FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

楽しそう?

 担任しているクラスの生徒同士で、ズボンおろしをやったりして、やられた生徒(男子)が泣いちゃうとか、そういうくだらない(けど絶対に看過できない)問題が起きて、今日はせっかくの「テスト期間で部活無し、早く帰れる日」だというのに当該の生徒を残して指導せねばならなかった。なんということだ。悪ふざけが過ぎるだろ!?で、最終的にやった奴らがやられた奴に泣いて謝ってその場を終わらせ、下校が遅れたことの説明をかねて保護者にも電話で連絡を入れて、一件落着。けっこう遅くなってしまった。いつもの部活が終わるのと同じ時間じゃん。
 それから残った野暮仕事を、取り敢えず明日に支障が出ない程度に進めて帰ろうと思ったらもう真っ暗。やれやれである。たまたま一緒に退勤する同年代の女の先生が、
「でも、petchuu先生、今年担任持ってから楽しそうだ、ってみなさんおっしゃってますよ。」

は?楽しそう?

「私は、今年度は会える機会が少なくて(授業の関係でお互いに顔を合わせられない時間が昨年度より圧倒的に多くなってしまった、ということ)、よくはわからなかったんですけどね。」

なんと、楽しそうに見えるとな?

まあ、毎日のルーティンワークは増えるし、日々何かに追いまくられる感じで仕事するようにはなったから、充実してるようには見えるのだろう。まあ、いいことなんだろうな。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/05/30 20:59 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

糖質制限で20日過ぎた。

 5月初めから開始した糖質制限による食生活。糖分・炭水化物以外だったら何をどんだけ食ってもいい、という引き文句(もちろん真実ではない)に乗せられて、勢いで開始したところ、すでに2㎏減量したぞよ。しかも全然努力もしないで。酒はビール・ワインをウィスキーに変えたので、まだ慣れないが。
もちろん、食う物の内容は全く変わった。主食は豆腐に油揚げ、炒めたもやし。スライスオニオン、なんてことも。昨夜の晩餉も主食なしでゆでたお肉のレタス巻き。間食も、コーヒー(コーヒークリームだけ入れる)片手に糖質オフのチョコレートにミックスナッツをボリボリ、ってかんじ。これだけ読むと、まあ味気ない、と思う人も多かろう。
 ところが、そうでもないんだな、これが。第一、根本的に食欲が落ちる。食べ物に対する欲求そのものが薄れるようだ。腹が減った、と感ないのである、妙に。だから、給食なんかも、生徒が食べまくっているのを横目におかずだけ食べているのがそう苦痛ではない。時々、肉ジャガをおかずに御飯を食べる、とかスパゲッティミートソースとか、どうにも炭水化物から逃れられないメニューもあるが、なんだかそういう、かつてだったら魅力的な物にあまり食指が動かない。にもかかわらず、なんだか頭もさえてるようだし、体調がいいのだ。先日も書いた通り、糖質(炭水化物-食物繊維)は人間という動物(種)には必要のない物だったのでは、という印象が続いている。

 結局、これが日本で流行らないのは、ひとつには「薬屋さんが困るから」であり、二つ目には「お米が売れなくなって農家が打撃を被るから」なのではないか。つまりあくまでも政治的な理由であって、医学的あるいは栄養学的な理由ではないのかも。何しろ、(我が理解したところに寄れば)「糖質制限」とは人類が農耕を始める以前の食生活に戻るということであり、体質改善でもましてやダイエットでもなく、むしろ「体質改造」といってもよい行為である。ということは、これが一般的になってしまっては日本の一次産業そのもののあり方にも変化が要求されるような事態に陥りかねない、ということかな。

 ま~だ開始してから日が浅いので、この先どうなることかわからないけどね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/05/20 22:10 】

糖質制限について  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

常磐線

「常磐線」。私はこの言葉の響きには独特の思い入れがある。物心がついたとき、私の家は常磐線の線路沿い(三河島駅と南千住駅の間、明治通りを交差するガードのそば)にあった。隅田川操車場から引き出された長大な貨物列車を牽引するD51が、毎日ものすごい音を立てて空転しながら少しずつ近づいてくるのを幼稚園児であるところの私は、いつも家の2階の窓から見送っていた。貨物の他に通るのは、ほとんどが茶色の旧型国電と大型蒸気機関車のひく通勤列車であった。そのうち、キハ81系特急「はつかり」やピンク色の415系も見られた。それらの列車はどこから来て、どこへ帰って行くのだろう、乗りたいな~、と幼心に思っていた。結局「常磐線」のこれらの列車にはほとんど乗車する機会がないまま大人になってしまったが、結婚してから妻の実家(仙台)へ行くのに鈍行で全線乗り継いだこともあった。

それが今では…。

今年3月末にあえて東北地方の海沿いを通ってみた。そして、常磐線の駅も。
磐城太田駅である。ちょっとモダンな感じの駅舎。
DSC_0166s.jpg

中に入ろうとしたら、フリーになっていた。施設の様子はちょっと見には全く普通なのだが、線路は見ての通りさび付いている。。
DSC_0165s.jpg

水戸方面を望む。
DSC_0164s.jpg

仙台方面を望む。列車の来ない駅の何とさびしい風情であろうか。
DSC_0163s.jpg

そして、この駅の近くのあるポイントで見つけた鉄道の「遺構」。これがあの「常磐線」、583系や485系やキハ81系やC62をはじめとする堂々たる列車たちが行き交った線路なんだ、とは全く信じられない。
DSC_0159s.jpg

あたりを走ると、こんな感じであっちこっち通行止めである。この後迷子になってそこら中走り回らされた。
DSC_0167s.jpg


ゴールデンウィークにも東北へ行った。やっぱり仙台の爺さん婆さん(妻の実家)のことも心配だからね。
で、今回も足を伸ばして、あちこち見て歩いたのだが、ほとんど状況は変わっていなかった。

これ、道路じゃなくて、線路だった場所です。
DSC00585s.jpg

そのそばの小さな川に架かる鉄道の橋。
DSC00586s.jpg

近づいてみる。路盤が流されて、何も残っていない。片付けてしまったあとでもあり、まさに丸坊主。繰り返しになるが、これがあの「常磐線」とは全く想像もできない。何という残念な、悲しい光景であろう。
DSC00587s.jpg

道ばた、というか線路ばたにこんな立て札が立っていた。常磐線の再開を願って誰かがたてたのであろうか。
DSC00588s.jpg

福島県内に入ると、相変わらずこんな状態であっちこっち道路がふさがれている。国道なんかは警官が立って物々しい雰囲気であるが、原発の周辺の集落はどこも閑散としている。ひっきりなしに自警パトロールの車が通り、関東地方ナンバーの我が愛車はまさに怪しい奴。
DSC_0185s.jpg

海岸沿いなんかは道路もこんな感じのところが多いようで、東北の海沿いのインフラを再建させるにはまだかなり時間がかかるのではないか。
DSC00592s.jpg

テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:日記

【 2012/05/19 23:34 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

地味に花盛り

我が家の乏しい植木群は、実は今花盛りなのである。初夏の熱い日差しを浴びて、花たちが輝いているではないか!

これは夏みかん。 なんだかいつもいつも花だけはたくさん咲くのだが、どんどん落ちていき、最後に実になって残るのは例年6~7個である。今年はどうなるのか。
DSC_0197s.jpg

こっちは柿。去年初めて、カキノヘタムシガにやられて、半分以上が途中で落ちてしまった。今年はどうなるのか。放って置くわけにもいくまいから、何か薬でもやった方がいいのかいね~。
DSC_0198s.jpg

いずれにせよ、桜とか桃みたいな花の華やかさに比べると、、、いや比べられるものではない。な~んでウチの木はこうも地味な花しか咲かないのか。見応えないのう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/05/19 22:35 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ゲリラ豪雨と地震

 すごいこっちゃ。今日の雨。
ちょうど4時間目が始まった瞬間に雷とともに降り始めた雨は、あっという間に猛烈な豪雨となった。これまでこんなすごいのは見たことがなかったぞ。まるでアメリカの森林消防隊のヘリコプターが水をぶちまけたようなものすごい降り方で、雨のために50メートル先も見えないなんて、全く正常じゃない。生徒は大騒ぎして窓際にへばりついたままで全然授業にならないし。昔だったら先生の拳骨の雨あられになる場面だ。だが、そのうち雨が本当のあられに変わり、もはや大スペクタクル!そしてわずか10分後、降り始めとともにあっという間に周辺は静かになり、太陽がさんさんと照り輝き始めた。で、授業再開。なんということだ。ゲリラ豪雨め、貴重な授業時間をつぶしやがって。

 そして夕方の地震、震源地では震度4だったようだが、こっちはずどどどん!と一瞬縦に揺れただけで終わった。だが、なんだかいつものかすかな横揺れとはちがう気になる揺れ方だったな。

 あと火事と親父が出てくれば、こわいものは全員集合である。迷惑な。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/05/18 22:37 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

古い置き土産

今年1年生の担任としてあてがわれた教室の床、特に黒板の下とか配膳台が普段置いてあるあたりが、なんだかキタナイ。しかも何となくベトベトする感じで、歩くと気持ち悪い。当初、あんまり気にしてなかったのだが、以前から気になっていたことがあった。
その1
 かなり前に同僚だったある先生が、やっぱりあてがわれた教室の床が汚くて、
「ぜってーゆるせねー!」
と日頃からわめいており、
「俺のクラスにはワックスなんか塗らないで、毎日水拭きだ!こんな汚い部屋、我慢できるか!ピカピカの部屋にしてやる、見てやがれ」
で、掃除の時間にはクラスの生徒と一緒にひたすら水拭きをしていたこと。

その2
 「プロ教師の会」の本(別冊宝島)の中に、
担任の教師の中には、
「生徒の自覚を待つ」
というのを金科玉条とし、何もかも全くの放任、というクラス運営をする者がある。まわりから何を言われても、掃除はやりゃーしない給食は早い者勝ちの取り放題、食い物を乱暴に奪い合って、メシでも汁でも床にこぼれたのを踏みつぶし、あげくクラスが廃墟のようになってしまっても、
「生徒の自覚を待つ。」

というような記述があったこと。こんなクラスはもちろんクラスの人間関係はメチャメチャでイジメもグループ間抗争も激しく、弱肉強食の殺伐とした空間である。この話は昭和60年代のことのようだが、現在こんなことをしたら、よくてもクラスの7~8人は不登校になるであろう。

で、あるとき、やっぱり床が気になって他のクラスと比べてみると、何とうちのクラスだけ異常に汚いんじゃないか!
そう思って、放課後に濡れ雑巾で床の一部を磨いてみたら、この通り
DSC_0196s.jpg

右側が拭いたところ、左側がこれまでの現状である。黒い汚れは言わずもがなだが、もちろん御飯のなれの果てである。ホコリとワックスと御飯が混じって真っ黒になってワックスで塗り込められているのだ。

 つまり、上述の「自覚を待つ担任」の一人が、あるときこのクラスに君臨していたのであろう。そして、生徒はついに自覚することなく、進級していったというわけだ。そして、キタナイ床はそのままに残され、きちんと掃除されることもなく、何年も経ってしまった…。そういう欠陥人格の担任が床掃除なんかするわけなく、その後の生徒数減少で教員も減ったから教室掃除の監督もかつてのように担任ができるわけでもなくなり、これらの汚れは何年も放置されてきたのであろう。
 頭に来たぞ!これ、キレイにしてやる!と思って、ここ何日か、放課後一人で床を磨いています。生徒は使えません。教室の掃除の監督は自分じゃないし、クラスの連中はみんな先を争って部活に飛び出しちゃうからね。ま、単なる自己満足かも知れない。

 それにしても、かつていたこの手のメチャメチャ教師はずいぶん減ったと思う。30年前の生徒から見ると、今の中学校は、パラダイスだと思うよ、それなりの突っ込みどころは相変わらず満載だけれども。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/05/15 01:19 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

教育が悪い

 玄関脇のナンテンを剪定した。何しろメチャメチャ生い茂ってまるでそこだけジャングルである。去年(だったか)、かなり思い切って強剪定したのだが、その反動かも知れない。とかく生き物は度し難い。
 で、メチャメチャ切りまくって片付け、バラバラに分けてゴミ袋に入れる。切るのは簡単なのだが、実はこの片付けの方が5倍ぐらい大変なのだ。で、家の中に向かって
「ゴミ袋(市指定のやつ)出してくれ~」
とか声をかけていたら、娘が、
「父ちゃん、ヒマなんだったら私の自転車に空気入れといてよ。」
だと。ふざけんなよ~
庭の手入れを何だと思ってるんだ!放っておけばそこら中に落ち葉とかたまってくるしタンポポとかペンペン草が生い茂って、貧乏くさくなり、仕舞いに幽霊屋敷みたいになる。いつもさりげなくやってるから気付かないのかも知れないけどね、そういう努力があるからそれなりに見えるのに~!
 とにかくうちの家族が、「父親はヒマだから」庭いじりをする」と思っているというのはどうなんでしょうかね~。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/05/13 12:27 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

糖質制限食

 2年も前から「糖尿病」と診断されている。それなのに何も手を打っていない。全く自覚症状なんてないもんね。健康な人と一緒です、表面上は。でもやっぱり気になるから、ここ何年かはコンビニとかで買い物するにも何するにも、一応食べるもののカロリーとか気にしていた。でも全然体重とかも変化ないし、困ったな~とは思っていたのだが、最近のトレンドで「糖質制限食」というのがあるらしい。要するに「糖質」すなわち果糖ブドウ糖砂糖その他と、炭水化物(食物繊維を除く)を徹底的に食わない、その代わり、それ以外のものは何でもたらふく食ってよし、カロリー計算なんか一切必要なし、というものらしい。
 しかし、それを実行するとなると、主食は一切駄目、ということになる。米の飯、パン、うどん、ラーメン、ジャガイモ(ポテトと名のつくもの一切)等々、すべていかん。お菓子や果物なんかはまさにダメダメのかたまり。要するに、おかずばっかり食べてればいい、ということか?変なの。でもまあ、やってみるか、ということになった。何しろ放っておけば失明、人工透析、足切断、と恐ろしい運命が待ち構えているわけだし。そういうのはイヤだ。

すると…?

 すごいこっちゃ!この10日ほど何にも考えずに満腹になるまで喰いまくったあげく、全然体重が増えない!それも、鶏唐揚げだ、フランクフルトだ、スキヤキだ、とカロリー満点のものばかり無茶食いして!それなのに、生徒の手前、給食では御飯も食べなければ、と思って食べようとしたのに、なんだか(もうたくさん)という感じで、全然おいしくない。米の飯というものに対して、食べる必然性が感じられず、箸を動かすのがひたすら面倒くさいだけなのである。なんだか、ヒトという動物はもともと糖質を取り入れる必要がなかったのね、と思わせるような、不思議な体験であった。しかも、この頃オシッコの出がよくなったぞよ。これは嬉しい。この食事制限は今度こそちゃんと続きそうである。

 ちなみに、酒は全然禁酒する必要はないが、蒸留酒以外は駄目らしい。苦手なのだが。仕方がない、これからはウィスキーを極めるとしよう。しかも、ピーナッツとチーズは問題ないらしいので、けっこう格好いいじゃん。
というわけで、早速ジャックダニエルとサントリーの角瓶とGlenfiddichというスコッチを買い込んで飲み比べてみたが、全然違いがわからない。まだまだ修行が足りないのう。

(あんまり簡単に真に受けないでください。責任持ちませんよ~。)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/05/09 18:47 】

糖質制限について  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |