FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

まさかの出雲大社!第2日目

 さて、旅は二日目。朝5時15分、目を覚ましてトイレへ。ややあって、家内も起きだし、お化粧にかかる。その間ナビとか地図とかいろいろ見ると、まだ全行程のざっと3分の1しか来てないことがわかるが、とにかく先へ進むしかあるまい。
 6時30分、出発する。そちこち寄っても食べるものとてない高速砂漠。何しろまだどこも食べ物屋さんが開いてる時間ではないからね。で、そこからは第2東名を西へ進むが、小松まで出来てるのかと思いきや、二俣で終了し、三ヶ日というところで普通の東名に合流する。そして豊田ジャンクションから伊勢湾岸自動車道に入り、東名阪自動車道から新名神高速道路へ車を進める。そして京都を過ぎ、大阪に入っていく。どこをどう走っているのかもはやさっぱりわからんのだが、モノレールの線路と並行し、右手に「太陽の塔」が見えてきて感激し、いよいよ中国自動車道へ。だが、ま~だ兵庫県と鳥取県を完全に通過しなければならない。何百㎞か残ってるよな~。ま、何しろ駒を進める。到着は夕方になってしまうので、今日はまず境港で「水木しげる記念館」を見学しよう。
 勤勉に走り続けたおかげで、15時30分、「水木しげる記念館」に到着。この鄙びたアーチが過ぎ去りし遠い彼方の夢の世界を思い起こさせてくれるではないか。
DSC_0614s.jpg

街は全部妖怪で埋め尽くされている。なんという素敵な場所であろうか。記念館がある通り(商店街)は1件ごとにスタンプ台が置いてあって、スタンプラリーが出来るのだ。で、スタンプ帳を購入して3~4個押したところで記念館に到着。というか、目と鼻の先なのだ。
DSC_0600s.jpg

さすが水木しげる!この中は超絶面白いぜ!
DSC_0601s.jpg

DSC_0602s.jpg

で、閉館時間ギリギリまで粘り、外に出て商店街のスタンプ台をしらみつぶしに制覇するが、一番突端まで行って戻ってきてみるともうどこのお店も店じまいしてしまっている。まだ明るいのに!さすが境港!健全である。

 自動車に戻り、夕食を食ってどこか寝るところを探さなければならない。とにかく松江市へ向かってみる。晩飯は回転寿司とかでいいよね、そういうのは栄えてる街に行けばあるだろう、的なノリで、港の上にかかるばかでかい橋を渡り、中海を左に見つつさらに西進するが、途中で完全に暗くなってしまった。でもまあ、気分はすでに韋駄天なので、松江よりももっと出雲大社の近くまで今日は行っちゃおうじゃないか、とさらに西進し、出雲市に入る。そこからカーナビでお寿司屋さんを探し、メシを食うと時刻はすでに20時30分。あとは寝るところだが、いつもチェックしてるブログの人が、ファッションホテルがけっこうおすすめ、と書いていたので、それに従い、周辺をさがしておあつらえ向きのところを発見して、今夜の宿はそこに決定。一泊朝食付き、アメニティは普通の旅館の比でなく完備していて、お風呂も広く、ジェットバスついて、全身マッサージチェアもついて、サウナまでついてて、しかもベッドはウォーターベッド!!!それなのにお値段は2人込みでたったの8720円!!こんなのありかい!さすがは神様のお膝元である。
 ということで、かつて住んでたところ(鉄筋)から引っ越すときに捨ててきてしまったウォーターベッドの、あの寝心地を久々に堪能しつつ、就寝しましたとさ。
スポンサーサイト



テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【 2013/03/29 23:02 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

なんという突然!まさかの出雲大社詣で!!

 そういうわけで、どうにかして29日から31日までの3日間は休み、と(自ら)決定した。午前中に部活をやっていると、家から電話がかかってきた。曰く、
「この頃あまりにもウチにいいことがなさ過ぎる。思い切って出雲大社へ行こう!」
「今晩のうちに出発して距離を稼ぎ、どこかSAで車中泊をして行けば何とか出雲の国まで行って帰ってこられるだろう!」
「お金はどうすんのさ?」
「どうせ行くなら、境港の水木しげるゆかりの地を探訪しようではないか。」
みたいなやりとりがあって、突然出雲大社行きは本決まりとなった。となると今日、明るいうちに何が何でも指導要録を書き終わらなければならない。管理職は
「生徒への思いがこもった書類にするためにも手書きでお願いします!」
なんて馬鹿なことをほざいているが、指導要録なんてものは事務所訪問の時に指導主事が見るぐらいで誰が見るわけでもなく、しかも5年経ったら廃棄しなければならない規則なわけだし、「開示に備えて」(つまり当たり障りのないことを)書くべし、と何年も前から言われていて、要するに証拠がそろってればいいだけの、どうでもいい書類である。だから、とにかく今日中にやらかしちまおう、あれとこれとそれを机の左側において、そいつを引き写すだけでいいわけだから、要するに機械作業だ。
 部活の生徒を帰し、昼飯を食い、なんやかんやで午後2時ぐらいから作業は本格化し、他のおしゃべりな先生方の会話にはくちばしをはさまないように意を決して、とにかく書き進める。そして、「明るいうち」はやっぱりムリで、午後6時45分、全て完了する。データ関連の(つまり全く文字通りの)機械作業は副担任の先生方がやってくれていたとはいえ、結局たったの2日で34人分の指導要録はものの見事に完成した。(本来なら感無量となるはずである。)
 速攻で帰宅の途につき、7時40分家に到着。それから倅が作ってくれていた晩飯を食い、荷造りをし、後部座席に羽布団やら何やらを放り込み、なんだかんだで21時30分、出発。圏央道をひたすら南下し、中央自動車道を西進し、大月からは富士山の方へ南下し、さらに一般道を走って御殿場インターから東名高速へ。新たに出来たばかりの第2東名に入っていって、途中まだもうもうと煙を上げている事故車両(丸焼けのトラックとたくさんの緊急車両達)を横目に見て、新静岡?のSAに25時30分到着、ここで夜を明かすことにする。

 さてこれからどうなるか。泊まるところも決めてなければ、ガイドブックも持ってない、車載ナビと家内のiPadだけが頼りの、まさに行き当たりばったりの旅だぜ!かなりワイルドだ。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【 2013/03/29 02:08 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |