FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

ファインモールド22型に着手

 まずは改めて部品のチェックをするが…タミヤやエアフィックスとはかなり発想の違うキットであることがわかる。それはいいのだが、コイツは自分的にはいけ好かないね。だいたい部品の用途ごとに色分けされたプラスチックで成形されているのだが、そういうのがそもそも私は嫌いなのだ。なぜって、塗装しても塗装したっていう実感がないじゃないか。さらに、長砲身の20㎜機関砲の部品が別売の金属部品で1500円もするとは恐ろしや。雑誌含めてキットの値段は3200円で、それらを合わせれば、1/72の大戦機それも単座戦闘機のキットの値段としては法外じゃないかい?
DSC_0769s.jpg

 そうはいっても、ストックはストック。私は「キットのコレクター」ではないので(雑誌に付属してた段ボールの箱も捨てちゃったし)、とにかく作ろう、と例によって色塗りから始める。操縦席の部品点数は驚きの20点を超えているのだが、どれを何色に塗るのか、の指示がない。そんなの自分で調べろよ、というオーラがバリバリだ。「至高の」という言葉は、つまりキットじゃなくて「作る人」が至高だということかい?
DSC_0774s.jpg
ちょっと文句ばっかりになっちゃったけど、あまり気にしないでください。私の意見はその時時によって、風の中の羽のように変わっちゃいますから。
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/06/05 21:27 】

零式戦闘機三機連続(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

なんか、いい感じ

な~んかいい感じである、エアフィックス。現代的なクォリティは満たし?つつもかつてプラモデルがプラモデルであった時代の雰囲気を濃厚に漂わせているこのキット、いいですよ~。
DSC_0770s.jpg

 どうせ見えなくなるコックピットにパイロットを乗せてごまかす。ただいま進行中のゼロ戦三題のうちで、パイロットが付属しているのはこのキットのみだ。いいことですね~。ただし、エアフィックスのパイロットはどのキットにも同一人物が入っているのが不思議なのだが、このキットのものはそれが崩れちゃった系の困った人である。しかも、でかい救命胴衣?みたいなのをくっつけているので(かといってそれを削りだして日本海軍パイロットの服装を彫刻するなんてやらないし)、やむを得ず、それは「でっかいスカーフ」ということにして白く塗った。中学生レベルですね、発想が。バスタオルよりもでかいスカーフってないでしょ。
DSC_0773s.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/06/05 20:59 】

零式戦闘機三機連続(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

現在のストック(2013年6月4日現在)

作りかけ(進行中)

零式観測機(第2次大戦日本海軍弾着観測機:フジミ)
 →去年の夏休みに怒濤の仕掛け戦を仕掛けたうちの一つだが、ついつい後回しに。
ゼロ戦21型(第2次世界大戦日本海軍艦上戦闘機:Airfix)
 →無事進行中
ゼロ戦22型(第2次世界大戦日本海軍艦上戦闘機:ScaleAviation付録)
 →手をつけたところ


作りかけ(ほったらかし)

Anatra Anasal DS(第1次大戦ロシア軍偵察機:Emhar)
 →なんだかオーバースケールで、モールドの色は暗~いし、でやる気なくなって頓挫。
Fokker D.VII(第1次大戦ドイツ軍戦闘機:Roden)
 →DONNAMONDAIに参加して作り始めるも、上翼の棟上げが難しくて頓挫中。


ストック(次期製作予定ということ)

Sopwith Salamander(第一次大戦イギリス軍地上攻撃機:Eastern Express)
Sikorsky S16(第一次大戦ロシア軍戦闘機:Eastern Express)
Bristol Scout(第一次大戦イギリス軍偵察機:MAC)
Hanriot HD.I(第一次大戦イタリア?軍戦闘機:HSmodel)
LVG C.VI(第1次大戦ドイツ軍攻撃機:Pegasus)
Pfaltz A.I(第1次大戦ドイツ軍偵察機:AZ-Models)
Albatros C.III(第1次大戦ドイツ軍攻撃機:Meikraft)
Sopwith 1-1/2 Strutter(第1次大戦イギリス軍偵察機:Frashback)
Breguet 14B2(第1次大戦フランス軍攻撃機:AZ-Models)
Lloyd C.V(第1次大戦オーストリア軍攻撃機:Special Hobby)
Hansa Brandenburg D.I(第1次大戦オーストリア軍戦闘機:Eastern Express)
Albatros W.IV(第1次大戦ドイツ海軍水上戦闘機:Roden)
Albatros D.III(第1次大戦ドイツ軍戦闘機:Roden)
AircoDH4(第1次大戦イギリス軍爆撃機:Airfix)
Halberstadt D.II(第1次大戦ドイツ軍戦闘機:Merlin Models)
Ansald SVA5(第1次大戦イタリア軍戦闘機:Fly)

甲式4型戦闘機(大戦間日本陸軍戦闘機:Azur)
Boeing P26(大戦間アメリカ軍戦闘機:Revell)
立川KKY-1(大戦間日本陸軍小型患者輸送機:A-Models)

Messerschmitt Bf.109K(第2次大戦ドイツ軍戦闘機:Finemolds)
東海(第2次大戦日本海軍対潜哨戒機:finemolds)

PrinzEugen(第二次大戦ドイツ海軍重巡洋艦:TAMIYA1/700)
【 2013/06/05 05:48 】

現在のストック  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |