたのかも知れないけど、人並み(以上)に住宅ローンは抱えてるし、そんなに裕福ってわけじゃない。けっこうそのショックは心の中にズシ~ンと来ていたのかも。そういえば、昨日の午後もう一人の男の先生が日中から見るからに調子悪そうで、
「体調悪いです」
といって早めに帰った(といっても勤務時間終了後)のも印象的だった。彼もそういう系の心理的ダメージで具合悪くしたのかな。
 それにしても、こうやって下々の給料を減らしちゃって、消費マインドが冷え込んだらどうなるのか。アベノミクスとか世間では騒いでいるが、一番調子よくお金を使っちゃうはずの公務員の給料へらしちゃったら、けっこう世の中の景気って影響受けるようにも思えるのだが、それはあまり関係ないのかな?いずれにしろ、これからは一層無駄遣いを減らし、倹約にこれ勤め、さらに一層お金を使わないレジャーを考えなければならないな。これまでも高速道路のSAで車中泊に挑戦したり、バックパッカー的な旅行法なんかを開発したりしてたんだけどな。

 それにもう一つストレスがあったわ。この頃来ている教育実習生!コイツはほとんど普通の知能を持ってないかも。いい加減文句言うのも疲れたわ!あまりにも何も出来なくていちいち言わなきゃいけないってどうなの?まずは朝来たら「おはようございます」じゃないの?な~んてところから文句つけてたら、いつでもどこの場面でもきついことしか言えない。しまいに意見している自分のほうが悪人のように思えてきちゃったじゃないか!もうコイツ、大学に帰ってほしい。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2013/07/03 20:14 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

世の中、権利ばっかりや

同性婚ってどうなんだろう。
まあ、人の好き好きだから他人がとやかく言うことではないのだろうが、変だと思うのは、社会保障などの権利も普通の夫婦と同様にしなければならない、という法律が最近アメリカあたりでどんどん広まっていることだ。
もともと夫婦ってのは、子供を産んで育てることで種の存続と社会の維持に資するシステムの一種だったはずだし、それが目的だからこそ政府だって税金使っていろいろ補助を、ってことなんじゃないのか。つまり、行政が予算を使うってことは、それなりの見返りがあるからであって、同じ市民なんだから人間なんだからって味噌もくそも一緒にしちゃうというのはナンセンスじゃないのかな~、と彼の国の様子を見て考えてしまった。普通の夫婦といっしょの権利を、というのなら、アフリカとかそういうところの飢餓に苦しむ子供を養子として受け入れるのを義務化するとかじゃないと、逆に不平等なんじゃなかろうか。
わが国でも外国人に選挙権をってのもおかしな話だと思っていたが、権利権利ってなんでも声高に騒ぐ奴がものの道理を押しやっていこうとするムーヴメントがのさばっているのは困ったことだな、と思う。

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

【 2013/07/02 00:43 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |