FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

今までで最低の「お出かけ」

 家内とずーっと物見遊山に行ってない。休日になるとあてどもなく出かけ、今日はどこ行くか~、なんてノリで一日フラフラして帰ってくるものなのだが、もう何ヶ月もできなくて、つまらないことおびただしい。で、今日こそ行くことにする。ところが、家内が全然乗り気じゃない。実は、今日は受験の関係で次男坊を連れて松本へいくことになっていたのだが、肝心の次男坊が体調を崩して行かない、となってしまったので、すっかりテンションが下がってしまっていたのだ。何だよーと思いつつも促せば、
「どこいくのよ~」
みたいな感じで目的地を聞くもんだから、じゃあ今日は山梨方面!と目星を付け、ネットで探してみると、「マンモス象牙博物館」なる施設を発見し、そこへ行くことにした。なんでも、印鑑屋さんの社長が集めたコレクションを公開しているのだ。だいたい、個人のコレクションってその人なりのこだわりがあったりして、たいてい面白いんだよな~。
 というわけで、圏央道を南下し八王子ジャンクションで右折して中央道を西へ下る。目的地周辺のインターで降りると、そこに「農産物直売センター」がある。早速寄ってみよう。
まあ、あんまり大物はなかったが、ちょっと気になるワインが売っていて、家内の
「別に今買わなくてもいいんじゃないの?」
という抗議にも耳を貸さず、買ってしまった。だって、今しか手に入らない、って心の声が言うんだもんね。
 さて、そこから目的地の「マンモス象牙博物館」まではすぐである。小高い丘のてっぺんにあるようで、どんどん上っていく。すると、なんだか変な雰囲気。でっかい駐車場に観光バスが一台止まっている。降りてみると右側に神社みたいのがあって、旗指物が翻っているが、神社じゃなさそうなんだよなあ。いったいナニこれ?と思いつつ、まあ観光バスも来るんだからそれなりに見所のある場所なんだろ、と思いつつ正面玄関に入っていくと、なんだか判子やさんの一角が、その博物館らしい。で、入口にはいると、係のおばちゃんらしき人がはじかれたようにすっ飛んできて、
「今日はどういったご用件で?!」
というのだ。何か間違ったところに来ちゃったか?でも気を取り直して、
「イヤ、博物館の見学に…」
というと、切符を切ってくれる。一人¥500だ。それにしても変なところ。で、陳列物を見始めたら、家内がいなくなってしまった。待てど暮らせど来ないので、先へ行ったか、と、どんどん行くと、なんだか姓名判断のブースがいっぱい並んでいるところにでた。なんだか妙に宗教的、というかカルト的、というかオカルト的というか、まことに変な場所である。しかもどのブースも取りあえず人がいる。ちゃんとやってるのね。どんどん進むと、メインの象牙細工を展示してある場所に案内された。家内はいない。こりゃもう動かない方がいいな。とその場で待っていると10分ぐらいもたった頃、やっとのことで烈火の如く怒りつつあとから来た。いつものことだが結局俺が悪いんだな。でも、なんだか戻るのもためらわれる雰囲気だったし。
 ところが、その展示物、というのがなんだか妙に禍々しい雰囲気を醸し出している。そればかりか、あとから来た団体さんとおぼしき人たちが、どう考えても通常俺と書かないとかがお近づきになるはずがないであろう方々なのだ。家内はすっかり気分が悪くなってしまい、先に行って待ってるから、とサッサと行ってしまった。でこっちも早々に引き上げるが、やっぱり途中に姓名判断のブースがたくさん並んでいる。途中で家内と合流するも、なんだか、待っている間に印鑑だとか姓名判断だとか勧誘された、と言うんだな。結局、この施設は一言で言って判子屋さんであって、その付帯設備であるところの博物館なんかを目的にわざわざ来るような酔狂は通常いない、ということだったのだ。それなら、ネットでいかにも他の(たとえば県立美術館みたいな)博物館と並べて書いとくなよ、ってどこのページだか覚えてないが毒づきたくなる。で、気分直しにその県立美術館へ行くことにするが、すでに時刻は13時30分。美術館到着は14時。入館しようとすると、駐車場がいっぱいで入れない。やむを得ず帰る。途中になんだかガラス細工のショップみたいのがあって(そこも展示館を併設している)、そこに寄っていろいろ見て買って、もう、今日はゲンが悪いから帰ろう、ということにして、高速に乗る。だが、家内が、せっかく山梨に来たんだからほうとうが食べたかった、というので、談合坂SAに寄ってみるとしっかりレストランで食べることができた。
SBCA0084.jpg
それから、多摩境のコストコに寄ろう、と八王子ICで降りるが、かなり渋滞していてウンザリし、コストコには目指すものがなく、やっぱり今日は駄目だわ~と情けない思いで帰ってきましたとさ。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/02/06 23:17 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |