FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

Ro.37、急展開?というほどのことでもないが

 次にどうしようか…と、ずっと考えながら何もしないときが続いていたが、よく考えてみたら、あとは張線を張って脚を組み立て、マーキングで終了じゃないのか?ということにふと思い至った。何しろ、スキルは中学生時代から進歩なしだから、作業も単純なのだ。しかし、完成が近づいていることに気付いた、というのはいいことである。勇気を持って続きを作ろう。

 で、張線を張って、主脚を組みました。部品をランナーから外して削りだして、そのまま接着しちゃったので、よく見るとあちこちはげチョロです。あとからレタッチするのです。
DSC_0244s.jpg
でかいスパッツ付きの主車輪をもった、この手の脚柱を組むのはわりと面倒なものなのですが、このキットの場合は、全部イモ付けであるにも関わらず意外にきれいに位置が決まりました。
 うまくすればあと1日の工程ですが、蒸し風呂のような音楽室で吹奏楽の指導をして帰ってくるともはやグロッキーの状態、という日々が続いているので、またいつ作業ができるかは分かりません。
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/07/29 23:21 】

Ro.37(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

植物

今朝、ついに最後のつぼみが開いてしまった。今年は花が4つしかできなかった。ま、メンテもしてないからね。ものの本によるとやっぱり何かしら施肥とかもしなければいけないらしいし。
DSC_0239s.jpg

最初の花はもうこんな悲惨な有様に。
DSC_0240s.jpg

夕方帰ってきて、まだ明るかったので家の周辺の草むしりをしようかと、思い立つ。とにかく変なつる草が生えてくるので、それらは時たま引っこ抜いておかないと庭の雰囲気が貧乏くさくなってしまうからね。
ところが、ふと柿の木を見ると、こんな虫が!!!
DSC_0242s.jpg
やばすぎる。イラガの幼虫である。こんなのとは絶対つきあいたくないではないか。ところが、よく木を見ると、上の方にコイツらが大量に発生している。どひゃ~~!!何というおぞましい光景だ!箸で一匹一匹駆除するか。いや、場所が高すぎるし、万が一にも落っこちてきたヤツとかに触っちゃった時のことは想像したくもない。そこで、物置を探ってみると、いつ買ったかも分からない毛虫用の薬剤があるので、散布する。だが、効き目あるのか?

と思ったら、散布された毛虫が移動を始めている。お、これは、と勇気百倍でさらに散布すると、何と、コイツら、落ちて来るではないか!!
DSC_0243s.jpg
もはやここ(木の下)にはいられない。危険すぎる。

ということで、作業を仕舞って家に入った。すぐシャワーを浴びるが、何となく体中トゲトゲする(ような気がする)。コイツらの呪いか?
さて、夜になって、洗濯機をかけていたら洗面所にゴキブリが出た!といって家内が助けを求めてきた。
ゴキブリがなんぼのもんじゃい!そんなもん、何も痛いことなんかしないじゃないか!まったく、ワイルドな人生だぜ~。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/07/26 23:55 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

超効果的ダイエット

 吹奏楽コンクールの本番が迫ってきている。メチャクチャに暑い環境で、オンボロ楽器のチューニングに苦しみつつ、極めて高度で精緻でエネルギッシュな音楽を作り上げる苦労には、先生も生徒もない。夏休みに入った瞬間から練習は本格化し、緊張感の続く音楽室はもはや過酷な我慢大会の会場である。3年生の部長をはじめとする首脳部との朝のミーティングでも、
「もう、家に帰っても何にもする気にならないよね~。」
「本当!もう、クッタクタだよね~。」
なんて会話が交わされる。体力に余裕のあるはずの3年生にしてこれでは、2年生も、ましてや体力のない1年生なんか、倒れる寸前なんじゃないか?と思われるが、手綱を緩めるわけにはいかない。

 そして、ついに、ホール練習の日がやってきた。より本番に近いシチュエーションを体験させるべく、最寄りのコンサートホールを一日借り切って、練習しちゃうのだ。朝から大型トラックが待機し、生徒もいつも以上に気合いを入れて集合し、楽器を積み込んでいく。自転車で移動し、9時の開場を待って楽器を降ろして演奏の用意をし、舞台の上の雛段の組み立てもする。中学生の女の子が何でもやるのだ。粛々と進んでいく作業を見ていると、ある意味感動的でもあるが、感傷に浸っている場合ではない。1分1分が貴重な時間だ。そうこうするうちに、その日のコーチも登場し、チューニングも進んで、10時、いよいよコンクールで演奏する曲の練習を開始する。
 午前中は課題曲の前半だけで終了。午後は降り番の1年生がかわいそうなので、全員参加で演奏する地元のお祭りの曲の練習を30分ほどやって、それからさらに課題曲の後半に取り組む。問題点が次々に発見されて解決され、あるいは持ち帰っての課題に分類され、練習は進んでいく。最後に残った30分、やっと自由曲のリハーサルとなるが、こっちはほとんどやってる時間なし。しょうがないね。

 さて、こういう会場は時間厳守が鉄則である。16時30分完全撤収というのに、気がついてみるとすでに16時12分、これは大変である!!練習を長引かせたこっちの責任はそっちの方へ置いておき、
「急いで片付けろ!!」
と血相を変えて号令し、生徒達も必死で駆け回り、片付ける。今回は(次の日のセッティングの関係で)雛段を片付けなくてもいい、と会館の人が言ってくれたので大助かりだ。どうにかこうにか時間ギリギリでトラックに積み込みを完了し、生徒は自転車で帰る。こっちは会館の事務室に行って「付帯設備使用料」の支払いをする。そこで、
「リハーサルの約束だったのに客席に入ってみてる保護者が何人かいた」
と文句を言われる。やってることはリハーサルでも指導者以外のオブザーバーが観客席に入っちゃうと本番扱いとなってしまい、使用料の区分が別料金になっちゃうんだって。難しいものである。で、平謝りに謝って(次回以降気をつけます!)支払いを済ませ、帰ってきて楽器をトラックから降ろすのを手伝い、最後にミーティングをして、解散したのは17時15分。
 職員室に戻って自分の席に座ると、もうぐったりして何もする気がしない。暫しボーッとしてからやっとの思いで帰宅する。

 そして今朝、目覚めていつものように体重計に乗る。

おお~~~~!!

昨日の朝より1.5キロも減っていました!


ちょっと嬉しかったですね。でも、今日も練習があります。一日立ち詰めだったせいで痛む腰をさすりつつ、綿のように疲れ果てた体に鞭打って、職場に向けて出発だ~!

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2012/07/25 19:28 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

百合その2

猛烈に暑かった7月16日、朝から最初の花が咲いた。
 DSC_0235s.jpg
7月20日夕方、仕事から帰ってきて見たら第2弾が咲いていた。
DSC_0236s.jpg
涼しげな姿が何とも言えませんね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/07/21 01:33 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

毒飯?

 この頃は「毒メシ」という言葉を使うようになった。なんという天をも恐れぬ言葉であろうか。毎回口に出すたんびに後悔する。ネットで調べてみると、なんだかネトゲの用語の一種らしいのだが、痛風の人なんかもプリン体の多く入った食べ物をそう呼ぶことがあるようだ。さらに、糖質制限の人も、糖質の多く入った食事をこう呼ぶ場合があるらしい?
 それにしても、困るのはもらい物の中に「ウチの畑でとれたジャガイモ」とか、「高級洋菓子店の詰め合わせ」とかが割とあるということだ。けっこう人様に差し上げてしまうことも多いのだが、きのう家内がピアノのお弟子さんからいただいた、パンを、お弁当にして持って行って、久々にまるっきり糖質の食事をしたのだが、いけなかったですね~。食後すぐから、ジワ~っと胃袋の周辺が痛くなってくる。何しろ、糖質制限を始めてからというもの、糖質を多く摂るとてきめんに痛くなる。昨日も職場の同僚の方が、アイスクリームを差し入れてくれて、ちょっとならいいか、と思いつつそれをエネルギー源に食したのだが、やっぱり腹は痛むし何となく調子が悪いような気がする(気のせいかも知れないが)。 
 そんなわけで、どうしても糖質(糖類・炭水化物など)=「毒」という感覚が体に染みついてきたようだ。人じゃないね。本当に人じゃないような気がしてきた。というか、少なくとも全く違う価値観に生きる異邦人そのもの。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/07/20 01:44 】

糖質制限について  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

生きるための戦い

 朝出かけようと思ったら、なんだかスマホの電池が切れそうだ。職場に着いたら充電しなきゃね~、とスマホをベルトにつけたケースにしまう。さ~て今日も元気に職場に向けて出発だ~、といつものように玄関を出ると、なんだかはす向かいの家の玄関の周辺で妙に鳥がやかましく飛び交っている。おんや~?と思いつつ見てみるとそれはツバメである。なんだかみんなして、ツピー、ツピーといいながら飛び交っているのだ。は~元気いいのう。と、何気なく見て、いつものように我が愛車のバイクに跨がりエンジンをかけ、いざ出発だ!
 と思ってふと見ると、そのはす向かいの家の玄関ポーチにツバメが営巣している。なんだかとぼけた方々がお住まいになっていらっしゃるお宅なので、そういうツバメなんかも営巣しやすいのかな~、俺んちには住み着かないからな~、と思ってさらに見れば、なんと!その巣に向けて!大きな蛇が!迫ってきているではないか!しかも、小さなツバメたちがツピー、ツピーと騒ぎつつそいつを牽制するのに向けて、思いっきり鎌首をもたげて、怒っているのだ。コイツいったいどうやって、垂直の壁を這いずってこういう高いところのツバメの巣に迫ってこられるんだろう?と不思議に思うが、ツバメ共にしてみればそれどころの話ではない。もう、5~6羽も集まってみんなして大騒ぎして飛び交っている。ん~~~、義を見てせざるは勇無きなり!早速バイクのエンジンを止めて、玄関先に入っていくと、どういうわけか魚取り用の網が立てかけてあるので、それを獲物にして、蛇を撃ち払うと、ヤツはドウッとばかりに落っこちる。
 よく見るとものすごく立派な蛇だ。緑色につやつやと輝く褐色の蛇で、太いところは直径が4センチぐらいありそう。全長は軽く1メートルは超えている。おっと、こりゃ写真撮らなきゃ!と思いつく。スマホを出して、カメラを立ち上げる。ありゃ??
「電池残量不足のためカメラを終了します」だってぇ~~?つかえね~~~!!!
 そうこうするうちに蛇は家の脇を回って奥の方へ消えていってしまう。がっかりだ。あきらめて、バイクにエンジンをかけ、職場に向かう。ツバメを助けてあげられてよかったよかった。という気持ちになるとも思ったのだが、意外にも我が心はそうは動かなかったのです。
「あの蛇腹減らしてないかな~~?」
と、心が痛んだのでした。なんか反射的にツバメの味方しちゃったけど、やっぱり蛇って、蛇だというだけで嫌われてかわいそうだよな~~。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/07/19 23:49 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

毎年恒例、百合の花

例年通り、たったの一本だけ生えてくる百合の花。今年は、柵の間から出てきているヤツを後ろ側に引っ込めてみたら、妙に背が高くなってしまった。蕾が大きくなり始めた7月8日の状況。
DSC_0229s.jpg

かなり蕾が大きくなってきて、一番下のヤツは白く花びらの色がつき始めた。7月14日朝。
DSC_0233s.jpg

そして、先端がほころびてきた。7月15日夕方。すごく蒸し蒸しする。明日には開くかも知れない。
DSC_0234s.jpg
【 2012/07/15 21:17 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

糖質ゼロの甘味

甘いものへの若い女性の執着は計り知れない。糖質制限食の道まっしぐらの我が家においても、娘が
「甘いものを食べたい!」
という一心で、こういう甘味を作った。その名もスフレ!
DSC_0231s.jpg
快心の出来だそうで、この膨らみからが何とも言えない、と大喜びである。
砂糖ではなく甘味料を使用して、糖質ゼロである。つまりどれだけ食っても夜遅く寝る間際に食っても、問題なし(真に受けないでください)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/07/09 23:40 】

糖質制限について  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

翼間支柱

 やっとのことで4本の翼間支柱を接着することができた。
DSC_0230s.jpg
前回からさらに一ヶ月近く経過してしまったが、実を言うと一日たりとも頭の片隅から離れたことはなく、作らなきゃ作らなきゃ、という意識ばかりが頭を駆け巡る。でも、かなりおっくうなんですよ、このキット。何日か前にようやくてをつける気になって部品を引っ張り出し、左前の翼間支柱をランナーから切り出してみたところ、なんと3ミリ以上長さがオーバーしているではないか。しかも、この支柱は第一次大戦あたりの飛行機の単純な棒と違い、付け根付近がテーパーがついて太くなっている上に外側に傾いて配置されているため、簡単には長さを詰めるわけにはいかないかな~、なんて思っているうちに1日2日と経過していってしまう。やっぱり一筋縄ではいかないこのキット、アズール恐るべし。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/07/08 23:46 】

Ro.37(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

スリム

 PTAの資源回収があって、部活をやろうと思って朝学校へ行ったら、教頭先生はじめ何人かの先生方や保護者の方々が大勢スタンバイしている。あちゃ~、今日の部活ではあれをやってこれをやって…と思っていたのがいきなり出鼻をくじかれたわ~と思いつつ、しかしこういうのはお手伝いに部員を動員せねばなるまい。みんなで汗水流しているときにノンキに楽器の音なんかさせているわけにはいかないからね。
 で、部員を連れて校庭に出て仕事をする。そのうち、3月に卒業したウチの部活の副部長だった生徒の父親がお手伝いで来ていたのに出会った。彼は開口一番、
「ありゃ、先生、スリムになったんじゃないですか?」
とおっしゃるではないか。おお、ついに見た目にもやせて見えるようになったわけね。嬉しいことである。とにかく衣替えで引っ張り出してきたズボンとかがみんなサイズでかすぎになっちゃってる状態だからな~。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/07/07 20:45 】

糖質制限について  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ついにエネルギー切れ

 仕事を休んでしまった。昨夜寝たのが朝の3時。今日の2年生の授業の時に返却する予定の、期末テストの採点をやっていたらそんな時間になってしまったのだ。6時に起きて、準備をし、7時半には学校に到着し、部活の朝練習の指導をしなければならない。そう思って就寝したのだが、結局目覚めてみたらもはや体がいうことをきかない。その前何日かが、そもそも期末テストの問題を作るためにかなり無理をしてきたからね。音楽のテストだから当然放送問題も作らなければならないのだが、その作り方を最近変えて、ナレーションはボイスレコーダーを使い、使用する音楽も波形編集ソフトを使って秒数もフェイドイン・フェイドアウトもすべて思い通りにしてデータ化し、それをつなぎ合わせてCD-Rに焼いちゃう、という方式にしたのだが、絶対その方が便利だし後々の処理も楽になるはずなのに、なかなかそのやり方に自分がなじまず、思いの外に時間がかかってしまうのだ。何しろ古い人間だからね。カセットテープにいろいろレコード!やらマイクの一発取りやらしてきた古いやり方から(イメージ的に)抜けられない。自分でも非効率なのは分かっているんだけどね~。
 まあ、そんなこんなでついに体が動かなくなってしまった。朝は一応時間にベッドから転がり出て、這うようにしてリビングに到着し、毎朝の習慣通り高血圧の薬を飲んだ瞬間、ゲゲ~~気持ちワル~!!って感じでどんどん気力が萎えていく。もう駄目だ。本当は授業で2年生にテスト返しをしないと来週は林間学校に行っちまうから成績を出すのが間に合わなくなる、とかいろいろ抱え込んでる仕事があるにはあるが、やむを得まい。今日は終了!と心に決めるが、生徒は7時半にはスタンバイしちゃうから、早めに学校に連絡しなければ。そう思って時間まで起きてようとするが、それもスゲー辛い。やっとのことで7時20分になり、今日は年休、と電話する。それから今度は、娘と息子が週末に演奏するという唱歌などを集めたメドレー曲を編曲し(音域の関係で調性を上げたり下げたりと注文がうるさいが、当然曲間のつなぎを工夫し直さなければならない~しかも日程が迫っているから急ぎの仕事)、やっと終わらせたときにはもう眠くてどうにもならず、再びベッドへ。
 午後から医者に行って薬をもらってこよう、とかこの際だから模型作っちゃうか、など考えるが、起きたのは14時過ぎ。それも折からの強い日差しで2階の寝室の温度が高くなり、寝苦しくなって目覚めた、というだけのことで起き出すのは大変。やっぱり何もできず、リビングのソファーでグタグタしているが、そのうち3年のテストも採点しなければならないことに気付く。いやなこと思い出しちゃったわ~。マ、何しろ風呂敷残業のネタには事欠かないのが教員ってもんだな。仕方がない、やらなきゃあとで困るのは自分だ、というわけで、夕方から開始。20時30分、やっと終わってこれを書いている。やれやれ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/07/04 21:20 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |