FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

府中の森芸術劇場

 今日は演奏会に行こう。広上淳一指揮の日フィルでベートーベンの英雄がメインのプログラム。会場は府中の森芸術劇場である。
 12時30分出発。ちょっと遅いかな~。とも思ったが、自動車は順調に進み、無事開演の15分前に到着した。ところが、なんだか会館の前でよく分からないイベントをやっていて、人や車がごった返している。会場の駐車場も満車。周辺の駐車場も満車。こりゃ見通しが甘かったかな~。何しろボーナス出たあとの休日だし、人はどんどん会場前に集まってくる。どうにもこうにもとりつく島がない感じである。
 やむを得まい。コンサートホールを目前にして帰ってきてしまった。(こんなことは10年以上前にローマのオペラ劇場まで行ったとき以来である。)
 で、このまま帰るのもなんだから、ちょっとそこらをぶらぶらしよう。ということで、多摩境のコストコまで足を伸ばすことに。なんだか季節商品でばかでかいいちごにチョコレートのかかったお菓子を食べたい、と娘が言うので、そういうのも買いに行こう、というわけだ。
 思ったよりも早くコストコには到着したが、残念ながらそのいちごとチョコレートのお菓子はなかった。入間のコストコにはあったのに。でも、ペリエが安売りだったので買ってきた。それからのんびりと一般道を走っていたら青梅市内に入ったので、青梅鉄道公園にちょこっと寄ってみる。16時30分到着。こんな時間から入場するというのも間抜けっぽいから、外から車両を眺めるだけにするが、ここはかつて子供たちが小さい頃にしょっちゅう遊びに来ていた思い出深い場所だ。もう15年ぶりぐらいになるだろうか。
DSC_0228s.jpg
そういえば、ここのC51 5は大宮の鉄道博物館へ行ってしまったのだったが、上のクモハ41は前からあったっけ?と思って、柵の外から写メ撮った。ま、何かを見れば分かるであろう、そういうことは。
 それから、帰りながら入間市にあるスーパービバホームに寄って自動車のワイパーブレードを取り替え(雨の日のたんびに、取り替えなきゃ、と思う)、お肉屋さん(サイボクハム)に寄ってちょっと贅沢に今晩の夕食になるものを購入し(糖質制限をするようになってからエンゲル係数が上がってしまって困ったもんだ)、楽器屋さんに寄ってシールド線を購入し(数日後に演奏会をするのに必要なグッズ)、20時00分、帰ってきた。
 
 
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/06/30 20:17 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ワケのわからない決定事項

 今日、吹奏楽部の顧問の会議だった。中学部門のコンクールの最終打ち合わせ、ということで、百人以上の顧問が集まった。その席で、意外な決定事項が報告された。
「今後は、舞台上で、ティンパニーが小さい音でチューニングするのは禁止です。」

は?もう一度言ってくれよ、正気の沙汰かそれ?

 何でも、去年のコンクールの上位大会(N関東大会)で、S玉県代表のある高校がステージ上で演奏の前に、ティンパニーの奏者がいつまでもでかい音で、テンテンテンテンやっていて、なかなか演奏が始まらず、進行をも遅らせてしまって大顰蹙を買い、大問題になった、という事件があったらしい。それも、以前から、そういうこと(チューニング)で進行を遅らせるのは止めてもらいたい、という話があったにもかかわらず。そして、ついにN関東のエライさん達が怒り心頭に発してしまい、こういう決定になったというのだ。

 けど、変な話だろ、それ。ティンパニーというのはデリケートな楽器である。舞台の袖とステージ上では気温も湿度も違うし、持ち運んだだけで誰がどこを触っちゃったかだって知れたものじゃない。最終的に演奏する場所に据え付けられた段階で、音が合ってるかどうかなんて、どんなティンパニー奏者だってチェックするはずじゃないか。というか、音楽をお聴かせするパフォーマーにとって、そのような行為は良心の命ずるところであるはずだ。その高校の生徒にしたって、そういう気持ちでやったんだろうし、中には勘がニブくて時間がかかる生徒がいることだって、学校なんだからあり得るじゃないか。プロじゃないんだからよっ!
 ましてや、ウチの学校の手締めに毛の生えたようなボロ楽器じゃ、どこを持って運んだかで簡単にチューニングに影響が出そうだぞ。秒刻みのスケジュールの中で大慌てでセッティングするっていうのに!それをやっちゃ駄目って、…ええ…?マジかよ…??
「そこを何とか我慢してやってください。コンクールという場で、公平にやるわけですから。」
と、そういう(雲の上の)会議に出てきてその場の雰囲気を知っている役員の先生方は(苦虫をかみつぶした顔で)おっしゃる。
「とにかく。上下関係が厳しい社会なんですよ、この世界。なに言ってもダメでね~。」
と、全日本の経験を何度かお持ちの先生もトホホ顔でおっしゃる。

畜生!つまり駄目ってことか!しょうがねえなぁ…。でも、こんなことを決めた奴らって、やっぱり「音楽のことが分かってないパラノイア」としか思えなかったのだが、今日の会議に居合わせた中でそういう風に思ったのは俺だけなのだろうか。そして、そういう連中が牛耳っている吹奏楽連盟っていったいどういう所なんだろう?素朴に疑問だぜ。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2012/06/27 19:22 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

なんて贅沢な俺

 きのう飲み会だった。和民という飲み屋さんで教育実習生のお疲れさん会である。飲み放題コース?らしいが、こっちは糖質制限実施中なので、当然、乾杯のあと即座にウィスキーを注文した。すると、なんだかお湯割り、オンザロック、水割り、ソーダ割り、といろいろあるので、いつもの晩酌のようにソーダ割りを頼む。マ、なんだかこんな感じのお酒だね、と思いつつ飲む。ところが、メニューの一部が何かのプレートの下に隠れていて、その部分に「ハイボール」というのが「別に」あるではないか。

ハイボールとウィスキーのソーダ割りとどう違うの?
というわけで、引き続きハイボールを頼んだのだが、失敗でしたね。なんだかサントリー角瓶の意匠のグラスで出てきて、レモンスライスみたいなのが入っていてオシャレなのだが、おいしくないじゃん。特にレモンスライスとか、邪魔。普通に酒を楽しめない。なんだこりゃ。ウィスキーが香り付けになってるレモンソーダ?やめやめ。次の一杯はウィスキーソーダ割りに戻そう、と思ったが、すでに酔っ払っちゃってこの日のアルコールは限界。あとは普通にご歓談して帰ってきた。
それにしても、こういうのは多分トレンドなのであって、別に「和民」だけじゃなくどこでも似たようなのを出しているんだろうけど、普通に言ってるハイボールって何なの?全く。

で、今日いつものように、「ウィスキーソーダ割り」を作って晩酌をするが、分かりました。日頃飲んでるヤツってメチャメチャグレードの高い酒なんじゃん。すんごいおいしい!調べてみたら、スコッチ&ソーダっていうのは他とは一線を引かれる飲み物らしい。今の私って、知らないでものすごく贅沢なことしてたのね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/06/24 23:33 】

糖質制限について  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

本番の日。吹奏楽研究発表会。

 朝からなんだかイライラする。だいたい、糖質制限のダイエット効果で腹回りが妙に落っこちたせいか、ちょっと前に作ったばっかりのオーダーの上下がダブダブなのだ。痛し痒しじゃないか。
なんやかんやで思ったより10分ぐらい遅れて出発したのもまずかった。空模様は雨。小降りにはなっているが、昨夜半過ぎからは猛烈な降り方で、この調子では学校総合大会の野球とかテニスなんかは順延となるであろう。
 あ、しまった!
…ということは、今日は平日である。つまり道路がやたらに渋滞する雨の平日。予想通りどこまで行っても自動車の列である。またまたここでイライラがつのる。演奏会場に到着したのは役員集合時間の5分後だ。みっともない。まず先生方で今日の次第なんかの打ち合わせをし、生徒と打ち合わせをするが、その頃には楽器運搬担当の生徒までもが会場に到着しちゃって、
「先生、楽器をどこに降ろすんですか。」
なんて聞いてくる。そんなのをあしらいながら会場係の生徒達(ウチの連中。ちゃんと時間通りに集合整列がすんでいる。だらしのない俺とは大違い。)と仕事の手順の説明とか実況見分とかをするのにあっちこっちを右往左往。忙しい。蒸し蒸しするし。
 楽器置き場に指定された小ホール(最近あっちこっちの大ホールに付随している施設)は出場する生徒たちでごった返し、身動きもとれない状況なのに、そのどこか一角にウチの学校の楽器をまとめて置かなければならない。何とイライラする光景ではないか。そういえば、最近楽器を落っことして(もってのほか)音の出が悪いなんて言ってたクラリネットの1年がいたが、どうなったのであろう。今朝真っ先に楽器屋さんに相談する、という話になっているはずなのに。
 生徒の努力の結果、どうにかこうにか楽器と荷物の置き場所を確保し、気付いてみるともうとっくに開演時間が迫っている。急いで鑑賞できるように客席へ行け!と指示を出すが、なかなか生徒達は動かない。互いに顔を見合って誰かが移動を始めるのを待っているのだ。そんなんだから駄目なんだよ!イライラがつのる。爆発寸前で押さえる。何しろ俺なんかより生徒の方がずっとエライのだ、と自分に言い聞かせる。
 演奏鑑賞が始まって3団体目でもう集合時間が迫ってくるから、と立ち上がる。小ホールに行ってみると、もう集合時間まで何分もないというのに、まだみんな楽器の組立すら始まってない。さすがにここは
「何してんだ!
とカツを入れ、生徒を急がせる。それでも集合時間にはまるで間に合わず、トロンボーンのヤツだかが楽譜をどこかにしちゃったのを探しているのにつきあっているうちに、こんどは前述の間抜け1年が
「センセ~、楽器屋さんはどこですか?」
と、とぼけた声音できいてきやがる。
「朝来たらすぐ、って話だったじゃないか。何してたんだ!
と問うと、
「わすれてました。」
と、シレっとしてのたまう。
「そう、君にとっては忘れる程度のことだったわけね。よくわかった。」
と思いっきり冷たくあしらうが、わかってんのかコイツ。
 そうこうするうちに本隊は誘導係に連れられてリハーサル室へ行ってしまう。アホ1年を楽器屋さん(こういう発表会で、まさかの時にサービスでリペアをするために待機してくれている。本当にありがたい)の所に連れて行って状況を説明し、本隊の後を追う。リハ室に入るとすぐに係がハーモニーディレクター(超多機能のチューニング用キーボード)とアンプを設営する。ところがふと見ると、アンプはあるけど肝心のハーモニーディレクターの本体が無いじゃないか!35人の管楽器奏者が音出しをする猛烈な騒音の中で
どうなってるんだ!!」と叫ぶが、聞こえているんだか。そのうち3年の副部長が耳元まで来て、
ホニャララさん達が取りに行きました!
ここは最初から持ってくる場面で、今さら取りに走るなんて聞いたことがない。何やってやがるんだ!おっと、そういえば!
おい、スコア(指揮者用の楽譜)はどうした。
無いじゃないか!暗譜で振れってか?まあ、今日やる曲は俺自身が高校時代にやったことのある曲で、ほとんど頭の中にスコアがあるから、暗譜でもいいけどね。するとまた誰かが、
ホニャさんが担当です!
ホニャさんって、あのクラリネットを壊しちゃったアホ1年のホニャさんかえ?今楽器屋さんにつきあってクラリネットの調整中じゃないか。どうなってるんだよ、このバンド!どいつもこいつもどこまで人をイライラさせるのか。そうこうするうちハーモニーディレクターが到着し、手慣れた生徒が手早くセッティングを完成させたので、指示を出すとたちまちリハ室は静粛になる。で、チューニングを始めるが、時間がないからパートごとにどうしようもないところだけ手を入れる。弦バスは数日前に弦を張り替えたばっかりなので、ちょっと入念にやらなければ。習熟度が全くまちまちのアルトサックス4人はどうしようもないウナリを発しているし!とにかくこんなチューニングじゃ話にはならないだろう。仕方がない。で、曲の出だしとかの最終チェックとかするが、もうそこで誘導係の生徒が現れ、
「時間です!」

次は舞台の袖に移動であるが、そこに楽器屋さんが現れ、
「このクラリネット、どうしても調整できませんでした。しかたないので穴とタンポの隙間にビニールテープをかませてあります。取り敢えず急場しのぎということで。」
ホント、申し訳ないことだ。で、舞台の袖に到着すると、その1年が
「センセ~、これ」
とかいってスコアを差し出す。センセ~これ、じゃねえだろ!俺は「コレ」じゃねえ!テメ~はどこまで間抜けなんだ!!とわめきたい気持ちを抑える。本番直前の舞台の袖だからね。
さて、いよいよ出番。いつものように真っ先に舞台に出ていって指揮台に立ち、セッティングの進捗状況をみる。打楽器の位置とかのツボどころを指示したりして、ほぼ準備完了、というときになって、フルートのヤツの椅子と譜面台がワンセット足りなかったらしく、2年のフルートが困り果てた顔をして突っ立っている。中学生だからね、舞台の上では想定外のことには対応できないのが普通だ。ところが、今日のステージ係はなんだかひどく動きが悪い。何をするにも気が利かないし、こっちがいろいろ指示を出しているのに、気付かないし、気付いていても何を意味するのか理解しようとしないでボーッとしてやがる。やっとのことでセッティングが終了し、客席を向いてお辞儀をするが、あ~~~っ!!上着のボタン、止めてないじゃん!
もーやだーーー!!!

さて、昼食休憩の後の会場係はウチの生徒の担当だ。弁当食べ終わったら楽屋に来いよ!と指示を出しておいたのに、誰も来ない。ありゃ~~?どうなっちゃうんだ?1ベルは鳴っちまうし、ヤキモキして待っていると、やっと開演直前に7人現れた。
「どうしたんだ?」
「この場所が分かりませんでした。」
「何で7人しかいないの?」
「他の人がどこに行ったか分かりません。」
「探してこい!
何しろ指定された人数は20人。実際それだけいないことには仕事が回らない。生徒はすっ飛んでどこかへ消えるが、その時には本ベルが鳴っている。会場係ナシで本番突入かい!前代未聞じゃないか!なんたる無責任!ややあって、最前の7人が戻ってくるが、7人のままだ。
「いたか?」
「誰もいません!」
「何それ?もっと探せよ、あそこは見たか、そこはどうなんだ?」
「もう、客席に入って鑑賞してるとしか思えないんですけど」
テメ~!よくそんなノンキなこと言ってられるな!
「役員の仕事やるヤツと探すヤツと二手に別れろ!!」
で、再び探しに行き、また戻ってくるが、そこに3人来た。しかたがない。いるヤツだけでも仕事をスタートさせないと会場が無秩序状態になってしまう。で、指示を出して仕事に送り出すが、その時にはもう午後の2番目の演奏がすでに終わりかけている。いいのかよ、こんなことで!やがて、役員担当の連中が三々五々あらわれて、仕事も軌道に乗ったが、まずいなこれは。こんなザマでは夏の大会なんか戦えないよ。あとあときっちりさせなければ。

で、当然ながら肝心の演奏の方も、全くしょうもない状況。
全く何という1日なんだ、本当にくたびれました。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2012/06/22 21:47 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

今宵の晩餐

今日は父の日ということで、大ご馳走だ!
粗挽きポークウィンナのゆでたヤツとトマトのサラダにコールスローにトマトスープ、私の好きなものばっかり!しかも糖質ほとんどオフ!の献立である。何とも嬉しいことではないか。
DSC_0220s.jpg
 それにしても、糖質制限を始めてから3.5~4㎏減量した(詳しいところは体重計がなんだかいい加減なのでよく分からないのである)。
 そして、これだけ減ってしまうと服がだぶだぶに見えるらしい。まるでズタ袋を頭からかぶっているように見えるんだって~え?困ったことだ。服を買い換えなければまずいらしいのだが、ヒマね~し!来週に期待だな。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/06/17 23:24 】

糖質制限について  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

何じゃこりゃ?化け物登場だ

 毎年行ってる国立音楽大学吹奏楽ワークショップに今年も参加した。残念ながら今年は会場テストと日程がかぶり、基本的に1・2年生だけの参加である。
 いつものようにキャンパスをうろうろしていたら、楽器リペアコーナーの所にサックスが展示されていた。それにしても、これはすごい。コントラバスサックス!まさに化け物。
DSC_0213s.jpg
何しろ、すぐ後ろにある楽器がそもそも「バスサックス」という滅多に見ることのない代物である。通常使用される「バリトンサックス(3番目)」があんなに小さく見えるとはまさにびっくり仰天だ!you tubeで演奏してるところを見ることはあったが、現物を見るのは生まれて初めてだ。ウチのサックスの生徒と2ショットを撮っておいたが(めっちゃテンション上がってた)、ふと見ると学部生も盛んに写メを撮っていた。あとで聞いたら日本に3台しかないそうな。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2012/06/17 22:50 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

気分盛り下がる...ハー...

 今日の午前中、職場のFAXで連絡が入った。知り合いの、となりの市にある私立中学校の吹奏楽の顧問の先生がお亡くなりになったそうな。しかも今日お通夜だって!まるっきりの普段の服のままだけどやっぱ行かなきゃでしょ!とは思うが、出張にも行かなきゃならないし、いったん学校に戻って明日までに準備しなければならない資料とかいろいろあるし、とかやってるうちに職場を引けたのが21時半、結局お通夜には行けなかった。
 それにしても去年の今頃は、近所の私立高の吹奏楽部の顧問が急死したばかり。いったいどうなってるの?気分が沈みます…。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/06/12 23:20 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Ro.37、三ヶ月ぶりの進捗

いろいろあって結局3月はじめに中断のやむなきに至り、「小国空軍機コン」にも不義理をしてしまった情けない状態で、あっという間に3月も経ってしまった。だが、仕掛品をいつまでも投げておくわけにも行かない。(って、仕掛品、たくさんあるんですけど?)
 何日か前に胴体支柱を接着して、棟上げの準備を開始。
DSC_0206s.jpg

 そして、今日はついに上翼を接着して複葉機が複葉機になった。翼間のワイヤーは少し細すぎるであろう。でもまあ、あまり深く考えずに張線はやっちゃおうかと。
DSC_0211s.jpg
上翼だけ後退角があると、なんだか上翼がお辞儀をしているようで、見る角度によってはあまり格好良くない。でも、これでも一応上翼には仰角がついています。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/06/12 00:44 】

Ro.37(完成)  | コメント(1)  | トラックバック(1)  |

酔って候

そんなわけで、にわか仕込みのウィスキー愛好家、Petchuunen先生です。このところ毎晩酔っ払ってます。糖質制限に蒸留酒は最高、しかもお酒を飲むと血糖値が下がる、とあっては、毎晩の晩酌は欠かせませんね。(絶対に真に受けないでください。)

ここ10年ぐらい、「どうせ酔うなら良い酒で」をモットーにしてきたので、やっぱりウィスキーと言ったらスコッチかね~みたいなブランド志向でやってます。何しろこの世界、知らないから。

5月の頭から買い集めたのが、結局これらのお酒。
DSC_0208s.jpg
いずれもいずれも良い酒です。とりわけ特徴的なのは昨日買ってきてあけたばかりのラフロイグ クォーターカスクですね。すんごい炭の香りが鮮烈な感じ。マッカランはフルーティってとこかいな。
昨夜はラフロイグが強い酒(アルコール48%!ってことはワインの5~6倍の強さなのね)だったこともあって(ほんのちょこっと)飲み過ぎて猛烈に眠くなり、10時半に就寝。家内から大顰蹙を買っています。しかし今朝はすっきり目覚め、朝5時起床。酔っ払い方も素性がいいじゃないか。

とにかく、蒸留酒は俺には無理、とずっと思い込んでいたのが、ホント人生の豊かさを棒に振る行為だったことを痛感しています。



ちなみに、ウィスキーを飲み始めてから、ずっと気になっていた歌、吉田拓郎の「ペニーレインでバーボンを」が聴きたくなってyou tubeとか探して聴いたのだが、妙にせわしなく若造がわめいてる、ってかんじの印象しかなく、かなりがっかりした。「そんなとき僕はバーボンを…」というリフレインのフレーズが気に入っていた(と思っていた)だけに、残念だったぜ。聴かなきゃ良かった。昔聴いた歌が心の中で熟成されて、心の中だけでいい味を出していたってこともあるんだよな~。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/06/11 23:08 】

糖質制限について  | コメント(0)  | トラックバック(1)  |

ドライブ海鮮BBQを求めて

 どこかへ行きたい!家内も娘も、この俺までも、とにかくどこかにいなくなっちゃうのがとても好き。今回の休みも、何しろ行こう。前に行った小名浜港の海鮮バーベキューは最高だったじゃないか。館山にもそういうのあるらしい、でも遠いし道混みそうだし、わざわざ小名浜まで行くというのも、日帰りとしてはちょっと強烈だ。寺泊とかも、行くならもっと朝早く出発しなきゃ。
 で、今回は茨城県の海を見に行こう。大洗なんかいいよね。
 ということで、大洗からさらに海辺を北上し、常陸那珂湊に到着。昼食にはちょっと早かったので、さらに北上し、海の景色を見よう、というわけで。
 
 ここでは何人かの人が何かを採っていたが、見た感じ積層した岩が地殻変動でひっくり返った状態がずっと続いている。こういう景色ができるまで何千万年もかかったんだな~、なんて感慨も湧いてくるというもの。
DSC00620s.jpg

さらに少し北上したところの砂浜。海水浴場ではあるが、もちろん誰も泳いでない。
DSC00621s.jpg

戻って那珂湊の市場へ。向かい側の桟橋は漁船が屯している。
DSC00623s.jpg

 いろいろあった末に、那珂湊で昼食を食べようと思ったのだが、結局腹に入ったのは、那珂湊漁港の生牡蠣と、たこ焼き(ひとつあたりイイダコが一匹丸ごと入る)。この生牡蠣は天下一品である。さらに大洗でその場で客がチョイスしたやつを焼いてくれるお店をやっとのことで見つけてホタテ↓と
DSC_0200s.jpg

サザエとツブ貝。↓
DSC_0201s.jpg
を頼んだのだが、どっちもこの甘いたれが邪魔。ただの塩焼きとかの方がいろいろ味付けを楽しんだりできるのに…。

結局、当初想定した、小名浜港のような海鮮バーベキューには出会えなかった。ちなみに、那珂湊はお魚とか、あり得ないようないいのが安く売っている。行ってなかなか楽しめた。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/06/10 23:30 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(1)  |
 | ホーム |