FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

入院まであと数日

 もう狂ったような忙しさ。今度の木曜から私は入院手術なのである。骨をいじるなら、そりゃ痛いでしょうに、なんてこの間の定期演奏会の時に部員のお母さん(看護師さん)に脅されたりしているのも、間抜けだ。なんだか怖いのう。
 で、3ヶ月留守にする間に、変わりに来てくれる代員の先生に引き継ぎをしなければならない。一体何をどう引き継げばいいのか。オーディオの使い方のマニュアルとかか?年間指導計画も作っちゃわなければ。昨日教務主任にもきつくいわれてしまったが、暗礁に乗り上げたままだ。音楽の授業は相当やばい。代員の先生は今回が教職デビューらしい。多分3年の音楽の授業はまったく成立しなくなるであろう。やれやれ。それに、部活動。それも部活の中の部活、文化部とはかりそめの姿、
勝利至上主義最右翼の運動部であるところの吹奏楽部をどうする?

 というわけで、今日明日の土日は一日中部活である。お弁当もって。何しろ、コンクールが8月初旬にあって、その曲をなんとかしなければならないのだ。よそじゃもうとっくに譜読みもすみ、仕上げにかかる時期。それなのに、こっちの部活はちょっと気張った曲を計画していたのが、自分の不在によっておじゃんになったわけだから、今になって急遽曲そのものを差し替えなければならない、という圧倒的に不利な状況だ。それなのに、生徒(と自分)が選んだ曲は、「仮面幻想」! すごい冒険だ。で、パート譜を配ったのが3月の終わり頃。そして、今日明日で取りあえず形にしちゃおう、という超突貫工事である。生徒も必死…には見えないか。今日は午前中は譜読みをやって、午後に合奏。こっちは朝から生徒の顔を見るヒマもなく、スコアの確認とカットの場所指定、代員の先生に残すメッセージを考えたり、とコマネズミのように音楽準備室や職員室の中をあっちこっち行ったり来たり。さらに、書き込みの多すぎるスコアの原譜が見にくいので、書き込みのないスコアを、バイクで20分ほどのところにある別の中学校に借りに行く。いってみると、(今日は土曜日だろうに)以前一緒の学校で同僚だったいろんな先生がいて、
「いよ~Petchuuさん、お元気そうで何より!」
なんて言ってくるから、
「元気なんてとんでもない、あたしゃこれから3ヶ月病休だよ!」
なんて世話話になってしまうが、それどころじゃなくとって返して、午前中は終わってしまう。
午後からは合奏。8分の7拍子と4分の4拍子が錯綜する厄介な曲を指揮する方もたいへんだが、ついてくる方も大したものである。自分はさんざん振り間違えつつ生徒の間違いは厳しく指摘し、午後一杯かかって、それでも一応「仮面幻想」みたいな音になってくるからすごいこっちゃ。
 そのうち、生徒が
「スコアがほしい」
なんて言ってきて、練習が終わってからこっちのスコアを見て、表紙に「Mask Fantasy」と書いてあるのを見つけ、
「ファンタジーだって」
といいながら笑いこけている。やっぱり、彼女たちにとってファンタジーとはおとぎ話かTDLみたいな世界の方に連想が行ってしまうのか。「仮面幻想」と「ファンタジー」という2つの言葉は脳味噌の中でどうにも結びつかないのであろう。

 日曜日は、心配した吹奏楽部親の会が心配して総会を開くので、こっちも何か病休中についての施政方針演説をしなければならない。練習しなければいけないんだけどな~。やむを得ない、午後に勝負をかけよう。それに「年間指導計画」!どうなっちゃうんだ、この事態は?!
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2009/04/12 00:24 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

奇跡の連泊その3

 いよいよ旅の最終日。
 今日はただ単に来た道を帰るのではなく、海を見に行こう、という遠大な計画である。
 まずはいつものように、木島平村の農産物直売所にLet’s GO!だ。デルモンテの工場がある四つ辻の斜向かいの販売所なのだが、この間来たときと比べてなんと、立て替えされて、新築になっているではないか。しかし、中に入ったら、店内は多少明るくなったものの、以前とまったく変わらぬ、親しみやすくも雑然としたレイアウト。嬉しいことである。しかもいろんな野菜が安くゲットできて、特にキノコ類がいろいろあってとてもグッド。さらに、高速に向かう道すがらにあった「道の駅」でさらに農産物を買い込む。やっぱり野菜は健康のもとだよね。

 さて、今日の目的地は「柏崎」。原子力発電所のある剣呑な地であるが、海産物にも期待ができる。上信越道に乗って、北上すること1時間、日本海が見えてきた。近いのう。柏崎到着は11時半。そこのフィッシャーマンズケープというところで浜焼きを食べよう、という企画だ。
 さて、今日は日曜日。高速を降りるときの料金表示は「割引1000円」という嬉しい数字である。こりゃ有り難い。しかも、高速降りて目的地まではすぐだった。
 フィッシャーマンズケープに車を止めようとしてウロウロしているウチに、なんだか「恋人岬」というところに来てしまった。ここからは日本海の美しい水平線と断崖絶壁の荒々しい岩々が一望にできる絶景スポットだが、
P1010031s.jpg

P1010034s.jpg

目を転ずると、抱腹絶倒の光景が…!
P1010032s.jpg
これはなんと、恋人達が永遠の愛を誓い合うための場所らしい。たわわに実ったハート型のプレートには、「○○、愛してるよ!××」なんていう思わず目を背けたくなる照れくさい文言がそれぞれ記入してあるのだ。それが風雨と歳月に晒されて字が薄れているのも、なんか二人の行く末に思いをはせさせて笑えてしまう。なかには、真っ二つに割れたプレートもあるではないか。息を呑むような可哀想さだ。
 と、十分楽しんで戻り、お魚のお店を冷やかして浜焼きを食する。ちょっと、ぬるくて、アレ?って感じだった。次に柏崎の街に入り、侮れない回転寿司のお店があるというので、あっちこっち探すと、大将寿司というお店があったので入る。全皿100円というお手軽なお店ではなく、一皿100~500円という回転寿司であるが、実際にはお寿司は回ってなくて(ベルトだけが回っていて)、ほとんど中央の板さんに注文して握ってもらうのだ。ネタは言うに及ばず、シャリもすごく美味、という体験に感動したときはすでに1時半。さあ、帰ろう。
 で、高速に乗るが、柏崎からちょっと行けばそこはもう関越である。ホント、日本は狭いね。だが、途中で眠くなって、関越トンネルの前のSAで一眠り。起きてまた出発。赤城高原のSAでソフトクリームを食べて堪能し、玉こんにゃくを食べて東北道の安達太良?の玉こんにゃくの方がうまい、などと論評し、「割引1000円」効果で大渋滞の関越を花園でエスケープして勝手知ったる下の道をトロトロ走って、帰ってきました。
 とても楽しかったです。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【 2009/04/07 21:09 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

奇跡の連泊その2

 さて、旅行の自分的一大イベントはやっぱり、Nゲージお座敷運転でしょう。出かけるたんびにレールを新しくしなければ、と思いつつも、結局そのまま、四半世紀も昔に購入したユニトラックや15年も前に購入したトミックスのレールを後生大事に使っている。
 で、今回持ってきた機関車はC57とC51が2両ずつ、それにC58とB6がそれぞれ1両。
P1010028.jpg
C57はトミックスの製品に手を加えたもので、お気に入りの機関車である。
P1010030.jpg
このC57はキャブ下のスペースががらんどうだったりして、あまり評判がよろしくなかったのだが、機芸出版社の「プレイモデルNo.10」にデティールアップの記事があって、けっこう格好良かったので、私はさっそく買い求めて記事の通り(とまでは技術が追いつかないがかなり)いじくり回して大いに満足し、2両目も、と思った矢先に、84年(だったか5年だったか)のカタログから落ちてしまってびっくり仰天、気づいたときにはどこの店でも在庫が払底!焦って地方の小さな模型屋をあさって買い求めたりしたものだった。で、結局トミックスのC57は3両保有しているのだが、2両目は走りがいまいち調子が悪く、最後の1両は買ってきたまま、走らせてもいない。将来、機関庫のレイアウトを作ったりしたあかつきにはすべて日の目を見せることになるつもりである。
P1010029.jpg

そのほかの車両では、何と!河合のB6が動かなくなっていた。どうすればいいのだろうか…。理由もよくわからなかった。通電してないようにも見えるが…。

一方、相変わらずGMの動力ユニットはどれも快調で、今回持ってきた80系300番台もスムーズに走り回る。
P1010025.jpg
さりげなく出ているが、GMキット組み立ての作品です。自分的にはサハが1両足りないのだが、その分クモニを編成の最後にぶら下げるのがわが鉄道のトラディショナル。
P1010024.jpg
こっちもGMキット。けっこういい出来でしょ?

というわけで、連泊の中1日はのんびりと時が過ぎてゆくのでありました。

宿の朝ご飯です。
P1010022.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2009/04/06 23:32 】

Nゲージ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

奇跡の木島平連泊

 金曜は職場の飲み会であった。前々日に参加の意思確認があったが、なぜかまったく気が進まず、今回はパス。本当なら、転任してきた連中と一杯酌み交わして、となるわりと重要な「年度当初の滑り出し会」なんだけどな。場所と交通機関の兼ね合いで妙に面倒だったのは確かだが。とにかく、飲み会なんか出たくない。パスです…!
 一方、土日はどこかへ一泊旅行でも行こうじゃないか、という話題で何日か前から家内と盛り上がっていた。ここんところ連日の激務で心身はヘトヘト。吹奏楽部の顧問は楽じゃないよ。しかも月末には「定期演奏会」というとんでもなく消耗する大イベントが開催されたのだ。ここらで自分にご褒美をやらなければやってられない。
 とは言っても、新しいところを開拓しよう、という発想はあまりなく、いつもの「パノラマランド木島平」というお気に入りのリゾートホテルにクラブトクーで前日予約、という多少安直な方針である。しかし、突然「飲み会」をパスしたことで気が大きくなったぞ。どうせ飲み会の日は(自宅に自動車を置きにいくため)早帰りだ。こっちも便乗して早く引けて、いっそ連泊ってのはどうだ?夕方出てって、うまくすれば8時ぐらいには到着するだろ。いいじゃないか!家内も前々から「木島平連泊」やりた~い、のんびりした~いって言ってたし。

 そういうわけで、出発と相成ったのである。当日は職場まで車で家内に送ってもらって、帰りも家内に拾ってもらって、そのまんま関越に乗って飛び出しちゃおう、という作戦だ。ところが、なぜか今年の職場は会議が長い。朝も早くから退勤時間まで会議だらけ。どうなってるんだ。これじゃ下々が作業するヒマすらないじゃないか。そして、金曜の午後も、いつ果てるともなく会議が続く。こりゃやばいぞ。午前中には宿から電話がかかってきて、夕食は8時までに取らないと「放棄」したことになるけど、7時半到着で大丈夫か?…なんて連絡が入ってきている。4時過ぎには出発しないとアブナイ。ところが、4時から「机移動」をやるという。これは新年度の職員構成にあわせて大々的にお部屋の模様替えをする、という全国の学校で4月当初に行われる恒例行事だ。そんなことをやっていたら終わるのは5時じゃないか!どうなるんだ~!
 だが、やはり「常識」を持った人はどこにでもいるもんで、
「そんなことをやっていたら飲み会に間に合わなくなりますよ。」
ということになり、「机移動」は次の週に持ち越しとなった。よかった~!

 というわけで、無事、予定通りに出発したのです。

 ところが、行けども行けども長野は遠い。途中でガソリン入れたりしてるうちに、どんどん時間が経ってしまう。軽井沢周辺から佐久にかけてのトンネルを抜けるたんびに辺りは暗くなる。速く速く、と気がせくもんだから、愛車もすごいスピードで突っ走る。時速120㎞!安全運転を旨とする自分としては通常ならあまり出さないスピードだ。そして、上信越道の豊田飯山で降りたときにはすでに7時。宿に到着したのは、当初の予定通り7時半。チェックインより先に夕食を、といわれてご飯を食べて、その時飲んだ中ジョッキが回ってへべれけになり、温泉入ってすぐ寝てしまった。

夕食です。冷めてなければおいしかったのに…。ま、遅れていったからしょうがないが。
Image062a.jpg

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【 2009/04/04 20:56 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |