FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

超効果的ダイエット

 吹奏楽コンクールの本番が迫ってきている。メチャクチャに暑い環境で、オンボロ楽器のチューニングに苦しみつつ、極めて高度で精緻でエネルギッシュな音楽を作り上げる苦労には、先生も生徒もない。夏休みに入った瞬間から練習は本格化し、緊張感の続く音楽室はもはや過酷な我慢大会の会場である。3年生の部長をはじめとする首脳部との朝のミーティングでも、
「もう、家に帰っても何にもする気にならないよね~。」
「本当!もう、クッタクタだよね~。」
なんて会話が交わされる。体力に余裕のあるはずの3年生にしてこれでは、2年生も、ましてや体力のない1年生なんか、倒れる寸前なんじゃないか?と思われるが、手綱を緩めるわけにはいかない。

 そして、ついに、ホール練習の日がやってきた。より本番に近いシチュエーションを体験させるべく、最寄りのコンサートホールを一日借り切って、練習しちゃうのだ。朝から大型トラックが待機し、生徒もいつも以上に気合いを入れて集合し、楽器を積み込んでいく。自転車で移動し、9時の開場を待って楽器を降ろして演奏の用意をし、舞台の上の雛段の組み立てもする。中学生の女の子が何でもやるのだ。粛々と進んでいく作業を見ていると、ある意味感動的でもあるが、感傷に浸っている場合ではない。1分1分が貴重な時間だ。そうこうするうちに、その日のコーチも登場し、チューニングも進んで、10時、いよいよコンクールで演奏する曲の練習を開始する。
 午前中は課題曲の前半だけで終了。午後は降り番の1年生がかわいそうなので、全員参加で演奏する地元のお祭りの曲の練習を30分ほどやって、それからさらに課題曲の後半に取り組む。問題点が次々に発見されて解決され、あるいは持ち帰っての課題に分類され、練習は進んでいく。最後に残った30分、やっと自由曲のリハーサルとなるが、こっちはほとんどやってる時間なし。しょうがないね。

 さて、こういう会場は時間厳守が鉄則である。16時30分完全撤収というのに、気がついてみるとすでに16時12分、これは大変である!!練習を長引かせたこっちの責任はそっちの方へ置いておき、
「急いで片付けろ!!」
と血相を変えて号令し、生徒達も必死で駆け回り、片付ける。今回は(次の日のセッティングの関係で)雛段を片付けなくてもいい、と会館の人が言ってくれたので大助かりだ。どうにかこうにか時間ギリギリでトラックに積み込みを完了し、生徒は自転車で帰る。こっちは会館の事務室に行って「付帯設備使用料」の支払いをする。そこで、
「リハーサルの約束だったのに客席に入ってみてる保護者が何人かいた」
と文句を言われる。やってることはリハーサルでも指導者以外のオブザーバーが観客席に入っちゃうと本番扱いとなってしまい、使用料の区分が別料金になっちゃうんだって。難しいものである。で、平謝りに謝って(次回以降気をつけます!)支払いを済ませ、帰ってきて楽器をトラックから降ろすのを手伝い、最後にミーティングをして、解散したのは17時15分。
 職員室に戻って自分の席に座ると、もうぐったりして何もする気がしない。暫しボーッとしてからやっとの思いで帰宅する。

 そして今朝、目覚めていつものように体重計に乗る。

おお~~~~!!

昨日の朝より1.5キロも減っていました!


ちょっと嬉しかったですね。でも、今日も練習があります。一日立ち詰めだったせいで痛む腰をさすりつつ、綿のように疲れ果てた体に鞭打って、職場に向けて出発だ~!
スポンサーサイト



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2012/07/25 19:28 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |