FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

天候激変

 その後、落果しそうな柿を枝から折り取ってよく見ると、ヘタのところに細い半透明の虫がいて、ササッと実の中に潜り込んでいくのを目の当たりにしてしまった。やっぱりヘタムシガってヤツなのか…と気分が悪くなってそのまま絶望していたが、台風が虫害の実を根こそぎどこかへ吹き飛ばしてしまい、一応落ち着いたようである。
 それにしても、台風後の関東地方は寒い。朝夕は特に、まるで11月の装備で出かけないと、寒くてバイクには乗れない状態なのである。つい一週間ほど前にはまだ残暑が厳しくて、体育祭もたまたま前日が少し崩れたからよかったものの、次の日はとんでもないかんかん照りだった。このまま、まだまだ暑さが続くのか、と思ったものだったのに、いったいこの気温の変わり様は何なんだろうか。秋を通り越して冬、ってかんじだが、そんなんではこの四季折々の風物豊かな日本国が病んでしまうのではないか。熱帯からいきなり亜寒帯か?少なくとも、今の日本は、昔社会で習ったような「温帯」には位置していないようである。

 それにしても、今年はどこにもかしこにも彼岸花が咲いている。去年は見なかったところ、あっちこっちにあの赤い花が咲いているのだ。つまり今年はトレンドなのかね~。この変な天気の中でも、全く約束通り、お彼岸の前後に一斉に咲くんだから、不思議なものである。

 ちなみに、音大生の我が娘は、山田耕筰の「曼珠沙華」を今さらっているが、ハタチ程度の小娘の手には余る曲だのう。昨日の晩も、伴奏つきあったのだが、本当に、声量もあるし声はきれいなんだが、歌が下手で…。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/09/29 23:21 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

また一つ、完成を見る

 やっとのことでローゼンジ迷彩を貼り終わり、マーキングの方に進むことができた我がローラントです。この時点で、あとはパーソナルマークの青と白のワッペンを胴体に貼るだけとなりました。
SBCA0569s.jpg

で、進めますが、あれ??気付かないうちにヴェルケヌンマーがない!?
SBCA0570s.jpg
何と間抜けな…は~、しょうがないか。

というわけで、完成で~す。
SBCA0571s.jpg
実はプロペラは失敗しました。実は、機体を下に向けるとプロペラは落っこちます。挿してあるだけです。
SBCA0574s.jpg

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2011/09/25 12:37 】

RolandDVIb(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

デカールとかけて

 今日は、いい仕事したぞよ。まずはCSが映らないという困った問題について、満を持してフレッツに連絡する。おとといから何度もスカパーとフレッツと両方に電話してたらい回しにされて…という話をして、今度こそ何とかしてくれ!と気合いたっぷりでお願いし、今日中に機器のチェックをします、という約束を取り付けることに成功。しばし待つうちに、昼頃、おなじみの電線の作業をする高所作業車が登場し、いろいろとチェックしてもらった結果、機器にはCSの電波がばっちり来ていることを確認できた。つまりうちの配線が悪いようだ。
「そこんところはこっちの範疇じゃないので電気屋さんにお願いしてください。」
という言葉を残して高所作業車は帰って行った。ふと気になって、2階のテレビにB-CASカードを入れ替えてみると、何と!CSは映るではないか!仕方がない。アンテナ線をつなぎ替えるか。そもそもケーブルテレビの配線が外から来て天井裏に入っていっているのだが、フレッツの装置(問題のテレビの脇に設置)からいったん外に出して、そこまでアンテナ線を這わせて直結する、というあり得ない遠回りをしているのだ、うちのテレビ線は。それを2階のベランダによじ登ってぶった切ってつなぎ直し、さらにブースターからのケーブルをつなぎ直し(って、なに言ってるかわからないか、人んちの配線なんか)、受信感度を画面で見ながらブースターのつまみをいじったり、いろいろやってるうちに、ついにCSが映り始めたではないか!専門の検査機器とかも無しで、ようやるわ、俺。
 で、家内や娘のお気に入りのLalaTVも無事映り、一段落したら、すでに15時。一休みして、買い物に出る。帰ってきてから晩飯の準備をする。今晩の献立はこれだ~↓↓↓↓↓↓↓
SBCA0568s.jpg
餃子をホットプレートで焼く。うちの定番料理だ。全部で150個。そのうちの53個は亭主であるところのこの私が包んだぞよ。何とマメな旦那様ではないか。このでかいホットプレートでも150個は乗り切れないので、はみ出した分は別にフライパンで焼く。こんなにたくさん必要だというのも、子供が3人もいるからだが、3人とももはや独立間近、このような大量の餃子作りもいずれは必要とされなくなるのであろう。

 ここで謎かけを思いついた。

デカールとかけて餃子ととく。
その心は。
どちらも水を張った小さい入れ物が必要です。

うわ、くだらね~!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/09/23 23:09 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

久しぶりのローラント

 ネットが落ちてて、昨日進捗した分をアップできなかったので、今日改めて書き直しであります。

 とにかく、ゴータはストップしちゃってでかい図体がなんだか邪魔だし、アズールに取りかからなきゃならないので、スペースの確保が必要だが、それには仕掛品を片付けるのがよいかも知れない。
 で、久しぶりに手をつけ始めたローラントです。(今年ではなく)去年のお正月に、勝手に新年特別企画ということで作り始めて、一気に作っちゃうつもりがいつの間にか1年半以上も手間取っているのだ。というか、ローレンジ迷彩のデカールを貼るのが面倒くさくて、ちょっと手をつけては投げ出しちゃう、というのを繰り返している感じです。しかし、今回は進んだぞよ。特に、やっかいそうな気がしていた主車輪とその車軸に貼って足回りができあがったので、けっこう今後が進捗しそうな予感になりました。
SBCA0566s.jpg

勢いに乗って最後に残った上翼上面にもローゼンジのデカールを貼っていきます。テクモドの4色ローゼンジなんですが、しかしなんだか変な色、というかぴんと来ないんだよな~。途中で嫌気がさしちゃうのも、この色合いが原因、というところもあるかも知れません。
SBCA0567s.jpg

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2011/09/22 22:14 】

RolandDVIb(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

台風一過

 台風が来た。かなり久しぶりに列島縦断コース。中学校も、午前中で授業が打ち切りとなってしまったので、のんびり。勤務時間が終わる前に調整で早帰り。すごい暴風の中、帰宅するが、まず校舎を出てから自動車に乗るまでに、横殴りの雨で傘の効き目のない下半身はすっかりびしょ濡れだ。でも帰る。
 模型作るぞ~みたいなワクワク感で帰ってきたのに、テレビのアンテナ(パラボラ)をフレッツテレビにつなぎ替えたらCSが見られなくなってしまったというトラブルが待っていて、サービスに電話するが全然らちがあかない。結局、さんざんたらい回しにされて、NTTに3回、スカパーに2回も電話し、折り返しかけてくる、というのも含めて2時間近くやりとりをしたあげく、どうやらフレッツの方が悪いらしい、という結論になったが、その時にはすでにNTTの受付時間がとっくに終わっている、という不愉快な結果に終わった。いつになったらテレビが正常に見られるのか。しかも、こんなとんでもない天気の中でもアンテナの方はちゃんと電波を受けている、なんてのも、こうなってみるとなんだかムカつくじゃないか。
 その後、やっとのことで模型いじりを始めるが、当然、あまり進まないよな~。ま、しかたないか。で、進捗状況をブログに書くか、と思って記事を書き終えたら、なんだかネットが落ちている。調べたら、機器のコンセントが抜けかけてるじゃないか~!どうも娘がいつも開けない窓を開けたときに引っかけたらしい。しかし、電源を復旧させたのにネットはつながらない、という状態が続いて、書いた記事も飛んじゃうし、思ったようにいかなくてすんごいストレス。
 夕食を食べおわり、さらに模型をいじりつつふと気づくと、激しかった雨も風もいつの間にかやんでいて、リ、リ、リ、リ、、、と虫の音が聞こえている。台風のあとに虫が鳴く、というのはなんだかワンセットになっていて、今ぐらいの季節の風物詩のような気がする。明日は晴だね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/09/21 20:58 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

「小国空軍機コン」参加?!

ゴータG.IIはデカールのトラブルで中断となり、なんだかハンパな気分のまま数日が過ぎた。作りかけの他のキットにもちょっとずつ手をつけてはいるが、なんだか気合いが乗らないのう。

 というわけでもないが、なんだかすてきなコンペを発見して、参加することにしてしまった。
profile.jpg

しかし、手持ちのストックの中で、この「小国空軍機」というコンペの対象となるキットは、なんとこれ↓だけ!すごい古色蒼然とした機体であるが、ちゃんと第二次大戦では実戦に参加しているらしい。(しかも被害も甚大だったらしい、って当然か…。)
SBCA0563s.jpg
それにしても見るからにやっかいな雰囲気のキットである。バキュームフォームの風防なんかいじるのは初めてだし、この写真には写ってないがエッチングパーツもレジンパーツもちゃんと?そろっていて、敷居の高さ満点なのだ。ということは、こういうチャンスでもなければ永遠にストックになってしまうだろうから、この際チャレンジしようと思いたったわけである。しかし…さて、どうなる?

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2011/09/20 23:47 】

Ro.37(完成)  | コメント(1)  | トラックバック(0)  |

秋空のもと体育祭

「変わりやすいは女心と秋の空」な~んて昔から言われるが、まさにその秋空のもとの体育祭であった。それまで一週間のピーカン照りはどこへ行ったのか、夜から雨が降る。朝も曇り。午後から晴れるらしい。マ、体育祭やるだろ、と係の生徒との約束時間(7時半)に向けて愛車にまたがり家を出発。途中雨がぱらぱらと降る。まあこのくらいならね、とそのまま突き進むとすぐやんだ。だが、学区域に入ったとたん、いきなりの土砂降りである。びしょびしょになって這々の体で学校にたどり着くが、グラウンドはどうか。昨日トラックの白線引きとかテントとか保護者席敬老席の椅子並べとかすべて終えていたのだが…。校舎に入ると、廊下でムカデの練習をしていた3年女子が、
「センセーどうなるんですか~体育祭?」
なんて聞いてくる。
「ん、多分1時間遅れかなんかでやるだろ。」
と返事をする。で、水をしたたらせつつ着替えるが、ワイシャツも下着も水が絞れるほどのびしょ濡れ。急遽音楽室にイスを並べてそれらを広げて並べる。乾かなかったら帰る時着るものないからね。
すぐに(7時50分頃)職集が始まり、こっちの予想通り一時間遅れで開催することに決定。野球部がグラウンドの水取りをし、残りは応援団の練習、ということになった。グラウンドは水はけも悪く、野球のグラウンド部分はもはやぐちゃぐちゃだし、昨日せっかく引いた白線はほぼすべて流されてしまった。全部やり直しである。
で、その後いろいろあり9時15分、どうにか準備も整い、開会式も無事挙行。すべてのプログラムも無事進行した。よかったよかった。しかも、すべて終わって、係の生徒が集合し後片付けを始めたとたんに、またもや雨が降ってきた、なんてあまりにもできすぎているが本当だ。まさに秋の空、変わりやすいことである。

 それにしても、体育祭の時のお天気にはいつもながらにハラハラさせられる。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/09/17 20:34 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

これはいったい…?

朝も早くから、いったいこれは何なんだろうか?去年も同じ時期に同じ場所で見かけたのだが、誰も騒いでないみたいだし。今時こんな黒い煙が上がる環境破壊的なたき火なんてあるもんなんだろうかね~。
SBCA0564s.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/09/16 23:13 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

死の町その2

 今日の地方新聞の1面トップは

「狭山茶全銘柄を検査へ」

お茶もおちおち飲めないのかい!

「死の町」ってじわじわ広がっているんじゃないのか。日高市や鶴ヶ島市など、自宅の近隣の市町村が次々「罹災地」になっていく。
これから当分お茶の出荷はできない、ということになるであろうが、お茶農家の生活はどうなるのか。一方、特に被害が及んでいない福島の桃だの梨だのが「風評」によって値崩れしている。不幸な人間がどんどん増え続けている。いつかは自分の身にも降りかかってくるか。憎むべしTK電力!J民党!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/09/15 23:15 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

死の町

「死の町」
とか
「放射能つけるぞ~」
とか、ふざけた野郎が大臣やってたみたいだが、なんだか世の中がそいつを糾弾していることにどうも違和感を感じていた。そんな中、ついこの間の「鉄腕ダッシュ」という番組で、現地に足を踏み入れる人々の、現実の姿を見て思ったのは、
「福島(のそのあたり)って、本当に死の町じゃん!」
ということだった。防護服っていうの?あんなすごい装備をしてなおかつ2時間しか滞在できません、ってどこの宇宙の星なんだ、って感じじゃないか。日本にこんな場所を作っちゃった奴はいったい誰だ?

 改めて思うのだが、死の町を死の町と言った奴の揚げ足とりをしているのは誰だ?自民党じゃないか。原子力がこれだけ危ないものだ、というのは誰もが潜在的にわかっていて、それなのに危機管理を甘く見積もって甘い汁を吸いまくり、太平楽に原子力発電を国策として推進したバカはいったい誰だ?自民党じゃないか。自分が政権党じゃないからだかなんだか知らないがコイツらが全然責任感じてない様を見ていると本当に腹が立つ。福島に原発を作ったときの政府の担当者は全員死んでお詫びっていうのが筋じゃないのか?少なくとも事態収拾にまず汗をかけよ!

 それに、マスコミ?だかわからんが、世論が文句を言う相手をミスリードしようとする勢力があるように思うのだが、実際どうなんだろうか。
「死の町って言って福島の人々を傷つけた」
なんて言ってるが、モノの本質はそんなことじゃないだろ?非難の矛先をあさっての方に向けようとしているのか?肝心なところから目を背けさせられそうになってるような気がするよ。それに、なんだか言いたいことが言えない社会ができつつあるような気もするし。ヤダヤダ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/09/13 19:34 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

どうやら柿がピンチだ

柿がどんどん落果する。いつもだったらこの時期には柿の実は青いままで全く落果しなかったのだが、今年は次々に実が柿色に色づき、次々に落ちてしまうのだ。しかも実の落ち方が何とも汚らしい。いつもバイクを止めているコンクリート舗装の上に落っこちて放射状に飛び散り、片付けようとうっかり触るととんでもない悪臭が指先についてしまう。
 そして、今もこの有様である。この色づいた柿は、要するにあきらめるしかない実であろう。この被害、まだまだ拡散するのであろうか。
SBCA0561s.jpg
ネットでちょっと探ってみると、ひょっとするとヘタムシガの被害のようだが…。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/09/12 19:35 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

好事魔多し

いろいろあったがとうとう大詰めである。これは、真っ逆さまに墜落した図ではなく、プロペラを取り付けて養生中。
SBCA0559s.jpg
この飛行機はまあ一般的な姿をしているが、一応プッシャーなので、プロペラは後ろ向きについている。普通の人はこれを見て、
「コイツ、間違えて作りやがった」
と思うんだろうな。その他はごく普通の格好をしているからね。

ところが、、、、




ヽ(`Д´)ノ ウワーン
SBCA0560s.jpg
ついにデカールだ~、と気がせいたのがいけなかった。これは10年も前の悪名高い「ローデンのデカール」だったのである!水に濡らした瞬間にぼろぼろにとろけてしまった。無理に翼の上に乗せたのだが、この有様である。

さあ、どうする?どうなる?手書きするか?そんなの無理だ!
どうすんだ~~!!

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2011/09/11 18:01 】

GothaG.II(完成)  | コメント(1)  | トラックバック(0)  |

張れる張線はみんな張った。

いよいよ完成が近づいた我がGothaG.II。
昨日がんばって張線関係を進めた結果、張れそうな張線は全部張った。尾翼の操縦索関連はやってません。省略するつもりです、できないので。機首左右の下部にある変な糸巻きみたいなのの上下から尾翼に向かい、昇降舵や方向舵まで胴体の外側に這わせなければなりません。そんなん無理だよ~(弱気)。第一、操縦索関連がみんな機体の外にむき出しって、どうなのよ。思うに、乗組員が機上でいろいろ作業をして動き回るのに、踏んじゃったりしたら危ないからなのかも知れない。
「邪魔なら外に出しちまえ!」
という大らかな発想、いいですね~。ロマンを感じますよ。でも、この模型に再現するのは無理!
SBCA0558s.jpg
あと残った作業は、プロペラと、機銃と、エンジンナセル後部の空気取り入れ口?と、機首の木部に木目を書き込むのと、マーキング(デカール)ぐらいかな。その前にあっちこっちの塗装のレタッチとか、最終的な上塗りとかをしなければなりません。何しろ完成に向けて最終段階に入りました。嬉しいことだ。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2011/09/07 19:38 】

GothaG.II(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

姿を現す巨大機

 世の中一般には夏休みも終わり、普通の生活が戻りつつあり、台風が来て蒸し暑かったり、総理大臣が替わったりと、何かと騒々しいのだが、家に帰ればそんなの気にせず、模型作りに邁進する。このゴータができあがれば、かなりの自信につながるはずである。
SBCA0554s.jpg
普通に張線が張ってあるように見えるが、何しろでかいし、線もたくさんあって、苦戦続き。何といっても、支柱が細すぎて、あまり強くテンションをかけると弓のように反ってしまうのである。それをごまかしごまかし48カ所に一つ一つ糸を張っていく。いちいち瞬間接着剤の(ネジ式の)ふたを開け、閉め、軽くテンションをかけ、と地味な作業が続く。一本張るごとに上下の主翼がねじれてないか、チェックする。めんどくせ~~!!というわけでまだ全部終わっていません。
SBCA0555s.jpg
降着装置も普通の2機分。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2011/09/03 23:07 】

GothaG.II(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |