FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

医者のハシゴ

 どうも疲れとストレスで体のあちこちにガタが来ていたらしい。そうとも知らずに昨日の体育祭の開会式の練習で、生徒に校歌を歌わせようと夢中になって声を出したところ、けっこう喉に来ていた。で、さらに今日、授業での1年生の3連続授業の最初の時間が終わったあと、やっぱり喉が駄目そうだったので、(喉スプレーでも塗るか)と思ったのが運の尽きであった。職員室に戻り、シュパッとやったとたん、激しい咳が来て、声帯が壊れたのがわかった。ヤベ~と思いつつも次の授業でなんとかかんとか予定の分をこなすが、もう声が出ない。次の時間は、自分のクラスだったのだが、こっちは全く一緒に歌わずに、新たな合唱曲を教えこんでたった1時間で混声合唱を完成させる、なんて離れ業が出来るものなのだろうか。(やったけど!)だが、もう、一言しゃべるのも激痛である。つらくてどうにもならない。給食を食ったあとはさらに強烈になって、右を向いても左を向いても激痛だし、体そのものまでだるくなってきた。ひょっとして熱も出てきた?
 ということで、午後の日程をあきらめて年休取って帰ってきた。家内に、変な時間に帰ってきたワケを言うにももはや筆談しかない。メモ用紙に
「死ぬほどノドが痛い。この辺でいい医者はどこ?」
なんて書いて、もどかしく会話する。
で、バイクで耳鼻咽喉科のお医者さんにいってみると、待合室はけっこう空いていて、(コリャすぐ終わりそうだ…)とほくそ笑む。ところが、お医者さんは
「うん、猛烈に腫れている。コリャしばらく声を使ってはいけませんね。吸入してから点滴をして、何とか早く治しましょう。」
とおっしゃる。え?点滴?ノドが痛いだけなのに?てことはけっこう長くかかるのか。看護婦さんが
「それじゃ、トイレに行ってきてください。」
なんて言うので、こりゃ大変、退屈するから手元に本を持って、とかいろいろ算段する。しかし、持ってきた薬液のパックはすごく小さくて、
「20分ぐらいで終わりますから。」
なんておっしゃる。な~んだ。脅かして。
「いや~2時間コースかと思いましたよ。」
とか冗談の一つも言いたいところだったが、声が出なくて病院に来ているので黙っている他ない。やれやれ。ところがこの看護婦さん、静脈注射ヘタなのね。腕をなんだか妙にきつく縛って、散々こすったりなんだりしたあげくに、
「ちょっとちくっとしますヨ~。」
とかいって針をぶすっと刺した瞬間、
「あれ?」
みたいな反応なのだ。で、
「反対の手の方が血管、出ますよ。」
とこっちで言ってあげて、枕の位置を逆にして寝なおして再チャレンジとなった。2回目はうまくいったのだが、やっぱりこれまで経験したことがないほどきつく腕を縛ってそれだけでもイタイ!何度も揉んで血管の位置を探ったりしていた。痛いのキライなんだけどな~、と思いつつやっぱり針を刺したら痛くて少しへこたれた。

 結局、点滴の間の20分間は爆睡し、起きても頭がすっきりしない。両手に点滴後の絆創膏を付けたまま、ふらふらしながら処方箋を持ってとなりの薬局に行って薬を買いに行き、そういえば高血圧の薬の方も切れかかっていることに気付く。何日か後に受付時間を考えて職場から病院へ急行する億劫さを考えると、今行っといた方がいいな、と決心する。まだ世の中は日が高い。ちょうどよかんべぃ。いつもの病院へ行って、待合室に入ると、やっぱり病院の待合室なんだな~、あんまり来たくない空間なんだ、ということに改めて気付く。だいたい、病院をハシゴするなんて、今まで想像したこともないし。いつものお医者さんと
「変わりはありませんか」
なんて会話をしなければならないが、その時に変なしゃがれ声でしゃべって
「どうしました」
とか言われたくないな~、とか余計なことを考えて気が重くなるが、それは杞憂に終わって、無事薬をもらい、帰ってきた。家内が、
「あの点滴、効くでしょ?」
なんておっしゃる。ノドが痛いので点滴するお医者さんだって知ってたのね。確かに、痛くはなくなった。でも声は出ない。

結論。

病院のハシゴなんてするものじゃない。心がとてもくたびれる。
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【 2012/09/07 20:48 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |