FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

加速する忙しさ。

 もう、どうしようもなく忙しい。3月の2週目に入ってからというもの、学年会計(係なのよ)の締めにとんでもなく時間がかかり、連日夜遅くまで思案投げ首で居眠りをコキつつ寝床には入れず、昼間は昼間で授業をやりつつ馬鹿どもを探し回りつつ部活の指導をしつつ清掃の面倒も見て、あれしなきゃ、これしなきゃ、と心づもりしていることが何もできないままに何日も過ぎていく。
 学年会計は「教材費」と「旅行積立金」の二種類があって、それぞれ転入生だの転出だの、不登校だから途中で積み立てをやめちゃったのがいたり、だのでまさに複雑怪奇。その上、人数割りできない支出項目がイヤにたくさんあり、絶対に計算が合わない仕組みになっている。こんな会計は初めてだ。
 でも、それはやっとのことで一昨日校長の監査をパスし、昨日余って返金するお金を5万円近く百円玉と50円玉でおろしてきて(すごく重たい)、もう一人の副担の若い体育に手伝ってもらって190人分の封筒に250円ずつ小分けして担任に渡すことができた。
 そのうち学校保健委員会なんてのまであるし、いろんな文書を書けっていってくるし、机の上はひっ散らかってモノが山のように積み重なって、しかも処理してるヒマなんて何秒もない。まだ、あと数日のうちに、今度の日曜日に迫ったウチの部活の「定期演奏会」のプログラムを作って、印刷し、製本しなければいけない。そんなヒマどこにあるのか。でも、今日はたまたま雨だったので、自動車で出勤したから、授業が終了して弁当食ってから(年度末の短縮授業だから授業も半ドン)出入りの文房具屋に突入してプログラム用の紙を購入し(電話で持ってきてもらうという手もあるけど、実際に見て選べた方がいい、と思ったのよ)、出たついでに学年会計の「旅行積立金」の方のお金の端数を処理しに銀行の窓口へ行き、ついでに、入れっぱなしになっていた娘の郵便物を郵便局へ行って差し出したりする。戻ってくると、「定演」関係で吹奏楽部が五月雨式に「先生、あれはどうするんですか、これはこうしちゃっていいですか、ナニをください、カニはどこにあるんですか」と波状攻撃をかけてくる。それをさばきつつどうにか部活終了の時刻になって生徒が静かになるとそれで5時近く。
 次は指導要録を担任が書くための下準備をする。何と、クラスや出席番号や現学年の担任名の記入がないのだ。普通そんなのはゴールデンウィークぐらいまでにするモンなんだぜ、どんなに遅くとも指導課訪問までね、と若い体育(今度の4月から本採用が決まっためでたい男)に一言申して、仕事を始める。ということは、やっと椅子に座れる。座った瞬間に眠くなる。なにしろ夕べは午前2時まで起きてたからな。学年会計の「旅行積立金」の最終処理のめどを立てていたのだ。これでうちの学年も来年度が迎えられるというもの。なんてこと言ってる場合じゃない。終わらなければ帰れない。で、脳味噌にいろいろカツを入れつつどうにか終わらせて、7時20分。戦争のような1日が過ぎ、やっと帰宅の途につくことができました。
スポンサーサイト



テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2009/03/25 21:37 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

その後のバリサク

 結局、市の予算で直してくれることになりました。ホッとしたわ~…。神様、事務様、ありがとう。何しろ、バリサクの傷は想像以上に重傷で、最初楽器屋さんが取りに来てザッと見て、
「これは、ここの(ネック周辺)部品は取り替えですね。それにこのキー曲がりがうんたらかんたら。うまくすればうちの工房でできるかもしれないです。それだと5万ぐらい、でも、もしダメだとしたらメーカー(ヤマハ)戻しになるので、そうすると高いんですよね~、請求。10万は超えると思います。」
なんて言ってたので、(お願いだからそっちの工房だけでなんとかして!)と思っていたのに、結局、後から電話で、
「例のバリサクですが、やっぱりダメです。キーの動きがおかしいので、よ~く見てみたら、管体そのものがゆがんでしまっていて、手に負えません。今ヤマハにあるんですけど、12万かかるそうです。」
  
 それで、事務員さんに話したところ、
「そりゃ無理ですね~。今の時期、学校に割り当てられた修繕費はもう一銭もないんです。急ぎですか?一応市に問い合わせてみますけど、来年度の予算でやるしかないですね~」
 
「ま、取りあえず、アイミツを出させておいてください。高額の修繕費だから、入札になりますから。」
と、気の毒そうにはしてくれるが、希望のないお返事。とはいえ、その場で市役所に電話してくれたのだが、担当者が休暇を取っていて、数日戻ってこないって?ついてないのう。


とかなんとか、諸々の騒ぎを経て、なんと、修理を開始してもよい、というお達しがでた、というではないか。すげ~のう。でも、楽器屋さんには、支払いは来年度、という話になっているらしい。本当に、楽器なんか、壊すモンじゃないな。
 

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2009/03/24 20:52 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ネットショッピングで散財


 入院対策で本を集めなければならない。医者に行くたんびに話が大げさになっちゃて、ついに入院最低2ヶ月、自宅でリハビリ1ヶ月ということになってしまった。まいったねこりゃ。で、アマゾンで本を注文したら届いた(当たり前か)。

1東海道四谷怪談(鶴屋南北)岩波文庫 840円
2英国人の見た明治日本~この世の楽園日本(ポンティング)講談社学術文庫 1155円
3人は感情から老化する~前頭葉の若さを保つ習慣術(和田秀樹)祥伝社新書 777円
4「S」と「M」の人間学(矢幡洋)祥伝社新書 819円

 いよいよ渋好みでげすな。こんちまた。
そしてさらに、最近次男坊が読みあさっている「ニュートン」のバックナンバー1年分を貸してもらうように予約した。あとは、職場に置いてあるわが愛読書から、
「東海道中膝栗毛」(十返舎一九~原文)、
「浮世風呂」(月亭三馬~原文)、
 そしてわが人生の中でもかなり長期にわたって愛読書となっている、
「徒然草」(兼好法師~もちろん原文)あたりを持って帰ってこよう。これでかなり長期間の暇つぶしに対応できるはずである。家内はイラストロジックみたいなパズル本を準備するのがお勧めだと言うが、まあ、それもありだとは思うが、基本、それを主にするのは時間が勿体ないのう。
 ま、古典とニュートンとのコラボで「温故知新」を地でいく作戦か。古典といってもまるっきり軽い読み物なのでたいして自慢も出来ないが。ついでに井原西鶴も新たに守備範囲にしようか、と企んでいる。音楽の教員は巷の想像を遙かに超える豊かな教養が要求されているのさ。役に立たないけど。いつぞや担任だったときに、朝読書で膝栗毛(原文)を読んでいて、思わずその場で大笑いしてしまったのだが、生徒の顰蹙を買っただけであった。

 さらに、ネットショッピングで散財というタイトルに関しては、舞台写真の業者のHPにアクセスして昨年夏のコンクールの時の写真を数枚注文してしまった。くだらね~。カードで支払い、とかいうと「金を払う」という現実が直接見えないのでワキが甘くなる傾向があるのかも知れないが、何にしてもアフォですね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2009/03/14 23:46 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

お久しぶりのついで

 接着剤だの塗装だの、パテ盛りだのが乾くまでの時間つぶしに、手をつけた。SE5aと同時進行でどこまで出来るでしょうか。
Image061a.jpg
第一次大戦機に比べるとゴツくてメカメカしいエンジンが結構魅力的でございますな。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2009/03/12 22:54 】

Fiat CR32(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

プラモデル

 模型作り出したのは10ヶ月ぶり。しかも、その時作っていたヤツとは別のに手をつけた。
Image060a.jpg
レベルのSE5aでございます。かつて小学生だった頃に初めて作った複葉機のプラモデルでした。今回は上手に出来るとようございますね。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2009/03/12 22:48 】

SE5a(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

飛行機事故とバリサク

 グレムリン、というのはウィキペディアによると20世紀に入ってから現れたのだそうな。それも、もとはといえば当時登場したばかりの飛行機の計器にとりついて狂わせ、飛行機を墜落させるという悪質な妖怪である。映画の「グレムリン」が信号機だのトラクターだの映写機だの次から次へと機械ばっかりイタズラするというのも、そこから由来しているのであろう。機械文明に対する人間の本能的な不信感が産んだ妖怪だな。
 そもそも「航空機事故」というものが、一度起こると連続して何件か発生することが多いことからも、その話が何となく真実ではないか、と伺わせるものがあるのである。今でも、アメリカの航空機部品製造工場では製品を出荷する際に梱包の中に魔除けのお菓子を同梱する、という。

 ところで、吹奏楽部の楽器にとりついて破壊する、というグレムリンみたいな妖怪がいるのだろうか、それとかアドルフサックスのライバルで怨みを残して死んだ人の亡霊とかね。

 おととい、バリトンサックスぶっ壊れました。
それも去年の5月に買ったばかりの新品です!!ネックのところのぐるっと巻いてある、バリサクの例のチャームポイントの所です。ストラップから外れてガターン!とひっくり返してしまったのです。ジョイントのところはつぶれてネックは入りません。管が巻いてあるところはずれてねじれてしまって、複雑なキーはずれちゃって動きません。支柱は外れて空しく宙を向いています。はーー。その部員は、その日公立高の合格発表で進路が決まった3年生です。せっかくだったのにねぇ…こんなショッキングな出来事が待っているとは。

 で、出入りの楽器屋さんの携帯に急遽電話したところ、
「えっ!」
と言ったきり、ショックでしばらく声がありませんでした。というのも、今年度バリトンサックスをこわしたのはウチの中学がこれで3校目だ、というのだ。それも自分の担当地域だけの話で、お店全体ではもう6本目なんですと。
「こんなにバリトンサックスばっかり壊れるなんて。」
と、楽器を愛する楽器屋さんとしては、もうほとんど涙目なのです。さらに、最初にこわしたのはウチの隣の中学校で、ウチでそれまで使っていた古いバリサクをその中学校に貸していたのだが、それを帰してもらわなければならない。そっちでこわしたバリサクは階段から落っことしてしまってガタガタにぶっ壊れ、メーカー戻しになって修理費用が10万だか15万だかになってしまい、半年ぐらい前に壊したのに市の修理予算の認可が下りずいまだに修理が終わってない、という有様。もうどっちの顧問も泣くしかないよ!
 それにしても呪われてるわ、この部活。去年バリサクの他にテナーサックスも買ったのだが、そっちは同じ子が2度も落っことしてぶっ壊した。一回目は不注意で、2回目の時は、雪が降って凍っている階段で滑って転んで。新品のサックスがどうしてそんな目に遭わなければならないのか。絶対何かにとりつかれてるっての!チクショー!グレムリンめ!修理代5万になるか10万になるか、予想できないんだってよ!

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2009/03/08 19:41 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

せっかく空き時間なのに

 きのうから心配された雪も幸い不発で、今日は3年生は半日球技大会だ。ということは俺の授業はすべて無し。ラッキー!
 と思ったのだが、学年会計を何とかせねば、といつもは放ったらかしている分掌のお仕事を固めてやってしまおう、と思い立つ。
 ところが、これが難しい。複雑怪奇でワケがわからない。それをどうにか輪郭をつかみ、これからどうするか(特に年度末の会計報告)方針を立て、2月で転出するという生徒の「修学旅行積立金」を銀行に行っておろしてきて担任に渡すと、それでもう午前中が全部終わってしまった。しかも、結局の所、方針を立てられただけで、実際の業務が進んだわけでも何でもない、という破滅的な状況。

 一体ウチの学年に4月は来るのか?!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2009/03/04 23:22 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

派遣切り?

 今週に入ってから、つまり3月に入ってから、朝の通勤時に道路が空いている。ありえないほどに。日曜日だってもうちょっと混んでるのに、というのは大げさかもしれないが、そう思いたくなるぐらいすいている。大量の乗用車も長距離トラックも、どこへ行ってしまったのか。いつもなら通過に30分もかかる交差点まで一直線。
 実は、今の勤務地へいく途中に、結構大規模な工業団地があるのだ。その中でも中心となっているのが本田技研。月が変わったところで派遣切りが大量にでたのかな~なんて想像してしまう。実際どうなのだろうか。もし、そういうことで道路が空いているとすれば、なんだか悲しい。日頃自動車に乗って渋滞していた人々は今どこで何しているのだろうか、そんなことに思いをいたしたくなる、ここ二日間であった。

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

【 2009/03/03 20:33 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

いきなり小旅行

 そういうわけで仙台に一泊旅行。
例の「足の手術」について家内の実家に説明せねば。きのう朝7時に出発して高速道路を突っ走り、安達太良SAのレストランで朝飯を食ったら、バイキング形式(980円)で、つい食い過ぎてしまった。到着したのが12時半。だいたい予定通りだ。で、爺さん婆さんにいろいろ話をして、それから別室にこもって吹奏楽の編曲をしまくる。途中メシを食って風呂に入って、さらにやってるウチに11時になってしまった。で、就寝。次の日(3月1日)、家内は爺さんが録画した碁の番組とか、いろいろをDVD-Rに焼けるように細工をしていて、それが終わって11時。再び東北自動車道に乗って一路南下。明るいうちに帰ってきた。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2009/03/01 23:23 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |