FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

もうだめかも

 かんぺきテンパってる。合唱祭は何もかも進まずに刻一刻と迫ってくる。その2週間後のアンサンブルコンテストはまだ出口の見えないトンネルだ。担任の病休で2学期からいきなり持たされた3年のクラスは荒くれていて、常に一触即発の火薬庫のようだ。職員室の俺の机の上はあらゆるものが散らかって崩れ、それを片付けるヒマもなければ気力も湧かない。当然、焦げ付いた仕事がどこかに隠れているかも知れないし、それが怖くて何も手につかない。第一、人間ドックの期限が12月いっぱいなのにまだ予約も取れてない。どうなるんだ???そこに持ってきて脳味噌がすっからかんの教育実習生!もうヤダ。

 今朝、学校について、職員室でなにやらかにやらやってたら、向こうの方から3年生のクラス合唱が美しく聞こえてきた。それを聴いていたら、なぜだか無性に、この場から逃げ出したくなった。今日はさっさと家に帰ろう。

 そう思ったのに、学校を出たのは9時半近くだった。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/10/28 23:33 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

HPはどうなる?!

 昨日、突然気がついた!

いつもの自分のホームページをなにげに見ていたところ、何日か前から、いつもと違うバナーが、普段広告の出てるところに出てるな~、とは思っていたのだが、それが何と!

「infowebの無料HPのサービスを今月いっぱいで廃止します」

というお知らせのバナーだったのだ。

ナニ~~~??そんなバカな……  …まさに青天の霹靂。 …ということは、つまり、今月中に自分のHPのコンテンツをすべてどこか他に引っ越さなければならない。さあ大変、である。何しろ、まるまる5年間も運営してきたHP。コンテンツの内容も写真とかの管理も、けっこういろいろあって、バカにならないのだ。それに期限が今月いっぱいだってぇぇぇ??無理だよそんなの。

 何しろ、こういうバーチャル空間とは関係なく、実生活の方は今やパンク寸前のやばい状況。ありとあらゆるものごとが、俺の処理や決済や監督を待って見渡す限りうごめいているのだ。もはやどうすることもできない。

 とにかく何とかしなきゃ、ということで急遽fc2の無料ホームページのアドレスは取ったのだが、こっちはこっちでファイル管理など、どうやってやるのかよく理解できない。ひょっとするとホームページビルダーみたいなソフトで全面的に作り替えなければならないのかも知れない。今、そんな時間ないっての!
 そんなわけで、わがホームページ、「偉大なるPetchuunenに聞きなさい」および、「ヘタクシズムの嵐」は今や風前の灯火である。取り敢えず一旦は消えてしまう運命は免れそうにないのだ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/10/21 23:24 】

プラモデル  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ローラントD.VIbその7

昨日、帰ってくるときに職場にケータイを置き忘れて写真が撮れなかったのである。
で、昨日のローラントは張線を張り始め、ここまで進んだ。なんだかもにゃもにゃして新種の海老みたいな印象だ。
SBCA0226s.jpg


今日も、家に帰ってきて、翼間張線を張る作業を続ける。
SBCA0227s.jpg
一応、できました。相変わらずの貫通方式だが、今回はローレンジ迷彩のデカールをさらに上に貼るので、貫通した部分の表面処理もけっこう適当でごまかせるであろう。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2010/10/20 22:02 】

RolandDVIb(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ヘタレな教育実習生

 昨日から教育実習生が来ている。音楽大学の4年生。音楽大学って、なんだか時間の流れがおっとりしてるんだよな~。ワタシが教育実習をしたときには、教室のあまりのやかましさに、最初の何日かは頭が痛くなったほどである。やたら大勢の生徒の発する非音楽的な大声とか、クラスが一斉に椅子を引いて起立するときの大音量の物音とかね。そういうのが、美しくも音楽的な音しか聞いてない耳には絶望的なほどの騒音なのだ。教育現場は慣れないうちは大変である。
 ま、それは置いといて。

 以前何かに書いたような気がするが、教師の職業病の一つに、「やたら早飯」というのがある。学校の給食の時間って、準備と片付けを取っ払った純然たる食事時間はわずか20分。それも、男子生徒なんかはさっさと食い終わっちゃって時間をもてあまし、外へ飛び出しそうになるのを押さえるのもけっこう大変なのだが、教師はそれよりももっと早く食い終わる。というより、ほぼ真っ先に食い終わるのが普通かも知れない。たいてい5分以内、というのが標準であろう。(フカシ無しだよ。)だって、そうしないと野郎どもが何するかわからないんだもの。
 で、昨日の給食の時間は、いつものようにサッサと食って片付けて、いつものように生徒が食ったり片付けたりするのを監視して、最後に当番が食缶とかを仕舞いはじめた頃になって、ふと見ると、欠席者の席で生徒と一緒にさせていた実習生がま~だ食ってやがる!!しかも、ま~だ半分もお食事が終わってない!!いつもは一番遅い女子でさえ食い終わって片付け終わっちゃってるのに!!

しまったわ~。最初に実習の心得を話したときに、
「給食は早く食え!」
っていうのを忘れてた!


 結局彼女は半分も食べられないで食事終了。なんだかそののんびりさ加減に思わず笑ってしまった。本当に、職業病だよな~。絶対あとあと何かの生活習慣病になるに決まってるから!教師なんてヤダヤダ。

で、今日も遅いのかな~と思って、(生徒共々)冷やかし半分に見ていたら、けっこう早く(といってもほとんどブービー賞だが)食べ終わっていた。多少は努力してるのね。感心感心。である。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/10/19 22:17 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ローラントD.VIbその6

 1日にほんの少しでも、毎日作業を進めるのがこういう趣味のコツでもある。だいたいうまくいってるときは、そういう流れというか、生活のリズムができるものだ。仕事が忙しすぎてとか、ヒマがない、などの理由(というかいいわけ)によってそれが崩れてしまうと、今度はどんどん煮詰まっていって、本業のおシゴトの方まで傾いていく。そして、さらに追い詰められてしまって、どんどん模型なんか作ってるヒマがなくなっていくのだ。
 昔、代議士の故渡辺美智夫氏がラジコン飛行機が趣味で、国会がメチャクチャ大変なときに限ってこっちの趣味がやりたくなってくる、みたいなことをいっていたのをテレビで見て、誰でも同じなのね~、と納得した覚えがある。

 というわけで、今日は8時半頃帰宅したが、それから少し手をつけた。昨日は胴体支柱で棟上げをしたので、今日は翼間支柱を組もう、と思っていたのだが…。いったいこの写真は何?
SBCA0223s.jpg
 まあ、いかにもPetchuunen的なのであるが、要するに支柱の部品が現物あわせをしないとどうにもならないようなヘタレなモールドで、やってるうちに4本のうち1本だけ短過ぎちゃったのである。しかたなく、伸ばしランナーでどうにかしようと、悪戦苦闘した結果がこのお馬鹿な写真である。結局、伸ばしランナーでは十分な太さが出ず、1.5ミリのプラ丸棒から支柱の部品を削り出す、という自分的には「離れ業」で1本だけでっち上げてしのぎました。

 結局、今日はここまでやりましたが、胴体から上にVの字に伸びている張線はもっと操縦席の方から生えているのが正しかったようです。
SBCA0225s.jpg
相も変わらずいい加減なモデリングではあります。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2010/10/18 23:50 】

RolandDVIb(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ローラントD.VIbその5

前回の記事が8月20日。つまり2ヶ月も放っておかれたということであります。(その前は半年放ったらかし。)急ぐ旅ではないとはいえ、ずいぶんのんびりではある。ま、ともかく、おととい、きのうと、ここ二日ほど作業を再開し、ついに上翼の棟上げにまでこぎ着けました。
SBCA0222s.jpg
どうもこのキットは飛行機の全体像が見えてこない、変な感じのキットで、モチベーションが上がりませんでしたが、ここからはサクサク進むかも知れません。

 しかし、とにかく実生活では問題山積。仕事の上ではやることなすこと後手後手に回り、にっちもさっちもいかない有様、ついに金曜日は仕事を休んで1日床に伏し、土曜日は職場には行ったけれども半日で帰宅。そこに持ってきて昨日は2人のわが子について、きわめて重大な事態が判明し(あまりにも重大でここには書けない:生死には関わらないが)もはや精神的に無理。今日も昼過ぎまで前後もわからず爆睡し、飯を食って一休みしたらまたまた暗くなるまで爆睡。体力の限界である。明日からの2週間が天王山なのだが、いったい俺の体、持つのだろうか。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2010/10/17 20:12 】

RolandDVIb(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

今年のキンモクセイ

キンモクセイが花盛りだ。といっても、一昨日あたりには満開になったかな。今年はまあ、ずいぶん猛烈に咲いている。この夏の猛暑も関係しているのかも知れない。

というわけで、花が落ちちゃう前に写真を撮っておいた。(ケータイで)
SBCA0214s.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/10/10 20:31 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

落葉松の秋の雨~体じゅう濡れたぞよ

 落葉松の黄葉はま~だ早いのはわかっていたがどうしようもない。長男が、小林秀雄の「落葉松」を歌わなければならなくなって困っていたので、しかも本番(試演会)が迫っているらしいというので、見に行こう、ということになった。13時に急遽出発して、上信越道を佐久へ向かう。最終目的地は川上村かね~。と、その辺のそば屋さんをナビの目的地に設定して行ったのだ。

 折からのぐずついた天気。昼間だというのに埼玉県も群馬県も暗い。途中のSAで何か食べようと思ったら、3連休の初日とあって、昼もとっくに回っているというのにごった返している。やむを得ず「鯖寿司」を買って車の中で食べようと思ったら、すごい鯖の生臭さが充満してとてもじゃないが無理。腹も減るし気分も沈みがちである。国境の長いトンネルを抜けて信州に入ってもやっぱり暗い。国道141号を南下し、途中から南相木村に向かう脇道に入る。どんどん寂れていく。目的の落葉松は至る所に植林されていて、山ひとつ落葉松、なんてのもそこら中にあるが、やっぱり黄葉にはほど遠い有様。右も左も山また山、こんなところに蕎麦屋なんかあるのかいね~。と不安に思いつつ10キロも進んだあたりだろうか、15時53分。突然その落葉松林のど真ん中に、目的の蕎麦屋さんが出現した。
SBCA0209s.jpg
もしかしてもうオーダーストップになってる?と心配になったが、幸い大丈夫だ、とのこと。よかったわ~、まさにオアシス。長男も家内も(もちろんワタシも)腹減ってたし。いつものように天せいろを頼む。かなり上質な蕎麦と天ぷらで満足する。落葉松の黄葉の見頃を聞くと、今月の20日過ぎ、11月アタマになると終わってしまう、とのことである。だいたいからして他の木の紅葉も今年はやたらに遅れているとのことだ。暑かったからね~。蕎麦屋のご主人も、
「この辺でも30度を超えた日が1日ありました。」
なんてうらやましいことを言っている。こっちは2ヶ月というものスゲーうだってたのに。
「でも、冬は厳しいですよ~氷点下18度とか20度になることもあるし。濡れたタオルを振り回したら凍って棒になる、っていうのできますよ。」
やってみたいじゃないか。でもそれじゃとてものことに、ここで暮らすことはウチじゃ無理だな。

 さて、その蕎麦屋さんが言うには、そのまま道を上っていくと南相木ダムというのがあって、周辺でとれた大理石でそのダムの表面を覆ってあって一見の価値あるし、標高も1500メートルでこの地点よりは紅葉が進んでいるかかもしれない。というので、行って見ることにした。といってもすでに16時30分。日暮れまであと1時間もないであろう。しかも最前より雨は本降りになって、文字通り「落葉松の秋の雨」である。(本当は歌詞の意味と違うけどね)
 そんな雨の中、最早薄暗くなりかけたダムに到着した。
SBCA0211s.jpg
 家内が、この景色がイメージと違う、という。なんと、大理石が敷き詰められている、というのを、ぴかぴかに磨き上げられた大理石で表面が鏡のようにツルツルになっているダムを想像していた、というのだ。そんなのあるわけないじゃん!(でも、面白いかもね)

ダムの裏側はこんな感じ。晴れていれば美しい光景が広がっているのであろう。結局、落葉松の黄葉が見頃の時を狙って、また来ることにした。
SBCA0213s.jpg

それから一生懸命走って、20時過ぎに帰ってきた。

テーマ:旅行、旅、ドライブ - ジャンル:旅行

【 2010/10/09 23:25 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

あり得ない伴奏者

 やれやれ。困ったもんだ。2年のあるクラスの伴奏者。音楽祭はもう今月の31日だというのに、全然できあがってない。だいたいからして、8月中に設定したレッスン(ワタシは親切だから合唱祭の伴奏者は夏休み中に1~2回レッスンをすることにしているのだ)をすっぽかしてこのワタシに待ちぼうけを食わせやがった。さらに、2学期に入ってから、欠席が多いという。9月10日頃、心配になって、
「大丈夫なんかいなあ」
ともらしたら、それが人づてに伝わって、母親が文句の電話をよこしやがった。自分の娘が伴奏者を降ろされる、と勘違いしたらしい。別にこっちはそんなつもりで言った訳じゃないのに。だがその後も、音楽の時間にしょっちゅう休む。実際のところ弾けてるかどうか、さっぱりわからない。とうとう今月になってしまった。まずいじゃないか。友達によると、家では弾けてるんだけどみんなの前ではダメ、なんて言ってるらしい。それじゃあ、実地体験あるのみだよなあ、と思っていたのだ。
 というわけで、おととい授業があって、そのときに出席してたので、熱がある、なんて言っているのを、
「まあ弾いてみろ、そのあとで早退してもいいから。」
といって弾かせてみたら、4小節もまともに弾けない。やばすぎるわ~~~
しかも、
「合唱が一緒に歌うと、それが気になってちゃんと弾けないから、耳栓をして練習して、本番も耳栓をして弾きたい。」
なんて言ってやがる。前代未聞
人類文明の結晶であるところの音楽に対する、これは冒涜にほかならないでしょう!ここは本来だったら怒鳴りつけるところなのだが、あんまり驚いたせいで無反応になっちまったよ!かろうじて
「そんなの絶対ダメ!」
とは言ったものの、これはもはやコイツをあきらめるしかない、と臍を固める。気持ちの面で不可能でしょ、そんなこと言ってるようじゃ。で、ともかく周りの生徒(どうなるんだ、と心配してる連中)には
「まあ、熱があるらしいからな、ボーッとしちまって弾けなかったんだろ。」
とごまかしてそいつを帰らせたのだが、熱とかと関係ないわな、この有様は。

 で、今日の1時間目が音楽の授業であるが…。何と、音楽室には顔も見せず、熱があって保健室に行った、と生徒が報告してきた。どこまで本当なんだかわからん。こりゃもしかして仮病かな?授業を済ませて職員室に戻ってみると、保健の先生が、
「脇の下にカイロを挟み込んで熱を上げてました。」
やっぱりね~。しかも、この季節にカイロだなんて、ずいぶん用意周到じゃないか。

 放課後、そのクラスの担任に、
「この3連休で弾けるようになるか、それなりの進歩がなかったら、もう彼女はあきらめるしかないですよ。」
と、実情を話す。担任としても頭の痛いところだ。
「じゃ、どうするんですか?他に弾ける人いませんよ。」
「アカペラですね。」
「そんなの無理ですよ~何か方法はないですかね~」
「…。」
「P(課題曲の伴奏者:あんまりお上手じゃない)でも弾けるような曲とか…。」
「ないよ~そんなの」
結局担任が家庭訪問をすることになった。約束の時間まであと30分あるな~と思ったら担任が突然、
「ねえ、今やってる曲を簡単にするなんてこと、できないですかね。」
と、ナイスなアイディアを持ちかけてきた。つまりピアノの伴奏部分から省ける音を省いちゃって下手な子でも弾けるようにしちゃおうというわけだ。多少迫力は欠けるようにはなるけど伴奏だからね。主役は合唱だから、それほど影響があるわけではない。
「じゃ、待っててください、今すぐ作りますから!」
「え、でも…」
と、遠慮するのを遮って、
「今日行くときに持って行かないと間に合いませんよ。」
「ああ、それもそうか…。」
というわけで、18時15分、急遽作業を始める。楽譜を拡大コピーして、赤鉛筆で×をつけまくる。あとは合唱の技術でカバーするしかない、一部は原形をとどめない、というところまで思いっきりいろいろ音をカットして、18時25分、完成。やるね、俺。

 というわけで、渾身の力作の楽譜?を手に、担任はそいつの家に家庭訪問に出かけていったが、さて、どうなるか。あんまり、というか、ほとんど期待はできないのだが…?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/10/08 20:28 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

特別の日。

 今日は特別の日である。

結婚記念日。

しかも!!!

銀婚式なのである!!!

すごいと思わないかい?それなのに、我が家は現在内憂外患の真っ只中にある。全くねぇ。

でもまず。取り敢えず次の目標は、

目指せ金婚式!!である。

そういえば、つぼみだったはずのキンモクセイはもう咲いている。準備も行動もすごい早さである、木のくせに。

テーマ:今日は何の日(誕生日) - ジャンル:日記

【 2010/10/06 22:50 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

合唱祭の練習進行中

 合唱祭(今度の学校では「音楽祭」という)の練習が進行中である。昨日は1年生、今日は2年生の「学年練習」があった。つまり体育館のステージを利用して、学年合唱を、学年全員でちゃんと舞台上で並んで演奏するのを予行でやろうというわけだ。いつもの学校だったら、そういうのは「合唱祭リハーサル」という名目で、各クラスの練習の一環として1時間でやっちゃうのだが、それを二つに分けて、学年合唱だけの練習をやるのは、今まで経験したことがなかった。けっこう合唱に力を入れている学校なのだ。

 まずは昨日の6時間目。1年生の練習であるが、ま~すごかったわ。中学生の合唱はこうあるべし、という、思った通りの美しい声が響き渡る体育館(女だけ)。至福のひとときだな。この私の教え方がいかに正しいか、が証明されていくわけだからね。こうでなきゃ仕事したことにならんわ。もっとも、男はしょうがない。何しろ1年生だからね。声変わりしてないやつとか途中のやつが混じり込んでぐちゃぐちゃだ。これを今月31日の本番までにどれだけまとめることができるか。

 そして今日、5時間目。自分のクラスの学活の時間を若い臨採に任せて体育館へ。2年生は、ワル連中(転任してくる前に聞いた評判ほどワルくはない)が混じって、落ち着かない様子の学年である。授業でも男は言うこと聞かないし。女子も意外に頑固で、見てくれとは裏腹に人の指導なんかに耳を貸さない(しかも「耳を貸してない」という自覚もないのではないか)。だから、体育館いっぱいにひどいだみ声が充満するわけである。だいたいからして、ちゃんと歌わないで喋ってるやつもいるし、姿勢が悪いのもいるし、下向いてるのやら、手を組んでいるのやら、ふざけて隣のやつを突っついているのやら、まさに狼藉三昧。(でも前任校の、今現在高一の連中に比べれば百倍もマシ。)全く目も当てられない。「時の旅人」のアルト~忘れかけていた日々~なんてモロ地声でもうどうしようもない。ソプラノもぶっちゃけてて高い声がまともに響かないし。しかも、「行事」だから取り敢えずでかい声だけは出そうとするもんだから、耳にやかましい。全然芸術的じゃない。それなのに、生徒はそれがいいと思ってるんだからね。本当、どうすればいいんだろうか。手の施しようがないよ。

 いったい私の前任者はこいつらに何を教えていたのか。テクニックもなく無手勝流に声を出させて「合唱でございます」なんてのをやらせたつもりになったって、そんなの「ホニャララ中学校」という狭い世界の中でのマスターベーションと何ら変わりがない、ということになぜ気づかないのか。なぜそういう、どうしようもないダメ教員が次から次へとこのワタシの前に現れるのだろうか、と嘆きたくなる。

 ま、それは置いといて。

 校長先生とか、担任の先生とかは、マジどうなることかと思っていたらしくて、それよりはずっとよかったというのでご満悦であった。なんだか釈然とはしないが、仕方があるまい。もうちょっと何とかしよう。それよりも問題なのはウチのクラスの3年である。疑いなく、その2年生よりも、もちろん1年生よりも圧倒的に下手なのだ。どうすんの?

 部活は今日でしばらく無しになる。明日は集金日。そのまま中間テストの諸活動停止期間になる。その前にやっておかなければならないことが。11月7日の演奏会(それも近隣の小中学校7校だか8校だかの合同演奏会)の曲を明日までに報告しなければならないらしい。で、練習の貴重な時間をつぶさせてパートリーダーを集めて曲決めを行う。結局、①星条旗よ永遠なれ、②いつも何度でも、③アフリカンシンフォニー  ということになった。まあよかんべ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/10/06 19:45 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

彼岸花

実に、毎年必ず決まった時期に咲く花であるな、彼岸花というのは。一週間ぐらい前からあちこちで咲き始めたので、気になっていたのだが、ちょっと職場から帰る道すがら写真を撮ってみたのだった。

この写真はまあ、近くに流れる一級河川の堤防から300メートルぐらい離れた県道沿いに群生しているものである。いい加減白っちゃけてる花もあるが、奥の方にまだこれから咲く予定のやつも見られる。
SBCA0205.jpg

こっちは、抜け道に使っている狭い通り沿いの民家の軒先にさいている。家の人が植えたのかも知れない。ってか、わざわざ植えるものなんかね~?よくは知らんが。
SBCA0206.jpg

で、家に帰ってみると、キンモクセイの木にたわわに花のつぼみができていた。もうすぐ妙なる香りを放つことであろう。楽しみなことである。
SBCA0207.jpg

 今日は、勤務校の地元の自治会連合運動会で、ウチの学校の吹奏楽部が入場行進をやることになっていて、朝早くから出て行って、演奏をして、10時半ぐらいに解散になって帰ってきたので、こんな写真も撮れたのである。いつもだったら、朝は急いで通り過ぎるだけだし、帰りは真っ暗だからな。
 午後は、提案書類を作ろうとしてたのに、すっかり昼寝してしまった。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/10/03 21:39 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |