FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

歌のテスト「春は名のみの」か「春、花の実の」か?

 昨日・今日と3年生の歌のテストをした。課題曲は「早春賦」。日本の音楽大学の最高峰、東京藝術大学声楽科の課題曲にもなるというなかなかの難曲なのだが中学校の「学習指導要領」の中に入っている。つまり日本中の音楽の教師が文科省に「教えろ」と指示されている曲なのである。まあ、3年生の最後の歌のテストの課題としてはまさにふさわしいとも言える。こっちもそのつもりで気合い入れて教えていたつもりだったのだが……。

 残念ながらかなりタメイキの出そうな結果であった。この曲は音域が広く、始まったとたんに低音から高音までアルペジオで1オクターブ半も飛び上がらなければいけない。これはまあ、できない人がいてもある程度は仕方ないかな、と思っていたのだが、
かなりのパーセンテージを占める3年生が
「HA RU HA~」

と歌い出したのにはまさに絶句であった。これまで教えた3年生でも、学年に必ず何人かそういう失敗をする生徒がいたので(つまり教え方が悪かったのだろう、とこっちも反省を繰り返して)、今度こそそういう生徒がいないように、と満を持して教えてきたのに…。それにもかかわらず、これほどまとまった数の、それも3年生ともあろうものが、こんな歌い方をしたのは初めてである。

今、ワタシは深刻に反省している。というよりヘコんでいる。

ちなみに、一番の歌詞は次の通り。


春は名のみの 風の寒さや
谷の鶯 歌は思へど
時にあらずと 声も立てず
時にあらずと 声も立てず

HA RU HA なのか、HA RU WA なのか、普通の日本人には明白ですよね。
スポンサーサイト



【 2010/02/23 22:43 】

閉めちゃった別ブログの記録  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

久々のローゼンジ

テクモドという変な名前のデカール屋さんがあり、そこの4色ローゼンジを何年か前にヤフオクで落っことしていた。やっとその出番が来たということですね。
SBCA0091.jpg
下翼を胴体にくっつけたんだけど、このレイアウトがちょっと変わっていて、胴体の下に張り出しているから、面倒くさい。一応、後からの作業が面倒になるのがイヤなので、下翼正面の一番内側だけはローゼンジのデカールを貼りましたとさ。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2010/02/23 21:52 】

RolandDVIb(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |