FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

年越し音楽の総括?

去年から今年にかけて、例年見ている(というか聴いている)テレビでの音楽について。

1 NHKの第九。
 例年ひどい演奏を繰り広げるN響の第九。去年は合唱団も含めてよいところ全然なし、という驚くべき悲惨さを露呈したが、今年はいったいどうなるんだろう、と興味津々であった。で、なんだかロシアの巨匠を指揮者にお呼びして、かなりリキを入れたっぽい。ところが、N響の演奏はとても現代の水準の世界的オーケストラとは思えないサウンド。別に上手とか下手とか、そういうレベルではないのだが、どうしてこうなるの?というすっごい鄙びた雰囲気。古色蒼然というか。昔のレコードをリマスターしたというか。とにかく豊かさを微塵も感じさせない隙のない完成度だ。マジびっくり仰天。それともこっちの家のテレビの音声が変だったかな?そして、合唱。去年よっぽど悪評紛々だったんだな~というのを感じさせる、気合いの入った演奏である。まるで戦争に行くみたい。なんだかそろってはいるのだが声も汚いし…。そしてソリスト。テノールがびっくりまなこで歌うのが何とも奇異。でもまあ、例年よりはどうにかなっていたかな~。家内は
「こんなんじゃ…」
というが、娘は
「第九なんてこんなもんだよ」
と歯牙にもかけない様子。日本の音楽文化のためにも、もっとがんばってもらいたいものだ。

2 NHK紅白歌合戦
 例年こういうのは見ないのだが、今年は仙台の家内の実家にいる関係で、多少は爺さん婆さんにもつきあいましょう、ということで、何十年ぶりかで一部見ました。小林なんっつたか、毎年超豪華?なステージ衣装で話題になる演歌歌手の衣装に注目していたら、今年はなんだか大きな獅子舞の上で歌っていた。あんな狭くて高いところに立って歌えるなんて、何というすごい人であろうか。俺なんか、校歌斉唱の指揮とかいって、体育館の舞台のヘリに立っただけでも、なんだか金玉が総毛立つような思いをしているというのに、よくあんなことができるものである。俺とか家内とかには絶対無理!

3 ジルベスターコンサート
 先日書いた通り。

4 NHKニューイヤーオペラコンサート
 これもまた、昨年のがメチャひどかったので、どうなることやら、と思っていたのだが、NHKも少し反省したのか、考えを変えたようである。あんまりちゃんとリハーサルやらなかったのかな、と思いました。なぜなら、みんな立派に歌っていましたので。そして、歌手の選定も、昨年とは打って変わって実力派がそろって聴き応えがあった。やっぱりその気になって何事もやらなければね。
スポンサーサイト



テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

【 2012/01/05 20:34 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |