FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

バキューム透明部品!

こういう部品は初めてなのです。
DSC_0126s.jpg
とにかく、ナイフを入れて折り曲げると折れるので、バキバキ折りまくり、削りまくって部品を掘り出す感じ。大きめに削りだして寸法を合わせるつもりだったのですが、結局うまくいきませんでした。四隅が丸くなっていて、引っ込んでしまう。要するに寸法が足りない、というべきなのでしょう。

で、一応こうなりました。前席の風防は背が高すぎるような感じがしますが、こういう背の高い風防ともっとコンパクトなのとの2種類あるのかも知れない。WINGS PALETTEを見ると、そういう気がします。
DSC_0127s.jpg

おなかはこんな感じ。
DSC_0128s.jpg
最初の写真からここまで、実は2日かかってしまっています。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/02/24 01:21 】

Ro.37(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

塗装。筆塗り。いつものとおり。

 がんばっていけるところまでいきましょう。今日は、機体の塗装に入るが、なんだかうまくいかない。もともと、昔のマッチボックスみたいに、モールド色がツートンカラーなのがよくないではないか。一応ダークグリーンはいつものクォリティなのだが、機体下面色ののりが悪くて困った。

DSC_0125s.jpg
こうしてみると、なかなか精悍なスタイルだ。主翼がちょっとだけ大きければ、このままでも低翼単葉機として通用しちゃいそうな雰囲気を持っている。でも複葉機なんだよね~。ランディングギアも固定脚だし。
次はいよいよ、透明部品だ。さて、どうなる?

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/02/22 00:32 】

Ro.37(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

士の字にする

、尾翼を接着して、士の字にする。なんだかとってつけたような尾翼である。主翼と水平尾翼にデザインの脈絡がないんだよな~。おまけに半分ずり落ちたような垂直尾翼の形がなんだか変。

DSC_0122s.jpg

この後は、機体の塗装をして、透明部品をどうにかせねばならない。透明部品はバキュームフォームの、よくわからない代物である。過激だの~。バキュームフォームというのは初めてであるが、どうやって作っていいのだろうか。取り敢えず1枚ずつ大きめに切り出して現物合わせをするしかないであろう。おっとその前に、まだ操縦席内部にくっつけなければならない部品が残っている。その上、ここから先はほとんど全部の部品がイモ付けなのだ。もともとガイドの穴とかボッチとか一切なく、かなり無愛想なキットなのだが、それにしても前途多難である。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/02/19 23:46 】

Ro.37(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

1日休みだ

 今日は、吹奏楽部の副顧問の人が
「Petchuuさん、今日は俺が見ててやるよ。都合つけたからさ。」
といってくれたので、1日休みが取れた。
どこかへ行こう。
起きたのは9時半。くたびれてて起きられなかったってやつか。
出発は10時過ぎ。滑川の「花和楽の湯」というところへ行った。
11時過ぎ、到着。
いいところである。お風呂にゆっくり入って、休憩室でゴロゴロしてそのうち眠り込んじゃって、目を覚まして遅い昼メシ食ったり、と思いっきり自堕落なひとときを過ごす。
15時過ぎ、だんだん混雑してきたし、そろそろ腰を上げるか。予定ではコストコに行って買い物をするはずだったのだが、いろいろ考えた結果特に買わなければならないものはない、という結論となり、代わりに、最近「県民ショー」というので見た「塩餡餅(しおあんびん)」というのを買いに行田へ向かう。これは、砂糖の代わりに塩で味付けしてあるあんこが入っているという不思議な大福なのだそうな。
行田はわけわからん。メインストリートみたいなところがほとんど閉店しているうえ、和菓子屋さんが見つからない。この間何かを探しに行ったときもわけわからなかった。街のどこに何があるのか、妙に雑然としているのだ。結局通り過ぎて加須へ向かう。国道のバイパスから市街地の方へ入っていくと、さっそく目についた和菓子屋さんがあって、そこで無事その「塩餡餅」をゲットした。このお店は、その「県民ショー」で紹介されたお店だったようである。行き当たりばったりでたどり着くあたりがラッキーである。
で、途中で買い物をして、帰宅の途につく。
19時頃、帰宅。一日のんびりできた。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/02/19 23:40 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

十文字にする

取り急ぎ胴体左右の合わせ目の処理をして下翼を接着。これで十文字になりました。

DSC_0119s.jpg

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/02/19 00:21 】

Ro.37(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

小国空軍機再始動

 ついに再開した。3月3日が締め切り、ということを突然思い出したのだ。間に合うかどうかはけっこう微妙。面倒なところはすっ飛ばすしかないですかね。
 というわけで、まずは操縦席の計器板を適当に接着して、胴体左右を接合する。ついでに車輪とかプロペラとかの工作を行う。
DSC_0118s.jpg

ちなみに車輪だが、本来はエッチング版でスポーク車輪を作るのである。2枚のスポークのエッチング版を、間に0.8㎜の長さの細い円柱を中心にはさんでテーパーを付けて合わせ、その上にタイヤを接着する、という驚きの面倒くささなので、もうそこは省略し、プラ板でごまかすことにした。どうせスパッツの中に隠れちゃってほとんど見えないからいいよね。何しろお手軽モデリングの連続である。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/02/17 21:48 】

Ro.37(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

新入生保護者会

 今日は新入生保護者会兼新入生1日入学の日である。全然頭に入ってなかったわ~。ということは要するにこっちとは関係ない、ということか。で、タイムテーブルを見ると、ちょうど部活の時間に新入生たち(要するに現6年生)が校門前で各小学校ごとに解散、と書いてある。そこで何とかウチの部活をアピールできないものかね~。
 しかし、寒い。4時間目が終わって暖房(セントラルヒーティング)が切られちゃうと、どんどん冷えてくる。空気が冷たくなってくる。1年生は一つのクラスが8人も欠席してしまい、学級閉鎖寸前だ。他のクラスも危険な状況。ついに、今日から週末まで1年生は部活の参加が中止になってしまった。やれやれ。
 で、放課後になり、部活の時間がやってきた。新入生はまだ体育館で説明会の最中だ。部長が、
「今日の部活は何するんですか?」
なんて聞いてきた。予定はあるのだが、1年生が休みになっちゃったことでご破算になってしまったのだ。
「よっしゃ、これから新入生が窓の下(といっても4階ではあるが)を通るから、そこで一発アピールしようじゃないか。」
と、急遽2年生だけの合奏ということにして準備する。それにしても寒い。全然ピッチが合わない。こんなんじゃみっともないのう。いろいろ基礎合奏とかやってるうちにだんだん合ってきた。さすが2年生。じゃ、曲やるか。下を通りかかる新入生に受けるように、AKB48のメドレーをやろう。ちょうどいいや、3送会の曲だし、1年はこの曲ではダンス担当だし。で、いろいろやってるうちに、下が騒々しくなる気配。のぞいてみると、新入生の保護者が、子供たちの解散を待ってたむろしている。
「よしっ!窓を開けろ!!」
と号令をかける。生徒、一瞬
「えっ?」
という顔をする。
「うちの部活をアピールするんだよ!」
「あっそうか~~」
みたいな感じで窓を開けると、強烈な寒風が吹き込んでくる。コントラバスの奴がちょうど窓のすぐそばで
「さむ~~!!」
とか言ってるが、ここは我慢だ、とあえてそのままやる。下の雰囲気はどうだかよくはわからないが、少しは演奏も聞こえるだろ。後で野球部の連中とかに聞いてみればわかるかも。
 というわけで、ひとしきりやった。4月に新入部員が増えるといいのう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/02/15 19:24 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

私はオペラ歌手としてデビューする

 と、大きく出たのはいいが、そのままではどう考えたってシロウトのオッサンである。

実は、我が長男がプロデュースするオペラの公演で、役が一人足りなくて、どうしても出てくれろ、ということになってしまったのだ。何と、今回は入場料も取って、ドド~ンとやろう、というわけだ。やばすぎる。練習しなきゃね。年明けになってから押っ取り刀でイタリア語の勉強をし、台本を読み、楽譜を製本し、行き帰りの自動車の中で出番のあるところを聞きまくり、歌詞を覚え、さらにはなんと、ちゃんと本格的に
声楽のレッスンをして、準備をしているのですよ、こう見えても。しかも、そのレッスンで、
寄る年波のためあちこちの筋力が衰えていることが露見し筋トレまで密かにやらざるをえなくなる、という事態に陥っているのだ。いいんだろうか、こんなんで。

さて、そうこうするうちに、昨日はタチを付けて合わせをやる練習日だ、というので、我が母校の大学に夕方から出かけることとなった。マジやばすぎるだろ、とは思うのだが、やらなければ進展しないからね。17時から21時まで、なんだかんだ言いつつ、歌ったり芝居したり、(特に、芝居なんて絶対ガラじゃないのだが)とにかく若いのにつきあってやったら、もんのすごくヘトヘトになった。だいたい、人使いが荒いんだよな。他の連中はとにかく元気の塊だ。さすがパフォーマーだけあって、テンションも高いし。途中で、指揮者(芸大生)が机の上から滑り落ち、向こうずねをすりむいて血まみれに!という一幕もあって(中学校だったらけっこう大事件)いいのかヨ~~…って感じなんだけど(だいたい彼はこの日の練習で指揮棒を折っちゃっていいこと全然無しだったのだ:かわいそうすぎる)。だが、こっちの方は取り敢えずどうにか勤められそう、ということになったらしく、一安心である。

ところが、今朝起きてみたら体じゅう、特に腰が痛くて、とんでもないことになっている。こりゃ、今日は年休だな。休め休め。くたびれきっちゃってだるいし。いや、やばい。今日は週に1度の2年の授業がある。休んじまったら後の手当が大変だ。何より、昨日午後年休取っちゃったし…。
で、やむを得ず出勤した(当たり前だろ!)。こんなのを毎日やってるなんて、プロの声楽家(とか、その卵)はすごい、と改めて実感した。

ちなみに、公演の本番は4月19日(木)、17:30開場、18:00開演。
演目はモーツァルトの「ドン・ジョバンニ」。(映画「アマデウス」で、フィナーレの部分が取り上げられている、といえばああ、あれか、と思う方もいらっしゃるであろう。)
会場はかつしかシンフォニーヒルズ:アイリスホール(京成線青砥駅より徒歩5分)。
原語上演(字幕あり)で、一部(レシタティーヴォ部分)は日本語。
入場料1000円、全席自由。

もし興味がある方は、是非お運びください。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2012/02/15 17:31 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

 スマホをいじってるうちに何となく写真撮ってみた。

DSC_0116s.jpg
夏の間は娘が短くカットしちゃうのだが、冬は伸び放題。ボロモップと呼ばれている。

テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【 2012/02/14 23:37 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

インフル始動か

 インフルエンザが猛威をふるい始めた。近場の小学校なんかもけっこう学級閉鎖とかになっている、という情報が伝わってくる。で、ついに水曜日あたりから1年生の間に発症者が出始めた。1年3組は水・木と午後の授業打ち切り。1年1組も金曜の午後の授業が打ち切りとなった。部活も、そのクラスは土日は活動をしないことになってしまった。
 ところが、今日は午後から、となりの市の中学校吹奏楽祭があって、みんなで見に行こうということになっていたのだ。当初は全員で集まって一緒に行く、ということにしていたのだが、インフルのこともあり、最終的に自由参加、ただし保護者と相談の上行くか行かないか決めるように、ということにした。

 一応、会場の入口で待っていたのだが、結局一人も来ませんでした。そりゃそうだ。このご時世に。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/02/11 17:58 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

あいさつを失礼する

 今日は久々に演奏会だ。それも、久々に、単純に楽しむだけの。娘が行った私立中学の校長だった人が現役時代にけっこう実績を上げた音楽の先生(それもけっこう人徳ある人)で、その人を慕って集まった人(指導なさってる合唱団とかその関係者とか)で、いろんな曲を演奏しちゃおう、と。よくはわからんがそんな企画のようだ。まあ、要するにアマチュアも混じっているんだけどね。クォリティは高いかな~、と期待して行った。その校長先生には娘もずいぶんお世話になったし、勤め先の学校の合唱祭の指導者なんかにけっこうお願いしたことがあってお世話にもなってるし。終了したら楽屋にあいさつにも行かなきゃね。
 プログラムは、いろいろ。まずは著名なオペラアリアを何曲か。それからモーツァルトのピアノコンチェルト。最後に、そのアリアを歌った人をソリストにしてベートーベンの第9の終楽章をやってしまおう、という盛りだくさんの企画である。それを全部その先生が指揮をなさる。オーケストラはプロ(といっても寄せ集め?)に、先生が現役時代に教えた女子高の弦楽部のOGを加えた豪華キャストだ。ワクワクするじゃないか。

 さて、1200~1300人というキャパがほぼ満員の大ホールで、1曲目、フィガロの結婚の序曲で始まるが、なんだか管楽器は音が飛んでくるのだが、弦楽器がショボイ。しかも…巨匠テンポ…?2曲目以降のアリアのソリストも、先生がムカ~シ教えた生徒が立派になって演奏するのだが、ん~~~特にテノールが…ん~~~~!!しかも、指揮がおっとっとじゃないだろうか。椿姫の「ああ、そはかの人か」なんて相当やばいぞ。このソリスト、よくこの伴奏で歌えるのう。そういう意味じゃ、すごいかも知れない。
困ったのはコンチェルトで、とにかく眠い!ほとんど4分の3は舟漕いでたかな。テンポの設定も冗長、ピアニストの歌い方も変(ロマン派的)な上に退屈。要するに才能がないんだな。達者にはお弾きになるんだけどね…。ん~~。プログラムに載ってるソリストの経歴はどなたも海外留学とかコンクール受賞歴とか、いろいろ素晴らしいのだが…。
 最後の曲は。。。。何と言ったらいいの…?…
プロのオケともなると、プロの指揮者の振り方で慣れている。プロの指揮者って、みんなそれぞれ違うようだけど壺の押さえ方は万国共通でわかるように振ってるんだよね~ああ見えて。オケマンはシロウトのうっかりした動きでも、アインザッツと勘違いしてバシッとついてきて音を出しちゃう人もいるし、うっかりした動きだってちゃんと認識して待ってくれる人もいる。つまり、ヘタをすればアンサンブルが乱れて命取りになってしまうのだ。しかも第9の終楽章はかなり難しい棒のテクニックが要求される。その辺も楽しみにしていったのだが…。
 何と、前半の部分がバラバラに空中分解してしまったではないか!あちゃ~~これはっっっ!大事故といっていいでしょうっ!!その後もソリストは自分のことだけで精一杯だし(重唱部分はけんかしてるように聞こえる)相変わらず弦は鳴りが悪いし。唯一よかったのは合唱だったですね~。バスは安定してるし、バランスもそこそこ。この先生は(もう定年で引退されたのだが)もともと合唱の指導を中心に活躍なさってきた方である。やっぱり、その辺だけにとどめて、オーケストラ(っていうか器楽)には手を出さない方がよかったんじゃないかね~。結局指揮者一人で、すべての曲目の足を引っ張っちゃったかな~。
 帰りに、
「楽屋に行くんじゃないの?」
と家内が言うのだが、
「ん、中止中止。行けるわけないでしょ。」
といったら納得していた。いやはや、手に汗握るスリル満点の演奏会だった。楽しみで行ったはずなのに、疲れたです。

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【 2012/02/05 23:13 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

その後のモランソルニエ

 1月中に何とかやっつけちゃおうと思っていたモランソルニエだったが、残念ながら、頓挫中である。張線を張ろうか、と思うところまで来たのだが、その前に翼の国籍マークを何とかせねばならないのに、デカールを張ろうと思ったら印刷がずれていて水に漬けたら一部が崩れるのは必定で、手書きしようと決心して工具箱を探したらコンパスがなく、翼の上にマルを書くことができない。というのが理由です。
 ひょっとすると、「小国空軍機コン」のRo37を進めろ、という天の声かも知れない。ということで、しばらく寝かせることになりました。ゴメンナサイ。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/02/02 20:17 】

MoraneSaulnier N(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

課題曲登場!

 ついに、来年度(といっても今年の8月)の吹奏楽コンクールの課題曲が送られてきた。もう2月も2日だというのに、まだ来ない!どうなってるんだと怒りのボルテージが上がりかけていたところだったので、タイミング的には危ないところだったかな。で、さっそく生徒と一緒に聴いた。まあ、こっちとしてはどれでもいいかな~。「さくらのうた」というのが一番気に入ったが、ホルンのソロがあり、これはホルンに1年生しかいないウチとしてはアキレス腱になりかねない。行進曲はスネアがド下手くそなのでちょっとやばい。特に「よろこびへ歩き出せ」というヤツ。もう一つの「希望の空」というのは8分の6拍子の軽快なマーチではあるが、ちょっとありきたりすぎるかな~。「寿限無」だけはあり得ないだろ、と振ってみたら、生徒はそれが一番やりたいんだって。ありゃ~~~、どうなってるの?と思って、もう一度聴いてみると、それでもいいような気もしてきた。だが、
「寿限無になったらパーカッションパートはみんな不登校になるからね!」
と文句を言ってるパーカッションの2年生がいる。(お前だけだろ)と思いつつ笑いをかみ殺す。一番心配なのはトランペットであるが、今年の課題曲はあまりトランペットに負担が来るような曲は少なそうだ(やってみないとわからないけどね)。

 マ、今からもうちょっとよく曲を聴いたり2チャンネルとかで評判探ったり(あんまり役にはたたんが)、してみるか。今年のコンクールはどうなるかね~。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2012/02/02 20:08 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |