FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

発熱

 そういうわけで週末は寝込み、日曜日には8度7分まで上がって、1日練習するはずだった部活を取りやめにし、「休日診療所」なるところにまで出向いてインフルの検査をし(陰性だった)、月曜日も頭痛と肩や腰の痛みに悪寒が収まらず1日仕事を休んで眠りこけ、やっと今日になって動けるようになったので仕事場へ。
 原付が切ってゆく風は氷のように冷たく頬をさすが、贅沢は言えません。ところが、昨日休んだのはワタシだけじゃなかったらしく、大変だったらしい。一人はもとから人間ドックだったし、もう一人はワタシと同じタイミングで体調を崩して休んだという。そのせいで、きのうは人手が足りず、清掃指導ができなくて掃除なしになった、なんて修羅場もあったみたいだ。で、その先生は今日もまだ復活していないから、彼の担任する学級に学活をやりに出て行け、と主任がのたまう。うわ~、学期末のこんな時の学活にピンチヒッターかよ~、昨日休んだ罰が当たったか、と目の前が暗くなりそうだ。だが、その担任は、今日行われる大掃除の主担当なので、1時間休んだら這ってでも来ると言っているらしい。ちょっとホッとする。人間ドックの先生は、なんだか気分よく検査を受けてきたらしく、満面の笑顔で「いいところだったよ!」とワタシ(土壇場で予約が取れなくて困っているのを見かねて紹介してやったのだ)に報告してくる。
 1時間目がその学活。「冬休みのしおり」というのを、バラバラになっているものを配布して製本させ、冬休みの計画やら目標やらを書かせる、というメニューである。そのクラスの担任は学校きってのうるさ型なこともあり、生徒たちは落ち着いて和やかに作業を進める。昨年のこの学年にこんな穏やかなホッとする空間は存在しなかったのだから、この担任の力はすごい、とあらためて実感する。のんびりと世話ばなしなんかをしつつ、ことはゆっくり進んでいく。だが、危惧したとおり、時間は大幅に余ってしまう。まだ25分もあるじゃないか!やむを得ず、
「チェックするから、書いたの持ってこ~い」
といえども、もはや遊びモードに入っちゃったガキどもはどこ吹く風、すぐに素をさらけ出してしまう。本当に、3年間中学生としてさっぱり成長しなかった学年だ。と思ったら、
「書きました~」
なんて言いながらしおりを持ってくるヤツらもけっこういる。こりゃビックリ。しかもけっこうちゃんと書いて、新年の抱負なんかも書いたりしてるし。混沌の中にも静かに2極化は進行しているのだ。この成長の波に乗り遅れたヤツらは、いざというときが来ても「気づいて後悔する」ということさえもできないほどの愚か者になってしまっていることであろう、と想像すると、本当に哀れである。
 2時間目は学年集会。体育館に3年が集まるが、私語が止まらない。誰が何を言っても何と注意しても怒鳴っても止まらない。いつものヤツだ。圧倒的な力によって、暴力によって押さえ込む以外に方法を失ってしまった集団。つまり現代の中学校ではどうすることもできない集団相手に、主任やら生徒指導担当が空しい言葉を発する、いつもの寒々しい光景だ。これが自由平等の民主主義精神による教育の成果、いや、成れの果てなのかもしれない。
 3時間目、大掃除。やっとのことで出てきた担任とチェンジし、いつもの掃除場所へ行って、時間いっぱい怒鳴りまくって生徒を叱咤しつつ、雑巾を絞ってあちこちを拭いたりなんだりするが、とにかく水の冷たいこと、まさに氷のようである。長くは水仕事は続けられない。放っておくとどいつもこいつも遊び始めるが、こまめに指示を出すと、それだけは取りあえずやる連中が担当区域の当番なので、まだ恵まれていると言うべきか。時々よその掃除場所の男子がウロウロ紛れ込むが一喝して追い払う。(そいつらは最終的に校舎の外に出て、日の当たる南側に自然に集合し、遊び呆けていたらしい。)トイレ掃除と廊下を主に面倒見て、最後に教室掃除の仕上げを確認し、大掃除は終わった。充実の時間ではあったが、中学校の大掃除って、何で終わったときに「キレイになった!」という感動がないのだろうか。

 昼飯を食って部活やるぞ、と思ったら、あさって保護者に手渡す「成績通知書(内申書と同一のもの)」を作成するから、それの手伝いをしなければならない。さらに、学年会計担当だから、業者と会って支払いなんかもしなければならない(年末だからね)。結局、またしてもろくろく部活はできず、来月下旬の行事で演奏する曲すらまだ決められない有様。どうなるの?
 というわけで結局、病み上がりだというのにフルタイムに仕事をして暗くなってから帰ってきた。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2009/12/22 20:31 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

最悪!スケールテスト

 今年度最初のスケールテストを実施した。
全然さらってねーじゃねーか!
結局、3時から4時10分までぶっ通しで次から次から出てくるヤツ出てくるヤツ、全員不合格!
こっちは「不合格!」というがために冷蔵庫みたいな音楽室の真ん中に座っている、という気がしてきて、すっかり滅入ってしまった。ま~指はまわってないわ、テンポは遅すぎるわ、音はまちがえるわ、抜けてるわ、音程はメチャメチャだわ、上がりきらないわ、譜読みはやってないわ…!!
なめてるね、スケール。基礎を笑うものは基礎に泣く。こんな調子じゃ、来年のコンクールはろくなことになるまい。
【 2009/12/22 20:17 】

閉めちゃった別ブログの記録  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |