FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

大地讃頌におぼれて死ぬ

 この一週間、歌のテストで明け暮れた。まずは週の前半は3年生で、「早春賦」。これはまあ、よかった。独唱曲だから普通に歌えば一応完成品だからね。まあ、「春は名のみの」を「Ha ru ha na no mi no」とやってくれちゃった奴が想像以上に多くて思い切りヘコむ、というアクシデントもあったが、それでもまだ耐えられるといっちゃあ耐えられる。それが5クラス、180人。
 だが、1年生と2年生の課題、「大地讃頌」はそうはいかないでしょ。音楽室では課題レポートを書かせながら順番を待たせつつ、時間の関係で二人ずつ準備室に呼んで、
「いちいち待たせるな。ハイ、番号と名前を言って。ハイそこに立って。もっと後ろに行け(前に来い)!ハイやるよ。ほら、笑ってるんじゃない。減点するぞ。準備しろ。」
なんて指示を出しつつ、ややこしい伴奏を弾きつつ、チェックポイントに耳を傾けようと思いつつ、蚊の泣くような声で歌ってるんだかつぶやいてるんだかわからんショボイ奴らの声が聞き取れないから、伴奏の音を最小限のピアニッシモに音量を落としつつ思いっきり耳をすますが、それでも聞こえないからほとんど心の耳で聞く、という芸当をしつつ得点を何点にするか考える。そして曲の途中で
「ハイ、そこまで」
と非音楽的にぶった切って、緊張の糸が切れて大騒ぎをしつつ人の閻魔帳をのぞき込もうとする奴らを遮りつつ、
「早く次の奴を呼んでこい!評価?今つけてるところだ。ほら、オマエらが出ていかなければ次のが入ってこられないだろ。時間がないんだよ!ああ、ああ、上手だった、上手だった。大丈夫だから心配すんな!うるさいっ!早く出てけ!」
なんて怒鳴りつつ1時間が終わる。何といっても「大地讃頌」だからね。味も素っ気も(全然とは言わないが)ない混声4部合唱のどこかのパートを何回も何回も聞かなければならないし、それぞれに違う発声だの姿勢だの表情だの音程だのを厄介な伴奏を弾きながら判別する。それが何と9クラス!320人!これはハッキリ言ってほとんど拷問です。わかっていただけるでしょうか!途中からもう感覚が麻痺してきて、(ハ~これいつ終わるんだ?)なんてボーッと考えてたりする。

 というわけで、今週は参ったわ~。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/02/26 22:07 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

前期試験の結果が!

 いよいよ3年生の高校入試も大詰めに近づいている。今日は公立前期入試の結果が発表された。まさに悲喜こもごもの涙の一日だったかもしれない。それにしても、県立の入試は明らかに様変わりしている。ある程度予想されたとはいえ、受検したうちの50人が不合格であった。これから最後の瞬間に向けてもう一がんばりしなければならないであろう。だが、それは必ず自分に「益」になって返ってくる。がんばってほしいものだ。
【 2010/02/24 22:44 】

閉めちゃった別ブログの記録  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

歌のテスト「春は名のみの」か「春、花の実の」か?

 昨日・今日と3年生の歌のテストをした。課題曲は「早春賦」。日本の音楽大学の最高峰、東京藝術大学声楽科の課題曲にもなるというなかなかの難曲なのだが中学校の「学習指導要領」の中に入っている。つまり日本中の音楽の教師が文科省に「教えろ」と指示されている曲なのである。まあ、3年生の最後の歌のテストの課題としてはまさにふさわしいとも言える。こっちもそのつもりで気合い入れて教えていたつもりだったのだが……。

 残念ながらかなりタメイキの出そうな結果であった。この曲は音域が広く、始まったとたんに低音から高音までアルペジオで1オクターブ半も飛び上がらなければいけない。これはまあ、できない人がいてもある程度は仕方ないかな、と思っていたのだが、
かなりのパーセンテージを占める3年生が
「HA RU HA~」

と歌い出したのにはまさに絶句であった。これまで教えた3年生でも、学年に必ず何人かそういう失敗をする生徒がいたので(つまり教え方が悪かったのだろう、とこっちも反省を繰り返して)、今度こそそういう生徒がいないように、と満を持して教えてきたのに…。それにもかかわらず、これほどまとまった数の、それも3年生ともあろうものが、こんな歌い方をしたのは初めてである。

今、ワタシは深刻に反省している。というよりヘコんでいる。

ちなみに、一番の歌詞は次の通り。


春は名のみの 風の寒さや
谷の鶯 歌は思へど
時にあらずと 声も立てず
時にあらずと 声も立てず

HA RU HA なのか、HA RU WA なのか、普通の日本人には明白ですよね。
【 2010/02/23 22:43 】

閉めちゃった別ブログの記録  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

久々のローゼンジ

テクモドという変な名前のデカール屋さんがあり、そこの4色ローゼンジを何年か前にヤフオクで落っことしていた。やっとその出番が来たということですね。
SBCA0091.jpg
下翼を胴体にくっつけたんだけど、このレイアウトがちょっと変わっていて、胴体の下に張り出しているから、面倒くさい。一応、後からの作業が面倒になるのがイヤなので、下翼正面の一番内側だけはローゼンジのデカールを貼りましたとさ。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2010/02/23 21:52 】

RolandDVIb(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ローラントです

 なかなか進まない作業。何をどう始めていいのかあまりよくわからんのだ。「新年おめでとう企画」として作り始めたはいいが、そのまま一月半も放ったらかし、というのも凄まじいや。
 やむを得ず、今日はまず水平尾翼を接着した。胴体尾部に切り込みが入っていて、そこに一枚板の尾翼を十文字に差し込むタイプである。次に、機体のあちこちに色差しをする。まずこの特長ある胴体、クリンカー式という作り方らしいのだがようするに胴体に縦縞が入っている。そこにタミヤのレッドブラウンをシンナーで解いたヤツを流し込んでは拭き取る、というのを繰り返す。たてに拭いたり横に拭いたりで、やっとのことで少し墨入れ状態になるが、その分他の部分も少ーし色が濃くなってしまうが、仕方がない。一応こんな感じ↓になりました。実はまだ下翼は接着していません。
SBCA0089.jpg

 次は、胴体下部から出てきている張線の穴明けをして、テグス糸を埋め込んで、下翼上面にローゼンジプリントのデカールを貼ってから下翼を胴体に接着すれば、一応普通の手順が見えてくるかな。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2010/02/21 22:37 】

RolandDVIb(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

やっと一息

 先週は実につらかった。というか、それ以前からずっと体調が悪かったらしい。「らしい」というのは、何となくだから、よくわからないんだな。特に、学校に行っちゃえばパワー全開で突っ走っちゃうから、体調悪くても気にならないんだよな~。朝起きたときにちょっと感じるぐらいだ。
 それでも、先々週の金曜日には間違いなく調子が悪かった。それをどうにか我慢して1日がんばったら、1日おいて日曜日から3日間、全く動けなくなった。咳はでるし、頭痛はするし、鼻水は流れまくるし。熱は下がらず、全身だるくて何をやろうにも気力がわかない。
 で、月曜も火曜も学校に行けなかった。やっとのことで出てきた水曜日は、なんだか夢遊病のようだった。しかも朝練を少し早めに開始しよう、と吹奏楽部の生徒と申し合わせたこともあったから、病み上がりでも早起きは必須。学校ではへこたれた様子は見せてないつもりだったが、それでもけっこうな生徒から、
「先生、今日はテンション低いね」
なんて言われてしまっていた。やっと金曜日ぐらいからは本調子になったのでよかった。

 今日は半日練習で、「3年生を送る会」の曲の練習をした。曲数が少ないから一つ追加しようね、と自分で言っときながら、しかも曲は「In the Mood」と決めておきながら、楽譜を渡すのを忘れていたことが今日になって判明。至急渡して、しかもその日のうちに合わせとは、なかなか部員にとってもハードである。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/02/20 22:58 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

最悪の誕生日

ここんところ体調が悪い。だいたい、音楽の授業が合唱の指導一辺倒で、全然ノドが休まるときがなくて、首とか喉のあたりのスジとか、あっちこっちが不気味に痛かったのだが、数日前からどうも気管支がイカレたらしく、咳は出るし奥の方から痰が出る。どうにかせにゃならんのに、休んでるヒマがない。で、ついに今日は休むぞ!と心に決めて朝寝をする。12時半、ついに起き出すが、家中から、
「ナニ、起きてきてんの。」
「ナニ、昼飯食うの?」
とまあ、ブーイングの嵐だ。実は今日、誕生日なんですけど…、と心の中で抗議したいところだが、受験生が神経質になっているこの時期に体を壊すなんてもってのほかではあろう。邪険な扱いもやむを得ないところだ。
昼飯食って、それから娘の試験曲の入っているオペラ「ラ・ボエーム」を見ているうちにやっぱり体調悪い。咳が出る。これはいつまでもリビングにいてはなるまい、と4時半、再び寝室へ。YOU TUBEなんかでオペラの動画なんかを見てるうちに、ふと気づいてみるとすごい寒気がする。ありゃ、まずいぞ。熱出たかも。で眠ることにする。ふと、目が覚めて思いついて熱を計ると37度!俺にしちゃー高熱である。
その後、晩飯になるが、枕元まで持ってきてもらった。今日はこのまま寝るしかあるまい。本当は一日中プラモデルを作ってるつもりだったのだが。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2010/02/14 21:32 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

もういいか…という完成

一応完成、ということで。このキット、とにかく合わせが悪いよ。これから作る人は頑張ってください。

SBCA0087.jpg
張線は結局不要でした。実は主脚のところにバッテンに貼らなきゃいけないと思っていたのに、よくよくいろんな写真を見てみると、張線はなくて、三角形にハリが入っている。ところが部品には入っていないので、のばしランナーで追加した。それ以外は全部ストレートであります。
SBCA0086.jpg
デカールが実にしんどい。でもやっと全部貼った。やっぱりメチャメチャ面倒くさかった。この表面の波々にどうしてもデカールがなじまないのだ。そして、無理に押しちゃうと波々にあわせて短冊状にバラバラに裂けてしまう。本当にとんでもない。結局、マークソフターを使えばよいことがわかった。今までマークセッターしか使ってなかったが、全く失敗だった。どこかにしまっちゃったのを、ものぐさをして捜さなかったのが悪かったです。(結局、今回ので見つけた)

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2010/02/11 23:36 】

JunkersD.I(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

今までで最低の「お出かけ」

 家内とずーっと物見遊山に行ってない。休日になるとあてどもなく出かけ、今日はどこ行くか~、なんてノリで一日フラフラして帰ってくるものなのだが、もう何ヶ月もできなくて、つまらないことおびただしい。で、今日こそ行くことにする。ところが、家内が全然乗り気じゃない。実は、今日は受験の関係で次男坊を連れて松本へいくことになっていたのだが、肝心の次男坊が体調を崩して行かない、となってしまったので、すっかりテンションが下がってしまっていたのだ。何だよーと思いつつも促せば、
「どこいくのよ~」
みたいな感じで目的地を聞くもんだから、じゃあ今日は山梨方面!と目星を付け、ネットで探してみると、「マンモス象牙博物館」なる施設を発見し、そこへ行くことにした。なんでも、印鑑屋さんの社長が集めたコレクションを公開しているのだ。だいたい、個人のコレクションってその人なりのこだわりがあったりして、たいてい面白いんだよな~。
 というわけで、圏央道を南下し八王子ジャンクションで右折して中央道を西へ下る。目的地周辺のインターで降りると、そこに「農産物直売センター」がある。早速寄ってみよう。
まあ、あんまり大物はなかったが、ちょっと気になるワインが売っていて、家内の
「別に今買わなくてもいいんじゃないの?」
という抗議にも耳を貸さず、買ってしまった。だって、今しか手に入らない、って心の声が言うんだもんね。
 さて、そこから目的地の「マンモス象牙博物館」まではすぐである。小高い丘のてっぺんにあるようで、どんどん上っていく。すると、なんだか変な雰囲気。でっかい駐車場に観光バスが一台止まっている。降りてみると右側に神社みたいのがあって、旗指物が翻っているが、神社じゃなさそうなんだよなあ。いったいナニこれ?と思いつつ、まあ観光バスも来るんだからそれなりに見所のある場所なんだろ、と思いつつ正面玄関に入っていくと、なんだか判子やさんの一角が、その博物館らしい。で、入口にはいると、係のおばちゃんらしき人がはじかれたようにすっ飛んできて、
「今日はどういったご用件で?!」
というのだ。何か間違ったところに来ちゃったか?でも気を取り直して、
「イヤ、博物館の見学に…」
というと、切符を切ってくれる。一人¥500だ。それにしても変なところ。で、陳列物を見始めたら、家内がいなくなってしまった。待てど暮らせど来ないので、先へ行ったか、と、どんどん行くと、なんだか姓名判断のブースがいっぱい並んでいるところにでた。なんだか妙に宗教的、というかカルト的、というかオカルト的というか、まことに変な場所である。しかもどのブースも取りあえず人がいる。ちゃんとやってるのね。どんどん進むと、メインの象牙細工を展示してある場所に案内された。家内はいない。こりゃもう動かない方がいいな。とその場で待っていると10分ぐらいもたった頃、やっとのことで烈火の如く怒りつつあとから来た。いつものことだが結局俺が悪いんだな。でも、なんだか戻るのもためらわれる雰囲気だったし。
 ところが、その展示物、というのがなんだか妙に禍々しい雰囲気を醸し出している。そればかりか、あとから来た団体さんとおぼしき人たちが、どう考えても通常俺と書かないとかがお近づきになるはずがないであろう方々なのだ。家内はすっかり気分が悪くなってしまい、先に行って待ってるから、とサッサと行ってしまった。でこっちも早々に引き上げるが、やっぱり途中に姓名判断のブースがたくさん並んでいる。途中で家内と合流するも、なんだか、待っている間に印鑑だとか姓名判断だとか勧誘された、と言うんだな。結局、この施設は一言で言って判子屋さんであって、その付帯設備であるところの博物館なんかを目的にわざわざ来るような酔狂は通常いない、ということだったのだ。それなら、ネットでいかにも他の(たとえば県立美術館みたいな)博物館と並べて書いとくなよ、ってどこのページだか覚えてないが毒づきたくなる。で、気分直しにその県立美術館へ行くことにするが、すでに時刻は13時30分。美術館到着は14時。入館しようとすると、駐車場がいっぱいで入れない。やむを得ず帰る。途中になんだかガラス細工のショップみたいのがあって(そこも展示館を併設している)、そこに寄っていろいろ見て買って、もう、今日はゲンが悪いから帰ろう、ということにして、高速に乗る。だが、家内が、せっかく山梨に来たんだからほうとうが食べたかった、というので、談合坂SAに寄ってみるとしっかりレストランで食べることができた。
SBCA0084.jpg
それから、多摩境のコストコに寄ろう、と八王子ICで降りるが、かなり渋滞していてウンザリし、コストコには目指すものがなく、やっぱり今日は駄目だわ~と情けない思いで帰ってきましたとさ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/02/06 23:17 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

大地讃頌

 ここんとこ、大地讃頌の練習に取りかかった。卒業式では完ぺきな演奏を来賓や保護者に聴かせるのだ。という気概をもって、日々授業に取り組んでいる。だが、そんな人の気持ちを知ってか知らずか、生徒の方(特に男子)はなかなか思うようにはいかないのが悩みの種だ。それでも、どうにか今週で軌道に乗ってきたかもしれない。だが、この一週間ですっかりノドがくたびれきってしまった。あと一日こんな日々が続いたら、もうノドがパンクするかもしれなかったところだ。卒業式まで、まだあと一月以上あるというのに、どうなってしまうのだろうか。
【 2010/02/05 22:35 】

閉めちゃった別ブログの記録  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

塗装・組立て終了。

組立と塗装、これで終了だってんだから、相も変わらずテキトーである。
あとはデカールを貼るだけ。でも何といってもローデンのデカールだからね。糊は弱いし皮膜は薄くて破れやすいし、その上プラスチックの表面になじみにくいし。ちょっと億劫である。
SBCA0083.jpg

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2010/02/05 21:35 】

JunkersD.I(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

金属製ユンカースまもなく完成か?

ライト兄弟から15年しかたってない時期にこれだからね。まさに最先端技術を駆使していたのだろう。そういうこっちも、思いのほかに早く完成に近づいた。
SBCA0082.jpg

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2010/02/03 23:15 】

JunkersD.I(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

3年生復帰

 ここに来て、3年生が部活に復帰する姿が見られるようになった。私立単願で進路の決定した部員が練習に戻り始めたのだ。まずは、3年生を送る会での演奏に向け、調子を取り戻すことになろうか、というところだ。公立を目指している、その他の3年生は、進路実現のために一層がんばってほしい。あと少しだ、がんばれ!
【 2010/02/02 23:30 】

閉めちゃった別ブログの記録  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

爆!氷上のバイク

 ウチの地方には珍しい雪が夜半過ぎまで降っていて、朝は幻想的な雪景色。珍しくも美しい風景だが、仕事に出かける、ということになればそうもいっていられない。だが、多分午後からはコンディションも全く好転するであろう、という安易な予測のもと、今日はうっかり原チャリで仕事に出かけてしまった。ところが、出発したとたん、道路はほとんどどこも凍り付いている。まるでスケートリンクだ。そして、ちょっと広い道に出て数百メートル進んだとき!全体の意志を無視して後ろのタイヤだけが勝手に前へ進もうとする、あのイヤな感覚が!そして次の瞬間我が友は前の車輪を中心にして反時計回りにぐるっと回りつつ、横倒しに。静止して数秒後、エンジンが勝手に止まる。こっちは左足がハンドルとバックミラーの間に挟まって抜けるのに手間取り、しかも凍り付いた路面が滑って立ち上がることができない。ここまで凍っているとは驚きである。後続の自動車がいなくて本当にラッキー。やっとのことで走り始めてみるとどうも左の腰骨を打ったようで痛い。まあ、この程度ですんでよかったかな。
 そこからはもう自転車よりも遅く走るしかない。これじゃ遅刻必至だな。やむを得まい。進むも退くも一緒だ。まわりの自動車もみんな20㎞ぐらいの低速走行。アイスバーンが恐ろしいのであろう。国道に出て、やれやれ、ここなら普通にとばせるだろう、と思ったらあにはからんや、路肩の方はやっぱり凍っているのだ。南無三宝、ここでコケて後続に引っかけられたらそれこそ天国行きの片道切符だ。で、ここも自転車並みの早さでどうにかパスし、学校に到着するとすでに20分遅刻だ。まったく、アホな1日のスタートである。

 さて、なんでかんであって最後の6時間目、3年生の授業である。週に1回しかない授業、公立入試まであとわずか、ということになればもう今の時期は卒業式に向けての秒読み段階だ。余計なことはやってられない。今日は、音楽室で3年生を送る会の合唱のパート練習をさせつつ、準備室にパート毎に呼んで卒業式の「大地讃頌」の手入れをせねば。
 というわけで、ソプラノ・アルト、と進む。次はテノールだ、というわけで男連中に来てもらってみると、バスが混じってる。ホント、指示を聞いてねえ奴らだ、とバスに出てってもらうと、それと一緒に行っちまおうとするテノールが一人いる。バスの仲間とつるんでサボろうというわけだな。それを呼び戻そうとすると、
「知らねえよ」
とかうそぶいている。で、重ねて呼びつけて
「お前テノールじゃないか」
と確認すると、いきなり
知らねえって言ってんだろ、死ね!
ですと。普通の人間じゃありえませんね。で、しょうがないので追いかけていって
「何だ、今のは!ふざけるんじゃねぇ!」
と指導にはいるが、まあ、周辺に仲間もパンピーもいるから、その手前、そいつも(ごめんなさい)と素直に引っ込むわけにはいかない。で、おきまりの押し問答になってしまう。終いにそいつは音楽室を出て行ってしまう。しょうがねえなあ。こっちは足も悪いし、追いかけてってとっつかまえて、というのができないのがもどかしいところだ。仕方なく、学級委員に
「ホニャララがいなくなった、って職員室に言ってきて。」
と依頼して、こっちは授業を続けることにする。だいたい授業終了15分前ぐらいかな。結局そいつは授業が終わるまで戻ってこなかったが、仲間のイチビリが、終了の礼の時に
「先生、ホニャララいたよ。」
「どこ?」
「トイレでウンチしてた。」
は?…もはやこいつはスルーだな。わけわからん。
 あとで、担任に聞いてみると、その時、担任がそいつを捕まえて、自分のクラスで話をしていたという。それで、何とか話をしてそいつは音楽室に戻る、ということになった。ところがそのうち腹が痛くなってきた、といいだしたらしい。で、どうやら途中で下しちゃったらしいのだ。つまり、最前のイチビリの話もあながちウソじゃなかったということになる。なんという情けない…。たかがこんなことで下しちゃうぐらいだったら、最初からイキがらなきゃいいじゃん。本当に、わがままでひ弱で自分の言動にコントロールのきかないヤツだったんだな。可哀想になっちゃうぐらいだ。でもこっちだって、生徒に「死ね」なんて言われて黙ってヘラヘラしてるわけにいかないんよ。

 帰りは、再び凍結しないうちに、と急いで職場を出たが(福島出の同僚の先生が、「日が暮れると急に気温が下がって、こういう時はすぐ凍結するよ」なんて脅かすし)、道路もすっかり乾いていて、快適に帰ってきましたとさ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/02/02 21:10 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

機関銃を装備する

機関銃と弾の通り道の部品を取り付ける。いよいよ組立も終盤である。
SBCA0081.jpg
それにしても、あれだけ手間ひまかけて作ったエンジンが、結局シリンダーヘッドの先っぽしか見えないじゃないか。バカバカしいのう。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2010/02/01 23:49 】

JunkersD.I(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |