FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

サァラ軽井沢ホテル

次男が、けっこう紆余曲折の末、信州大学に入学することになったので、そのお祝いに一泊旅行をした。
なんだかお洒落なホテルに泊まるということで、楽しみにしていったら、途中碓氷峠の旧道で路面が凍結していたりして一瞬青くなったりした。
 とにかく、サッサと到着してお風呂に入ろう、といってた。ところが、実際行ってみると、なんだか結婚式場とリンクしている、本当にお洒落なホテルで、
「用意されている部屋着は、お食事の時には着てこないでください」
的なけっこう真面目なホテルである。まあ、ウチの好みから行って、そういう方がいいには決まっているのだが、娘が何をトチ狂ったか、ダサい服を着てきてしまい、それをやたらに気にして、急遽、途中にあったシマムラで服を買うことにするなど、困った一幕もあったが、まあとにかく、楽しいひとときではあった。

窓から見える景色はこんな感じ。もうすぐ4月だというのに雪景色とは、ねぇ。さすが軽井沢である。
SBCA0118.jpg

SBCA0117.jpg

2日目は、駅のそばの巨大なショッピングモールに寄って、帰ってきた。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/03/30 23:20 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

酒を大量買いした。

この間、法事に行ったら実家からビール券をもらった。せっかくだから酒を買おうと思って安売りの酒屋さんへ行った。いっぱいワインを買ってきた。

基本的にはイタリアの赤がほしかったのだが、最近は娘なんかも飲んだりするので、それにあわせてドイツの白なんかも取り混ぜた。
SBCA0111.jpgSBCA0112.jpg
SBCA0113.jpgSBCA0114.jpg
SBCA0115.jpgSBCA0116.jpg
最後の一本は、コストコでわりと安く売ってるキャンティである。とにかく、こんなに大量にワインを買ったのは生まれて初めてだ。これで数ヶ月は持つであろうか。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/03/23 23:02 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

アンサンブル進行中

 今日の練習ではアンサンブルの進行状況を確認した(全部は無理だったけど)。なかなか面白かった。みんなしてデタラメな編成を組んだもんだから、楽譜は(一つを除いて)すべて顧問であるところのこのワタシの手作りの編曲である。フィナーレ(楽譜作成ソフト)が使いこなせるようになってずいぶん楽になったとはいえ、楽譜を作るのはかなり大変な仕事なのである。何しろ、編成にあわせてどの場面でどの楽器がメロディをやるかバスをやるかハーモニーをやるかという役割を考え、それぞれの楽器の音域を考えて調を決め、和音の作りを分析してそれぞれの楽器に割り振り、実音と移調楽器の譜面の差を考えてはじめて記譜することができる。生徒は右から左へ簡単にできると思っているようだが、それなりの訓練を受けた人間でなければ極めて困難な、高度に複雑な作業なのである。それを全部で7曲もやらなければならないとは、思えばとんでもない企画を立ててしまったものだ。こっちの心づもりでは、ワタシのアンサンブル楽譜のコレクションの中から選んですますはずだったのに。
 しかも!いよいよ来週には本番だというのに、まだあと2曲、楽譜ができあがっていないのだ。それも木管の楽譜ばっかり。そのメンバーは、なんだか厄介なポップスの曲を選んだはいいが、元になる楽譜も音源も、いつまでたっても提出しない、という無責任ぶりで、おとといになってついにこっちがしびれを切らしてどうするんだ、と迫ってからようやくのことで、
「楽譜が見つかりません」
なんてふざけたことを言うので、曲を変更させて、やっとのことで編曲に取りかかることができたのだ。1年生もかなり混じっているのに、練習は間に合うのだろうか。
 今回、1部がアンサンブルで2部が合奏、ということにしたのだが、2部の合奏は全部以前にやった曲、ということにしといて本当によかったぜ。今日の午前中にその合奏の練習をして、ほぼどうにかなりそうだからな。
 一方、早めに楽譜が完成したグループは楽しげに練習しているようである。中には、勝手にテンポなんかも中間部だけゆっくりやるとか工夫してるところなんかもあって、頼もしいことだ。
 こういう練習の中で、少しでも音楽性を高めることができればうれしいことではある。

というわけで、忙しくてブログなんか更新してる場合じゃない。
【 2010/03/20 23:47 】

閉めちゃった別ブログの記録  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

上越六日町高原ホテルにて

 お泊まりに行けば、いつもの虫が騒ぎ出す。そして、Nゲージ鉄道模型のお座敷レイアウト。今回は新たに購入したスーパー機関車、カトーのC62とトミックスのC57だ。

SBCA0099.jpg
こんなお粗末な舞台でも、我が機関車たちは快調に走り回る。けなげである。


SBCA0098.jpg
まずは、カトーのC62東海道型。牽引する客車は当然、最後にマイテ49を置いたスハ44系である。グリーンマックスのキットを組んだものだ。卓袱台の脚の間を疾駆する。


SBCA0100.jpg
 次はトミックスのC57135。バックに見える干したタオルとか座布団が旅情を醸し出しているでしょ?
 この機関車は北海道仕様の小さなデフレクターや密閉式のキャブなど、普通のC57を見慣れた目からはちょっと変わった雰囲気である。せっかくC57をリリースしたんだから、トミックスももうちょっと普通のタイプも出してもらいたいですね。それと、この機関車は低電圧でも突っ走ってしまう。今回持ち込んだカトーの古いコントローラーではレバーを動かした瞬間にすごいスピードで発車してしまい、低速走行ができない。


SBCA0101.jpg
帰りに寄った、どこかの道の駅にいた猫。人なつっこい。そばに寄ってきただけで足のあたりがふわっとあたたかくなった、と家内が言っていた。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/03/15 22:42 】

Nゲージ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

法事と骨休め

 12時から法事だった。終わってから、昼飯を食って、子供らを家に置き去りにして、六日町へ一泊旅行に出発した。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/03/14 22:32 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

今日は「部活なし」

 うっかりしていたが、今日は部活なしの日であった(朝練はあったけど)。何しろ、明日が卒業式。今日の午後はその準備のために学校中をきれいにして、さらに体育館を式場として設営しなければならない。「卒業式」こそは中学校で最高に大事な行事ですから。

 ところが、27日の発表会の楽譜がなかなか来ないのだ。特に、金管とサックスが出るビッグバンドの曲。楽器屋さんの約束では火曜日には来るはずだったのに、待てど暮らせど届かない。さすがにおかしいと思って電話してみたら、メーカーがまちがえてよその学校に送っちゃったんだって。何たることだ。かなりヤバイです。で、ワタシが編曲する楽譜が一つ上がったので、それを朝練の時に大急ぎで該当する部員に配った。喜んでいた。しかし、今日から都合4日も「部活なし」なのである。練習がままならないのである。

 明日は卒業式だ。合唱を担当する音楽教師としては、期末試験に臨むような気持ちと言ってもいいだろうか。どうなるのか心配で、ヤなものである。うまくいけばいいのだが。
【 2010/03/12 20:45 】

閉めちゃった別ブログの記録  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

鉄道唱歌にちなむ話(しかも残念系)

 鎌倉の、鶴岡八幡宮の石段脇の大銀杏が倒れた、というニュースをやっていた。何でも樹齢1100年とか。すごい古木だったわけだ。中央部は腐って空洞になってしまい、ついに巨体を支えきれなくなったということだ。

 この銀杏は何と、鎌倉幕府の第3代将軍、源実朝が暗殺されたときにもそこに立っていて、しかも、その暗殺を主導した公暁がこの木の陰に隠れてみていたという言い伝えがある、由緒ある木なのだ。そして、それは、「鉄道唱歌」の中にも歌われている。

「八幡宮の石段に
 たてる一木の大銀杏
 別当公暁の隠れしと
 歴史にあるはこの陰よ」

 子供たちが小さかった頃に、一度おもしろ半分に「鉄道唱歌」を教え込もうとして、自分も歌詞を覚えようとしたことがある。結局、全部は覚えられなかったが(子供たちはほとんど覚えたが)、はじめの方の大船から横須賀線に乗り換えて、行った先のあたりなので、ここの一節はまだ覚えていた。
 その大銀杏がひっくり返った、というのは残念至極である。またまた歴史の一ページが現物のない文字だけのものになってしまったなあ、という感慨を持ったのでした。

 それにしても、「鉄道唱歌」はすごい。なにしろ、歌に乗せて、歴史も地理も風物詩もみんな織り交ぜ、しかも美しい七五調の文句は日本語教育にもまたとない教材である。これだけでも昔の子供たちがいろいろな科目の勉強に将来的に興味を持つこと請け合いで、まさに明治時代の教育者の、教育に対する情熱や子供への慈愛を結晶化したような一品といえる。そして、こんな歌をのんびり覚えながら授業を進めていくことができれば、これこそ「ゆとり教育」そのものではないか。
 「ユトリ」は今や(特に2チャンネルあたりで)差別用語にすらなっている現状ではあるが、本物のゆとりは昔の学校教育にこそ存在した、という証明になっているのが「鉄道唱歌」といえるんじゃないの?

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【 2010/03/10 23:58 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

卒業式、やる気あるのかねぇ

 今日は、初めて全校で大地讃頌を合わせる日である。朝から雪が降る、寒々しい日だ。だが、きのうの余熱で体育館がそれほど冷えてないのが救いではある。(もちろん寒い。)
 さて、設定された2時間目がやってきた。こっちは気合いを充実させてその時を待っていたのだ。ところが、なんだか、在校生が入場に手間取っている。めいめい教室の自分の椅子を持って体育館に集合整列なのだが、結局その整列の作業がやたらに手間取っているのだ。何しろ出入り口は一カ所しかないし、制服とかを着崩した奴らを入口にとどめて「指導」してたりするもんだから、体育館への通路は完全に渋滞している。何やってんだよな~とか思いつつ、その列をかき分けて体育館に入っていき、校歌の伴奏をやる2年女子をつかまえて一緒に舞台袖に入って待機するが、なかなか椅子並べが終わらない。やっと終わって、次は3年生の入場の練習である。BGMが流れてそんな雰囲気になり、3年生がクラスごとに担任を先頭に入場する、いつものヤツだが、これがまた時間がかかる。やっと全校生徒の入場が終わったときにはすでに50分のウチの20分が経過。しかもそれからが長かった。まずは、生徒指導主任からの訓辞と服装に関する注意。次に、「一同起立!」とかの号令にあわせての起立、とか礼とかの練習。なんだか音楽の練習なんかやりたくないのか、といいたくなるようなトロイ動きだ。こっちは伴奏者の生徒と時計を見たり顔を見合わせて苦笑したり、と(こっちにしてみれば)無駄な時間が過ぎ去ってゆく。
 やっとのことで歌の練習、ということになったときにはすでに15分くらいしか残ってないんだから、いったいこの1時間は何だったのか。結局、校歌を何回か歌って、大地讃頌を1回通し、こりゃヒドイ、と手を入れようとしたら、教務主任が、
「もう、時間です!」
と手を振ってやがる。ふざけんなっての!縦線はあわないし、前半なんか何歌ってるのかわからないし、これで終わりなんて、どういうこと?本当に、これじゃ全校合唱の失敗を願ってるんじゃないか、と言いたくなる。この次はちゃんと時間をとってもらうように、言わなければ。
 そんなこんなの1時間が終わって、生徒が引き上げるときには、サアーッとみんな出ていって、あっという間に体育館は空っぽになってしまいましたとさ。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2010/03/09 19:41 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |