FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

20年来の宿願

 この間、とんでもないこと(ここではとてもいえない)があって、その解決に家内が尽くしてくれたので、お礼にランチをおごることになっていたが、どうせならゴージャスに!ということで、横浜中華街につれて来た。ちょうど帰省中の次男坊までついてくるとは誤算ではあるが。
 で、11時過ぎ、自動車で出発。関越を南下し、環8通りに入ってさらに南下。第3京浜という、今まで通ったことのない道をさらに南下すればもう横浜である。というには環8が混んでいて結構時間がかかったけど。
 到着は13時半ごろだったかな。駐車場も無事見つかり、外に出れば、台風接近を思わせる雨交じり(といってもほんの少し)の強風で、かなり寒い。一昨日までの真夏日が遠い過去のようだ。とにかく腹が減って寒いし、さっさと飯を食おう、ということで、(家内が)下調べをしてきた店をさがすと、すごい狭い通りの一角にあった。そこで「オーダーバイキング」という経験したことのないコースを頼む。お店のおねえさんに注文し放題で熱々の料理が次々に出てくる、いうすごいシステムで、なんか驚いた。お姉さんたちはなんだかやる気のない雰囲気の接客ではあるが、あとでネットでいろいろ見たら、日本人じゃないのでそんなものらしい。こういうところに外国を感じるのう。
 料理の方はま・こ・と・にっ!にすばらしかったです。

フカヒレ風味蒸し餃子
SBCA0202.jpg

なんだか忘れたけどココナッツの餡の入ったお餅
SBCA0203.jpg

ここを先途と食べまくったので(卑しいのう)、腹が苦しくなった。外に出ると、うまいこと雨もやんでいる。すぐそばに関帝廟もあって、異国情緒満点である。
SBCA0204.jpg

 一応お参りをして、それから食材店とか小間物屋とか、アクセサリーの店とか、いろいろ冷やかしたり買ったりして、最後に重慶飯店というところで月餅を買い込んで、17時30分、中華街をあとにする。
 もともと中華街は、中学校の教師になって最初に勤務した学校の学年の忘年会かなんかで連れてこられて、それ以来一度は家内を連れてきたい、と思っていたまま、あっという間に20数年が経過してしまったのだ。といっても、家内と来た日がテレビのグルメ番組とかで中華街が出てくるたびに
「連れてってくれるっていったのに!」
と言いつのるくせに、いざ行こう、という段になると必ず
「なんだか進まない。神奈川って食指が動かない」
なんてほざいて結局何度もボツになる、というのを繰り返してきたからね。俺のせいじゃない。そのくせ、実際に来てみると
「もっと早く来ればよかった。」
とか
「一回じゃしょうがないからまた来よう。」
とかいってる。現金なものである。こっちは家内が気に入るってわかってて言ってたのに。まあいいけどね。

 それから多摩境のコストコに寄って帰ってきたら21時を過ぎていました。我ながらよく走り回ることです。
スポンサーサイト



テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

【 2010/09/24 23:41 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

アンサンブルの楽譜

 今日から3日間吹奏楽部はお休みだ。明日は体育祭の代休で学校も休みだし。

 実はとんでもない懸案がもう一ヶ月も焦げ付いている。アンサンブルの楽譜の完成品をまだ生徒に渡していないのだ。なんだかフィナーレを立ち上げると気力が続かない、という重い病にかかってしまい、ず~っとのびのびになっている。だが、もはや限界である。月曜日には出場申込書に職印をもらって郵送しなければならない。ということでここ数日というもの日が変わる前に寝るなんてもってのほか、という状況で楽譜を書き進めてきた。遅々として進まない。

 今日もそういうわけで、一日中、居眠りをしながら木管打楽器8重奏の楽譜を書いていた。

 夕方になったら、完成しました。とってもうれしかったです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/09/23 23:26 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

連日の「外作業」

 体育や外部活の顧問の先生なんかは毎日なのだろうが、ヘタレな音楽教師なんかにとって、外でいろいろやるなんて超タイヘンなのである。今日も今日とて、午後から除草作業がある、というのでもう、夕べから帽子を買ってきたりして準備もしたのだがまあ、昨日に劣らず猛烈な天気の良さである。
 午前中は普通に授業やって、給食を食って、昼休みの間に準備をする。一応、体操服に着替えて、首筋とかに日焼け止めを塗り、サングラスをつけて帽子をかぶり、タオルを首に巻いて、となるとまるで怪しいオジサンだ。ほかの先生方も思い思いに暑さよけ対策をしているが、養護の先生なんかはタオルを顔に巻いたり帽子から垂らしたりして異様な風体になり、もはや知ってなければ誰だかもわからない有様だ。お互いの変な格好を見合って笑いあうなんて、ホントわけのわからない職員室である。それにしても、作業予定が午後2時から2時半って、狙い澄ましたような時間設定じゃないか!
 外に出ると、生徒は日陰で待機している、というより三々五々だべっている。それを叱咤激励して集合させて、部活単位で顧問の先生が引っ張っていってそれぞれの担当場所の草むしりをやる。ウチら吹奏楽部は校舎の裏側のジメジメしたところ、と思いきや、連日の猛烈な日差しと気温ですっかり乾ききっているじゃないか。で、それをやけになってむしりまくり、(表側から隔離されてて他の部活の動向がわからないから)時間よりも長く作業しまくって、結構きれいにしてしまった。サボってるヤツがほとんどいない、というか(こいつはサボリーマンだな)と目星をつけたヤツまでみんな一様にちゃんと作業をしているなんて、うれしいじゃないですか。このままの調子で楽器もうまくなってもらいたいよ!!

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2010/09/02 20:23 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

始業式:暑いまま

 こんなに暑いままで2学期が始まってしまっていいものなのだろうか。だが、無情にも9月1日はやってきた。容赦なく張り出す太平洋高気圧。照りつける太陽。覚悟を固めて出発だ。

 始業式は校歌合唱(ウチの学校は混声3部合唱の校歌なので「斉唱」ではない)があるのだが、ま~ず声でないだろうな~と思いつつ壇上に上がるが、果たして全然声でてない。3年生のピアノ伴奏の生徒もなんだかおっとっとなピアノだ。情けない思いをするが、女子の声だけすこーし伸びてくる感じがするので、ちょっとホッとはする。でもダメだな。何とかせねば。

 さて、今日は関東大震災の日。「避難訓練」をしなければ教育委員会から文句を言われてしまう日でもある。始業式をやって宿題等提出物をかき集めて、なんやかんやと生徒と話をして、休み明けで変わった様子の生徒がいないか神経をとがらせて、と担任がきりきり舞いする日だというのに、追い打ちをかけるように避難訓練をしなければならない。震災の日と2学期の始業式が重なる、というのもなんだか因果ではある。
「明日だっていいじゃねぇか」
という恨み言も漏れ聞こえてくるのを押して強行する。今日は通学区域ごとに集合して一斉下校する、というところまでが訓練なので、生徒はすっかり帰りの支度をし、下足に履き替えて校庭に集合する。炎天下の校庭は天気予報の36℃みたいな予想とは全く別世界の灼熱地獄であるが、そこに全校生徒が整列して腰を下ろし、お話を聞く。話す方も聞く方も我慢大会だ。とにかく死人が出たら大変だから、手短に話も終わり、一斉下校となる。生徒はあっという間に帰ってしまった。11時過ぎには学校には生徒が一人もいない。
「生徒がいない学校って、職場としては最高ですよね。」
「でも、生徒がいないと、俺たちクビなんだよね。」
なんてくだらない軽口をたたきつつ、新学期恒例の昼食会をやって(仕出し弁当なのに、ロースカツ定食、すごい盛りの良さ。こっちは夏バテ気味なのか胃腸の動きが思わしくなく、全部食いきれなかった)、職員会議をやって(会議室は冷房が効かないので職員室でやる、というヘタレぶり)学年会は冷房の効く保健室に避難してやって、とヌルい午後を過ごして帰ってきました。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2010/09/01 19:45 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |