FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

新入生保護者会

 今日は新入生保護者会兼新入生1日入学の日である。全然頭に入ってなかったわ~。ということは要するにこっちとは関係ない、ということか。で、タイムテーブルを見ると、ちょうど部活の時間に新入生たち(要するに現6年生)が校門前で各小学校ごとに解散、と書いてある。そこで何とかウチの部活をアピールできないものかね~。
 しかし、寒い。4時間目が終わって暖房(セントラルヒーティング)が切られちゃうと、どんどん冷えてくる。空気が冷たくなってくる。1年生は一つのクラスが8人も欠席してしまい、学級閉鎖寸前だ。他のクラスも危険な状況。ついに、今日から週末まで1年生は部活の参加が中止になってしまった。やれやれ。
 で、放課後になり、部活の時間がやってきた。新入生はまだ体育館で説明会の最中だ。部長が、
「今日の部活は何するんですか?」
なんて聞いてきた。予定はあるのだが、1年生が休みになっちゃったことでご破算になってしまったのだ。
「よっしゃ、これから新入生が窓の下(といっても4階ではあるが)を通るから、そこで一発アピールしようじゃないか。」
と、急遽2年生だけの合奏ということにして準備する。それにしても寒い。全然ピッチが合わない。こんなんじゃみっともないのう。いろいろ基礎合奏とかやってるうちにだんだん合ってきた。さすが2年生。じゃ、曲やるか。下を通りかかる新入生に受けるように、AKB48のメドレーをやろう。ちょうどいいや、3送会の曲だし、1年はこの曲ではダンス担当だし。で、いろいろやってるうちに、下が騒々しくなる気配。のぞいてみると、新入生の保護者が、子供たちの解散を待ってたむろしている。
「よしっ!窓を開けろ!!」
と号令をかける。生徒、一瞬
「えっ?」
という顔をする。
「うちの部活をアピールするんだよ!」
「あっそうか~~」
みたいな感じで窓を開けると、強烈な寒風が吹き込んでくる。コントラバスの奴がちょうど窓のすぐそばで
「さむ~~!!」
とか言ってるが、ここは我慢だ、とあえてそのままやる。下の雰囲気はどうだかよくはわからないが、少しは演奏も聞こえるだろ。後で野球部の連中とかに聞いてみればわかるかも。
 というわけで、ひとしきりやった。4月に新入部員が増えるといいのう。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/02/15 19:24 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

私はオペラ歌手としてデビューする

 と、大きく出たのはいいが、そのままではどう考えたってシロウトのオッサンである。

実は、我が長男がプロデュースするオペラの公演で、役が一人足りなくて、どうしても出てくれろ、ということになってしまったのだ。何と、今回は入場料も取って、ドド~ンとやろう、というわけだ。やばすぎる。練習しなきゃね。年明けになってから押っ取り刀でイタリア語の勉強をし、台本を読み、楽譜を製本し、行き帰りの自動車の中で出番のあるところを聞きまくり、歌詞を覚え、さらにはなんと、ちゃんと本格的に
声楽のレッスンをして、準備をしているのですよ、こう見えても。しかも、そのレッスンで、
寄る年波のためあちこちの筋力が衰えていることが露見し筋トレまで密かにやらざるをえなくなる、という事態に陥っているのだ。いいんだろうか、こんなんで。

さて、そうこうするうちに、昨日はタチを付けて合わせをやる練習日だ、というので、我が母校の大学に夕方から出かけることとなった。マジやばすぎるだろ、とは思うのだが、やらなければ進展しないからね。17時から21時まで、なんだかんだ言いつつ、歌ったり芝居したり、(特に、芝居なんて絶対ガラじゃないのだが)とにかく若いのにつきあってやったら、もんのすごくヘトヘトになった。だいたい、人使いが荒いんだよな。他の連中はとにかく元気の塊だ。さすがパフォーマーだけあって、テンションも高いし。途中で、指揮者(芸大生)が机の上から滑り落ち、向こうずねをすりむいて血まみれに!という一幕もあって(中学校だったらけっこう大事件)いいのかヨ~~…って感じなんだけど(だいたい彼はこの日の練習で指揮棒を折っちゃっていいこと全然無しだったのだ:かわいそうすぎる)。だが、こっちの方は取り敢えずどうにか勤められそう、ということになったらしく、一安心である。

ところが、今朝起きてみたら体じゅう、特に腰が痛くて、とんでもないことになっている。こりゃ、今日は年休だな。休め休め。くたびれきっちゃってだるいし。いや、やばい。今日は週に1度の2年の授業がある。休んじまったら後の手当が大変だ。何より、昨日午後年休取っちゃったし…。
で、やむを得ず出勤した(当たり前だろ!)。こんなのを毎日やってるなんて、プロの声楽家(とか、その卵)はすごい、と改めて実感した。

ちなみに、公演の本番は4月19日(木)、17:30開場、18:00開演。
演目はモーツァルトの「ドン・ジョバンニ」。(映画「アマデウス」で、フィナーレの部分が取り上げられている、といえばああ、あれか、と思う方もいらっしゃるであろう。)
会場はかつしかシンフォニーヒルズ:アイリスホール(京成線青砥駅より徒歩5分)。
原語上演(字幕あり)で、一部(レシタティーヴォ部分)は日本語。
入場料1000円、全席自由。

もし興味がある方は、是非お運びください。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2012/02/15 17:31 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |