FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

年越しモデリングに参加

 そういうわけで、仙台に来ている。昨年と同様、このとんでもない状況で模型を作りまくる、という危険行為をあえてしてしまおう、というわけである。
で、いよいよこちらに↓エントリーの表明をした。
__TITLE__.jpg
この1年は、この企画のおかげで勢いがつき、ストックの消化にかなり拍車がかかったので、二匹目のドジョウをねらおう、というコスい作戦でもある。


で、お題はこれ↓
DSC_0043s.jpg
 ニューポールIVというのはかなり変なかっこうをした飛行機である。なにしろ、尾ソリが主脚柱の構造物と一体となっていて、機体の尻尾の方は宙に浮いているのだ。実際に立体化したときに、いったいどういうことになっているのか知りたい、という好奇心もある。こっちをメインに据えて進めよう。
 一方、モランソルニエの方は、プロペラ回転面を通して機銃を発射した最初期の飛行機ということで、む・か~し小学校の時、ローランギャロー(フランスのエース)についての少年サンデーかなんかの読み物で心を躍らせた飛行機である(らしい?)。キットはオークションで落とした奴だが、かなり古いらしくて、デカールがひょっとすると(というよりもかなりの確率で)ダメになっているっぽいうえ、機銃が欠品という困った状態なので、完成するかどうかけっこう怪しい。

さて、どうなるでしょうか。
スポンサーサイト
【 2011/12/30 20:55 】

プラモデル  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

人間ドック、年賀状、洗濯機、高速道路

 朝から人間ドックにいった。8時過ぎ、バイクに乗って出発。寒い!日本列島はよく冷えている。8時40分頃到着。8時30分受付ということなので、ちょっと遅くなった。やばい!と思ったら、なんだかいつもの待合室が閑散としている。おや~?とも思うが、よく考えてみれば御用納めの終わった12月29日に人間ドックに来るひょうきん者なんて、俺みたいな間抜けだけなのかも知れない、と考え直す。ところが、その後も続々と「間抜けなお仲間」が増えてくる。要するに、どんなに遅くとも指定の集合時間の5分前にはその場にいなければ気が済まない「教員」が今日は少数派で、民間の人たちがメインだったのかも知れない。時間の感覚が違うのかな?それとも、予約を取り損ねてこんな日にしかドックを受けられない間抜けなんかはやっぱり時間にもルーズな奴が多いのかな?
 まあさまざまに想像力を働かせつつ、ドックは何と10時半に無事終了してしまった。用意されたお昼ご飯(バイキング形式)をいただいて、家に帰ったのが12時ちょい過ぎ。

 それから年賀状を書く。今日中にやっちまわないと困る。住所は昨日全部打ち出しちゃったので、今日は宛名を見て1枚ずつ文章を考えてデータをプリンターに送る作業を黙々と続ける。15時30分、終了。

 ところが凶報が!何と、洗濯機がついにお陀仏になってしまったのだ。これまでも極めて調子が悪くてエラーばっかり出し、しょっちゅう修理に来てもらい、という日本の家電としてはあり得ないダメダメ洗濯機だったのだが、もう8年もつかっているし、今度こそダメだ、というので、近所の家電量販店をハシゴして値段のリサーチをする。5万ぐらいで手に入ればいいか、うまくすれば3万で…と抱いていた甘い考えは打ち砕かれた。なんと、20万ちかくするじゃないか。この間の自動車の故障といい、何だってんだよ!!!ここに来て!

 しかたなく、ネット通販の値段も含めて検討しよう、ということで家に帰ると18時30分。ここからが問題だ!実はこれから仙台に行かなければならない!急いで荷造りするが、もともと洗濯機を探しに行くハプニングがなければ今頃は終わっていたはずの作業なのだ。どうにか終わらせて19時30分。よし、行けるぞ!だがしかし、出発するはずの娘が、年賀状を書くのを忘れていて、今頃になって印刷してやがる。しかも、印刷機がうまく動かないとかいってパニックになってるし!

 諸々やって、出発したのはついに20時を回っていましたとさ。実家に到着予定は午前2時である。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/12/29 21:03 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

口車に乗せられる若い衆

 ウチの自動車が入場してしまった。それも2台同時に!MPVは、ちょっと前からなんだかエンジンルームからおかしな音がして、何とかせねば、と思っていたのだが、もう一台の三菱パジェロミニが、シフトレバーのロックがおかしくなって動かなくなり、家内が娘を迎えに行ったときに30分も立ち往生、という事態となってしまった。この際仕方がない!年末にはMPVで仙台まで長距離ドライブをすることになるわけだから、ということで、先週初めに2台ともなじみの整備工場に運んで、代車のノア(猛烈なタバコ臭付き)で急場をしのいでいたのだ。
 さて、やっと(といってもかつて乗ってたディスカバリーのことを考えればあっという間)パジェロミニの方が昨日上がってきた。ところがノアを返しに行きついでにクルマを引き取りにいった長男が全然帰ってこない。そのうち電話がかかってきて、
「ガソリン入れに行ったスタンドでギアオイルとエンジンオイルがかなりへたってるから取り替えませんか、っていうんだけどどうする?」
なんて言ってる。もちろん一言のもとに
「そんなの断るに決まってるだろ。ダメ!ダメ!!!」
といって電話を切った。ところがしばしあって帰ってきて、
「オイルを交換して1万3千円とられた…」
なんて言ってる。もちろん家内共々怒り心頭である。信頼してる工場から出てきたばかりのクルマのオイルを取り替えるって、何を考えてるんだ、このバカ頭は!!
 実は電話をかけてきたときにはすでに頼んじゃったあとだったらしい。ホント、意味わからんわ!結局、押しの弱い若造なんてのはカモなのかね~

 で、今日、MPVの方も出てきた。(2台で)4万5千円の請求書とともに!!は~何かと金が飛んでく年末だっていうのに、マジ心が寒いよ(ふところはもっと寒い)、木枯らしピープー吹いている~~ってか

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/12/27 19:32 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ラッピングの芸術

 恒例の納め会である。だいたい2学期の納め会と追えば、クリスマスプレゼント交換が大きなイベント、ウチのガッコもご多聞に漏れず各自プレゼント持参で参加せよ、との指令が出る。オーダーバイキングの中華屋さんで開催なのにね。
 そこで、いろいろ検討した結果、シュトーレンを持って行くことにして、ショッピングモールで購入するが、そのままでは持って行けない。多少なりとも雰囲気を大事にしようと思えばラッピングせねばならない。
 ということでウチに帰り、家内に相談する。

こうなりました。↓
DSC_0036.jpg
同じシュトーレンでもこんな感じにすると全然違いますね~。

本番の会場ではビンゴ大会で美術の先生(俺より年配の女の先生)がゲットして、
「わ~シュトーレンだ~」
と喜んでくれたのだが、他の人たちは
「シュトーレンてなに???」
てなもんである。ものの価値がわかる人のところに落ちて、よかったことである。ちなみに私は保温ポットというか水筒?をゲットしました。

その後教頭の携帯に、学校の格技場のドアだか窓の鍵が開けっ放しだ、という連絡が入ってみんなのテンションがどかっと下がり、そのままお開きになる、という、何とも悲しい納め会でございましたとさ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/12/22 22:04 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

金正日と女子中学生

 かの国の「偉大なる領導者様」とやらがついにお隠れになったそうである。まあ滅多なことは言えないが、現代医学をもってして一国のトップを急性心筋梗塞で死なせてしまうというのもなんだか冷たい。「殺されたんじゃないか」という一部の観測も多少は説得力を感じさせる。もっとも、日本にしてみれば、たかが犯罪人(それも万死に値する極悪人)が一匹くたばったところで、たいした感慨も抱きえないというのが正直なところか。かの国のテレビ放送で「泣き崩れる市民」という場面が放映されるが、まあしらけることだ。
 しかし、その後の政治家連中の危機意識のなさには慄然とさせられるではないか。拉致被害者の母親が
「かの国には何度も裏切られて、何があってもまたか、と思わせる。」
みたいなことをいっていたが、本当に何でもありの国じゃないのか。

 話はちょっと変わるが、昨日の朝6時40分頃、ウチの中学校のとなりの学区で、部活の朝練に行く途中の女子中学生が黒いワゴン車に引きずり込まれそうになって、危うく逃げて学校に駆け込んだ、という重大事件が発生した。こういう出来事だって、その辺のチンピラとか変質者ではなく、もしかして、どこかの国の「功名心に駆られた跳ね上がり分子」の仕業でない、と誰が言えるのか。今やノドンがありテポドンがあり、国民の食費をケチって核兵器の開発に力を入れている危険な連中が、どさくさに紛れて、大量の難民を発生させたり、工作員をどこかのお人好し国に送り込んで原発に悪さをしたり、となりの国と戦争を始めたり、まわりの国々から人間を拉致したり、みたいなことを再び始める可能性だって絶対にゼロとは言えないんじゃないのか。
 日本以外のどこの国でも「ヤバイ!」と思っていろいろやってるのに、日本の政治家って、いったいどこまで頼りないの?
「そういう危険(拉致)があるんだから、みんな気をつけろ!」
って、冗談じゃなく受け持ちの中学生に教えた方がいいんじゃないのかねぇ。何かあってからじゃ遅いわけだから。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/12/21 21:49 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

またもや役員

 アンサンブルコンテストの役員をやらされた。県大会。ウチの部活は地区大会で惨敗(という言い方がいいのかどうかは置いといて)しちゃったので、ウチの部員とは何ら関係なく、単に役員やらされたわけだ。ったく…という思いもあるが、人がいなければ大会の運営もできないし、誰かがやらねばならないわけだから仕方があるまい。ということで、
朝7時10分、愛車にまたがり出発。途中舗装を剥がして工事してるところでまさかの転倒!腰は打つし足首は縁石とバイクにはさまれるしで、けっこう痛かったが、どうやら打ち身だけで無事だったようである。
8時30分、会場に到着。今日の役目は計時・人数確認なので、最初から最後までずっと審査員席に張り付いてなければならない。もっとも、それを逆手にとってきっちり勉強しちゃうつもりである。係に動員されている高校生たちと簡単な打ち合わせをして待機する。
10時10分、演奏開始。どこのグループも上手で甲乙つけがたい感がある。20年前だったらどの団体が全国大会に行ってもちっとも恥ずかしくないレベルだな~、となんだか複雑な気分になる。しかし、よく聴いてみると、ちょっと変。確かに上手なのだがとりとめのない演奏っていうのかな、模範CDを聴かされている気分になってくるのだ。とにかく音程はいい。音色も素晴らしい。でもこんなんでいいのかな~、いう演奏が結構あるのだ。変なの。と思いつつ、プログラムにすべての団体を聞いた感想やら批評をメモって(全40団体)、
16時00分、審査終了。係の生徒と一緒に記録用紙やらストップウォッチやらを片付けて帰ってきました。
17時20分、帰宅。くたびれたことである。

さて、あとで審査発表と自分のメモとを見比べたところ、以下のような感じだった。

銅賞…ほんの少しキズがあって惜しい。といってもシロウト耳にはほとんどわからないが、ほんのちょっとしたところにタンギングがくっきり聞こえなかったり音程やアンサンブルに乱れるところがある。

銀賞…けっこう聴かせどころがあたりする。上手である。

金賞…全く演奏にキズがないのだが、なんだかいいのか悪いのかわからない、少なくとも感動のない演奏。完ぺきな演奏ではある。

金賞で明らかに音楽的にレベルが高いかな~と思えた演奏は、上位大会に進出を決めた中で1~2団体ぐらいじゃなかったかな~。しかも「打楽器アンサンブル」はなんだかよくわからないし。まあ、少なくともウチみたいにアンサンブルコンテストを「新人戦」と位置づけて1・2年生だけで挑戦するようなところはほとんどお呼びじゃない、というレベルになってしまっているんじゃないだろうか、と少しさびしい感じがした。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2011/12/17 23:57 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

諸悪の根源、そが名は「学校給食」!

 太る。体重増加が止まらない。いろいろ調整したりなんだりして、それなりに努力してるはずなのに、全然ダメである。ここ2年で5㎏は増えたかも。絶対まずいんである、この状況は。とにかく足に故障があるもんだから、体重増加は直に足に来る。5㎏(10㎏の米袋の半分の重さ!)のものを持って階段を上り下りすることを考えてみれば、その負担がわかろうというものだ。毎日何度も職員室と4階の音楽室との間を往復させられるということになれば、単にカロリーの消費になる、と喜んでばかりもいられない。しかも、血糖値は高いわ血圧は高いわ不整脈だわ、生活習慣病だったらま~何でもひっかかってるぞ。

 で、いろいろ家族とも検討した結果、最終的な犯人は「給食」しかないのではないか、ということになった。なんだかいろんなブログだとか掲示板とか何だとかをひっくり返してみても、そういう声はちまたに充ち満ちている。何しろ育ち盛りの子供に合わせて調理してある学校給食が、中年以上の大人の体にいいわけがない、というのは昔からいわれ続けていたことであるが、中には「自殺行為」なんていってる輩までいる有様。とにかくすごい高カロリー。1人前850Kcalが標準、というだけでもショッキングだが、実際には900Kcalを越えていることもそう珍しくない。その上、クラス担任は
「先生のために」
と当番が気を利かせて親切にも他の子より多めに盛ってくれて、
「残さず食べましょう。」
と日頃いってる手前、生徒たちの目の前で食事を残すわけにはいかない。
副担任だって、職員室に配食される分をその日いる人数で分けるから、出張だ年休だ、という理由でいないヒトの分はいるヒトの人数で分配される。つまりたいていは普通より多いのである。数ものだって、たとえば揚げシューマイ一人2個なんて献立も職員室では一人3個だったりする。1000Kcalなんて楽勝で突破してるかもね。しかも、人並みに年を取ってきたせいか、最近あんまり担任をさせてもらえない。副担任の期間が長くなっただけ、もしかするとヤバいかもしれない。

 このままではやばい。もはやなりふり構っていられない。これからクリスマスだとか実家に帰るだとかの、飽食の時節を迎える上に、人間ドックも月末に迫っている。別に人間ドックに向けてシェイプアップするわけでもないが、食事の量は今後ズバッと減らさねばなるまい。

 というわけで、二日前から給食の食べる量を減らすことにした。昨日はメシを残した。今日はカツ。数ものだが一人1枚のところ躊躇なく2枚が配膳されている。なんと、見ただけで食欲なくなってしまった。数日前なら楽しく2枚平らげただろうに、人の気持ちというのは不思議なものである。2枚とも惜しげもなく捨てました。食べ物を廃棄するという、天をも恐れぬ罪の意識をかすかに感じつつ。間食も慎む。これで少しでも効果が上がればいいのだが…。
現在の体重は、おおむね72.7~8㎏だ。これを67㎏前後まで減らして安定させたいものである。

 そうそう、いまだに誤解している世間知らずもいるだろうから断っとくけど、先生も給食費はちゃんと払ってるんだからね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/12/15 23:56 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

何十年ぶりかの「坊ちゃん」

 腰が痛くてどうにもならない。今日は病院へ行った。待たされた。待合室にあった本を読もうと思ったら、夏目漱石の「坊ちゃん」があったので、読んだ。小学校の頃一度読んだきりの、懐かしい文章だ。「親譲りの無鉄砲で子供の頃から損ばかりしている」という書き出しのフレーズは有名だが、もちろんその他のこまかいところはすっかり忘れてしまっていた。
途中までしか読めなかったが、結局のところ、この主人公は単なる世間知らずで分からず屋の、いわゆる「イタイ若者」でしかなかったことにちょっとビックリというかがっかりした。小学校の時には単なる面白いお話の本、という認識しかなかったが、年を取って読んでみると違うものである。
 はじめて宿直をしたときに生徒から手ひどくいたずらされる場面があるが、その時に主人公が怒って
「あとで叱られたり潔く謝ったりするのがいやならばいたずらなんかしなければいいのに!」
的なことを独語するが、全くその通りである!とは思った。
最後まで読み終わらなくて残念であった。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/12/06 21:54 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(1)  | トラックバック(0)  |

突然松本

 松本へ行きました。次男坊が風邪をひき、灯油も乏しくなり、コタツがなくて、コメもなくなり、万一の時にはとんでもないことになりそうだ、というので、甘いと思いつつも自動車に物資を搭載して朝6時30分に出発である。途中、東部湯の丸SAに寄ってドイツ風ソーセージがおいしそうだったので買って食べた。そこのおばさんが、
「今日は人が少ないねぇ…。寒くなるまではダメかねぇ…。」
といっていたらしい。確かに、日曜日というのにSAの駐車場は閑散としている。紅葉は終わっちゃったし、スキーするほど雪はないし。週末とはいえこの時期はさすがに遊びに出かける口実も少ないのであろうか。

 ということで10時前には松本の倅の下宿先に到着する。連れてきた犬と倅が飼ってる黒猫がハイになってる。コタツをセットし、ランチを食い(ステーキ宮)、買い物をして16時。
娘が旧軽井沢のなんだか知らんがお店で服を買いたいというので、急遽寄っていくことになり、16時30分出発。18時、軽井沢駅前通をちょっと奥へいったところのそのお店に到着。服のお店は退屈なので犬と一緒に自動車で居眠りをしつつ待つ。寒いわ~。18時50分、出発。上信越道を突っ走って戻る。全然混んでいない、日曜日の夕方だというのに。関越に合流しても全然渋滞してない。全く珍しいこともあるものである。で、21時、帰ってきた。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/12/04 22:20 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ついに師走

 早いものだ。もう12月。「DONAMONDAI-8 !! 年越し&お年賀モデリング」に参加してプファルツを足かけ三日で完成させたのが昨日のことのようである。年を取ると時間の流れが速くなる、とも言うが…。まあ、それにしても、今年は例年になくたくさん作り、完成させることができた。あと一ヶ月あるが、何とかもう少しいろいろやりたいのう。(忙しすぎるし体力も根気もなかなか続かないが…)
 それにしても、HPの再構築がずっと棚上げになってしまい、せっかく完成した作品の紹介ができないのが心残りである。困ったもんだ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/12/01 21:23 】

プラモデル  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |