FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

土曜の部活

 今日は半日、吹奏楽部の練習である。いつもできない分、しっかりと曲の面倒を見なければならない。何といっても、今年は(この学校としては2年前から)夏のコンクールでA団体に出場するわけだから、半端なことはできない。しかも3年生が7名しかいないのでは、最初っからハンデをしょっての参加なのだ。ほぼ3時間、間に15分休憩を入れただけで合奏をやった。特に今日は、自由曲の練習をやった。いつまでも譜読み状態では話にならない。さっさと音楽を作ってしまわなければ。

 さて、練習が終わってから、隣の隣の市までいって、市民会館の大ホールの予約をしてきた。やっぱり夏休みは大ホールを使っての練習をしなければね。電車で30分、さらに歩いて20分、という、あまりよくない立地条件のホールだが、いつものところは出遅れて押さえられなかったのでやむを得まい。とにかく2日押さえることができた。これで生徒に顔向けできるね。
スポンサーサイト
【 2010/05/29 23:51 】

閉めちゃった別ブログの記録  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

リコーダーの授業

 新学習指導要領への移行期間限定で、2年生と3年生の音楽の授業が週2時間ある。そこで、かなり久しぶりに「アルトリコーダーの授業をやっている。
 しかしこれはけっこうキビシイ。何となれば、生徒たちが笛を出して、勝手にピーピー吹いているのを黙らせるのに、相当大きな声で怒鳴らないと指示が通らない。3時間もぶっ続けで笛の授業なんかやればすっかりノドは嗄れてしまう。今週は、その加減に手間取って、声がヤバイ。やっとのことで金曜になって、二日休みになる。助かった…という感じである。
 一応軌道に乗り始めたので、金曜あたりからは、1時間の授業の中で笛を吹くのはだいたい10分に押さえられるようになってきた。来週以降はどうにかノドも無事になるであろう。
【 2010/05/28 22:50 】

閉めちゃった別ブログの記録  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

演奏家の宿命

 昨日、演奏会だった。市内の中ホールを無謀にも廃館しようとしている基地外市政に反対する市民運動の一環としてのコンサートだったわけだが、そういうわけで、市内在住の演奏家が手弁当で集まって演奏会をやったというわけだった。
 その中で、ショパンの有名どころを4曲披露したピアニストがいた。まあ、達者に弾いていて、場内の雰囲気も、曲が終わる毎にホッと息をついて(感心して)十分喜んでるみたいな感じではあったのだが…。私は不幸なことに、さっぱり楽しめなかったのだ。というのも、子どもの頃LPレコードで聞いていたアルトゥール ルービンシュタインの演奏と、どうしても比べてしまうのである。何度も聞いていたためなのか、細部まで体の中に入っているようなのだ。そして、どうしても、脳味噌の奥で「違う!」と叫ぶ声が聞こえてしまう。
 まことに、新たに演奏家になろうというのは、辛いものである。ルービンシュタインでもなく、ホロヴィッツでもなく、まさに「このワタシ」という確固たるものを自分の中に作っていかねばならないわけだからね。何しろ、取りあえず完ぺきな演奏はできますよ、という人間だったらすでにこの世の中にはゴマンといるわけだ。その有象無象の中から、人々からチョイスされて「コイツの演奏だったら、お金払って聴いてやってもいいね」と思わせる何かがなければ、プロとしての意味はない。ただの「お上手」で終わってしまうのだ。
 だが、例えばルービンシュタインの向こうを張って、「オレはオレだ!」と名乗りを上げよう、という気骨のある若いヤツが、この日本にどれほどいるのだろうか。(なんだか最近、韓国とか中国には大勢いそうな気がするのも、落ち着かない気持ちにさせるのだが)そういう志を持つと、まあ、たいていはバカだと思われるのがオチで、そういう中で大勢の若者がスポイルされていってるような気もするし。なんだかニッポンって、嫌な感じの国になってしまったな。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2010/05/24 23:08 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

吹奏楽部の一員

 明日(日曜日)は、うちの吹奏楽部の本番がある。だいたい10日分ぐらいはその練習に費やしてきた。それなのに、その本番に指揮者であり顧問であるところのこのワタシが参加できない、というのはかなりの異常事態と言えるであろう。だが、どうにも外せない演奏会が元から決まっていて、そっちのキャンセルができなかったのだ。

 というわけで、いろいろ擦った揉んだの騒ぎの挙げ句、何と校長先生が、その重大な任務に当たることになったのだ。校長先生も、
「大丈夫、私も小学校の時によく指揮やってましたから、心配ありません。」
とおっしゃるので、まずは安心してお任せすることにする。それとともに、演奏する曲も途中でテンポの変化のないものを選び、どうにか難局を乗り切ることとした。で、昨日校長先生との第一回目の稽古があり、こちらもいろいろツボどころを伝授した。

 今日は、その結果を受けて、第2日目。せっかくだから、こっちはあまったクラリネットを引っ張り出して、ちゃっかりと演奏に参加しちゃおう、と思いついた。で、クラのPL(部長でもある)と相談して、手薄な3rdとかのパート譜を用意して、生徒の席のすみっこを空けてもらって紛れ込む。曲は、今年の課題曲「オーディナリーマーチ」と、スーザの「星条旗よ永遠なれ」、それにミュージック8の「ルパン3世」、という定番の曲ばかり。校長先生はやや緊張気味ではあるものの、まずは無難な指揮ぶりである。

 …楽しかったです。うちのバンドは中学生といっても一人一人がそれぞれ達者で、ちゃんとしたサウンドの中に身をゆだねて演奏に没入できる、その心地よさ!指揮とかするより、その他大勢の一人として演奏の方に参加するのって、大好きです。何といっても気楽だし。
 でも、やっぱり邪魔しちゃったかも。吹奏楽部の人たちはとにかく毎日きちんと練習しているので、何年もブランクのある、「昔取った杵柄人間」なんて、お呼びじゃないのだ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/05/22 23:12 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ものすごくショッキングで重大なこと。

 なんだか、いったいどういうことなのか、自分でもよくわからない。今日は5月20日である。私は4月1日に今の学校に赴任してきたのであった。

 昨日のことである。今年度の「学校要覧」が配られていたので、何の気なしに見ていた時に、それに気づいてしまったのだ。実は、実は、この学校要覧を見るまで、つまり昨日まで、私は!
教頭先生のお名前を存じ上げていなかったのである。

 それで済んじゃうんですかね~。なんだかショックを受けてしまい、一人で落ち込んでました。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【 2010/05/20 23:00 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ばあちゃん家の臭い

ここんところ何日か、家内が食卓に着くたんびに
「なんだかばあちゃん家の臭いがする」
という。他の場所ではしないのに、そこだけでは臭う、というのだ。娘までが、
「あ!確かに!」
なんて言ってる。何が腐ってるのかな~。いったい何が置いてあるのか。原因は何?と問題になっていた。何しろうちの人間は間違いなくよそん家よりも臭いに敏感だからね。困ったものだ。

と思っていたら、今日突然原因が判明した。それは何と!

SBCA0131.jpg
出窓の外側の、猫の額ほどの土に植えた夏みかんの花のにおいだったのである。今まではちょこっと花が咲いては枯れるだけ、というのを繰り返していたのだが、今年の冬には立派な実を5個もつけて、気を吐いた。いよいよこの夏には本格的に実をつけるつもりであろうか。ちょっと楽しみである。

それにしても、そのかぐわしい香りを「ばあちゃん家の臭い」とは、全くどういうんだろうか。情けない

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/05/16 22:30 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

英雄的?それとも蛮勇?

 中指を骨折したチューバの子は、今日の午後の合奏に参加して、思いっきり吹いていた。あろう事か、1番ピストンを親指で押さえ、2番ピストンを人差し指で、3番を押さえなきゃならないときは吹かない、という曲芸というか、すごいことをやっている。
 これはいったい、英雄的行為と言うべきなのだろうか、それとも単なる蛮勇か。本人にしてみれば、痛みがなくて大丈夫、ということになるのだろうが、これでもし回復が遅れたりすれば、こっちは親に合わす顔がないよ。それにしても、これから手が回復して、普通にピストンを押さえられるようになったときに、指が勝手な動きをしないのだろうか。全く中学生のやること・考えることはすごい。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/05/14 22:32 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

近頃ないほど厄日

 朝から寝坊だ。急いで学校へ行く。昨日、音楽室に置こうと思って鉢植えのアロエを衝動買いしたので、それを股に挟んでバイクを運転する。朝練の時に、コンクールの曲の新しい部分のパート譜を渡さなければ。
 学校に到着し、暫しコピー機と格闘し、4階へ上がっていくとすでに基礎合奏の真っ最中である。「ルパン三世」の譜読みができてるというのでそのチェックをする。あまり正確とは言えないが、慣れているのか、文句を言うとすぐ直るところが、善哉。楽譜を渡すと、粛々と持って行く。

 さて、今日は朝からなんだか調子がおかしい。それもノドが!ピンポイントで。何とか咳払いをしつつ調子を見つつ、机の上の散らかったのを整理しているうちに、空き時間は終了。3年の授業が3連続であるので、急いで4階へ上っていく。だが、授業を始めてみてあらためて思うのは、なんだか耳が遠く聞こえるし(特に右耳。昨日高速道路で上ったり降りたりしているうちに詰まってとんだことになり、それが今日まで尾を引いているのだ。取りあえず、滝廉太郎の「花」とか「帰れソレントへ」の原語とかやってるうちにこっちのノドがどんどん痛くなる。声を出すのが苦痛だ。どうにか最初のクラスをクリアするが10分後の次のクラスでは、もうかなりヤバイ。ノドが痛いなんてモンじゃない。しかも、範唱するにも高い声が出なくなってきた。
 あまり痛いので、途中で歌唱指導を断念せざるを得なくなり、ビデオ鑑賞に切り替える。授業が終わってみると、もはやいつものような声は出ない。ほとんど囁き声だけで話さねばならないが、そんなとき中学生はちっとも静かにしてはくれない。次の休み時間は家に電話を入れて、耳鼻咽喉科のお医者さんを捜してもらう。3クラス目は最初から歌唱指導はあきらめて映画鑑賞だが、1時間半もののアメリカ映画を見ると、ちょうどこれからタイヘンだ~~~!!っと見ている方の目の色が変わる、ちょうどそのあたりで無情にもチャイムが鳴ってしまう。生徒、ブーイングの嵐。こんな罪作りな先生を許してくれ!
 で、すぐさま職員室にとって返し、家に電話すると、すでにその声は自分の声では全くない。というより、ノド、完全に死んでいる。ともかく、学校の近所の国道沿いにそれなりの病院があるらしい。しかも1時から受付、2時診療開始…。なるほど。すぐ行くことにして、校長先生に年休の申請をする。

 給食食って、掃除の監督をして、すぐ出発しようと職員玄関を出てみると、なんだかメチャメチャ強い風が吹いている。バイク、走りにくいじゃん。と気が重くなりつつ駐輪場へ行くと、何とヘルメットのフードが壊れている。ちゃんと止めておいたのに、風で再三あちこちにぶつかってるうちに割れてしまったようだ。もう古いから…。あきらめて割れたフードを取っ払い、いざ出発。
 うわ…。目が開けてられないじゃないですか。折からの強風の中、顔面を保護するフードがないのであらゆる類のホコリがとんできて直接顔に当たるのだ。睫毛で保護できるギリギリまでしか開けられない。煽られるので、怖くてスピードも出せない。診療開始まで時間があるので、銀行に寄って、予てから更新しなければならなかった通帳を新しくする。
 で、病院に行くと、なんと診療開始時間は16時30分だってぇぇっっ!まだ2時間以上もあるじゃないですか!そこで、思い切ってヘルメットを買い換えることにして、近場にあるディスカウントストアへ。白いの(好み)がないので、あきらめて銀色のを買う。それから、暇つぶしに本屋さんへ。そこで岡田暁生という人の書いた「音楽の聴き方」という新書本を買う。なかなか面白いが、学者特有の面倒くさい言い回しの本なので、読んでると眠くなるね。
 病院の待合室に戻り、本を読んでるんだか居眠りしてるんだかわからない時間をつぶす。たまりません。こういうのはイヤだ。なんだかジリジリする。
 さて、診察。耳も水がたまってるし、鼻は詰まって蓄膿だし、ノドは真っ赤だし。ついでに、いびきで激しく悩んでいることをお医者さんに訴えたら、
「取りあえず、ノドを治しましょう。声は出しちゃ駄目ですよ!仕事はなんですか?」
「中学校の音楽の先生です!(囁き声で)」
「…!(暫し絶句の後)…あした、授業やらないで済ませられません?」
「そうですね。鑑賞にするとか。(囁き声で)」
「そうか。そういう手が使えるか。じゃ、そうしてください。そうすればあと土日があるし、月曜日あたりからは声でるようになるだろうから、授業できるかもよ。怒鳴っちゃ駄目だけど!」
な~んて会話を交わし、吸入をして、クスリを出してもらって診察室を出る。会計でまたまた待たされる。病院からは処方箋がでるだけで薬屋さんは別なところにあるので、次は、隣の薬屋さんへ。ヘルメット買ったのと病院の払いで懐が心細くなったので、近所のコンビニへ金をおろしに行く。いくらおろそう。なんだか見たこともないような薬を含めて5種類もでてるからけっこうかかるか?五千で足りるか…なんて一人で悩み、結局1万円おろしてまた戻る。またまた待たされる。ところが薬代は千円ちょっと。うれしい拍子抜けだ。やっと終了したときには18時をかなりまわっていた。お疲れ~。

 ノドは痛むし、ヘルメットは壊れるし、ホントよくない一日だったです。明日もあまり期待できません。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2010/05/06 23:21 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

骨折!

 チューバの子が先週体育の時間に右手の中指を骨折してしまったのだ。手術をして、一ヶ月は指が動かせないという。もちろん楽器の演奏なんてとんでもない!いったいどうなっちゃうのか。昨日は午前中に医者に行って、午後から部活に出る(1年生の教育係をする)、という話だったのだが、お医者さんで措置してもらったら、その後が痛くて寝込んでしまったという。可哀想に。今月23日に行事があって演奏するのだが、そこはチューバは抜きでやるしかないであろう。それとも、楽器を持って日の浅い1年生にがんばってもらうか。
…無理だっちゅーの!
こういうときは焦らないに越したことはない。

 コンクールの自由曲の楽譜ができあがらずにもう何週間も苦しんでいる。そして、今度こそ勝負をかけようと思って、ずーっと起きてやっていた。ほとんど音符一個書く毎に意識が遠のくような有様で、全く遅々として進まない。そんな泥沼のような状態でやがて周囲は明るくなり、ということは結局徹夜してしまった。何十年ぶりだろうか。これまではどんなに切羽詰まっても取りあえず何時間かは寝るようにしていたのに。

 でも、ついに一段落した。小曲を4つ集めて一つの曲として演奏する予定なのだが、これまでにそのうちの2曲が完成して、パート譜をすでに部員に渡してある。そして今朝、次の一曲が完成した。パート譜はプリントアウトしたのだが、スコアが9ページのうち7ページ印刷したところでインク切れとなってしまった。間が悪いことだ。残り一曲も、ほぼ完成しているのだ。もうすぐ全部を生徒に渡せる。(はずだ。)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/05/02 10:17 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |