FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

やっぱりイタリアン…

 いろいろあるけど今年はたくさん完成させてストックを減らす、というのが大命題。さっさか進めて懸案のゴータに取りかからないと夏休みが終わってしまう。(って模型ばっかりやってるわけにいかんのに。)
 ということで、何日かぶりで手をつける。今日こそは翼間支柱を終わらせよう。という思いとは裏腹に、相も変わらず合わせの悪さ全開のキットにとことん手を焼く。ホント、イタリアンじゃのう。ついでの勢いで主脚も取り付けるが、取り付け角度がちょっと微妙に外を向いているので、接着剤が乾くまでコーヒーカップの上で養生する。
SBCA0524s.jpg

 接着剤といえば、今日、またも接着剤の瓶をひっくり返してしまった。幸い、今回は新聞紙を敷いて、その上に工作マットを敷いてあったので、テーブルは無事であったが、はいていたズボンの上に大量にこぼれてしまった。すごいにおいで頭が痛くなりそうだ。しかもズボンからいつまでも臭ってくるわけだから、始末に負えない。結局根が続かなくなって、今日はこれにて終了である。
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2011/08/21 23:00 】

FiatCR42(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

永平寺詣でその2・続き

 7:00、ホテルの朝食はバイキング。
 9:30、福井市内のホテルを出発。
10:00、永平寺到着。門の近くの駐車場(おばちゃんが自動車に向けて手招きをしている)に入れると、
「帰りにウチのお店で1000円以上お買い物をすれば駐車料は無料。」
という。永平寺は単なるお寺ではなく、道元禅師が開いた曹洞宗の修行場であり、清廉な気迫が建物にみなぎっているさわやかな場所である。古い建物ではあるが手入れも行き届いていて、美しいたたずまいだ。
 DSC00533s.jpg
廊下も階段も美しい。
DSC00536s.jpg

 11:00、おつとめが始まると黒山の人だかり。雲水さんたちの修行の様子も古式に則った所作で目をひくが、これでは…ねえ。
DSC00543s.jpg

さて、12:40、永平寺をあとにして、すぐそばのおそば屋さんで昼食をとり、来る途中で看板で見た「加賀地ビール館」というのを目指してゆくが、そこはまるっきり(ウチ的には)NGなところで、早々に、福井でやることはなうなってしまった。いろいろその場で話し合った結果、能登半島の氣多神社まで、海沿いの道をいってみよう、ということになり、さらに進む。ところが海沿いの自動車道は思ったよりも海が見えなくてがっかりである。で、
16:30、氣多神社に到着。古い建物も多く、思った通りの神さびたたたずまいである。
SBCA0523s.jpg

 お参りして、古いお札とかを納めて、松本の次男坊の下宿で今夜一晩を過ごすことにして、
17:30、戻り始めるが、まずはやっぱり日本海を見に行こう、とその辺の道を探検すると、海岸沿いに面白いスポットを発見。浜茶屋もあり、そこでモーターボートのレースなんかをやっている。そして、砂で作った変なモニュメント、というか大きな砂で作ったオブジェがある。
DSC00552s.jpg
近所の専門学校の学生の競作展らしい。

 で、そこになんと、「千里浜なぎさドライブウェイ」というのがある。
DSC00566s.jpg
 海辺の道、というよりも砂浜そのものを自動車を走らせてもいい、という驚くべきところなのだ。実に快適。
DSC00562s.jpg
 海辺にはサギのような鳥もいて、のんびりしたムードである。
DSC00563s.jpg

 18:00過ぎ、能登半島をあとにして、松本に向けて出発。北陸道に乗った頃にはすでにあたりは真っ暗である。
 24:30、松本の次男坊の下宿先に到着したが、何ということであろう、彼は家の鍵を実家に置いてきてしまったのだ。急遽、あきらめて関東まで帰ることにする。彼は、
「申し訳ない!」
というが、謝って済むことかヨ~~!
結局、
2:30、自宅に到着。すっかりくたびれ果てて、すぐ寝た。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/08/21 08:50 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |