FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

静岡・家族旅行二日目

一家で旅行するなんて、何年ぶり?
という思いも込めて、いろいろ楽しまなきゃ、とも思うが、特にあっちこっち行くわけでもない。
その中で、「登呂遺跡」は歴史好きには外せないでしょう。昔(俺らが小学生の頃)は、考古学の最前線は巨大弥生式集落のあと、ということで登呂遺跡だったじゃないか。かつての少年達が古代のロマンへの思いを馳せた登呂遺跡を訪れるなんて、感慨深いものがある。
SBCA0348s.jpg
その後、(どの後?)再調査とか再考証とかをして、いろいろ修正や拡大や整備をしたらしい。平成になってから。

これは、神殿の跡らしい。我々が小学校の頃には発見されていなかったそうな。
SBCA0349s.jpg

今回は犬を連れて行った。宿には泊まれないので、市内のペットホテルに預けといたんだけど、ペットホテルのヒトはかなり手を焼いたらしい。ものすごく臆病なんだって。
SBCA0351s.jpg
こうしてみるとけっこう偉そうにしているけどね。
スポンサーサイト



テーマ:旅行記 - ジャンル:日記

【 2011/02/27 22:10 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

静岡・家族旅行初日

 家族で旅行に行った。この間行った静岡へ子供を連れて行った。特に、すばらしかったのが、桜エビのかき揚げ丼である。由比の広重美術館のすぐそばの海が見えるお店。前回は知らないで入ったんだけど、けっこう評判のお店らしい。
SBCA0344s.jpg
これ、本当に夢のようにおいしいです。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【 2011/02/26 21:49 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

通院、そして再会

 三日連続で病院に行った。歳は取りたくないのう。医療費が嵩むこと嵩むこと…。

 月曜日は「睡眠時無呼吸外来」。簡易検査で「中程度」と診断され、一晩泊まって本格的な検査をしたのだが、その結果を聞きに行った。結局、ほぼ簡易検査の結果と同じ状況で、1時間に17回も無呼吸状態が生じているらしい。最も長いときで103秒すなわち1分43秒も呼吸が止まっているというのだから、なかなか怖い。朝起きたときの不快感もなかなかのものだしね。お医者さんは、単に無呼吸だけじゃなくて高血圧もあれば糖尿もある、という状態では脳の故障のリスクが高すぎる、と脅す。そんな、言われてもねぇ…。

 火曜日、いつものお医者さんに高血圧の薬をもらいに行く。前日の話をしつつ、暮れに行った人間ドックの結果を見せると、
「そんなに恐れることはないんですけどねぇ…。血糖値も、じわじわ上がってはいますけど、まだ食事と運動で何とかする段階ですね。その(無呼吸の)お医者さんはこの数値を見たわけじゃないんでしょう?ま、もう少し様子を見ましょう。」
と、ほっとするようなことを言ってくれる。でも、これはもう生活改善を真剣に考えないといけない段階かも知れない。

 水曜日、その無呼吸外来に併設された歯科に赴く(けっこう大きな総合病院なのね)。たまる仕事が雪崩を打ち、予約の時間より10分ほど遅れてようやく到着。マウスピースを作るのに型どりをしよう、というわけだ。なんだか受け口になるようにアゴを固定するようなマウスピースなんだそうな。

 で、時間を気にしつつその歯科飛び込んで、慌てて外套を脱いでいると、
「あ~!!」
というときならぬ声がする。そっちを見ると、背の低い看護師さんがこっちにすっ飛んでくる。
「センセ~!」
「えっ、誰?」
「ホニャララですよ!!」
「あ、あ~~っ!」
「この病院にかかっているんですか?どうしたんですか?」
思わずどぎまぎして口ごもる。茶髪にしてはいるが、前の前の前の学校の時に担任した生徒である。慌て者だがとても親切で面倒見のよい子だった。はは~、もともと看護師になりたいとは言っていたが、初志貫徹してここで仕事しているのか偉いなぁ、と思うまもなく(ましてや口にも出せず)、
「じゃ!」
と言ってすっ飛んで消えてしまった。相変わらずじゃのう。ま、よかろ。またあえることもあるだろう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/02/23 20:35 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

シーシェパード

何という不愉快な…。
シーシェパードという犯罪者集団の暴力行為に負けて日本の捕鯨船団が旗を巻いて帰ってくるという。いったい何なんだコイツら。人種差別が骨の髄までしみこんだ、刃物を持ったキチガイにすぎないじゃないか。それに対して、歴史的にも根っから平和主義者であるところの日本人(日本の政府もふくめて)がたいした抵抗もできないのは当然でもあるが、それで負けて帰ってくるというのも口惜しい限りだ。本当だったら自衛隊の護衛艦かなんかに頼んで、そんな連中、海の藻屑にしちまえばどれだけ心が晴れ晴れとすることか。本人たちだって文字通り鯨のエサにでもなれば本望だろうに。

だいたい、アメリカって何なんだよ、ペリーとかいって豊葦原瑞穂の国に失礼千万な方法で玄関先に土足で入り込んできたのだって、もとはといえば日本を自分のところの捕鯨基地にしたかったからじゃないか。それで、こっちが欧米のまねをして捕鯨をやり始めれば、自分のやってきたことなんか棚に上げてやれ資源枯渇だ鯨が可哀想だなんていちゃもんつけてきて、結局黄色人種が自分と同じことをやるのが気に入らない、という人種偏見がすべての源になっているのに、そういうことがおおっぴらに語られないのも歯がゆいことだ(それもそうなんだろうけど)。

しかも最近のニュースで知ったけど、シーシェパードの中に日本人が入っているんだってね。何という馬鹿な奴だろう。誰にどうそそのかされたのか知らないけど、あんな人種差別の巣窟で、自分が猿回しの猿以外の何者でもありえないということに気づかないのも哀れすぎる。

鯨がどれだけ大切な資源か、なんて、あいつらなんかより日本人の方がよっぽどよくわかっている。第一、生きとし生けるものを「資源」だなんて失礼な言葉で表現すること自体、日本人にはなじまないことじゃないのか。ああやって他人を理解しようとしない、大嘘つきで偏狭な人種差別主義者どもを世界はいつまで放っておくのか、と思うと忸怩たるものがあるな。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【 2011/02/19 23:43 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

愛に包まれて

すごいでしょ!誕生日のプレゼントだよ~!もらったんだよ~!昨日の夜遅くについに完成した、家内の力作です!
SBCA0343s.jpg
 誕生日には五日遅れたけどね。そんなことはたいした問題でも何でもない。きょう、早速着て部活に行きました。手編みのセーターって一編み一編みに愛が縫い込まれているんですよね。暖かさが違うね。

 でも、生徒たちはそれどころじゃなかったみたいで、何も言ってくれなかったです。がっくり。

テーマ:今日は何の日(記念日) - ジャンル:日記

【 2011/02/19 20:49 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

やってもうたわ~

またまた、珍しいものがヤフオクに出ていたので、落としてしまった。いずれも店頭では見たことのないものだ。しかし、かなり年季がいっている。モランソルニエの方は、なんだか箱の表面にボツボツとカビが出ていたような…。
SBCA0340s.jpg
しかも、デカールは薄紙が貼り付いちゃってて、はがそうとしたらこんなになった。さらに、機銃が欠品だ。それはジャンクパーツで何とかしよう。

一方、これは本当に珍しい(と思う)。ハルバーシュタットD.IIだって。箱はグニャグニャ、ホッチキスは錆びてるし、もうどうしようもない状態である。中身はもっととんでもなく、デカールは完璧にあの世へ逝っている。薄紙がへばりついているからはがそうとしたら、マークそのものまでがちぎれて台紙からはがれてきた。どうにもならない。しかし、もっとどうしようもないのは、下翼の部品が入ってなくて、上翼の部品が2枚入っている、ということだ。だが、文句を言うにも、誰を相手にすればいいのよ。Merlin Modelsっていったい何者?ちょっとネットで探ってみたら、本当にとんでもないキットを出している(いた?)メーカーらしい。ダメだ。仕方がないので、上翼のパーツを切ったり削ったりしてでっちあげよう。国籍マークもペガサスのがあるデショ。ん、何とかなるなる。そんなことより、こういう、たぶん滅多に製品化されそうもないプラモデルを完成させればかっこいいじゃありませんか。
SBCA0342s.jpg

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2011/02/17 23:18 】

プラモデル  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

三枚羽根はやっぱりチャーミング

 早速だが、次に仕掛けたのはレベルの古~いキット、ソッピース トリプレーン。実は、ここまで来るのにかなりしんどかったのです。胴体左右は合わないからパテ盛りして削るというのを繰り返し、主翼は主翼で、右だけ胴体ともんのすごい隙間があく。それを何年ぶりかで引っ張り出してきたプラ板で埋めたりして、とにかく手間がかかる。金型が荒れすぎ!このキットはとてもじゃないが、お子様には無理である。
SBCA0332s.jpg
【 2011/02/17 00:09 】

SopwithTriplane(完成)  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |

完成!今年3作目!

AmodelのAvro504K、完成しました。予定通り。
SBCA0334s.jpg
なんだかイギリスのオリーブドラブの機体って、ワンパターンというか、どの機種を作っても代わり映えしないので、やだな~と思っていたので、今回はスウェーデンのマーキングにしてみました。スウェーデンの国籍マークは蛇の目じゃなくて、変わってますね。しかも家紋みたいな丸に入った現代のマークと違って、迫力があります。
SBCA0335s.jpg
このマーキングの場合、主脚は車輪じゃなくてスキーだったのですが、まあ、四季を通じてスキーということもあるまい、と勝手に判断して、普通の車輪にしました。ただ、車輪の色は灰色じゃなくて黒の方がよかったかも知れません。
SBCA0337s.jpg
今回、キットの通りじゃなかった部分は、張線の他には、尾橇の周囲に4本伸ばしランナーで支柱を付け足しただけです。あとはすべて、キットの通り。何も手を加えていません。
SBCA0338s.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2011/02/16 23:54 】

Avro504K(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

完成間近、Avro504K

ちなみに、AmodelのAVRO504K/U-1のキットに入っているデカールはこんな感じで、けっこうサービスいいです。(上の方の切り抜いちゃったところは操縦席の計器板に貼るやつでした)
SBCA0331s.jpg

さて、そのAvro504、かなり完成が近づいてきました。残るはプロペラ、方向舵(実機に垂直安定板は存在しない)、両主翼下の補助バー(っていうの?要するに翼端が地面をこすらないようにするやつ)、それにマーキングぐらいです。やることはわかっているんだけどね~。すぐ取りかかれば明日には終わります。
SBCA0333s.jpg

そうそう、明日は公立入試の前期試験だ。まさかの時のために、朝6時までに学校に行って待機していなければならない。早く寝よう!

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2011/02/15 23:55 】

Avro504K(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

それでも作る…(ちっとも偉くない)

やっと張線終わりましたね。ここまで面倒な脚の張線ってないと思うヨ~。
SBCA0329s.jpg
しかも、プラン通りいかなくて切断してやり直したりしたものだから、余計な結び目とかが残ったりしてあまりきれいじゃない。いつものことだが。

 外は雪である。すでに5センチ以上積もっている。明日の朝はどうなってしまうのか。

 おお、そういえば今日は我がBirthdayである。いまさらだが、一つ年を取ってしまった。四捨五入で50歳といえる最後の歳である。
【 2011/02/14 23:21 】

Avro504K(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

B級グルメの旅

 B級グルメの旅とは、何とも変な旅であるといえる。

 今日は、「シロコロホルモン」というやつを食べに、厚木へ行こう、ということになった。さりげなく厚木とは言うが、割に遠いのではないのか、厚木って?まあいいか、行くべし行くべし。

 まずは、母親がやっている書道塾の展示会がある、というので、それを見てからにしよう。いつも家内や子供たちの演奏会に来てもらったりしているから、義理を欠くわけにはいくまい。で、この辺がかつてド田舎だった頃の名残の長屋門がある旧家でやっているというのだが…。何と、その長屋門そのもので書展をやっているとはすごい企画である。
 実際その長屋門は小さい頃から知っていたのだが、初めて入った。最近(何年か前)リフォームしていたのは見ていた気がするが、外装も内装も大変きれいである。まるで本物のギャラリーのようだ。展示してある書も妙な癖がない、質の高いものであった。芸事というのは、何事も長く続けることですね。

 で、そうこうするうちに昼になってしまう。急がないと目的地は遠いぞ。
 と思ったのだが、意外に早く到着してしまった。なんだか、半端な時間だったので、そのまま国道129を南下し、海岸線まで出てしまう。突如として海を見に茅ヶ崎まで行こう、という企画が持ち上がったわけだ。でも、海はあまり見えなかった。で、改めて内陸の厚木に戻り、下調べしてきた「シロコロホルモン」を出すお店を探すが、休んでいたりナビの示す場所に存在しなかったりして、なかなか見つからない。17:00になってようやく一軒見つけた。普通の(というよりかなりくたびれた)焼き肉屋さんであった。
 「シロコロホルモン」おいしかったです。輪切りにしただけの腸の部分ということですが、外側をカリカリにしても内側に肉汁が残り、うまく焼いたときにはそのマッチングがとてもよい。しかし、間違って大ライスを頼んでしまったものだから、もてあまして大変であった。米の飯を「残す」というのはどうしてもできないよ。

 その後、町田のコストコに寄って、20:30、帰ってきました。今回はケータイを持って行くのを忘れたので、写真はありません。残念なことです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/02/13 23:30 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

翻弄されるAvro504K

 なかなか手をつけられなかったが、何日かぶりでいじり始めた。取り敢えず翼間張線はほぼ終わり、主脚と尾橇を組み始める。主翼に残っている張線は主脚に関係するために長めに残してある分です。
SBCA0327s.jpg
このあとさらに主脚のあたりに橇を組めば組み立てはほぼ終了になります。それにしても、なんだかそのまんまというか、この飛行機の設計者は、デザインよりも何よりも、ちゃんと飛ぶことしか考えなかったようで、まるで模型飛行機みたいに素っ気ない格好の飛行機です。(って当たり前か。何しろこの頃は飛ぶかどうかが重要課題で、実際に「飛ばない飛行機」という物体もけっこう作られてしまっていた頃だからね。)

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2011/02/11 22:41 】

Avro504K(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

早春賦・睡眠時無呼吸

春は名のみの風の寒さや。
今日も昨日も雪の空。
SBCA0326s.jpg
しかも降り始めたのは朝の8時20分頃というのに9時にはすでに時ならぬ雪景色だ。関東平野では珍しい現象とも言える。
 きのう申し出てきた「志願先変更」の生徒はこの雪の中手続きのためにあちこち歩くのか、と思うとなんだかついてないのう。

 ところで、ここ何年も鼾がひどい、うるさくて眠れない、途中で息が止まることもある、と家内が言うので、最近ついに「睡眠時無呼吸外来」という病院へ行った。簡易検査の機械を貸してもらって一晩様子を見た結果、中程度の睡眠時無呼吸症候群と診断された。そして明日、詳しい検査をするために一晩入院することになった。脳波とか心電図とか、いろんな機器をつけたまま寝るのだそうだ。まあ、どんなところでも眠れる、というのが特技だからそういうのは大して心配していないのだが、高血圧はあるし、脂肪肝だし、高脂血症だし、腹回りは87センチもあるし、ついこの間の人間ドックではついに「糖尿病」と診断されてしまった。これだけいろいろ問題だらけなのに、さらにこの事態。私の健康は、人生は、いったいどうなるのか。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/02/09 21:18 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

志願先変更

 ついに県公立高校の出願が始まり、今日の14:00、最終倍率が県教委のHPにアップされた。その速報を帰りの会の時にクラスで発表し、
「ウチのクラスだけで(22人受けるうちの)10人ぐらい落ちるかも知れないぞ!」
と脅したところ(というより本当にそういう現実なのだ)、生徒たちはかなり真剣に受け止めていたようだった。実際思った以上に倍率が高い。だいたいからして、いつだって倍率割れしている工業高校や定時制なんかまで軒並みちゃんと倍率が出ているとか、まさに驚きの数字が並んでいる。みんなして、
「先生、1.4倍ってやばいですか?」
「先生、60人落ちるって、やばくないですか?」
と、口々に聞いてくる。何という度胸のなさ。そういう倍率が出るなんて、最初っからわかってたんじゃないのかい!そんなのやばいに決まってるだろ、三者面談の時から無茶は無茶だって言ってるのを、
「塾の先生は大丈夫だって言ってました!」
とか偉そうに言って、人の言うことも聞かずに出願を強行したのはどこのどいつじゃい!とは言いたいけれども口には出さず、
「やばいって、どういう基準の話なんだ?意味わからないぞ。要するに点数を取ればいいだけの話だ。基本的に志願先変更は勧めないからな!」
と言い捨てて突き放す。
「今日から死のう(死ぬほど勉強しよう、の意か)…」
とか言いながら三々五々帰っていく生徒。だが中には、
「倍率2倍って2人だけ落っこちるってことだと思っていた」
なんて言ってるヘキサゴンな女子なんかまでいるのだ。
縁なき衆生は度し難し!とはまさにこのこと。もう俺知らんわ!
 そして、帰りの会が終わったと思ったら、事務員さんが来て
「petchuu先生、ホニャララさんのお母さんが、至急三者面談をしたいということで、相談室でお待ちですが…。」
と、ビックリ仰天の報告をしてきた。ようするに、ネットを見て慌てて志願先変更をしよう、というんだな。本当にヘタレな…。でもまあいいでしょ。その方が望みあるし。と帰りかけていたその生徒を探し出し、いろいろ手続きの方法を説明して帰す。そうこうするうちに下校放送が流れ出す。部活の連中も解散してしまった。なんということ!定期演奏会でやる曲の楽譜を放課後に渡そうとして、空き時間に用意しておいたのに…。
 本当に、悪夢のように物事が思ったように進まない。毎日こんなんばっかりじゃ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/02/08 23:13 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

謎のB級グルメ

 何週間ぶりだろうか、休日なんて。ほっとするひとときだ。そこで、今日はまず、ベッドで昼近くまでグタグタする。起き出してから早速出発する。目的は鴻巣の川幅うどんを食べに行くこと。東松山から鴻巣へ向かう県道の途中に、やたらでかい河川敷があって(荒川)、そこは河川敷とは名ばかりで田んぼや畑が続き、集落もあるというすごい広大な敷地になっているのだが、その堤防のところに「川幅日本一」という標識(というか看板)が立っているのは知っていたが、最近はその川幅をネタにしてか、鴻巣市では「川幅うどん」というやたらに幅広い麺のうどんで街おこしをしているという。で、お昼ご飯はそれにしようと、自動車で進む。ナビに順って進むと、鴻巣市内のすごく狭い路地の中に突入し、おっかなびっくり行けば、最近新築したという感じのうどん屋さんがあって、そこで”こうのす川幅うどん”というのを注文する。
SBCA0324s.jpg
まるでラビオリだのう。とてもおいしく暖まる。腹にたまるぞよ。

 次に、さらに北上し、行田を目指す。腹一杯なので、途中のニトリとかカインズモールとかで時間をつぶして(というより用事を済ませて)腹ごなしをし、いよいよ謎のB級グルメ「フライ」「ゼリーフライ」を探す。だが、なんだかお店がうまく見つからない。最初に行ったところは、狭い路地の中に一応駐車場なんかを完備したお店なのだが、みょうに薄暗いし満員で、パス。次に行ったところはバス通りに面したお肉屋さんで、自動車を止めておけない。買ってきて車の中で食べよう、ということで売り場の方に行ってみると、「外出中」という札が出ていて、開いてない。何というのんびりな…。
 じゃあ、「さきたま古墳群」の方に行ってみようか、その辺なら最近密かにブレイクしているB級グルメのことだし、食べるところもあるだろう、と車を進める。すると思った通り、「ゼリーフライ」「フライ」を提供しているお店が3軒あって、そこでいろいろ食べてみた。「ゼリーフライ」の正体は、衣無しのおからのコロッケってところかな。「フライ」の正体は、卵だけしか入ってないお好み焼き…?何でこういうネーミングになったのか、諸説はあってそれはそれだが、不思議なことである。味そのものは、まあそんなモンかな、って感じだが、特に「ゼリーフライ」はなかなかヘルシーで面白そうだ。レシピもネットにあることだし、ウチでも作ってみよう、なんていいながら食べた。

 食べ終わって、お店から外に出ると、近くの庭で梅が咲いている。もうそんな季節なのか~。こんなに寒かったのに、時期が来ればちゃんと咲くもんなんだな~とちょっと思う。
SBCA0325s.jpg
 写真を撮ったが、逆光だし、どうもうまくいかなかった。それから、電気屋さんとか業務スーパーとかケータイのショップとかに寄って、19:00に帰ってきた。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/02/06 23:47 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

意外な苦戦、張線張り

何日もかかって、ま~だ張線が終わらない。
SBCA0323s.jpg
何しろ数が多くて、面倒くさいんだもんね。しかもこの機体は脚の張線が半端じゃない。困ったもんだ。いつになったら完成するのか。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2011/02/04 23:48 】

Avro504K(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

卒業までのカウントダウン

 地味に中学3年生の担任なのである、この私は。相変わらずの昼行灯でもある。
今日も今日とて進路関係のクラス指導。いよいよ公立高校の願書を完成させる、という重大イベントなのだが、生徒のテンションは上がらない。
「センセ~、そんなのいいじゃねえか~。レクにしようぜ、レクに!」
と、かったるいオーラを振りまきまくっている30人もの連中相手に、
「黙らんかい!」
と叫ぶのもけっこうエネルギーがいる。

で、公立の願書の清書して保護者の印鑑を押したヤツを事前に預かっているわけだが、今日はそれをいったん生徒に戻し、その場で¥2200の「収入証紙」を貼らせる。できあがったヤツをてんでに教卓に持ってくるのを受け取り、最後に最終チェックのつもりでよくよく見てみると、アチャ~!どうして!!もともと定時制高校に行く人が自分の勤め先を記入する欄があるのだが、そこに保護者の職場の住所名称を書き込んでる大馬鹿野郎が2人もいやがった。そいつら(やっぱりコイツらかい)に
「絶対明日までに書き直してこい!
と指示を出し、今日の6時間目はやっと終わった。
 一方、女子連中は勝手に作業をしている。よそのクラスが「卒業まであと何日」という日めくりカレンダーを学活の時間に作ったのだが、こっちはそんなの興味なくてそのままにしていたら、自主的に作り始めちゃったのである。ウチのクラスの女子はそういうのだけは一生懸命やるんだな~。こっちがボーッとしているうちにてきぱきと工程は進み、おとといぐらいからは
「センセー、紙ください。15枚。」
「センセー、綴じ紐ください。」
と、どんどん要求してくる。で、勝手に完成させて、落成式なんかやってる。よくわからんな~このヒトたちの生態。
 で、完成品がこれだ。けっこうよくできている。
SBCA0322s.jpg
早速明日からめくり始めるのか?と思ったら、
「きりのいいところで25枚で作ったから、今度の火曜日から使うんですよ。」
なんて言ってる。つまりあと3日はこのままなのね。なんか可笑しいのう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/02/03 22:43 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

順調!に増え続けるストック

 このところの完成ラッシュ(といっても多寡が知れているはずなのだが)に気をよくし、オークションで絶版品を落札してしまった。別にヴィンテージだからって有り難がる気はさらさらないので、「普通郵便」で送ってもらった。来たのを見れば、一応シュリンク(っていうの?)未開封とはいえ箱はつぶれていて、古びた様子。でも別に気にしない。作るために買ったんだからね。
SBCA0320s.jpg

 全然惜しげもなくそのシュリンク(っていうの?要するに表面のビニール)を破り捨て、中身をバラ~っと引きずり出す。だからなんだって言うの。中身を見られなければ買った意味ないでしょ?第一、開封しなければ作れないじゃん。
SBCA0321s.jpg
 で、なかなかレベルの高いキットだと思う。胴体の左右をくっつけると、後部座席の機銃のターレットが丸く薄く姿を現す。こりゃ期待できるわ。古いキットだというのにローデンとかよりよほどすばらしい。Aモデルなんかに至っては、細い支柱の部品なんかパーティングラインを削っただけで太さがもとの1/3ぐらいになっちゃうモンね。エアフィックス、さすが。ただ、デカールはやばい。白いところは黄ばんでいる。ひょっとして死んでるかも知れない。まあ、使ってみるけどね。何とかなるでショ。

 それにしても増えるストック。増えない完成品。とにかく今年は古くから持ってるキットから順に手をつけよう、と発願した。あんまり何年も放ったらかしにしておいてデカールとかが駄目になっちゃうのもイヤだしね。だが、どうやら一番長くそのままになっているアイテムは「Gotha G.III(Roden)」らしいのだ。今年最強のトピックは「ゴータとの格闘」になるかも知れない予感である。ヤッベ~~。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2011/02/02 20:49 】

プラモデル  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |