FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

フィアット、最近話題に

 フィアットって、最近は飛行機作っているのでしょうか?この頃はGM破綻に関連して何かと話題にも上ることが多いけど、昔ローマを旅行したときに、オンボロ車の代表格みたいにちっこいフィアットがアルファロメオの小さいのと一緒に街いっぱいに存在感を主張していたのを思い出すのですが。

 とかなんとか言ってるうちに、いつの間にか形ができあがってきました。
Image082n.jpg
このぶっといスジ彫りに黒を流したのは失敗だったような…。まいったね~。ちなみに翼間支柱は一本ずつ全部で12本、いちいち長さを調節して接着する、という面倒くさい作業を余儀なくされました。しかも、部品の長さが足りず、ランナーの一部を利用してどうにか接着し仰せました。さすがイタリア、ラテンの血が流れているキットですね…ようするに、やってることがかなりいい加減。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2009/05/31 23:18 】

Fiat CR32(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

95式いよいよ大詰めに

 組み立てが終わりました。全部組むのが終わったときに、削りクズその他の細か~いゴミをまとめ、ランナーと一緒にゴミ箱に放り込む瞬間ってなんだか快感です。
Image081n.jpg
スピナーと胴体帯の色を赤にするか黄色にするか、ずっと悩んでいましたが、結局黄色にしました。そっちのほうがカラフルだからね。ただそれだけの理由です。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2009/05/31 23:06 】

95式戦闘機(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

もうすぐ本番

 今度の水曜に近所の小学校で校内の「音楽鑑賞会」のような行事があって、そこで家内が演奏を頼まれている。しかし、自分だけでやるよりは変化があって面白かろうというので、娘(音大目指して浪人中:ソプラノ)と長男(音大2年:テノールに声種変更中のバリトン)の3人でソロあり重唱ありのプログラムを組んでワンステージこなすことにした。
 で、昨日は夕方伴奏者がきて合わせを行った。伴奏者は昨年度まで長男とご学友だった作曲科学生で、今年は芸大を受験し直して(しかも合格して)そっちへ行っちゃった、という剛の者である。我が子ながら顔が広いことだ。しかも俺と違ってピアノの技量も申し分なしの好青年。
 作曲、というと、こっちも学生時代の専攻である。ある意味懐かしい思いもあったが、あまりそっちのほうの会話はなかった。そのうちまた会ったら四方山の話をしてみたいような気もする。
 練習のほうは、子供連中は(伴奏者も含めて)やはりまだ少し青いな~。なんだか歌とピアノの合わせはぎくしゃくしてるし、歌は歌で、発声も表現も問題だらけ、ツッコミどころ満載である。だが、久しぶりに楽しさあるひとときではあった。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【 2009/05/30 23:21 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

どうなるイタリア的戦闘機

 いろいろ手を加えた挙げ句、ついに上翼を棟上げしてみた。前部胴体支柱がなんだか短いみたいで、上翼が前に向かってお辞儀しちゃう感じである。やばい。
Image080n.jpg
異様なポーズで養生中のお姿。
【 2009/05/28 22:17 】

Fiat CR32(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

張線あっさり終了

 さすが、時代の下った飛行機は複葉とはいえ張線が少ない。拍子抜けするぐらいあっさりと張線が終わりました。
Image079n.jpg

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2009/05/28 21:12 】

95式戦闘機(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

1年3ヶ月ぶりの完成

 今日は意を決して、夕方デカール貼りを開始。暗くなる頃に貼り終わる。つまり、完成。おめでとう!
Image078n.jpg
選んだデカールは蛇の目マークの白の部分が機体色になっている夜間戦闘機仕様?ただでさえ地味なイギリス機がよけい地味。というか地味すぎてWWIという感じがしませんね。唯一主車輪のカラーリングだけが派手。デカールのつやが機体のつや消しとマッチしていなくてちょっとNGです。でもそのままです。
 そのうちHPにもアップしましょう。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2009/05/27 22:30 】

SE5a(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

へこむぜ、リハビリ

 お医者さん行って、ギブスを取ってもらった。それまではどうにか足をついて、片松葉で歩けるようになっていたのに、また歩けなくなってしまった。片方の足には15キロしか体重をかけられない。ギブス取ったことで一歩前進、と思ったのだが、実際の動きのほうは一歩後退である。はじめからやり直しか…トホホのホ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2009/05/25 20:06 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

イタリア的戦闘機

 膨大(といっても普通の積みモデラーに比べればマシ、と自分では思っている)なストックをこの機会に解消させなければ、というところで、やる気の失せた95式戦闘機をちょっと横に置いて、フィアットを進める。黄土色にオリーブグリーンの迷彩はうまくいきません。筆塗りですから。前日にやった後部と今日やった前部で、雰囲気が違ってしまった。面倒くさいのう。
 でも一応上翼の棟上げに向けて、胴体の工作・色差しなどを進めてゆく。
Image076n.jpg

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2009/05/24 23:46 】

Fiat CR32(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

95式戦闘機が進まない

 どうもSE5aなんかと同時進行なものだからかどうか、日本の戦闘機にしては妙に大きな図体をしているような気がして、しかもそれがヌメっとした灰緑色なものだからかどうか、なんだか意欲が薄れてしまっている。そんな気持ちに鞭打って(そこまでせにゃいかんもの?)ちょっとずつ工作するが…。
 とにかく、主脚を組み立て、鼻先の部分やプロペラなどの色塗りなどをやった。
Image077n.jpg

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2009/05/24 23:38 】

95式戦闘機(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

どうも食べ過ぎる

 いま、ギブスも含めて体重は72キロ。絶対重すぎる。腹の周囲の脂肪が気になる年齢になってしまったのか。身長(m)の二乗に22をかけるという「理想体重」とやらは63.85キロで、9キロほども差がある。
 ま、それはともかく、足が悪いのに体重が増えるのはまったく困ったことだ。減らさなきゃ。カロリー摂取過多を何とかするべきだ。

 それなのに、どうも食べてしまう。

 そういえば、「新潟チップス」というのがある。どうやらお米の粉でポテトチップスを作ったものらしい。国の食糧自給率が減少しているにもかかわらず食糧政策も迷走しているが、俺の見立てではこれからの日本人はもっと「米」を食うようにしなければ我が国の未来はないのだ。そういう気持ちも底流にあって、この間木島平から新潟を回ってきたときに柏崎らへんのスーパーマーケットで見つけた時に、思わず衝動買いしてしまったのだが、しかもけっこう高かったので買うかどうかかなり真剣に悩んだのだが、今日それを開けた。一口食った印象は…。うわ~~ビミョ~~だー。まったく醤油を使わないお煎餅のような?薄い塩味もなんだか中途半端にも思える。ところが…。なんだか妙に後を引くんだな、これが。
 それで、寝坊して遅いブランチを食って、ズボラしてるうちに3時頃になっちゃって、家にだぶついているスイーツをおやつだか昼飯代わりに食って、ついでにポテトチップスを食って、いい加減腹が落ち着いた、というところで件の「新潟チップス」も開け、家内と娘と3人で
「なんだこりゃ?」
と言いつつバクバク食べちゃって、結論としては、けっこうおいしかった。軽い食感で、そのくせ腹にどっしり来るし、油っぽくなくてヘルシーな感じもすごくGoodである。こりゃありだね。でも、もっと安くなくちゃね~。
 それからさらに、まだ物足りない、というわけで近所の幸楽苑とかいうチェーン店に行ってラーメンを食ってしまった。絶対にカロリー摂取しすぎです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2009/05/24 23:30 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

工作は終了してしまった

 結局、作るべきところ・塗るべきところはすでに終わってしまった。後はデカールのみ。『シルバリングのできないデカール』というものは作ることはできないのだろうか…。
 ようするにデカール貼るのが面倒くさくて作業が止まっています。
Image075.jpg

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2009/05/23 23:33 】

SE5a(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

SE5a進行中

張線はったが、あまりにも久しぶりで、少しだるい感じになってしまった。あちこち工作を進行させた。垂直尾翼にデカールを貼る前に尾翼の張線やっちゃったので、困ったのう。
se5a04.jpg

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2009/05/21 21:10 】

SE5a(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

出歩く

 とにかく、足を回復させなければ。というわけで、出歩いている。今日はカインズホームへ行ってみた。

 松葉杖も、今日あたりからは片方だけにしてみようか。と思ったら、長すぎるので調整した。足は快調だ。かかとは…痛くない。足首の関節は…よい方の足を前に出して曲げると痛む。片松葉に慣れないのでまっすぐ前に進めない。アブナイのう。平日の午前中のカインズホーム、となりのベイシア、と混雑していない、というより閑散としているので、あまり人に迷惑をかけずにけっこう歩き回ることができた。

 酒の前で止まる。どうも、入院中の粗食で痩せたのに、退院してからリバウンドしたらしく、腹回りが気になって仕方がない。今後はあまり呑むわけにもいくまい…。
な~んてナニ偉そうなこと言ってるのか。飲めもしないくせに。ワインをじっと見る。最近のワインは口がコルクじゃなくてネジ式のキャップになってしまったものが多く、そんなワインは買う気にならないから、勢い安くても1000円前後のものが主流になってしまう。つまり、これは実質的に値上がりしたということではないのだろうか。ということに思い至り、少しショックを受ける。ビールも、なんだか発泡酒とか、第3のビールとかいって、まがい物が多くてイヤな感じだ。いまや家で呑むときには麦芽100%しか相手にしないことにしている。やっぱり値上がりだな。しかし酒は好きでも、とにかく弱いからね。どうせ飲むならいい加減な酒で酔っぱらうのは勿体ないと思うのだが…。酔っぱらうのが目的じゃないからね。じゃ何が目的なのか。考えたことはありましぇ~ん。
 ちなみに、日本酒なら1合でぐてんぐてん。ワインはグラス1杯でいい気持ち。ビールは500ml缶は全部は飲めません。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2009/05/21 17:18 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

こっちは1年7ヶ月ぶり。

 ずーっとほったらかしになっていた。上翼を棟上げしました。
Image071f.jpg
部品の合わせはひどいなんてモンじゃない。petchuu的工作ではどうにも技術レベルがついていかないので、翼と支柱の合わせ目は妥協するしかない。空いた隙間は(隙間というにはあまりにも破滅的)接着剤とかで埋めるしかない。まともには完成せんな、これは。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2009/05/17 17:17 】

95式戦闘機(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ついに再起動か

 結局まるまる1年、模型作りは休止状態になってしまった。やっと再開した。
Image072f.jpg

Image073f.jpg
一応、胴体支柱と上翼を仮組みしてみた。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2009/05/17 17:17 】

SE5a(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

お出かけ

 とにかく歩き回らなければ、リハビリにならない。それで、ここんところあっちこっち出歩いている。
きょうは、というか今日こそ三峰口駅へ行って蒸気機関車と会ってこよう、と思い立った。これまで2度出発しようとしてそのたびに言うのも忌々しい茶々が入って流れてしまったのだ。で、ちょっと遅いとは思ったが10時半に出発。今日は娘もついてこないというので家内と気楽なドライブである。高麗神社から巾着田・正丸峠を越えて秩父市内に入る。GWも終わったことだし、あまり天気もよくないこともあってか土曜というのに道路もそれほど混雑もなく、無事三峰口駅に到着したのは12時50分。
 ところが、妙に駅前は閑散としている。ありゃ、なんだかやな予感。で、道ばたに自動車を止めてプリントアウトしてきたSLの時刻表を見ると、12時49分に三峰口駅着、となっている。遅れているのか?だが、その時(つまり12時51~2分)上り電車が出発していった。ありゃ、蒸気機関車は到着が遅れているのか?ところが、家内がケータイで再度調べてみると、何と5月の土曜日の中で今日だけが運休ではないか!そんなのあり?

 秩父の蒸気機関車とは、今年はどこまで行ってもすれ違いだ。

 仕方がない。というわけで、秩父市内の本屋さんを探して、秩父エリアのガイドブックを買い、どこかに寄ってからおいしい蕎麦でも食べて帰りましょう。と、予定を変更し、国道140号を戻る。そして「読書クラブ」という今時ありえないほど古色蒼然とした本屋さんを見つけてはいるが、結局秩父のガイドブックは置いてないのだ。それで何も買わずに出てきて、愛車に備え付けにしているそば屋さんのガイドブックを探すと、すぐ近所に「手打ちそば こいけ」というのが載っている。「日本を代表する」なんて記述もあって期待感も高まるが、天せいろ1700円という、通常のウチの感覚では二の足を踏んでしまう値段が書いてあるが、幸い今日は娘もいないので二人分だ。またとないチャンスであろう。

 お店は古くてパッとしない。しかし、禁煙な上、「強い香水をつけたお客さんはお断り」という表示があって、環境は抜群にすばらしい。そして、その蕎麦、ありえないほどおいしかったです。というかこんな食べ物いままで食べたことがない。なんだか食後の感覚が、体のどこかに溶け込んでしまった、という感じなのである。すごい。

 さて、それから浦山ダムと併設の「うららピア」という資料館を見に行った。ダムの上から下流を望むと、断崖絶壁、遥か下の方に秩父鉄道の鉄橋が模型のように見える。

 帰りは、資料館でみた県道浦山~名栗線というのを通っていこう、と急遽決めて、山道を登っていくと、変なトンネルがあった。

 さて、この山道ときた日は、登っても登っても終わらない。というかどんどん狭くなり、落石だらけ。山肌が崩れて道路が半分ぐらい埋まっているところもあって、すごくアブナイ感じである。途中で猿の子供が道路を横切っていったりして、野性味満点。ふとナビを見ると、何もないところを走っている。考えてみれば、この道は家にある地図にも載ってなかったはずなのだ。いつ開通したのだろう。それにしても、走っても走っても先があるぞ。ナビをみると、「有馬山」という三角のマークのまわりをあっちに行ったりこっちに行ったり。気がついてみると、民家もなく行き交う車もほとんどなく、寂しい限りだ。そして、やっとのことでサミットに到着。「有馬峠」というでかい標識があって、そこから先はナビにも道がある。ナビは平成13年のDVD(中古で買ったわが愛車についていた)がそのままだ。買い直さなければ、とは思っているのだが…。
 峠からは、今度は降っても降ってもまだ降る。結局、登って降りるのに1時間かかった。秩父へのアプローチに空いた道でいいかと思ったのだが、これでは使えんわ。
 で、名栗から飯能、日高と通って、帰ってきました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2009/05/16 22:26 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

グリーンマックス

 足のリハビリで歩き回らなければならない。どうせシンドいなら面白いところに行きたいと思っていろいろネットで探していたら、なんと、あのグリーンマックス大山店が閉店していたらしい。それも4年も前に。思えば、9年前にすごいすったもんだの末に今の住居に引っ越して来てからというもの、子供たちは大きくなるし、家は狭い。組み立て式のレイアウトは天井裏のロフトに埃をかぶったまま、大量の仕掛品も出番を待つうちに10年15年が経過してしまっている。時代の移ろいというか、世の無常というか、トシを取ったというか、いろいろ考えてしまった。

 思えば、高校1年の時からだから、1970年代初め頃から週に一度以上のペースでの大山詣でだったのだが(その頃は輸入プラモデルも扱う総合的な模型屋さん。巣鴨にあった出店もエアフィックスやエレールの飛行機プラモを仕入れるためにしょっちゅう行ったものである)結婚してからは足が遠のいた。それでも年に何度かは行っていたのだが、あの、踏切警報機のある電車のカラーリングのビルにいけなくなっていた、というのはなんだか寂しい。家内も、あそこの商店街の雰囲気が気に入っていたのだが…。

 自分的おもしろスポットが知らない間に一つ消えていたのは、がっかりである。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

【 2009/05/15 09:00 】

Nゲージ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

共栄火災

 実にふざけた話である。というより犯罪だ!

夜、息子が帰ってきて言うには、バイクを無料駐輪場に止めておいたところ、ナンバープレートに貼ってあった自賠責保険のステッカーが剥がされていて、さらに、ハンドルに
「自賠責保険の期限が切れていませんか?」という保険会社の広告案内がゴム紐でぶら下げられていたという。こういうことでは気の小さい息子は、ステッカーが貼ってないバイクには乗っていけないんだと思ってバイクを転がして帰ってきたと言うし、その後保険証券を調べたところ、まだ2年も期限が残っていたのである。それで、警察に連絡して、事情を説明したところ「悪質な悪戯だ」と言われただけ。

ふざけるな!共栄火災海上川越営業所の高橋さおり!
オマエだよ!
剥がしたステッカーを返せ!窃盗行為だろ!

テーマ:自動車保険 - ジャンル:車・バイク

【 2009/05/14 23:38 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

退院しちゃった

 まだ全然歩けないのに、退院してしまった。
 とにかく「老人病院」なんだもの。まわりは本当に足腰の弱ったお年寄りばっかり。そうでない人はそうそうに入っては出て行く。ということでお医者さんにやいやい言って出てきちゃいました。後はリハビリに通うのみ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2009/05/11 18:29 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

バリアフリー

 片足で歩いてます。左足は地面につけられません。右足だけでケンケンをする。最初のうちはそれもままならなくて、杖をつきながらテコテコ歩いていたが、何とも不自由である。意外に大変だったのが、部屋と部屋の間にある段差である。ほんの数センチの段差を上ったり降りたりするのにとんでもなく慎重さが求められる。杖がない場合は飛び越すこともままならないので、鴨居を両手で挟み込み、懸垂の要領で体を持ち上げて通過する。トイレもお風呂も全部床面よりも低かったりするものだからいちいち面倒くさい。
 よく「バリアフリー住宅」なんて言葉を聞くが、しかも、そんなのよその国の話だ、ぐらいにしか関心もなかったのだが、一気に現実になってきちゃって本当にびっくりした。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2009/05/06 17:37 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

足首治療中

 そういうわけで、3ヶ月の病休を取り、代員の先生にも来てもらって自分のお仕事はすべてお任せし、入院治療中です。GWなのでいったん自宅に帰ってきました。
足首はもともと悪かったのが昨年7月の林間学校のハイキングで決定的に悪くしたらしく、痛みが取れないままずっと我慢して勤務していたのですが、それも1月中旬に足の甲が強烈な激痛におそわれて歩くこともままならなくなり、紆余曲折を経てついに手術して抜本的に治そう、ということになったのでした。そして先月17日、3時間にも及ぶ大手術(腓骨を切っていったん外したりアキレス腱を縦に切って縫い直したり、と医者の話を聞けば聞くほど身の毛のよだつ荒療治)が無事成功し、今は痛みもかなり引いて、リハビリをの開始を待つばかり、となっています。

 しかし、入院というのは気が滅入る。退屈そのものだし、本を読むにしてもテレビを見るにしても妙に根が続かない。周囲は老人ばっかりで覇気もなく会話もなく、中にはほとんど意識がないようなお人までいらっしゃる。天に与えられた休暇期間と思えば、まあそのようなものともいえるので、問題山積の現場のことも悪戦苦闘している仲間のことも、今こそ手をかけなければならない生徒たちのことも、とにかくいったん忘れ、徹底的にリフレッシュをしよう、と思うほかないが、このままいれば社会復帰は困難になるかもしれない、という不安につきまとわれる。人間なんてそうそう強いものじゃないからね。

 何とか入院期間を短く切り上げ、リハビリも通院で行うようにして、活発に日常生活をしつつ職場復帰を目指そう、と数日前から意識を変えて運動をすることにしました。といっても松葉杖で病院内をテクテク歩き回るだけですけどね。手術をした方の足は、まだ体重をかけないように言われているので、もう少しお大事にしなければなりません。どうなることやら。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2009/05/03 11:49 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |