FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

日本の「声楽界」はすでに死んでいる

 今日は声楽のコンクールの本番の日である。息子が予選を通過したコンクールで、今日は準本選なのだ。これを通過すれば、全国大会進出となる。この日のために、毎晩遅くまで練習をし(私も伴奏で練習につきあい)、今朝は3時に起きて調子を整えてきた。この夏行われた外国主催のコンクールでは本選(全国大会)で見事優秀賞に輝いているだけに、期待も高まる。

 本番に至るまで、朝からいろいろとあったが、演奏はまあまあの出来だった。他の演奏者の出来を見てみると、あきれたほどにレベルが低く、ほとんどが同じ土俵に立っているとは思えないような、言ってみれば「場違いさん」ばかりである。コリャ酷い、よく恥ずかし気もなく出てくるな。と他の参加者を哀れんでいるうちに1日の演奏が終わり、結果発表となったのだが、何と、我が息子は落選ではないか!!意味がわかりません!!どういうこと??しかも、公表された審査員の得点を見ると、5人のうち3人までが、しかもそのうち一人はぶっちぎりで!息子に最下位の点数を付けている。他の審査員はなかなかよい、本選通過に十分な評価をしてるのに。全くワケがわからない。他の入選者の演奏のことを思い出してみるに付け、全く納得できない。

 それから、いろいろ反省したり、解散後に行われた審査員と参加者の懇談会の内容などを総合してみると、この国の声楽の世界の悲惨な現状がいよいよくっきりと見えてきた。もともと私が学生の頃から、音楽の世界は我が国独特の「家元制」の様相を呈していて、ついた先生によってまるっきり将来が違ってきてしまう、というのは感じていたのだが、それがもはや構造的にどうにもならないところまで来てしまっているようだ。

 我が息子は、なにしろ「オペラ歌手を目指す」ということで、世界に通用することを主眼に置いた発声法や歌い方の習得に努めてきたのだが、そもそも学部時代にそれが大学側に認められることはなかった。認められるのは、なんだかミュージカルみたいな安っぽい発声や平べったいしゃべり方、一見大きな声(「そば鳴りがする」といって我が家では軽蔑している)に聞こえるわめき声というか女性だったら悲鳴そのもの、みたいな、およそ芸術的とはとても言えない、耳が本当に痛くなる歌ばかり。こういうベルカントとは全く違うひどい声が「いい声」として大学の先生様教授様に認められてもてはやされているわけだ。いったいどういうわけで、いつ頃から、大学の先生方は正しいベルカントを放棄してしまったのだろう?こんなに音楽大学のレベルって下げちゃってもいいものなのだろうか?とにかく、倅は早く卒業して、思ったように歌った方がいいね、と思い続けてきたわけなのだが。

 結局、当たり前なのかもしれないが、大学を出ても状況は変わっていなかったということだ。しかも、よくよく分析してみると、「審査員の好み」が得点にかなり大きな比重で乗っている。審査員がきちんとしたベルカントの声を理解できない、或いはネットなんかでは「自分がそういう風に歌えないから嫉妬して点数を辛くする」という言い方をする輩までいるようだ。昨今、世界で活躍する声楽家は中国・韓国の人たちの比重が高まり、日本人はあまり聞かなくなっているのだが、それも当然というべきだな。

 それにしても、今や国中あまねく「日本式発声」でイタリア語のオペラを演奏する、というすごい滑稽なことを日本では延々とやっている。つまり全くの「井の中の蛙」、全然世界に通用しないってこと。でも、それが大学に限らず、えらい先生方がお墨付きを与えて、権威を持っちゃっているわけだ。でもよくないものはよくないんだから!音楽ってのはそういうものだから!つまり、クラシック音楽の世界が一般人からはどんどん敬遠され、背を向けられる方向に進むのは自明のことである。

 我が子よ、君の活躍の場はもはや日本には無い。一日も早く、世界に向けて飛び立つのだ!


 しかも!一日時間貸し駐車場に自動車を入れておいたら¥5800もとられた!まさに踏んだり蹴ったりの一日だったぜ!うわ~~!!!ムカつく!
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/08/31 23:36 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |