FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

ついてない日:歩け歩け

 なんということ!
 朝、職場に向かう途中で、愛車のディオのエンジンが何の前触れもなく突然止まった!それも交通量の多い県道の交差点を右折しようとして停車した瞬間に!たまたま信号が変わり、大慌てで道ばたに引っ張っていって何度もセルを回し、始動を試みるが、全く反応しない。やむを得まい、職場まで引いていくしかない、徒歩で。あと4~5百メートルのところまで来ていたのが不幸中の幸いではあるが、とにかく重たいバイクを引いてテクテク歩いて行くのはかなりの難行である。もう、朝からクタクタじゃないか。おまけに周囲には一緒に登校中の生徒もいて、ばつの悪いことおびただしい。
 で、どうにか職員室に落ち着き、一日のスケジュールをチェックすると、今日はとなりの小学校で授業研究会があって、つまり出張である。給食までしか学校にいられない旨を学年主任に申告すると、5時間目の「道徳」を2時間目にやっていけ、とおっしゃる。うわ…この時間に旅行積立金の銀行口座を作ってこよう、と思っていたのに…。あ、バイクがダメだから、結局ムリか。これで仕事がまた次の日以降に押していく。ついてないときはついてない。近所の(といっても2キロ近く離れているが)バイク屋さんに電話をして取りに来てもらうことにし、キーを事務室に預ける。
 やむを得ず、それから苦手の道徳を押っ取り刀で準備し、どうにかこなすが、こんな調子では11月に予定されている公開授業の道徳はどんなことになってしまうのか。かなりまずいじゃないか。
 で、給食食ってすぐにとなりの小学校まで「徒歩で」行く。バイクだったら一ふかしのところだが、そうもいかないからつらい。帰りも歩きかヨ~と思えば気も重い。
 で、授業研究会が終わって戻ってくる頃にはあたりは薄暗くなっている。事務室に聞くと、バイクは持って行ったきり、なしのつぶてだという。帰れないじゃん!バイク屋さんに電話すると、できあがってるから取りに来てくれ、なんて言ってる。周りを見るとどの先生方も忙しくしてらっしゃって、ちょっとつきあって、とは言いがたい雰囲気。やむを得まい、歩いて行くか…と覚悟を固めて出発。あたりはもう真っ暗である。やれやれ。
 バイクはなんだかシリンダー内にススがたまって動かなくなる現象だということで、ぼちぼち機械がくたびれてきてるような感じかもしれない。プラグを取り替えたといっていたが、この前(5月頃)取っ替えたばっかりじゃん。大丈夫なのか?いずれまた突然エンストの予感たっぷりである。買い換えかな~~でもまだ3年しか乗ってないぞ。天下のHONDAがそんなことでどうする?!

 通常の勤務の分も含めて散々歩き疲れて、しかもせっかくそれだけ歩き回ったというのに、一日の歩数を計るはずの万歩計(の変わりにしているスマホ)を何と今日に限って家に置き忘れたのだ。どこまでついてないんだ?畜生!
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/10/31 19:06 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

体調・やばい・週末

 昨夜は早く寝てしまった。なにやら変なフワフワ感に肩こり。まずいじゃないか。朝職場に着いたとたんになんだかまっすぐ立っていられない。気がついてみると頭は痛いし、ボーッとする感じ。風邪ひいたね。早く帰りたいよ~

 で帰ってみると、娘がこれからジムに行って泳いでくる、というので、風邪薬を買ってくるように頼み、18時半頃?寝た。メシの時間になったら起きて食って薬飲もう、と思いつつ、しかし、ベッドの中にて娘の
「御飯だよ~」
の声に反応しようにも体が動かない。結局そのまま返事も出来ずにスルーしてしまい、朝までずっと寝てた。

 起きてみたら、マジやばい。いつもの平日だったら、年休取って休むパターンである。しかし、今日は部活を休めないのだ。何しろ明日本番なんだから!それも地域の公民館主催で5校もの小中学校の吹部とか金管バンドが集合し、フィナーレで大合奏をするのだが、その指揮者を仰せつかっているのだ。今日はその最初で最後の練習日。午前中は開場となる小学校で練習会をして、午後は自分たちの演奏の練習をしなければならない。とにかくここ一ヶ月ほど校内音楽祭のために部活どころではなく、音楽祭が終わったとたんに中間テストの諸活動停止期間になってしまい、やっと練習が再開出来たのが水曜日。全然譜読みも出来てない素っ頓狂も肝心なポジションに何人かいて、合奏が最初から1曲とおった試しがない、という大ピンチなのだ。ここまでのピンチはここ何年か記憶にない、という有様。

 とにかく7時45分職場到着。すでに楽器運びのために生徒達が作業をしている。動きが速い。本来の集合時間が8時、それから作業、というはずだったのに、あまり早くに会場校に到着しちゃっても相手も困るのではないのか?
とはいえ余裕があるに越したことはない。どんどん積んで出発だ。
 結局期せずして全部の学校が手回しよく会場にそろってしまい、本来の予定より10分も早く練習会が始まった。最初はそれぞれ教室に別れてパート練習である。まあいいこっちゃ。だがこっちの体調はあまりよくなく、なんだか気合いが乗らない。そうこうするうち10時半になり、体育館でゲネプロである。うわ~気合いが乗らないヨ~~~!!だが130人のバンドは擦った揉んだしながらもセッティングが完了し、いよいよ音出し、となる。練習の持ち時間45分は何をやったのか、とにかく小学生どもがメチャメチャな音程を発生させて気が狂いそうになるのを心頭滅却するが如き精神で堪え忍び、何しろ終わらせる。

 それから楽器を再び持ち帰り、昼メシ後は自分のところの曲をさらう。本番前というのにこんなこというのも何だが、今回は完全に選曲ミスだろう。やってもやってもとことんうまくいかず、イライラばっかりがつのっていく。もういいわ!!

 という心持ちで終わらせて帰ってきたら、5時半であった。体調!やばい!風邪ひいた!明日も一日部活!明日は雨!それなのに次の日普通に授業!明日本番!絶対やばい!!  …のです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/10/27 20:02 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

デビュー演奏会

 蒲田で演奏会があった。行くのに時間がかかるであろうか、と午後から年休を取り、家に帰って支度をし、とにかく出発。と思ったらやっぱり時間に余裕があって、「カウボーイ家族」というところで昼食にした。ここは最近我が家でひいきにしているステーキハウスであるが、TDLのウェスタンランドみたいな雰囲気のつくりやBGMが気に入っているのだ。

 そして出発し、関越を降りて環8をひたすら南下すると、何と4時半過ぎに到着してしまった。演奏会の開場は6時半だから、困ったのう。やっぱり自動車はこういう、時間の読めないところが不便と言っちゃあ不便である。で、どこを探しても思ったような喫茶店的なお店がなく、まるっきりのイタメシやさんでエスプレッソだけで粘り、時間を待つ。

 今回のプログラムは何とドイツもの。リヒャルトシュトラウスの「影のない女(抜粋)」とワーグナーの「タンホイザー(第2幕)」を演奏会形式でやらかそう、というのである。すごい重そう。第一、リヒャルトシュトラウスなんて、サロメの七つのベールの踊りか、ツァラトゥストラやティルオイレンシュピーゲルの最初のところぐらいしか知らない。つまりお世辞にも低レベルな知識しかないぞ。何ゆえそんな、日頃縁のない演目の演奏会なんかに行くのか、それはつまりうちの息子が出演するからである。それも合唱とかオケとかの「その他大勢」ではなく、ちゃんと役付で。「影のない女」では幽界の王カイコバードの使者(それはいいとして)、そして「タンホイザー」では何と歌合戦を主催する領主ヘルマンの役だというんだからすごい。いったいこんな若造にそんな重々しい役を振ってくる主催者の蛮勇をどう評価すべきか。(もちろん、うちの倅めを抜擢してくれたわけなんだから、100%正しいに決まっているが。)おまけにドイツ語!彼にしてみればほぼ守備範囲を外れている。というわけで、超見ものなのである。8月の末にオファーが来て、それからがんばって譜読みをし、父親であるところの私までかり出されて伴奏を手伝いつつドイツ語の読み方を教え(といってもこっちだってドイツ語なんてベートーベンの第9に毛が生えた程度の知識しかないのだから噴飯ものもいいところ)、演奏会のチラシを見て他の出演者たちのそうそうたるプロフィール(留学経験とか何々音大の教授とかいった経歴や肩書き)にびっくり仰天し、指揮者との合わせとかオケ合わせとかで(本人曰く)文句を言われまくりつつ、どうにかこうにか本番の日を迎えたのだ。まさにおめでたいことである。
 実際の演奏は、しかしなかなかよかったぞよ。他の出演者に比べて見劣り聞き劣りするんじゃないか、場違い君になっちゃうんじゃないか、という親として当然の不安も杞憂に終わり、というよりむしろ堂々たる出来。我が息子ながらよくやるじゃん!と満足して帰ってきた。
 それにしても、他の演奏家の出来は正直言って??の人が半数ぐらいいて、ちょっとびっくり。いったいこの人たちの「プロフィール」って何なの?ってかんじだった。結局、「声楽」というジャンルが日本で確立するのに、まだまだ道半ばということなんだな。下品なお声のソプラノとか、がなるばっかりでちっとも豊かじゃないバリトンとか、変な歌い方の「歌手」がかなりの割合でまかり通っている現実はまだこれからも続くのであろう。
 我が子の正しい進歩発展と大成を願ってやまない。絶対これから認められるはずである。
 

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2012/10/25 23:42 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

夢のかけら

 今日は中間テスト最終日、午後から生徒会主催の「クリーン大作戦」が行われる。ボランティアというと、なんだか大変なイメージになっちゃうが、30分ぐらいの時間で学校周辺の道路のゴミを拾いましょう、というだけの話だ。まあどうってことのない活動である。せっかく生徒会が呼びかけてやるのに参加人数が少ないんじゃかわいそうだし、まあ気楽にやるべし、と配下の?福祉委員会のメンバーを集めて参加させることにする。
 ところが、中学生って意外にこういう活動が大好きなのだ。最初は
「はぁ?!ヤダヨ~そんなの!」
と照れ隠し半分にブツブツ言ってた連中も、いざ校門前に集まって説明を受ける頃になると、もう大乗り気になって張り切っている。そういうわけで全校で300人しかいないのに、そのうちの(受験のはずの3年生も含む)90人以上が集まって軍手だのビニール袋だののグッズを配り、生徒会長の
「夢のかけらを拾いに行きましょう!」
という檄によって一層元気いっぱいになっていざ出発。それにしても「夢のかけら」とは(たとえ何かの受け売りだとしても)なかなか洒落た言い回しだ。
 だが、彼らは放っておくと人ンちの敷地であるところの畑の中であろうと林の中であろうとゴミのあるところにはどんどん入っていってしまう。そして、当初想定していた紙くずだのペットボトルだのはもとより、自動車のダイナモや自転車の車輪のさび付いたヤツなんかを大量に拾ってきてしまう。ほとんど収穫はないんじゃないか、という予想を裏切ってあっという間にみんな両手いっぱいにゴミを抱えて学校に戻る。(こういう活動では30分なんてあっという間である。)
 校門のところで分別するが、なかなか強烈ににおうものだ。「夢のかけら」って臭いものだったのね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/10/24 23:05 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

JMC東京2012に参加するか??

 JMC東京2012 というのがあって、Brog Modelers で参加しませんか、という呼びかけがあって、ずっとどうしようかな~と思っていたのだが、ま、一種のオフ会みたいなものか?というノリで、参加表明をした。2日間のうち後の1日だけだが。
 だが、それだからと言ってそのために新たに何か作るほどの余力はない。最近の作品(といえるような代物か?)の中から、いくつか展示しようと思う。それにしても、他の皆さんは実力者揃い、こっちはどうひいき目に見ても素人モデラーの域を出ない。
「こんなにヘタレな作品が、今時?」
と目を丸くされそうな予感もするが、ま、しかたがないやね。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/10/23 20:53 】

プラモデル  | コメント(1)  | トラックバック(0)  |

週末一泊旅行、そして次男

 やっとのことで我が仕事の上での重大な課題であるところの校内音楽祭も終わり、中間テスト(音楽の試験は無し)のため土日の部活動もない、なかなか巡ってこない純粋な週末がやってきた。こういうときには物見遊山に限る。
 とはいえ、信州大学の学生として松本に起居している次男坊のことも気になる。何しろ、9月に入ってから引っ越したばかりである。どんな生活になっていることやら、チェックは必要だろ、親としては。

 ちゅうわけで、今回の宿泊を白樺湖、と定め、出発前のゴタゴタに犬だの猫だのが落ち着かずにかけずり回るのを振り切って、まずは松本に向けて朝8時過ぎ出発。倅のアパートに到着したのは12時過ぎ。宿の様子を確認し(ま~だ足の踏み場もない感じ)、昼食を食わせるのに出発し、市内の焼き肉屋さんで食べ放題コースをやらかす。このところ松本での昼食というとこのパターンがけっこう多くなってきた。糖質制限食にはかなり有利だからね。

 2時半過ぎ、松本を発ち、白樺湖に向かう。けっこう近いので4時過ぎには到着し、チェックイン。湖を望む、眺望のいいお部屋で満足するが、家内と娘はあまりお気に召さない様子。建物もお部屋もかなり古くてくたびれた感じだしね。お食事も、バイキングとはいいながら、あまり華やかじゃない。異様に行儀の悪いガキ(たいてい両親だけでなく、ばあちゃんも一緒)もいてうるさいし。なんだかポイント低いな~このお泊まりは。

 朝起きて、お部屋の窓からみた眺望はこんな感じ。昨日と打って変わって素晴らしい秋晴れである。
DSC_0383s.jpg

 まあ、あまりよい思いをしなかった一夜だったので、今日に期待である。ということで、今日の第一のお目当てはこの↓テディベア美術館である。前日、家内と娘でiPadなんかでチェックしたところ口コミなんかでもけっこうよさげなところらしい。
DSC_0386s.jpg

こんなナイスなジオラマがすっごい充実している。確かにおすすめである。所蔵のテディベアは9000体を超え、ギネスブックに申請中だとか。写真じゃよくわからないけど、この帆船は3~4メートルぐらいある巨大なものである。 
DSC_0413s.jpg

 こ~んな変な容貌の熊さんもいらっしゃる。家内は、「テディベアを自作すること」に興味を持ち始めた様子。それもまた面白かろう。なんやかんや言ってもやっぱり自分も物作りが好きだからね。
DSC_0410s.jpg

 それから長門牧場というところでこの牧場独特のソフトクリーム(東部湯の丸SAでも販売しているが)を食べ、石焼きピザを40分待ちでGetして堪能し、帰路につく。関越自動車道付近の電光掲示板によると高速道路は事故渋滞らしい。ということで急遽一般道を通って行くことに方針を変えるが、一般道だってやっぱり混んでることには変わりはない。途中下仁田の道の駅で大判焼きを購入して食べるが、これでは糖質制限もどこ吹く風だ。この二日間で2~3㎏ぐらい太っちゃったのじゃないか?もはや体重計なんて見たくもない。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/10/21 23:02 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

何ともダメクラス?

 校内音楽会だった。うちのクラスの出番は、1年生ということもあり、かつ一番のくじをひいてしまったことで、最悪の第一番目。それに、練習をいやがるイチビリがいて事前練習は気が入らず、ヘタッピなくせにあっちこっちの3年生のクラスを見に行ってたりして(1年生のよそのクラスはそんなヒマなかった、と担任たちが言っていた)ロクに練習もせず、案の定ショボイ演奏。学年優勝はもちろん望むべくもなく、指揮者賞も伴奏者賞も縁がないまま終わってしまった。ま、当たり前か。年度当初から思っていたんだが、うちのクラスの男子はどういう案配か、みょうに体格の小さいのが多いんだよな~。当然、声変わりが終わってない生徒も多くて、他のクラスには太刀打ちできないよ。担任が音楽担当だというのにこのザマじゃ面目ないような気もするが、しかたないやね。チェ~~!だよ…。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/10/18 20:38 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

帰宅は遅いぞよ

 毎日毎日、家に帰ったら模型作るぞ、と思いつつ帰ってくるが、家に帰ればそれどころではない。第一気力がない。今日も今日とて、早く帰ろうと思ったが、明日が校内音楽祭の本番の日。なんやかんやと準備をし、挙げ句の果てに閉会式で話をする指導講評の文章まで考えて、家に帰り着いたのが22時過ぎ。メシ食ったら寝る時間じゃないか。

 家に帰り着き、自動車を降りると、えもいわれぬ芳香が漂っている。毎年この時期の我が心と鼻を楽しませてくれる、キンモクセイの花が咲いているのだ。植物とは本当に律儀なものである。キンモクセイもそうだが、曼珠沙華にしてもちゃんとその時期になるとあっという間に花が咲き始め、予定通り色褪せて終わってしまった。柿もそろそろ色づいてきたし。まさにカレンダー通り。見事なものである。

 明日は近所の市民会館の大ホールで校内音楽祭だ。だが天気予報は「雨」。練習にしても昼食にしても、大混乱が予想される。もう逃げ出しちゃいたいよ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/10/17 23:47 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

全金属製方持ち式低翼単葉機

 ずっとストックになっている物をかたづけなければ、と思い立ったのが8月の半ば頃。そして一気に4機に手を付けよう、と目論んだのだが、現実はそう甘くはなく、ほとんど何も進まないうちに月日ばかりが百代の過客にして、行かふ年も又旅人なり的な状況。さすがにこれではせっかく買ったプラモデルが積んであるだけになってしまい、こっちの寿命の方が早く来てしまうかもしれないではないか。

 で、ハインケルHe70という高速旅客機のコンドル軍団ヴァージョンを作る気になった。全金属製方持ち式低翼単葉機なんか作るのいったい何年ぶりだろうか。おっと、少し前にユンカースD.1 というのをやったっけ。
そういうわけで、これ↓が8月21日の状況。
DSC_0329s.jpg

 今月に入ってからやっとちょこっと進み、これ↓が三日前の状況であります。胴体上部の部品は合わせがメチャクチャ悪く、断面形が変わるほど削りまくってやっと整えたのだが、塗装してみないことには段差が出来てないようにちゃんとなっているかどうか、よくはわからない。でも塗装するとは言ってもコンドル軍団の飛行機を作るのは初めてである。どんな色にするか、今考え中。
DSC_0359s.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2012/10/14 23:27 】

Heinkel He70(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

HPにアップしたぞよ

9月に完成したソッピーストライプレーンの写真をほおむぺえじにアップした。HPなんて、なんだか時代遅れ的な感じもするのだが、何となくこだわってしまうんだよな~。カッコイイような気がして。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/10/14 19:37 】

SopwithTriplane(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

丸ごとキャベツの漬け物

 昨日買った「丸ごとキャベツの漬け物」を晩御飯で食べました。写真は切り分けたばかりのところ。買った日ではなく、1日おいてから食べるべきなんだそうな。でも、もうちょっと寝かせた方がいいかも。
DSC_0358s.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/10/09 23:37 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

三連休最終日、久々のドライブ

 昨日とは打って変わって見事な日本晴れ。さすがは晴れの特異日、体育の日である。

 朝9時、出発。関越を北上し、東部湯の丸SAでソフトクリームを食す。まるで不二家のミルキーのような濃厚さ。それでいて甘さは抑えめ、という見事なソフトクリームだ。そこから高速を降りて、鹿沢温泉方面に北上して山越えし、嬬恋村に入る。そして「丸ごとキャベツの漬け物」を買いに北軽井沢方面のホテルグリーンプラザへ車を進める。

 だが、個数限定のキャベツの漬け物、案の定姿形もない。仕方がないので、そこのホテルでランチバイキングを食べた。それから、近所のショッピングプラザに行くと、うまいことキャベツの漬け物が手に入り、そこから温泉に入ろう、ということで、「つつじの湯」へ。ここは岩盤浴で有名な温泉である。ゆっくり浸かり、岩盤浴で汗を流し、露天風呂で空を仰いで呆けた表情で過ごしたりして、のんびりしたあと帰路につく。嬬恋村はいいのう。家々をよく見ると、エアコンの室外機を滅多に見ないのだ。つまりそれだけ夏でも涼しいということだな。うらやましい。

 で、帰りは高速道路が混んでいる、という報道を受けて、国道254号線をずっと南下しつつ、家に帰った。帰宅したのは21時ちょい前。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/10/08 23:12 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

開会式だけで終了!驚きの運動会

 今日は中学校の吹奏楽部としては嬉しいお呼ばれの日。地域の運動会の開会式で、入場行進の伴奏をやってくれ、という依頼である。3年生引退後の(1・2年生による代替わり後の)最初の演奏ということもあり、8月後半から準備万端、練習を重ねてきた。演奏開始時刻(入場行進がスタートする時刻)は8:10、中学校に楽器運びのトラックが迎えに来るのが7:10、集合時刻が7:00ということで、こっちも朝は5時半に起床し、6時過ぎに出発。ところが!

 あいにくの天気である。昨日からの天気予報では、朝のうちに雨は上がり、天気はよくなるはずだったのに。家を出発するときにはまだ雨が上がらず、自動車で出発。ということは、混雑する運動会の会場(近所の小学校)には中学校から歩いて行かなければならない。まったく…

 30分後、勤務校に到着するが、まだ雨はやまない。あと1時間以上あるから、やむだろ。と、集まってきた吹奏楽部員の出席確認をして、準備をする。いつものようにトラックに楽器を積んで、出発。会場に到着してセッティングを始めるが、まだ雨がやまない。あれ~~?いつ雨あがるんだろ?ま、多少は小降りになったかな?

 そうこうするうちに準備が進み、時間も経過し、やっぱり雨が上がらない。やむを得ず演奏する場所を予定された校庭のフィールド内ではなく、小学校の校舎の昇降口前に変更し、セッティングをやり直す。打楽器を濡らすわけにいかないからね。だが、ここにしても、管楽器奏者は雨が降る中での演奏となる。困ったのう。

 ついに演奏を開始する8:10になってしまった。開会式に先立つ入場行進のはじまりである。我々もスタンバイして、演奏を開始し、運動会が始まった。いつもよりやや早く(いつも行進曲を3曲用意して、ドラムマーチでつなぎ、一巡して最初の曲(都合4曲目)を始めたあたりで入場行進が終わるのだが、3曲目の途中でみんな入場しちゃったからね)入場行進が終わり、開会式が始まった。代議士さんとかのご挨拶などあって、開会式も終わり、暫しあって最初の競技がスタート、というところまで来た。こっちは生徒達はびしょ濡れになって震えているし、さっさと片付けて引き上げないと邪魔になるばかりだ。ということで、急いで撤収し、中学校に戻ってきた。その時点でまだ9時前。本当はこれから午前中練習しようかと思っていたのだが、とにかくみんな濡れてて放っておけば風邪ひいちゃうから早く帰さなければならないし、楽譜もびしょ濡れで乾かさなければならない。とにかく楽器も楽譜もみんな引っ張り出して音楽室中に広げて干し、生徒は解散となった。

 ところが何と、職員室に戻ってみると校長がいて、
「開会式が終わった時点で、中止になりました。」
と苦笑いしてらっしゃる。結局雨がやまなくて、運動会はなくなってしまったのだ。は~~~なんということ。今日の演奏は何だったの?でもやれたからよかったけどね。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2012/10/07 22:27 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

怒涛の買い込みラッシュ

この間ストックを増やしちゃったばっかりなのに、おまけに前回買い込んだやつが全く手つかずのままなのに、またもや3つも買い込んでしまった。
DSC_0356s.jpg
①②「言わずと知れた、タミヤのゼロ戦52型にエアフィックスのゼロ戦21型。なぜ今零戦なのか?それは謎。
③イースタンエクスプレスのブレリオ11型。これをやっちゃったあとには、もはやライトフライヤーか、リリエンタールのグライダーぐらいしか残っていない
神田へ行ったので、ついでに地球堂に寄って購入してしまった。このところストックは増える一方だ。ストレスで買い物依存症になってる感じ。あとが大変なのに。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/10/06 23:04 】

プラモデル  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

リズム感のない人

 いったいどういうわけでこういう人が世の中に存在するのであろうか、理解できない人(俺を含む)には永遠に理解できないであろう。皆さんもこれまでの人生の中で出会いませんでしたか?運動会の入場行進で音楽に合わせて歩けない人。

 今年の合唱祭の、うちのクラスの指揮者に決まった男子。本人の極めて強い要望で他の希望者を蹴散らし、自由曲の指揮をやることになった。小学校の時も何度もやったことがある、と言うし。
 で、台風一過の昨日の放課後、第一回目の合わせ練習の日。貴重な体育館練習の一コマでもある。クラスの皆さんが2列に並び、ピアノ伴奏者が配置について、さて、演奏を始めようか。だがその時!
「先生、どうやって(曲を)始めんの?」
(え?)と一瞬思う。経験豊富なんじゃないのかい?だがそこは冷静に、
「こうやってさ。」
と指示を出す。ところが、彼の始めたことは全くこちらの想像とはかけ離れた手の動きで、ピアノの生徒も全く彼の動きとは関係のない(常識的な)速さで音楽を始めてしまう。あっけにとられてみているうちに、歌がはじまり、メチャメチャなリズムで時間軸のバラバラになった、音楽とはとうてい言えない、音響の塊が体育館に充満し、手の施しようがない。そして、彼の動きを見ていると、歌のリズムとは全く違う手の動きで一応(指揮の)図形を宙に描いているのだが、これがよく見ると4拍子を2~3回繰り返すとそのたびに5拍子が紛れ込む。エエ~っと思ってさらに見ると、何回かに一回、4拍子の1拍目を2度振っているのだ。
「おい、リズムが違うぞ!音楽に合わせろ!1,2,3,4…何してんだ!
だが本人はいたって真剣そのもの、というか、目が据わっている。極度の緊張状態だ。言えば言うほど彼の手の動きはデタラメなものになっていく。あちゃ~~!こりゃ指揮者はムリだ!コイツ何で志願したんだろう???頭が混乱する。そして、とてもじゃないが合唱なんか出来ないムチャクチャな状況のまま与えられたコマは終了し、次の番のクラスが体育館に現れてしまう。
 あきらめて教室に戻り、クラスが解散したあとに吹奏楽の女子やピアニストなどが集まって臨時の会議となった。すなわち彼を降ろすべきか否か。途中からさらに本人も加わって喧々がくがくとなるが、結論は「続投」となった。まさに前途多難。我がクラスの合唱はどうなってしまうのか!!

 しかし、それにしても音楽に合わせて指揮が出来ないというのはどういうわけなんだろう?彼が音楽とは全然別のリズムを刻んでいるのを、
「何であんなことが出来るのかわからない。逆に特技ですよね!」
と評するクラスメイトもある。実際やってみるとわかるけど、けっこう難しい。俺は練習したら出来るようになったけど、家内(れっきとした音楽家)は出来ないからね。
「演奏の最中は指揮を見ないようにしてました。」
といってた生徒も何人かいた。
 そういえば、かつて体育祭の入場行進で一番先頭を歩く旗手をやったある男子生徒がやっぱり歩くリズムが吹奏楽部のマーチと合わなくて、
「そんなの合うわけないよなあ!」
と周囲に同意を求め、まわりからあきれた顔をされたことでショックを受ける、という場面にも遭遇したっけ。今回も、指揮者の彼に
「お前、音楽聞いているか?」
と問うても、
「う~~~ん」
という返事が返ってきた。そんなんだったらやりたがるなよ!とも思うが、やりたくなくても押しつけられるヤツもいる。なにしろ、どこの学年にも必ず?存在する、その手の生徒については謎が深まるばかりである。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/10/03 00:45 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

天国の島

 鉄腕DASHという楽しい番組がある。これまでもDASH海岸とか、電気自動車で日本一周とか、いろいろ興味深い企画で、ずっと見ている(家内が録画してくれるので)。中でもDASH村というのは、福島原発メルトダウンの影響をモロに食らって悲劇的な結末になってしまったのも記憶に新しい。
 さて、この番組でも昨今のナショナリズムの昂揚をうけてか、無人島を開発する、という企画が新しくスタートしたのだが、そのテーマ音楽が、最初一瞬聞いただけで、ゲゲゲ何じゃこれは!というカンジ?なんだかいやな思い出というか悪夢というかがブワ~~っとよみがえってくると言うか。実に我が神経を逆なでするのだ。
 そして、ややあって思い出した、あっこれは!俺らやったことあるじゃん、去年のコンクールの課題曲Ⅱの「天国の島」ではないか!!!そっか~無人島の開発計画だからこの曲か~、とは思ったが、いったいこういうBGMの選曲って誰がするんだろう。なにしろ、この曲は、コンクール課題曲としては近来まれに見る優れた曲だったにもかかわらず肝心の俺たちの演奏は地区大会敗退となってしまったこともあり、心の古傷にダイレクトに障ってくるのだ。今頃になって、こんな場面でこの曲に出会うとは、なんたること。まじトホホである。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2012/10/02 02:00 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |