FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

かわいそうなプラモデル

 我が家の歳末の年中行事であるところの大掃除が現在進行中である。今日は先月末の日曜日に行われた合唱祭の代休のため仕事は休みなので、時ならぬ4連休の3日目だ。

 さて、その家庭において毎年勃発する問題、それは
「オトーサンの荷物って多すぎるよね
というごうごうたる非難である。仕方がないよね、結婚するより前からの趣味であるところのプラモデルにしてもNゲージにしても、道具も資料も完成品も仕掛品も、一切合切持ってきてしまえば、家のありとあらゆる場所に収納せざるを得ない。最初のうちはそれでもよかったのだが、結婚して四半世紀も過ぎてみれば、ものは少しずつ増えてきておいそれとは減量するわけにもいかず、子供の持ち物だってどんどん増えてくる。以前は
「捨てるぞ!」
と叫んで(模型関係を除いて)何でもかんでもゴソッと思い切って捨てたりしたものであったのだが、せっかく家のために努力したのにそれが逆に
「オトーサンは人のものなら何でも捨てるくせに自分のものは絶対に減らさないんじゃない
というあらぬ非難となって、それがどんどん嵩じてくるのだからたまらないじゃないか。家が狭いんだからしょうがないんだぞよ!

だが、もう仕方がない。少しは減量していかなければならないであろう。というわけでその第一弾として、これまでため込んだプラモデルの中からずーっと作らない奴とか、買ったはいいもののとても難しくて作れそうもないものとかをまとめて10個ほど、練馬にある中古模型屋さんへ売りに行くことにした。で、国道254号を南下して、無事到着。すると、店長が、
「中の袋を開けちゃった奴はお引き取りできないんですが…」
とやな予感のすることをおっしゃる。でも結局、10個中8個は引き取ってくれました。総額1020円なり。ま、ブックオフのプラモデル版だな。こんなモンでしょ。
 で、引き取ってもらえなかった模型は以下の通り。

その1:ラボーチキンLa-7(KPモデル)
SBCA0239s.jpg
このメーカーのキットはデカールが弱いらしい。実際、このキットのデカールも完全に死んでいる。
SBCA0240s.jpg

その2:アルクエンシェル?(フランス語読めません)(エレール1/75)
SBCA0241s.jpg
やっぱりデカールは死んじゃっているが、これはけっこう珍しそうなアイテムなのではないのか?
SBCA0242s.jpg
 それにしても、これら2点のプラモデル、可哀想というか、可哀想すぎる!結婚するより前だから、もはや30年近くいじられることも、まして作られることもなく放置され、挙げ句の果てに中古模型屋さんにまで引き取りを拒否されるとは…。
 ということで、これはワタシが作ることにしました。ものには魂が宿る。
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2010/11/22 19:41 】

プラモデル  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

基地外になりそうになる音楽

 この頃のお昼の校内放送で、大音量で教室に流され、人の気持ちをイライラさせる音楽がある。
そう、「初音ミク」で作られた歌なのだが…。

 「初音ミク」っていうコンピューターソフトを最初知ったときには、かなり面白いツールだと思った。YOUTUBEなんかでいろいろ見つけて喜んだりしたものだったのだが、こんなのは際物で、デモテープとか個人の作曲支援とかに使われるものだと思っていた。まさかそういうのをそのまんま「売り物」にしちゃおうという恥知らずな人間がいるとはね~。
 おかげで、俺は毎日この、気が狂いそうな音響の洪水の中で昼メシを食っているというわけだ。こんな機械的な音波が、いったい音楽として存在してもいいものなのだろうか、という思いを日に日に強く感じつつ。

 手塚治虫の著書によると、昔、鉄腕アトムが「残酷なコミック(あるいはアニメ)」である、としてアメリカで排斥運動みたいなことが起こったそうだ。いったいどこが、とも思うが、要するに、まるで人間そのもののように考え、話し、行動する主人公が、ばらばらにぶっ壊されたり首チョンパされたりする場面が衝撃的だ、というわけなんだな。今、初音ミクの歌う歌を聴きながらその話を思い出している。あるアニメ声優の声をサンプリングしたという初音ミクの歌は、まるでバラバラ死体をベタベタとつなぎ合わせて作ったような音の集合体だ。言ってみれば、音楽のスプラッターだな。血みどろの音楽の残骸だ。俺は絶対認めんぞ!

テーマ:初音ミク - ジャンル:音楽

【 2010/11/19 22:30 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

腰痛その2

 そういうわけで、今日は午前中仕事を休み、整形外科のお医者さんへ。月曜日なので、お年寄りの方々が大勢来院しているから、けっこう時間かかるであろう、と想像していたら、意外に早く番が回ってきてびっくり。まずは触診。それからレントゲン。で、もう一度診断となった。その結果、なんだか「腰椎分離症」というのがあるらしい。

なにそれ?!

なんでも小中学生のうちに発症する疲労骨折の一種らしい、ということはわかった。そういう人は腰痛になりやすいんだそうだ。そういえば30代の頃はいつでも腰が痛かったし、あるときには子供を抱え上げようとしてぎっくり腰になり、全く動けなくなったこともあったっけ。
 んで結局、飲み薬(いつもの痛み止め)と湿布薬(いつもの)をもらって帰ってきた。
 それから学校へ行くと、
「先生はまた、こんなに遅刻して!!!」
とクラスの中で文句を言うやつがいる。それが毎回言うやつが違うんだからね。おまえらと先生様では身分が違うだろが!ということがわかってない集団なのだ。本当に、何度言ってもわからない身の程知らずな連中である。時代なのかね~。親の教育が問題なんだな。粘り強く文句を言っていくしかない。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/11/15 21:25 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

突然の腰痛に悶絶

 朝、浄化槽の通風用?モーターを取り替えた。10日近く前にこれまで使っていたやつがイカれて、悪臭が漂うなどの影響が出始めていて、困ったことになっていたのだ。なんだか、どこかの部品を取り替えれば使えるらしいのだが、今回はワケがわからないので取り敢えず新しいモーターを用意してもらっておいたのだが…。

 取り替えそのものは大して難しいことではない。すぐ終わった。ところが、その時どうも腰のどこかを痛めたらしい。何しろでかい鉄製のモーターだからね。けっこう重い。仕事が終わってすぐ、アメ横へ行くことになっていて、マどうにかなるでショ的な軽いノリで出発してしまったのだが、上野広小路の地下駐車場で車を降りたときには状況は最悪で、まともに歩けないほど痛い。とにかく腰を曲げ、痛いところを手で押さえてゆっくり歩く。こりゃツライ。まるで年寄りだ(現実に年寄りではあるが)。で、とにかく目的のネクタイ(緑系中心に)を買い、家内も目的の紅茶(けっこうおいしくて安い)を買って、這々の体で車に戻り、帰宅した。東京に行ったのに帰ってきたのが13時とは、けっこう画期的だ。せっかくの休みというのになんということ…。明日は仕事を休んで整形外科に行った方がいいかも。

 夜、お風呂に入ったらかなり改善しました。明日治ってるといいです。(期待できないけど)
続きを読む ⇒

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/11/14 23:55 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

膝痛について

 この頃、膝痛がかなり改善されてきた。思えば5年ほど前から、それまでは階段を一段抜かしで上っていたのが痛くてできにくくなりはじめ、左足を手術した去年の初夏のあたりが最悪だった。その頃は階段を上がるのに、必ず手すりにつかまり、右膝をできるだけ曲げないようにして一段ずつそおっと体をズリあげるようにしなければならなかった。一度なんか、吹奏楽の演奏で舞台に上がって、指揮台に上ろうとした瞬間に激痛が走り、転けそうになった、なんてこともあった(それは今年の1月だ)。本当に、希望が持てない時期だったな。
 ところが、今年の夏前からダイエットに付随して右足ケンケンで階段を下りるようにしたところ、かなり劇的に改善されてきたのだ、膝痛が。予想外のうれしい出来事である。もうワタシはジジイになってしまって、足はもうダメかと思っていたのに。今日は久しぶりに、試しに手すりをつかまずに一段飛ばしで階段を上ってみたところ、よろけないでできたぞよ!途中から少し痛くなってきたけど。でもまあ、かなりの改善ではある。30代にできたコサック屈伸までは無理にしても、もうちょっと改善できればこんなうれしいことはないであろう。もっと鍛えよう。

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

【 2010/11/05 21:16 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |