FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

「ふるさと」なんという悲しい歌

最近よく歌われる「ふるさと」という歌。国民への浸透度からいっても文部省唱歌の代表格だ。昨日の市内の吹奏楽部が集まった会でも、最後の全員合唱の曲として歌われた。しかし、3.11以後、おれはこの歌が大嫌いになってしまった。何という残念なことか。

 うさぎ追いし かの山
 小鮒釣りし かの川(その山も川も放射能まみれだ)
 夢は今もめぐりて
 忘れがたき ふるさと(そのふるさとは破壊されてしまった)

 いかにいます 父母
 つつがなしや ともがき(ふるさとの地には誰もいないよ)
 雨に風につけても
 思いいずる ふるさと(思い出すだけで今や現実のものではない)

 志を 果たして
 いつの日にか 帰らん(なんというむなしい言葉!帰ったら死んじゃうでしょ)
 山は青き ふるさと
 水は清き ふるさと(一見そう見えてもセシウムまみれ)

という風に俺には聞こえてしまうのだ。感受性が強すぎるのかな~?昨日は生徒を引率している立場上、一応大声で熱唱しちゃったが、涙が出そうになってしばしば声が途切れてしまった。みんな、なんでこんな歌を平気で歌えるのか、俺には理解できない。何も考えないで歌ってるからかね~。だとすれば、日本の音楽教育って間違ってるんじゃないかね~。
スポンサーサイト



テーマ:心に沁みる曲 - ジャンル:音楽

【 2012/01/30 18:52 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

賽の河原かっ!

 いつものとおり、休みなく仕事をする日々が続いてくると、どんどん「どこかへ行きたい病」の保菌者としては、ようするに病原菌がうずいてくるわけである。かといって昨日も一日仕事で今日だって午前中は仕事。結局週末の休みは半日しかないので、それほど遠出というわけにもいかない。
 というわけで、久しぶりのヤマハ銀座店~神田神保町地球堂の周回コースをたどる旅に出発。そして、またもややってしまった。積みモデルの積み増し。
これは見たこともないモデル。MACというメーカーはここ何年か消息が知れなくなっていたが、最近また動いているようである。中身はエッチングありレジンありの面倒モデル。しかもモールドも甘そう。
DSC_0102s.jpg

こっちはメーカーのHPでは絶版みたいなことが書いてあるので、気になっていたヤツだ。さすが地球堂。ネット通販では既に品切れ状態のこういうのも入手できるとは嬉しい。このアイテムは、絶版となって久しいFinemoldのものしかなく、それはヤフオクなんかでも¥7000とか、極めて高額で取引されている。「買ったら作る」を(本当は)旨としている自分としては待ち望んでいた新製品ではある。なのに何でもう絶版?この辺のメーカーの考え方はよくわからん。もっとも、Finemoldのつもりのクォリティを想像しているようだと、こっちは「出来損ないの不良品」のレベルである。
そういえば、エドゥアルドも出したばかりのユンカースJ1とかDH2とかさっさと絶版にしてしまったのはなぜだろう??
DSC_0103s.jpg

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/01/22 22:24 】

プラモデル  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |

ひとまとめでモランソルニエ

1月1日、製作開始。お年賀モデリングの裏番組だったはずなのだが…(仮組みしただけ。つっつけばバラけます。)
DSC_0054s.jpg

1月12日、一応組み始めた。説明書では機体内部を黒に塗るように書いてあるが、にわかには信じがたいのう。しかも、機首部分は赤塗装。白で下塗りして…赤を塗ってからも汚さないようにして、とか面倒くさい。というわけで、何となく何となく。
DSC_0077S.jpg

1月14日、ついにニューポールは完成したが、こっちは結局この状態。
DSC_0090s.jpg

1月15日、接着しても平気なところを接着して、ちょっとだけ完成に近づける。こうして写真にしてみるとパイロットの顔がのっぺらぼうであるが、実物は小さくて、こっちのスキルではとても表情なんかは描けないのよ。
DSC_0094ss.jpg

1月19日、主脚柱を組む。何ともスローモーな進み具合である。
DSC_0101s.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2012/01/19 23:50 】

MoraneSaulnier N(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

即席モデリングの本領発揮?もうできた

「年越し&お年賀モデリング」の期限はついに明日。というかすでに今日である。
ということで、最後の張線の処理をして、取り急ぎ完成ということにしてしまう。
DSC_0081s.jpg

何とも不細工な感じのするデザインであるが、設計した人にしてみればこれで精一杯だったのかもしれない。でかい翼と小さいエンジンは、ちょっと我が97艦攻を思わせるものがある。
DSC_0083s.jpg

非武装なので、操縦席からからカウリングのあたりにかけてはさっぱりしている。
DSC_0084s.jpg

どこから見ても、あんまりかっこよくないです。
DSC_0085s.jpg

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/01/15 01:30 】

NieuportIV(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

本当に完成間近

張線はたわみ翼の操縦索も兼ねているという、初期の単葉機特有のものである。機体上面の分はわかりやすいのだが、下面の方はどうなっているのか謎の部分も多い。資料といってもネットで見つかる作例とか博物館の展示品の写真ぐらいのものだから、この後どうなってしまうのかよくわかりません。
DSC_0078s.jpg
黒のテグス糸を4本、極細の銅線で束ねて瞬間接着剤で固め、操縦席上の柱のてっぺんに固定。そこから翼にあけた貫通穴を通しています。糸は意外に長さが必要でした。
DSC_0079s.jpg

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/01/13 23:55 】

NieuportIV(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

かなり完成間近

 けっこう単純な機体ではあったが、そこはそれ、何かとちまちました工作を繰り返して進むのがプラモデル作りである。なんて偉そうにいうような立場でもないが。
 ま、ともかくもプロペラとか方向舵とか、いろいろなところに手を加え、どうにかこうにか形になってきた。ところが、どうも昨日作った脚の部分で、間違って機体上部の張線用の柱の部品をつかってしまい、やむなくそこのところは伸ばしランナーで作り直す、というとんだ失敗をしでかしてしまった。寸法が合わないから変だとは思ったのだが、ま、Amodelだからね、とたいして気にかけなかったのだ。しかし、これまで作ったキット(Avro504とかSpadSA2なんか)をよくよく思いだしてみると、このメーカーの部品は金型とかが超ぐちゃぐちゃな割に、寸法は意外に正確なのだ。
DSC_0076S.jpg
ちゃんと尾翼が浮いてます!すごい構造。

前から写真撮ってみた(光の加減もピントもよくないが)。何とも頼りないスタイルである。
DSC_0075S.jpg

ちなみに、同時進行のはずのモランソルニエの方は、こんな状態でござる。
DSC_0077S.jpg

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/01/12 23:10 】

NieuportIV(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

降着装置

 よく考えてみたらこの飛行機は何と、1913年には各国の軍隊で装備が始まっていたという、最初期の軍用機というより、ライト兄弟の世界から片足を踏み出した程度の代物。随所にいわゆる常識的な感覚ではビックリするようなところがある。
 このまるでシャベルみたいなソリはなんなんだ?
DSC_0073S.jpg
しかも、すごい細い脚柱で、強度が心配すぎる。ちなみに、左上に映っているのが方向舵である。飛行機の大きさの割にすごく小さい。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/01/11 23:02 】

NieuportIV(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

地味に制作中

なんだか気合いが乗らないのだが、この「祭り」の趣旨としてさっさか作らないといかんでしょ。
国籍マークを貼った。主翼いっぱいのでかいマークである。デカールはけっこう薄くて上質なものだと思う。うっかりマークソフターなんかつかったらしわくちゃになってお釈迦となるのは想像に難くない。
DSC_0070s.jpg
寄せて撮影してみた。11月にスマートフォンにしたら、けっこう接写がきくので面白い。
DSC_0067s.jpg
操縦席にはオイルタンク?がある。なんだかパイロットが胸のあたりにオイルタンクを抱えてる印象だ。しかも、尻の下にはガソリンタンクを敷いてるんでしょ…なんだかおっかなくて乗りたくない飛行機である。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/01/10 23:38 】

NieuportIV(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

一週間も放ったらかした

仙台は寒くて作業環境がよくない。家に帰ってから思いっきりやるぞ!みたいに思っていたが、環境のせいにするヤツは仕事ができない、というのを地でいってしまった。結局、昨日はあれがあった、今日はメンドクサイ、明日はこれがある、みたいな感じで一日延ばし。あっという間に松の内は過ぎてしまった。まずすぎる。
 ということで、組んだ。単純な飛行機なので、単純にいくのがいいんだよ、結局。主翼は、主翼だというのにほとんどイモ付けである。接着しても角度が定まらないから、去年と同じようにワイングラスを利用して養生する。
DSC_0063s.jpg
それにしてもキレイなワイングラスを使えばいいのに、晩酌をしたあとのグラスをそのまま使うなんて見目よくないのう。しかもこの写真をそのまま掲示板の方にもアップしてしまった。みっともない。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/01/08 23:51 】

NieuportIV(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

年越し音楽の総括?

去年から今年にかけて、例年見ている(というか聴いている)テレビでの音楽について。

1 NHKの第九。
 例年ひどい演奏を繰り広げるN響の第九。去年は合唱団も含めてよいところ全然なし、という驚くべき悲惨さを露呈したが、今年はいったいどうなるんだろう、と興味津々であった。で、なんだかロシアの巨匠を指揮者にお呼びして、かなりリキを入れたっぽい。ところが、N響の演奏はとても現代の水準の世界的オーケストラとは思えないサウンド。別に上手とか下手とか、そういうレベルではないのだが、どうしてこうなるの?というすっごい鄙びた雰囲気。古色蒼然というか。昔のレコードをリマスターしたというか。とにかく豊かさを微塵も感じさせない隙のない完成度だ。マジびっくり仰天。それともこっちの家のテレビの音声が変だったかな?そして、合唱。去年よっぽど悪評紛々だったんだな~というのを感じさせる、気合いの入った演奏である。まるで戦争に行くみたい。なんだかそろってはいるのだが声も汚いし…。そしてソリスト。テノールがびっくりまなこで歌うのが何とも奇異。でもまあ、例年よりはどうにかなっていたかな~。家内は
「こんなんじゃ…」
というが、娘は
「第九なんてこんなもんだよ」
と歯牙にもかけない様子。日本の音楽文化のためにも、もっとがんばってもらいたいものだ。

2 NHK紅白歌合戦
 例年こういうのは見ないのだが、今年は仙台の家内の実家にいる関係で、多少は爺さん婆さんにもつきあいましょう、ということで、何十年ぶりかで一部見ました。小林なんっつたか、毎年超豪華?なステージ衣装で話題になる演歌歌手の衣装に注目していたら、今年はなんだか大きな獅子舞の上で歌っていた。あんな狭くて高いところに立って歌えるなんて、何というすごい人であろうか。俺なんか、校歌斉唱の指揮とかいって、体育館の舞台のヘリに立っただけでも、なんだか金玉が総毛立つような思いをしているというのに、よくあんなことができるものである。俺とか家内とかには絶対無理!

3 ジルベスターコンサート
 先日書いた通り。

4 NHKニューイヤーオペラコンサート
 これもまた、昨年のがメチャひどかったので、どうなることやら、と思っていたのだが、NHKも少し反省したのか、考えを変えたようである。あんまりちゃんとリハーサルやらなかったのかな、と思いました。なぜなら、みんな立派に歌っていましたので。そして、歌手の選定も、昨年とは打って変わって実力派がそろって聴き応えがあった。やっぱりその気になって何事もやらなければね。

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

【 2012/01/05 20:34 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

出頭…いたずら?

オウム真理教の指名手配されてるヤツが警視庁に出頭したところ、いたずらと勘違いされて門前払いされたそうな。しょうもないニュースだが、そいつを追っ払っちゃった警官になんだか同情するね。自分がその立場だったら、間違いなくそういう対応をしてしまうだろうから。

テーマ:ニュース・社会 - ジャンル:ニュース

【 2012/01/03 11:52 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

関東地方に帰る

 どうやらUターンラッシュが今日から始まるらしい。おおむね9時ぐらいから東北自動車道の上りが混雑し始める、というのでその前に出発したいものだ。ということで前の晩にざっと荷物を整理し、朝6時過ぎから起居していた部屋を片付ける。6時半、食事。7時半、荷物の積み込み開始。今回は犬と猫のケージなど一式持ってきたので大荷物だ。それをパズルゲームのように詰め込む。8時終了。じゃ、出発するか。あれ?
猫がいない…。…!…!!
いないやんけ…。ほんとにいない!!うわ~~~~!!
というわけで、家中探し回るが、いないのだ。じゃあ外か?外には出てないはずだが?そのまま時間が空しく経過し、8時半。
「どうする?」
猫をあきらめて帰るか、それとも次男が残るのか。家族が集まって無言で顔を見合わせた瞬間、何と、ヤツは何事もなかったかのようにひょこっと現れやがった。いったいどこに隠れてしまっていたのか、真っ黒だからわからないんだよな~。

 ということで、渋滞も心配だし、すぐ出発。ところが、思いのほか高速道路はクルマが少なく、快調にとばして、14時到着。年賀状のチェックとかを行う。

15時半、懸案の洗濯機を探しにいざ家電量販店へ!18時半、無事Getして帰宅。1日大変だった。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2012/01/02 21:09 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

進捗せず

なんだかんだと開始時刻が遅くなり、スタートの12月31日、やっと午後になって開始。部品に色を塗る。めっちゃめちゃ金型が荒れているから、塗ってもかなり削り取られてしまうのだが…。
DSC_0046s.jpg

どうにか胴体をランナーから切り離し、あちこち削って組み立てられるようにする。
DSC_0048s.jpg

1月1日、いろいろあってやっと開始。胴体内部のいろいろを組み上げて
DSC_0053s.jpg
左右を接着する。この飛行機はむき出しのガソリンタンクの上に操縦者用の腰掛け(とても操縦席と一言で言い表す気にならない代物だ…)が設置してあるのね。
DSC_0055s.jpg
とにかく今回は作業する部屋の環境があまりにも寒くてやる気が出ずにここまで来てしまった。残りは仙台から帰ってからにしようか。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/01/01 22:02 】

NieuportIV(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

初笑い!ジルベスターコンサート

 毎年恒例のジルベスターコンサート。一家でテレビを囲んでカウントダウンをする楽しいイベントだ。
今回は金何とかいう韓国人の指揮者でラベルのボレロということで、比較的簡単なように思えたのだが、さて?
スネアドラムのピアニッシモでまずは無事に滑り出し、普通に進むが、なんだか指揮者の動きがうるさい。妙にくねくねした、変にかっこつけた動きで、まるでハリーポッターの第2巻に出てくるギルデロイロックハートの描写を思わせる。ところが、ありゃ~これちゃんと終わるのか?と不安がよぎった瞬間、彼は明らかにテンポを速めたではないか。もはや時間との戦いだ。さあ、間に合うのか、手に汗を握る一瞬一瞬が過ぎていく。そしてついに最後の転調する部分に突入した。画面に現れているカウントダウンの表示と見比べて、
「おお~間に合ったね。さすがさすが。」
と安堵するも、彼は最後をけっこうあっさり進めてしまい、なんと、
5秒も早く曲が終わってしまったではないか!!!
我がお茶の間は大爆笑である。その場にいた人たちにとって、きっとこの5秒間は想像を絶する長さだったろうな、と多少同情する。司会の人たちもフォローしようとしてもやりようがない、というのがモロにわかってまたまた大笑いだ。ジルベスターコンサートでここまですごい大失敗は見たことがなかった。テンション下がるな~!!
いや~新年始まってそうそう、何という楽しいひとときであったろうか。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2012/01/01 08:23 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |