FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

心理作戦

 先週末の夜、ウチの学年の臨時保護者会があった。生徒が荒れて収拾がつかず、授業は進まないわ悪さはするわで生徒指導が追い付かない。この現実を保護者にも分かってもらい、今後の展望をどうにかしたい、というあまり結論が出にくい感じの会ではあったのだが、ともかくも心配した保護者がかなり大勢集まり、予定の時間を超えての話し合いとなった。そして、途中から会場の体育館のそこここで、予定にはなかった学級懇談会となり、さらに予定を超えて話し合いは進んでいった。
 そして、懇談会があちこちでお開きになり始めると、いつものパターン、三々五々その場での雑談タイムとなってしまった。その時点でもう9時を回っている。こっちは副担任だから、あまり話し相手の保護者もいなくて暇なのだが、まさか片付けもせずこの場を立ち去るわけにもいくまい。

 さて、間もなく9時半か、というところで学年主任が
「これじゃいつまでたっても終わらないなぁ。」
とそばに来てつぶやく。そこで冗談半分に、
「ステージの電気だけでも消せば帰りますよ、きっと…」
と言い、で、そのあとに
「ま、いかにも早く帰れ、と言わんばっかりだから、やめた方がいいですけどね(何しろこっちが困っているから、というので人を呼んだのだから、余計やばいデショ)」
と言おうとしたら、もう主任はその場からサッサといなくなり、電気のスイッチの方に歩いて行ってしまった。ヤベ~!本当にやるのかよ!と思って急いで追ったが後の祭り、体育館のステージの電気がパッと消える。
 そして何と!、その瞬間、会場に残っていた50人以上の人々が、まるで排水溝に流れ込む水のように、体育館の出口に向かって歩き出したのだ。で、主任が、
「Petchuuさん、鋭いな~~、すごいね~」
なんて感心している。鋭いなじゃね~だろ!!まったくもう!と苦々しく思いつつも表情は笑顔で、
「なんか、いかにも帰れって感じになっちゃったじゃないですか」
と言ってみたが、ご当人は全然気にしていない。
「大丈夫だよ、帰るきっかけを待っていたようなモンだな。」
まあ、結果的にはよかったのかも知れないが、自分チじゃ絶対に御法度の行動だから、すごく良心が痛んだぞ。

 それにしても、人の心理というのも面白いものだ、と感心はしたけどね。
スポンサーサイト



テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【 2008/11/02 23:09 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |