FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

仙台にてイタリアン

 まさかゴータをクルマに積んで持ってくるわけにもいかない。でも、家内の実家で3泊4日では場合によっては退屈するかも、ということで、このままのペースでいっても消化するのに5年はかかるであろうストックの中から、イタレリのCR42を選んで工具箱と共に持ってきた。フィアットCR42といえば、いにしえのレベルファイターシリーズの名(迷)キットがかすかな記憶の隅にあるが、今日ではこういうキレイなキットがあるので、わざわざレベルのなんかをオークションで手に入れるようなことはせずにいたのだ。

 で、ついに今日の午後、懸案のオシゴト(真面目に)が一段落したので、箱を開けて手をつけることにする。
SBCA0500s.jpg
このキットはすごいのう。このパーツの細かい雰囲気といい、おまけについてる資料写真集といい、イタリアのプラモメーカーであるところのイタレリが乾坤一擲、満を持して世に問う自信作、の趣がある。これまで、その迫力に圧倒されて、何となく手を出しそびれていたような。

操縦席もすごい精密さ。そのまま何も手を加えなくてもまるでベテランの人が作ったみたいになる。(写真がひどくてよくわかりませんね)
SBCA0501s.jpg

操縦席ができちゃえば、プロペラを挟み込むこともないしのぞき窓みたいな透明部品もないし、引っ込み脚でもないし、シンプルな飛行機なのですぐ胴体の左右を合わせて、下翼や水平尾翼をバタバタと取り付け、エンジンなんかも組み立てる。
SBCA0502s.jpg
 ところが、このキット、なんだか思ったほどたいそうなものじゃないことが少しずつ明らかになってくる。今いじってるヤツも、けっこう初期のロットのはずなのに、妙にそこここにバリがあるし、合わせが思ったほどよくない。しかも、翼の後縁が異様に分厚い。今時の飛行機キットでそれってありか?と文句も言いたくなるし、頭にクエッションマークをつけたまま、取り敢えず今日はこれで終了かな。次は機体を大まかに塗装して、さらに組み立てを進めるべし。

って、明日はゴータの待つ関東に帰っちゃうのに、コイツの工作は無事進捗するのであろうか。まさか、仕掛品を増やしただけの話じゃないだろうな?!
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2011/08/13 21:49 】

FiatCR42(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |