FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

百合日記その2

7月21日 一気に二つも咲いちゃった
SBCA0178.jpg

7月22日 つぼみは後一個になってしまったが、なんだかもう咲いちゃいそうである。
SBCA0180.jpg

7月24日 最後の一個が咲いちゃった。だいたい今年は猛暑のせいなのか、どんどん咲いてしまった。去年は日をおいて一つずつ咲いていった感じだったのだが、今年は咲樹に咲いたやつがまだ枯れないうちにどんどん次が咲いてしまう。なんだかあまり楽しめない感じ。
SBCA0181.jpg

7月26日 めしべが少し上に反ってきた感じである。なんだか今年はすぐ終わっちゃうみたいだ。
SBCA0182.jpg

7月28日 後ろのナンテンを整理しようとして、間違えて根本から切り落としてしまいました。今は、跡形もありません。
スポンサーサイト



【 2010/07/28 22:36 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

何のため?熱中症との戦い

 ウンザリする連日の暑さ。体温より高い37度ぐらいで、もはや驚いてはいけない。たったの20年前:私が実際熊谷に通っていた頃には熊谷で33度、というのがけっこう大きなニュースになったものだった。今、33度なんて涼ささえ感じるからね!

 さて、そんな暴力的な暑さの中、我々は連日、吹奏楽コンクールに向けて練習を重ねているのである。といってもウチの学校はクーラーが効くからよかったわ~。と思ったら実は、ウチの学校のクーラーは全館冷房になっていて、部分的にはかからない。そして、なんだか古いシステムで莫大な燃料費がかかるらしいのである。しかも、市からの予算が今年度は大幅に削られた、というので、極力クーラーはつけてはいけないらしい。1学期中も授業だってのに、クーラーつける、というのは生徒にとっても我々にとってもけっこううれしいニュースだったのだ。
今日の午前中は学習支援の日ということで、各教室で勉強会が行われていたので、クーラーがかかっていたのだが、なんと午後は切られてしまった。一方、吹奏楽部は、午前中はパート練習で、午後は合奏だ。昼過ぎに一応クーラーのかかった職員室から一歩外に出ると、ただそれだけで滝のように流れ出る汗。職員室のある2階から3階4階とあがって行くにつれて気温がドドッと上昇するのがわかる。音楽室のある4階はサウナと温室が一体化したような素晴らしい状態になっている。ワクワクするではないか。
だが、前日のホール練習で顕在化した様々な問題を、今日という日に放っておくわけにはいかない。何が何でも合奏はやらなければならない。それに明日は自治会のお祭りに招かれていて、ルパン三世とかフーテンの寅さんみたいな曲とかも取りあえず練習しとかなければならない。しかも、昨日改善した呼吸法によって生徒の操る楽器の音はまさに暴力的に暴れている。寒暖計が36度を指す室内でそれらが一斉に音を放てば、それはまるで雲仙普賢岳の火砕流を思わせる。熱いよ~!!
一応こまめに水分補給をさせつつやったつもりなのだが、それでもなんだか体調が悪い、という生徒もいる。そりゃそうだろ。だが、熱中症なんかになって倒れられでもしたらそれこそ大事件である。そういうのはサッサと帰す。ラッパのトップの3年生が帰っちまった。困ったのう。だが文句は言えない。

 結局そんなこんなでどうにもたまらず、予定より30分以上早く練習を切り上げて、みんな帰すことにした。マジ誰か死んだなんてことになれば洒落にもならない。

すごかった。1日で0.8㎏痩せました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/07/23 23:28 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

植木がピンチ

これ、なんだと思います?
SBCA0179_20100801235800.jpg
なんと、これは蓑虫の大量発生なのだ。なんということ。北側の風呂場の目隠しに植えたベニカナメがなんだか元気がないので、よく見てみたら、すごい数のミノムシ。葉っぱは食われまくっているし、どうしようもない有様である。というわけで、ビニールの使い捨て手袋をつけて一匹一匹手作業で駆除したのだ。この写真はその蓑虫である。百匹以上はいるであろう。この状態で、もぞもぞうごめいているのだ。気持ち悪いのう。この後、トイレに流しました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/07/21 23:58 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

百合日記

去年もこのbrogで紹介した百合。毎年律儀に花を咲かせている。秋になると枯れてしまい、そのまま冬ごもりをして、今の時期になると、暴力的に増殖しつつあるナンテンをかき分けて出てくるのだ。本当にたくましいことである。

7月11日の様子。以前紹介したときよりずいぶん蕾がふくらんでいる。
SBCA0171.jpg

7月15日。ぼちぼち咲く直前かな~。
SBCA0172.jpg

7月17日。ついに咲いた。何回見ても贅沢ムード満点の花である。
SBCA0173.jpg

7月18日。なんということ。次の日には追加に2つも開花してしまった。
SBCA0174.jpg
【 2010/07/18 22:25 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

白銀高輪。ハイソな感じ。

 東海大学付属高輪台高校。名前からして高級な感じである。今日はそこで、あっちこっちの都県の腕に覚えのある中学校の吹奏楽部が集結してプレコンクールだ。なんだか、この高校が、(生徒募集の一環として無償で)そういう企画をやってくれて、しかもプロの審査員を5人も呼んでくれて、本格的に審査もしてくれる、というので、我々の中学校も(私の独断で)今年参加することにしたのだ。すごい暑い一日。移動も何も大変と言えば大変である。だが、今日という今日は、うちの部活がいかにヘタレか、全く明らかになってしまいましたね。正直、ハラワタが煮えくりかえりました。

 まず、朝の移動。確かに埼玉のローカル電車の駅から東京メトロを乗り継いで、南北線の「白銀高輪」なんて駅まで、遠征する、というのも大変だとは思うのだが、だからといって、1年生が2人も途中ではぐれちゃうというのはないでしょう!
 こっちが楽器運搬で町中で渋滞に巻き込まれているところに、公衆電話から携帯にかけてきて、
「先生!はぐれちゃいました!」
なんて言ってきても、どうしろと言うんじゃい!一応引率の先生もいたはずなんだけどね。とりあえず、目的の駅までは行ったみたいなので、
「そこにいる人に聞いたりして、とにかく高輪台高校まで行け!」
と指示を出して励ましたが、一応途中で追いついたようだった。

 次に、楽器を積んだ主力のトラックがきてからが、なんだか動きが鈍い。指示を待ってボーッとしてるやつばっかりだし、指示を出す生徒までがまるでお客様状態。これではまるっきり烏合の衆だ。何をやっているのか!やっとの事で楽器を指定の場所に持ち込んで一段落。

 いざ演奏。会場に入っていくと、「審査員の先生方」がなんだか高いところにふんぞり返って偉そう。一方他中の生徒は凍り付くような冷たいムード。こんな異様な雰囲気の中で演奏するのは初めてだ。そして、うちの演奏ときたら…まるで借りてきた猫のようなおとなしさ。音は飛ばないし、フォルテは出ないし、これじゃなんのためにこういうところにわざわざきて演奏するのか、わかったもんじゃない。終わってから
「こんな情けない演奏したの初めて…」
なんて泣いてる3年生なんかまでいるのだが、馬鹿じゃねぇの!そんなんだったら、ちゃんと演奏しろよ!

そして、極めつけが、最後の東海大付属高輪台高校の参考演奏の時のこと。演奏者が拍手を誘って、よその中学はみんなやってるのに、うちの中学だけが全くやらない。何でこんなにじぶんを表現しないのか。パフォーマンスをやるべき時にやれないんじゃ、吹奏楽部じゃないじゃないか!

 結局、うちの部活は全然部活としての体をなしてないのである。前の顧問は何やってたのか?疑問である。明日から、最初から部活の組織というか動きというか、全部組み直しだ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/07/17 23:18 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

3㎏減!

 ダイエット、始めてから一ヶ月たった。といっても、たいしたことをしているわけではないが。朝飯食わないことにして糖分入りの飲み物だけにし、間食を一生懸命減らして、飲み物を酒の代わりに炭酸水にしただけだ(と言っても完全に断酒したわけでもない)。でも、たったの一ヶ月で3㎏減った。なかなか効率がよい。3㎏と簡単に言うが、そんな荷物を持って、階段の上り下りをするのは結構しんどいはずである。つまり、けっこう体が楽になっているはずだ。もっとがんばろう。あと2㎏減らせばとりあえずよいのではないだろうか。

 さらに、階段を下りるときに、ケンケンで降りることにした。最初は手すりを持ちっぱなしだったが、今ではたまに手すりを全くさわらなくても降りることができるようになった。これで、行き帰りの荷物を持ったままケンケンで階段が降りられるようになればかなりテクニックが上達したことになる(何のテクニックじゃい!)。
 そして、この階段降りは思わぬ効果をもたらした。ここ数年、膝が痛くて階段を上るときにも立ち上がるときにもトイレで大をするために座り込むときも猛烈要注意だった膝痛が、ウソのように解消したのである。5年前から不可能になっていた、1段ぬかしでの階段登りが、できるようになったのである。それってすごくないかい?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/07/13 23:14 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

修学旅行

 修学旅行から帰ってきた。旅行後半は、極めて不快なタイプの自閉症の生徒と常に行動をともにし(しかも単独で。他の生徒たちがついに音を上げたのだ)、どうやら心身ともにすっかり疲れてしまったらしい。途中でなかなか悲惨な事件も起こったりしたし。
 実は、先月末に期末試験があったので、その採点(まだ手つかずだ)をしなければならない。家に帰った。メシ食った。眠くてどうにもならなかった。就寝した。どうにでもなれ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/07/07 22:50 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

那須

 ドライブに行った。那須インターで降りて、クリスマス関係のショップ。おそばを食べた。おいしくなかった。正直おそばが嫌いになりそうだ。帰り道に、なんだか東南アジアの民芸品ばっかり売ってる大きなところがあって、すごく面白かった。遠回りしすぎて、ガス欠になりそうになって山道の中でヒヤヒヤした。

 けっこう楽しかった。忙中閑あり。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/07/03 23:47 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |