FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

猫が同居

次男坊が帰ってきて、また下宿に戻って行っちゃったのだが、猫をおいて行きやがった。犬だけでもうるさいし面倒だというのに、迷惑千万である。
SBCA0445s.jpg
その後猫はでかくなったようである。今回はお互いにつきあい方も落ち着いたようだ。
スポンサーサイト



テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【 2011/05/31 06:50 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

こだわりの指揮棒

最近指揮棒にこだわり始めた。指揮棒なんてのは、まあ、言ってみれば消耗品。かつては木や竹でできたヤツを買ってきたり、菜箸を細工して作ったりしたが、ちょっとひっぱたけば折れてしまう。最近主流のグラスファイバーのやつだって、半年も使っていれば先っぽから裂けてきて、細かい針のような破片が飛び散るようになって危険であり、捨てるしかない。でも安いからね(1500円ぐらい)。でそれを練習用に使い、ここ何年か本番で使うやつはこれ↓にしていた。
SBCA0443s.jpg
ピックボーイの「伊福部昭モデル」。かっこよすぎるでしょ。大学時代の恩師であるところの伊福部先生のサインが入った指揮棒なんて、ありがたすぎる。伊福部先生も、生前は
「作曲家は指揮なんてするもんじゃないですよ。」
とよくおっしゃっておられたが、ご自身が指揮をなさるときは白い手袋をつけて、なんだかやたらにかっこつけていたらしい。しかもこんな長いのを使っていたのか?40㎝もあって、普通の感覚からしてもかなりなもんだ。大オーケストラを振るときは長い指揮棒、なんて言われているらしいが…。自分が普段使っている指揮棒は38㎝(それでも長め)だが、2㎝の差はけっこう違うのだ。
 で、この指揮棒で一昨年のコンクールの本番を振ったところ、まさかの金賞・県大会進出を勝ち得たので、多少の霊験はあるのかも知れない。(去年は敢えなく撃沈。)
 しかしこれは木製なので、気をつけて使わないと折ってしまう。

 そこで、以前から興味があったカーボンファイバーの指揮棒、というのをほしくなり、きのう買ってきたのだ。なんと4800円もする。指揮棒の中では一番値の張るやつだ。今まで、使用中の指揮棒がダメになってからでしか、新しいのを買うことはなかったので、いわゆる大人買いってやつですな。妙にでっかいコルクの握りも存在感を主張しているではないか。
SBCA0444s.jpg
さて、この指揮棒はどんな戦績を残すのか。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2011/05/29 20:59 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

恐るべきパーツの海

ものすごい、パーツの量だ。広げるとまるで海のようである。それを切り離す前に塗装をする。前回のプファルツのときにはこれでモチベーションが維持できたので、二匹目の泥鰌を狙おうという作戦だ。
SBCA0440s.jpg
だが、このキットはG2とG3のコンパチーブルなのだ。思ったより使うパーツは少ないようだ。下手すると半分以上使わないかも。つくづくすげーキットだこと。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2011/05/27 06:53 】

GothaG.II(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

勝手なヤツ

 夜、娘から電話がかかってきて、けっこう遅くなってから友達と一緒に家に帰ってくると言う。23時ぐらいになるかも、なんて言ってるから、
「メシはどうするんだ」
と聞くと、
「用意しなくていいよ。」
なんて言ってる。そこで、この↓写メを送って、
SBCA0439s.jpg
「これ、どうすんのよ?」
と聞いたら、
「たべる!」
だと。何というげんきんなヤツ。そして、この私は何という親切な父親なのであろうか。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/05/27 06:47 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

巨大な翼

 ゴータのキットを引っ張り出し、逡巡する。これに手をつけるべきか、やっぱりやめるか。これまで何度もふたを開けては閉める、というのを何年にもわたって繰り返してきたキットだ。もう10年になるかも。
SBCA0438s.jpg
それにしてもでかいのう。この間の正月に作ったプファルツと比較して、この有様である。

どうするかのう。これに手をつけてしまったら、いったい何年かかっちゃうのか、それともよほどの短期間でやっつけられるか…。でもまあ、やるか。やるぞ~!乞うご期待!

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2011/05/26 00:14 】

GothaG.II(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

そして完成

さっき途中経過をアップしたばかりで、もう完成しました、というのもなんだか意味不明ですが、完成しました。一応。
SBCA0434s.jpg

張線が少なくて、拍子抜けです。実機も少なかったからやむをえない。それどころか、実機のプロトタイプは、翼間支柱もないという意欲作だったのですが、パイロット達が「頼りない」という理由でいやがったから、格好だけ支柱をつけていたそうな。
SBCA0435s.jpg

マーキングは、有名なヴェルナーフォスの最後の愛機となってしまったDr.1です。フォスはいつもはもっと派手な塗装の機体に乗っていたようで、このDr.1は彼にしては極めて地味だと思います。(だから運が尽きたのかも。)
SBCA0436s.jpg

キットも適当で、水平尾翼の支柱はないし、エンジンの排気管のモールドもないし、操縦席の中はがらんどう。機銃の形もチョー適当で、形式的にあるだけ、という感じ。パイロットを乗せてコックピットの中は隠すしかありません。
SBCA0437s.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2011/05/23 00:33 】

FokkerDr.1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

実質3日で組み上がる

 さっさか進めたいところだが、仕事もあるし家庭もあるし、趣味ばかりに生きるわけにもいかないのが男というものであろう。「趣味」も一つじゃないしね。それでも切れ切れの日々を併せて、実質3日でここまで形ができた。エンジンとプロペラだけ他から流用し、カウリングの内側を削り込んだり穴開けたりシャフトを通したりはしたが、意外に難しい作業ではなかった。エアフィックスのオンボロいキットではあるが、それ以外はまるっきりキットそのままである。
SBCA0433s.jpg
古い割には(昭和40年代初期?)全体的なプロポーションも良好である。それ以上のことは望むまい。あとは、張線(ちょっとしかない)とデカールだけで完成だ。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2011/05/22 21:27 】

FokkerDr.1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

順調(乱雑)に物事は進む

きょうはまず上翼をつける。これで3枚羽根の主翼が形になる。
SBCA0431s.jpg

ちなみにプロペラの比較。上がキットのオリジナル。下はローデンから流用。
SBCA0430s.jpg

主脚も組む。ほぼ形ができた。張線のことをあまり考える必要がないので気が楽である。
SBCA0432s.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2011/05/19 00:05 】

FokkerDr.1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

痛恨の…

 最悪だ。理科の先生と授業を交換したのを忘れていて、今日の6時間目に3年の授業があったのに、すっぽかしてしまった。1時間まるまる3年生を放ったらかしにしてしまうとは…!授業が終わってから件のクラスの生徒が職員室に顔を出し、
「センセー。授業だったんじゃねーのかよー!!」
ふざけんなよ!くっそ~~~。そういうことは授業終わってから言うんじゃねえよ!
 痛恨のミスである。無駄になった50分のことを思えば、落ち込むばかりだ。

 その後すぐ下校時間になったのだが、1年生が、職員室に来て、
「センセー、チョークが庭に落ちてます。」
というご注進が。しまった!あいつらか!
焦って4階の音楽室まで上がっていくが、時すでに遅し!
昼休みに掃除したばかりの音楽室は、掃除当番が閉めたはずの窓は全開のまま、イスは乱雑に散乱し、床はチョークの粉だらけ。準備室にストックしてあったはずのチョークはすべて窓から外に投げ捨てられてしまった。そのほかにも黒板消しが一個見つからない。テレビはアンテナ線を接続するなどいじられ放題。準備室にも入りこんだ形跡があるが、こっちは特に荒らされた感じはないが、なんだかいじったあとがあって気分が悪い。午後から授業がないと思って、準備室のカギを開けっ放しにしたのがまずかった。重ね重ね、なんということだ。
 だいたいからして、この3年生は2年の時も黙って準備室に入っていたずらをするもんだから、何度か叱ったらそのたびに、
「入られたくなかったらカギかけとけばいいじゃねえか!」
と逆ギレされた。つまり
「俺たちを信用するなんて、どこまでバカな教師なんだ、お前は!」
といわれているのと一緒だ。それを生徒が言ってくれるんだから、ありがたいことではある。今後はカギ締めを徹底しよう。それに、別室で歌のテストをやっちゃまずいね。何しろ、信用しちゃいけない生徒達なんだからね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/05/17 23:30 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

もうダメ。テンパったので他のキットに浮気

 タイトルの通り。ソッピース三葉機もどうしていいかわからなくなったし、アナトラアナサルは1/72とは名ばかりでオーバースケールなのがわかってしかも気になって、やる気が失せた。
 ん。違うのやろっと。

 ということで、けっこう前に手をつけてそのままだったエアフィックスのフォッカーDr.1を再度引っ張り出してきた。これがいやになったのは、ロータリーエンジンがカウリングに一部分だけモールドされている、という情けなさで、その上プロペラの部品がショボく、とてもじゃないが普通のクォリティじゃない、ということだった。しかもプリントされたしましま模様の迷彩塗装もめんどくさいし、古いキットだからあっちこっち傷んでて手がかかるし…。

 だが、減らすぞ、ストック。今年の俺はひと味違う。まずはプロペラとエンジンを何とかしよう。で、積んである手つかずのキットの中から使わなそうなコンパチ部品を引っ張り出すことにする。いろいろ探しまくって、プロペラはローデンFokkerDVIIから、エンジンはフラッシュバックのソッピースストラッターの中のレジン部品から、それぞれ充当することにしたので、やっとのことで製作が再開する。
SBCA0429s.jpg
迷彩プリントの塗装は、通常考えるよりはやや明るめにしてみた。而してその実態はクレオスのライトグリーンRLM82である。今日のところはここまで。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2011/05/16 23:03 】

FokkerDr.1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ビールのうまさ、草津温泉

 昔読んだ最初期の頃の「美味しんぼ」に、ずっとビール断ちをしていたおじいさんが、いよいよ禁を破ってビールを飲むが、せっかくのナマのジョッキを、
「ビールってこんなものだったかな…。いや、そもそもこれはビールですか?」
と言って猛烈にがっかりする、というくだりがある。私も若い頃は、ビールの味なんてわからないし、コメだろうと麦芽100%だろうと同じじゃん。と思っていたものだったが、この歳になって初めて!この漫画の中の爺さんの気持ちがわかってしまって愕然とした。

 というわけで、今回の物見遊山は草津温泉だ。テーマは「温泉に入ってのんびりする!」
 今年度から我が市の公立小中学校では第2土曜日にも授業をすることになったので、出発は午後の1時半。関越道を北上し、渋川伊香保ICで一般道に入る。行けども行けども草津は見えない。あとで検証してみたら、軽井沢の方から回った方が早かったようだ。ウチの車にナビがなかった頃はこんな初歩的なミスはしなかったものなのだが。
 で、中沢ビレッジとかいう大きなリゾートホテルに投宿する。午後6時。一息ついて、入浴すればもう晩御飯の時間の終了時刻が迫っている。草津温泉は初めて来たが、いい湯じゃのう。目に入るとしみるし、口に入るとかなり酸っぱい。青森の酸ヶ湯温泉のようだ。(もっとも、酸ヶ湯みたいにタオルの色が変わってしまう、ということはないが。
 風呂上がりに大食堂?でバイキングを堪能する。
SBCA0427s.jpg
いろいろ少しずつ取っては味を見るが、実際には豚肉のしゃぶしゃぶなんかがすごくうまかった。そういうのばっかり選んでとってきた方がいいのかも知れない。バイキングとはいっても若い頃と違って、そんなにたくさん食べられるワケじゃないからね。
 で、問題の中ナマだが、みょうに味というかのどごしが軽い。というより軽すぎて、こくもうまみもない。なんだこれ?とおもったが、どうやら最近家でしか酒を飲まず、それも「銀河高原ビール」とか「越後ビール」みたいな本格作りの地ビール(最悪でもヱビスビール)ばっかり飲んでいて、そのずっしりと重々しいコクというか味に慣れちゃったもんだから、全然物足りない。ということらしいのだ。困ったのう。
 こういうのは、確かにいい酒ではあるのだが、高いんだよね。二日目の帰りに嬬恋村に寄って、COOPで「嬬恋物語」というブランドの缶ビール(350ml)を衝動買いしてしまったが、何と一缶410円だからね!KOEDOブルワリーみたいなのなんかも500円とか平気でするし。そんなの毎日飲むわけにはいかない。

帰りに関越を上ってきたらちょうどこの鉄道遺構のところで渋滞で止まっちゃったのですかさず写メ撮った。
SBCA0428s.jpg
こりゃなかなか撮れない写真じゃないだろうか。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/05/15 23:15 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

増えるばかりで減らないストック

 この間本屋さんでモデルアートを立ち読みしたらアンリオHD-1というのがあるらしいと知り、ネットで探してみたらすでにけっこう品薄になっているらしい。
 フランスの飛行機のようだが、イタリアのマーキングのヤツがあってそれがほしかったので、ネット通販で買ってしまった。今日届いた。¥3700というふざけた値段のシールが貼ってある。高いのう。だが、イタリアの第一次大戦機はこれまで入手したことがなかったので楽しみです。
SBCA0424s.jpg

中身はこんな感じ。割と精密感のあるキットである。モールドそのものは水上機とコンパチーブルだが、説明書もデカールも水上機には対応していない。
SBCA0426s.jpg
HR modelというのはどういうメーカーかわからない。このパッケージにあるアドレスは403forbiddenになってしまって、アクセスできなかった。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2011/05/10 21:54 】

プラモデル  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

猫と犬

 まったくあきれ果てたことに、松本の大学に通っている次男坊がいつの間にか猫を飼ってやがった。アメリカンショートヘアの、売れない色のヤツ(黒一色)をタダ同然で引き取ってきたらしい。だいたい猫ってのは狡いんだよな~。わかってて悪さをしてまったく反省しない、というのが猫だと思うね。
 そうとも知らず、ウチのお人好しな臆病犬をヤツの下宿に連れて行ってしまったものだからとんだ騒ぎになってしまった。そして、そのまま2匹をウチに連れて帰ってきてしまったのである。

 猫に興味津々の犬。猫の方もけっこうまんざらじゃない。
SBCA0420s.jpg

そして、飛びかかろうとするが、相手にされていない。
SBCA0423s.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/05/06 23:12 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |