FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

計画停電・暗闇・交差点

 かなり根付いてきた計画停電。節電も、世の中一般にかなり慣れた感じになってきた。何かのバラエティ番組の「一ヶ月1万円生活」ばりに、ウチでも照明は暗くして、夜もとことん電気を消しまくる。

 さて、ここ2日、暗くなってから停電区域をバイクで走った。一言で言って、恐ろしい。何しろバイクだから、こっちが悪くなくてもやられれば終わりだからね。

 道路を走っている分には特に暗さは感じない。前を行く車や後続車、対向車のヘッドライトにテールランプが煌々とついてるからね。やはり現代の都市には善光寺のお戒壇巡りみたいな真っ暗闇は存在しないのだ。それよりもむしろ、停電じゃない地域でも、かなり暗い。世の中全体が徹底的に節電している感じで、暗い。なんだかヨーロッパの夜みたいなシックな感じで、いいね。

 だが、なんと言っても交差点。これはやばい。本当に大変な交差点は発電機を持ってきて点灯していたり、おまわりさんが手信号していたり、と困ることは取り敢えずない。しかし、そうでない群小の信号機が消えているのがけっこうおっかないのだ。なにしろ、どこに信号機があるのか、見落としてしまうのだ。直前になって、
「おっと、ここに信号あったっけ。」
みたいな感じになる。だから、けっこうスピードが乗っていたりする。横から待っている車のヘッドライトが見えたりするのはかなり不気味だ。

 それに、混雑している交差点。ここではみんなで譲り合って通過している。しかし、小さな原チャリで「譲ってください」的な存在感は示せない。まして、「オラーどきやがれ」的な行動を取るのも命知らずだ。仕方がないので、前を走っている車の左後ろにピッタリくっついて、便乗して通過する。けっこう迷惑だろうな~。という思いを払拭することができませんね~。

 さらにおっかないのが、スピードを出して走る車である。要するに、(自分もそういう傾向を感じてアセることがあるのだが)信号がないんだからいくらでも速く走れるじゃん、と勘違いしているバカがいるんですよ。こういうのにかかったらひとたまりもないであろう。
昨日も今日も、「幸運にも無事に」帰ってきた、という思いだったぞよ。
スポンサーサイト



テーマ:地震 - ジャンル:日記

【 2011/03/25 20:55 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |