FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

くたびれた楽器たち

 あと数日でアンサンブルコンテストの地区大会だ。練習にも熱が入る。はずだ。

しかし!

ここに来て楽器が悲鳴を上げている。
11月に入ってからこのかた、まずアルトサックスがどうにも調子が悪くなってキーが変な動きをする。
さらに、テナーサックスがここ一週間ほど鳴りが悪い、と思っていたら演奏する生徒が雨で滑ってひっくり返ったとき以来少しずつ調子が悪くなっているという。で、それらを楽器屋さんへ持って行ったのだが、何日もしないうちに今度はバリトンサックスが!おまけにマリンバのマレットの毛糸玉がちぎれてしまって買い換えなければならなくなる。さらに昨日はクラリネットが調子が悪いと言い出して、楽器屋さんに持って行ったら、
「これはタンポ(穴をふさぐキーについている柔らかい丸いヤツ)全取っ替えですね~。でも本番直前だから必要最低限にした方がいいですね~。」
とあまり意味のわからないことを言われて入場してしまう。いったい何回楽器屋さんへ行ったらいいのか。その上、今日になってオーボエの奴がキーの調子が何カ所も悪い、といいだした。それは明日当人が楽器屋さんへ持って行くことにした。つらつら思い出してみれば、先月後半にも、タンバリン(吹奏楽で使うタンバリンってけっこう高いんだよ)の幕が破れていてそれが広がってきたので買い直したばかりだ。
まさに大ピンチ、練習どころではない。だいたい、練習に根を詰めて、佳境に入ってくると、そうやって楽器がいかれ始める。しかし、こうも次から次へと調整だの修理だのしなければならなくなることって、そうそうなかったぞ、今までは。

 いずれにせよ、コンテストの本番は着実に1日1日近づいてきているのだ
スポンサーサイト



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2011/11/09 22:44 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

火遊びの対応

 3時間目の始まる前に、4階の(1年生の階)の男子トイレで事件が。手を洗う水道のところに紙を燃やしたにおいがして、見回っていた先生が見てみると、なにやら紙をタバコのように巻いてそこに火をつけて燃やしたあとがあったのだ。
 あきれた遊びである。授業中に紙をくるくる巻いてセロテープで留め、その紙巻き「タバコ」を製造していた男子も特定され(やっぱりコイツかい!)、だが、このまま終わらせるわけにはいかない。何しろ火遊びだからな。
 ということで、放課後、視聴覚室に男子生徒だけ集めて緊急学年集会である。ところが、廊下から変な話し声が。同じ1年のチャラ子が4人、男子の集会が終わるのを廊下で待っていて調子に乗って騒いでいやがるのだ。こっちはそんなことで集中を乱されたくないから、というより単純にメチャクチャ頭に来て、扉をあけて部屋の外側に顔を出し、
「うるせーな!!!どっかいってろ!!!!」
とあたり中に響き渡る声で怒鳴りつけた。
 すると、そのバカ女子だけでなく、それまで音出しをしていた吹奏楽部までがピタっと静かになってしまった。ありゃ、練習はどうしたんだろう??といぶかしく思ってたのだが、集会が終わり、男子を解散させてから外の廊下に出てみたところ、吹奏楽部は解散?し始めている。
「ありゃ、これから基礎合奏(っていう約束)じゃなかったの?」
というと、部長が
「いや~、先生が怒っているから当分基礎合奏は無理だと思って。パート練習に切り替えたんですよ!」
なんだか先生の顔色見てる、っていうか、そういう風に臨機応変にいろいろやってくれる中学生なんて本当にすごい、とうかけなげである。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/11/09 06:51 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |