FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

中甲板の前半分

 先日に着色した小物を下甲板に接着し、中甲板の組み立てに入ってみた。ところが、一見ちゃんと組んであるように見えていたこの船体。あっちこっちひずんでいる。これはやばいんでないかい?というオーラが立ちこめているぞ。
aDSC_0695s.jpg

一応、パートマガジンの第20号に当たる部分まで出来たことになった。ちなみに、家に到着している最新号は第81巻である。
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/04/30 23:50 】

ブラックパール号  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

降って湧いた幽霊船

 何とあきれたことに、もう1年近くも前からだろうか、我が家に帆船模型の仕掛け品がある。それも、ブラックパール号。かの有名なパイレーツオブカリビアンに登場する例の船であるが、それをパートワークマガジンで定期購読にして、一括購入しちゃった阿呆がいるのだ。そいつ(一人娘なのだが)ときた日が竜骨と最下甲板を作ったところでイヤになってしまい、挙げ句の果てに
「オトーサン、作っといてね」
という言葉とともに外に出てしまい、放ったらかしの姿をさらしたままホコリをかぶっていたのが、最近の模様替えで行き場を失い、玄関先に出てきてしまったのだ。しかも、月々パーツは届けられる。これではみっともない上邪魔なばかりだ。

 ということで、突如として降って湧いた新企画、
「伝説の海賊船ブラックパール号を作ろう!」に手を出すことになってしまったのである。いったいどうなるのか。

 まずは娘がどこまで製作を進めていて、部品がどうなっているのかを調査しなければならない。すでに膨大な量になっている郵便物とパートワークマガジンを読み、骨だけの本体のホコリを払った結果(そこまで三日かかった)、まず手を下さねばならないのは、食料関係の小物に着色をしなければならないところである、となった。なんたる面倒くささ。一番面倒なところで放棄しちゃったということか。そういえば、娘が、
「小学生でも作れる、という触れ込みだったのに、回を追うごとにとてもじゃないが難しくて、素人の手に負えなくなってきちゃったじゃないか!」
と怒っていたのを思い出した。こんなモン無視して先へ進んだ方が…と思ったのだが、どうもそうはいかないらしい。この船は片舷がスケルトンとして完成させるらしい。つまり中が見えちゃうのだ。となると、こういう彩りも避けては通れまい。

 で、こうなった。ワインの瓶はまだ接着してません。
aDSC_0692s.jpg
 次回は船の本体の写真もアップしよう。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/04/29 23:47 】

ブラックパール号  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

機体の塗装

 ゼロ戦のついでにこっちも進めてみる。カウリングをレベルカラー15番で塗るように指定されている。面白い。
aDSC_0693s.jpg
レベルカラーの15番って、意外に褐色が混じっていることに気付く。

それにしても、このキット、胴体と主翼を結ぶ支柱の接着位置がわからないんだけど、どうなるのであろうか。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/04/28 09:57 】

零式観測機(中断)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ものすごい世界だ、タミヤ!

 操縦席を組んだ。部品点数11点!まるでものすごいプロモデラーになった気分である。
aDSC_0690s.jpg
機体の操縦席部分にいくつかのレバーとか配電盤みたいなのを接着すればもう胴体左右を合わせちゃってもいいのだ。

そして機体の組み立て。ランナーから外してちょっと削ればもうどこまでも組める。位置もぴったり決まる。
aDSC_0694s.jpg

いままでのローデンとかエーモデルとかその他よくわからないかわいらしいメーカーのキットばかりとつきあってきた身にすれば、これはまるっきりの別世界と言っていい。タミヤはローバーのピンクパンサー以来だったが、ここまですごいことになっているとは…もはや言葉もない。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/04/27 09:47 】

零式戦闘機三機連続(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

零式艦上戦闘機30年ぶり

 ついに始動した零式戦闘機製作計画!(計画なんて何もないけど。)
 ゼロ戦!世界最強の戦闘機!何ともいえない少年時代のノスタルジーを呼び覚まさせるというか、懐かしい響きを持った言葉ではないか。出来事としては順不同だが、中学校の図書室で見つけたゼロ戦開発物語の本(正しい本の題名は忘れた)を丸暗記するほど読み返し、ゼロ戦はやとや決断!などのアニメを見まくり、あかつき戦闘隊などの漫画を読みまくり、映画「トラ!トラ!トラ!」のロードショーに涙を流し(もちろん飛行機が飛んでるシーンで)、アオシマやらレベルやらエアフィックスやらタミヤやらLSやらニチモやらのプラモデルをそれも様々なスケールで作りまくり、それでも足りずにバルサ材を削りだしてそれ風の飛行機をでっち上げて持ち歩き、教科書やノートの隅はゼロ戦の落書きだらけ。愛読書はもちろん古本屋で入手した「大空のサムライ」!尊敬する人は坂井三郎と堀越二郎!
 これまで作ったプラモデルのゼロ戦は200機にもなるのではないか(もちろん1/700の艦載機を含めればです

 そんな強烈な少年時代を送ったというのに、思えばゼロ戦を作るのは30年ぶりである。その当時最新・最良のゼロ戦のキットはハセガワの旧版(Aシリーズ)だった時代だ。(もちろん1/72限定の話。)そして私が直近で作ったものは大学の3年か4年の頃に作ったエレール製のキットであった。今や全く見ることもなくなってしまった幻アイテムであるが、キットとしてはけっこう気に入っていた。ま、1/72と書いてあるのに1/75だったし、主脚の形もなんか変だったけど、特筆すべきは、例の樽型のカウリングの表現に一工夫がしてあり、さらにはボックスアートも古いヤツは、エアフィックスの尾翼にVの字がついた怪しいマーキングとかではなく、ちゃんとゼロ戦といった感じで、さすが芸術の国を思わせるものがあったのだ。(と思っていたのは私だけ?)

 閑話休題、時代は下り、今や押しも押されもせぬ世界最強のプラモデルメーカーであるところのタミヤが、新たな考証を踏まえつつ持てる技術の総てを駆使して作ったキットを、今日のよき日に我が手にできるとは、何というめでたいことであろうか。
aDSC_0683 (2)s
でも、これはかなり部品点数も多く、大変そうだのう。取り敢えず、ランナーのまま塗装を始めるか。

 機体内部色は、やっぱりこれであろう。新発売となって割と初期の頃に購入して、ずっと使い続けているレベルカラー57番「ジンクロ」である。今でこそいろいろ考証が進んでいるが、かつてのプラモデル界においては、日本機の機体内部色はすべてこれ一色であった。しかも、ジンクロというのはけっこう面倒な色で、当時の「航空ファン」という雑誌には、まず銀色で下塗りをし、乾いたらこの57番の上澄みをさっと上から塗るべし、とされていて、それを私はけっこう忠実に守っていた。今回は面倒くさいから、全部混ぜて塗っちゃえ!
aDSC_0683 (1)s

 で、こうなった。今日はここでおしまい。
aDSC_0684s.jpg

zero
に現在参加申請中。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/04/24 23:34 】

零式戦闘機三機連続(完成)  | コメント(1)  | トラックバック(0)  |

本入部

 延べ3回の仮入部を経て、ついに今日は1年生の入部届の提出日である。今までの感触からいって、今年の新入部員は少ないだろうな~、と思っていたのだが、案の定、たったの8人である。2年生が9人しかいないから、今の3年が引退すれば17人。これでは秋からの活動が大変だ。

 それにしても、なんなんだよ、「スポーツ少年団」!昨今は小学校のうちからスポ少に入っていないと中学校になってから部活でレギュラーがとれない、という都市伝説があるらしく、小学生は猫も杓子もこぞってスポ少に入ってバスケットボールだの野球だのやってくるらしいが、まあしょうもないことだ。だいたい、スポーツの人数って決まってるじゃないか、バレーボールなら6人、バスケットは5人、サッカーは11人、野球は9人って。個人競技であるところの卓球とかテニスにしたって、団体戦ともなれば定員は6人、Bチームを組んでも12人だ。あまり多くいたって3年生になっても公式試合には万年補欠、ということだってありうるのに、イイのかなそれでも。スポ少上がりの連中は、誰もが自分が選手にしてもらえる、と思っているのだが、ふたは開けてみなければわからんだろ。本心では球技苦手だわ~と思いつつ、友達づきあいで足抜けができなくて半ば強制的にスポーツをやらされている生徒がいてもちっともおかしくない。去年も女子テニス部に20何人も入っちゃって、しょっちゅう喧嘩だイジメだと混乱していたし。それでも、その選んだ部活の競技が好きならま~だいいんだけどね。
 何よりもムカつくのは、スポ少で上位にいた連中は性格が悪いのだ。自己中で人のことなんか考えず、まわりを蹴落とすことを何とも思っていない。親も勝利至上主義で中学の顧問の指導にイチャモンをつけてくるヤツまでいる始末。まあ勝手にやってくれ、という気もするけどね。
 まあ何にしても、小学生の(親の)考えることって以前よりも多様性がなくなっているように思うのですよ。個性の時代のはずなのにね。
 
 そういうわけで、新入部した1年生に出した第一の「指令」は、
「この部活に入って失敗だったわ~とか、部活の中でイジメとかで辞めたいな~とか思っている友達がいたら、すぐに吹奏楽部に誘ってこい!」
です。
「でも、あまり強引にやると引かれちゃうヨ~。」
なんて生意気をさっそく言うヤツもいたけどね。そいつは至急指導を入れなければなるまい。第一、声をかけないよりはかける方がいいだろが!

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2013/04/23 22:37 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

デカール終わった…

 マーキングをやっちゃおう、ということで、ひたすら貼りまくる。そこそこ質のいいデカールだったので、作業そのものは楽ではあったが、一体何なんだ、最近のデカールというのは!細かい注意書きみたいなのがいっぱいついていて、とてもじゃないが面倒くさくてやりきれない。一応指示通り全部貼ったけどさ、結局よく見えないじゃありませんか。この写真↓見てどこに貼ってあるか、わかります?
aDSC_0681s.jpg
まあそれはともかく、あと残るのは、脚カバーの一部とアンテナと細かい塗装関係のやり直し?マーキングが終わればたいていそこで終了となる我がモデリングの常道からはやや外れている。でも一応完成間近、ということで。
(いつになったら完成するんじゃ!)

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/04/22 23:47 】

Heinkel He70(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

不死身のシクラメン:その3(その1とその2は探してみてね)

 コイツ、すでに5年目である。何も手入れをせず、風雨にさらされ、秋から冬は落ち葉に埋もれ、全く見放された状態の捨て植えにもかかわらず!生命の力強さには驚かされる。
DSC_0677s.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2013/04/21 15:27 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

世界一カッコイイ鉛筆

今日の部活で、クラリネットのパート巡り(パートごとに集めてネチネチつっつくやつね。)をしてたら、指揮者用譜面台の上になにやら見慣れない鉛筆が。そういえば数日前からあったような気がするのだが…と思ってよく見たら、なんとこれである。
DSC_0678s.jpg
俺「(思わず)え!なに?これ、どうしたの?」
生徒「ああ、それ、学校の楽器のケースに入っていたんですよ。」
その「学校の楽器」とは、俺が赴任する1年前(つまり4年前)に備品として購入されたものである。その付録についてるこんな鉛筆がそのまま残っているなんてまるで奇跡だ。
俺「いいね、これ!もらっていいかな!!(ほとんど脅し)」
生徒「いいですよ!(特にびっくりした風でもなく)」

ということでもらっちゃった。絶対世界で一番カッコイイ鉛筆である。なんたってクランポンですから!!(でもR13なんて印字のヤツがあったら、それには負けるか…)

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2013/04/20 15:28 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

牛歩の歩み

 何も進まない。なんというかったるさ。模型作るぞ~!と気合い入れて家に帰ってくるが、帰ってイスに座るともう眠くなる。または、ボーッとしてやる気しない。
 だが、グータラしてても人生を棒に振るだけだろ、と仕掛け品を引っ張り出す。何日(何週間?)かに一度は引っ張り出して3色迷彩に色差しをしてきたが、いい加減なところで終わらせることにしてとにかく次のステップに進むことにした。まさに牛歩!
DSC_0676s.jpg
つまり主脚を組みました。かなりわけのわからない主脚です。

こうしてみると、大戦前に流行した楕円の翼形がそれなりにキレイです。スピットファイア、モスキート、九六艦戦、九九艦爆あたりを思い起こさせる。さらにコイツは逆ガル翼。
DSC_0674s.jpg

あとは、マーキングと風防の窓枠と、細かいアンテナ類で完成となる(はず)。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/04/14 23:55 】

Heinkel He70(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

終わってる桜

満開の桜咲く4月8日、第~~回入学式が盛大に挙行されましたことは、まことに喜ばしい限り…といいたいところだが、二日前から前日にかけての雨と風で、すっかり終わってしまった桜。まことにがっかりの限りである。入学式での校長の式辞も、
「校門前の桜の木も、風雨に耐え、入学する諸君のためにほんの少し花を残しておいてくれた」
という、多少笑いを誘うもの。(といっても笑った人はおらんが。)で、本当に花が残っているのか見に行った。
DSC_0668s.jpg
確かに校長の言う通り、少しは残っていた。だが、自分の知る限り、ここまで桜が散っちゃった入学式は初めてである。なんかどうでもいいことにこだわってるような気もするけどね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2013/04/09 05:45 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

忙しい忙しい新年度の開始作業

 4月1日からここまで、ほぼ会議に次ぐ会議、今日はそれも一段落して、各自の作業に取りかかる。こっちはコンクール参加曲のスコアを生徒の人数分印刷して製本し、担当となった学年の生徒手帳に氏名のゴム印やらなにやらを押しまくって配布するばっかりにし、午後からは吹奏楽部の練習につきあい(やらないと入学式の「新入生入場」が悲惨なことに…)、その他にもなんやかんや次々にやることがのしかかってくる。
 そして、最もヤバイ仕事が後回しになっていく。それは、「捨てること」!
前年度のいろんな書類とか、書類とか、書類とか、書類とかが、(俺らを放っとくと機密漏洩とかヤバイ目に遭うヨ~)とつぶやいている。絶対捨ててやる!と思っているにもかかわらず、その時間がないのである。今年は、どうしようかな~と迷ったものは捨てる!しばらく目を通さないままになっているものは捨てる!と願を立て、とにかく捨てるコーナー(私設)に山積みしていく。だが、その中からも、絶対ヤバイ書類(シュレッダーゴミ生産の原材料)を分類して、それはシュレッダーの中に放り込まねばならない。周辺にも、
「断捨離、断捨離!」
などと呪文を唱えつつ作業している人もいらっしゃって、けっこう笑える。それにしても、片付けは一番後回しになる作業だ。他の人と比べても、自分はいらないものばかり持って歩いてる、という強迫観念に駆られるばかりである。だがとにかく年度末はヒマがなかったため、他の先生方がやっているはずのことをやらないままに4月を迎えてしまった部分が多い。今のうち、あと何日かしかないのだが、前年度にため込んだ以上のものをこの4月には捨ててやる!と決意も新たに、今日もシュレッダーをだましだまし操作し続けつつ、立ち尽くすのであった。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2013/04/04 23:39 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |