FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

またも新しい家族が?

 去年の今頃、大掃除をしていたらオーディオの裏からヤモリが現れたのだが、今年はなんと、家とヘイの間の狭いスペースになんだかいそうである。

Image100a.jpg

 こんな携帯の写真じゃよくはわからんが、土が帯状に盛り上がっている。だいたい、草むしりをしようとこのスペースに足を降ろしたとき、なんだか柔らかいな~とは思ったのだ。

 やっぱりこれは、モグラ じゃないでしょうか!!
スポンサーサイト



テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2008/11/24 19:45 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

久しぶりの…

 紙屑だらけの床である。部屋のすみっこに置かれたゴミ箱はひっくり返されていて、いっぱい詰まった紙だのなんだのが周辺に散らばっている。乱雑に並べられた机の群れ。後ろの棚の上はクシャクシャに脱ぎ捨てられた制服やら、配られたプリントが秩序もなく積み上げられて、チョークの粉にまみれている。そこの背面黒板には各種お知らせの紙が何枚もセロテープで貼ってあるが、そのすべてが上っ側は剥がれ、下側のテープで首の皮一枚、という風情で垂れ下がっている。軽薄な今時の歌謡曲がけたたましくスピーカーから流れている。
 その荒んだ教室に、40人近い中学2年生がゴチャゴチャと存在しているのだ。本来廊下と反対側にある窓の外のベランダには出てはいけないことになっているのだが、数名の女子が出入り用の扉を開け放ち、隣のクラスといったり来たりうろちょろしてる。そっちでもこっちでも数人ずつの集まりがあって、大声でわめいている。そうしないと会話が聞き取れないのだ。ドタバタとあたりを走り回ってる男子も数名。そこら中の机にぶつかったりかすったりして、そのたびに、筆箱とか雑多なものが床に落っこちる。2人の男子が、ボクシングのファイティングポーズをして、一人の男子をからかっている。やられている方は、弱っちくていつもニコニコしている奴だ。こりゃかなりイジメに近いかもしれない。廊下では若い副担任や教頭先生が、ふらふらしてる男子生徒数名(教室にいるのがイヤで、いつも入らなければいけない時間に教室に入ってこない)を教室に押し込めようとして悪戦苦闘している。こっちに向かって、「メガネとってもいいの?」とトンチンカンなことを問いかけてくる知的障害の生徒もいる。そして、驚くべきことに、そんな喧噪の中、夢中で読書にふけっている生徒もまた、何人もいるのだ。

 一体これはなんの光景かというと、なんと、給食準備の時間なのだ。私は今日、突然休んだ担任の代わりに、このクラスの給食指導に来ている。そして、ここまで書いてきたいろいろの出来事に対していちいち大声で文句を言いながらも、どっちかというと茫然と突っ立っている状態なのである。私が腕組みをして後ろの壁に寄っかかっていると、いつもはまつろわぬ男子(低学力で反抗的)がすぐ側に来て私と同じポーズで突っ立ったりして、人の気を引こうとする。
 とてつもない不衛生と無秩序の支配する中、当番の生徒は黙々と配膳を進めている。こればっかりは、やらないと飯が食えないからね。班のテーブルクロスを誰が敷くか、で最前からもめていた連中の班は、結局そのテーブルクロスを引っ込めてしまったようだ。最後に、いつもの時間には見慣れない私に向かって、「先生、給食食べるの?」と当番の女子がよそよそしさ満点の口調で叫び、私が頷くと、教卓に給食の皿を一人分、ドカッと置き、給食準備が終了した。すると、それまでの喧噪がウソのように、ほとんどの生徒がササッと着席する。人間という動物は不思議なものだ、と実感する。
 当番が「いただきます」と叫ぶと、なんのリアクションもなく皆々食べ物を口に運び始め、給食が始まった。


 (そして、それでも職員室で食べるよりは、こうやって生徒と一緒に食べた方が、給食はおいしくいただけるのだ。それが教員である。)

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2008/11/19 18:35 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

アンサンブルコンテスト

 今日がアンサンブルコンテストなもんだから、せっかくの3連休(14日は県民の日)が全滅である。きのうもおとといも部活で明け暮れてしまった。(それでコストコのハシゴだからね。けっこうボクも精力的だ)
 で、朝から役員で、市民会館の大ホールへ。ところが、打ち合わせの時点で、なんだか誘導路が変更になるという。それも、小ホールの方で「歌と踊りの祭典」とかいうイベントをやっていて、それがまあ、カラオケありフラダンスあり、というどこまでもド派手なばっかりのワケのわからない会なのであるが、それとこっちで施設の使用に当たって何かと分け合わなければならないという理由かららしい。なんだかはじめから混乱しそうな予感だが…。
 さて、こっちは「受付」という担当で、朝からよその中学校の生徒役員を指図して机を並べ、プログラムの勘定をし、ステージ係や放送係との連絡をさせ、受付に現れる出場校の担当の先生に領収書だのなんだのを渡すのにもう一人の役員の先生(初対面)と即席の打ち合わせをするなど、飛び回る。時間になると次々に受付をするために先生方が現れる。そういうこっちも今日は出場だ。受付をしなければならないが、けっこう時間がおした。ところがいつまで経っても受付を通らない学校がある、と思ったら、そういう学校の顧問はみんな「総務」だとか「会計」だとか、一番エライ役員ばっかりだ。会場内を歩き回ってそういう顧問を捜しだすのも、こっちの仕事?と思いつつ歩き回る。

 取りあえず一段落して一休みしようと控え室に行ってみると、その前の廊下が異様な人だかり。なにやら、小ホールのイベントに出場するフラダンスのグループが3つも4つも、狭~い廊下いっぱいに整列し、踊りの練習の真っ最中なのだ。皆々けばけばしい原色をふんだんに使った、しかも肌の露出の多い衣装を身にまとった厚化粧で、まさにこの世のものとも思われない。若いおねえさんだったら全然問題ないのだが、そうじゃないからねぇ…。とかいってる場合じゃない!その廊下は演奏団体の誘導路で、楽器を持って動きの鈍くなった中学生が分刻みのスケジュールで移動しなければいけないのだ。で、会館の職員にそういう傍若無人を追い散らしてもらったり、など、余計な手間が妙にかかる。それでも、彼女たちのあたりはばからぬ行動は中学生を脅かし続ける。大ホールの境界を突破してトイレとかを使っちゃったり、ソファーでくつろいで生徒のお弁当食べる場所を占拠したり。こんなんありかよ!

 だが、中学生達は純真に自分達の世界をひた走る。
 ウチはくじ運が良すぎて、2チーム出るアンサンブルの両方とも、順番の一つ前が西関東大会常連の強豪校である。そして、それにもかかわらず演奏はばっちり。よくぞここまで育ってくれた!ウイ奴じゃ。
木管楽器のアンサンブルでは演奏が終わったあとバスクラの奴が泣き崩れてる。どこだかでリードミスをしちゃったというのだが、よっぽどやりまくったのならともかく、1コや2コじゃそんなの誰も聞いちゃいないってのに。でもその意識の高さがうれしいね。
 そして、よそよりも全然下手くそに聞こえて、「お呼びじゃない状態」にならないか、という心配は杞憂に終わり、一チームは入賞までしちゃって、思いも寄らぬ好結果に思わずほほもゆるんでしまう。明日からもがんばるべい。
【 2008/11/16 22:53 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コストコのハシゴ

 すごいことである。今日はなんと、コストコのハシゴをしたぞ。まずは朝から部活。明日大会だから、練習も気合いはいる。で、予定の12時には終わらせられず、終了したのは12時45分。それから帰って、1時半。でお昼ご飯を食べに、スパゲッティやさんに行って、3時前。
 で、それから圏央道に乗り、一路八王子へ。あきる野で降りて今度は八王子バイパス?とかいう有料道路で鑓水で降り、コストコ多摩境店に無事到着。目的はクリスマスツリーである。ところが、一月前にはけっこう種類があったはずなのに、今では高さが180㎝のと270㎝の2種類しかない。その中間が欲しいのに。やむを得ず、多摩境をあとにして、入間店の方に向かう。ところがもう暗くなりかけた時間の多摩境店は帰り足。駐車場から出るまでがすごい大変だった。
 で入間店には6時半。なんと、クリスマスツリーは、やっぱりその2種類しかないのだ。こりゃアカン。やむを得ず帰ってきた。帰りしなにいつもの業務スーパーによって8時半。家に帰って9時。
我ながらよく走る。
【 2008/11/15 22:02 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

納車

 早くもバイクが納車された。申し込みしてからたったの48時間。とにかく使えないんじゃ困る、ということで、バイク屋さんも特急でやってくれた。で、お店から家まで500メートルぐらいしか走ってないが、なんだかヒョロヒョロした走りだ。やっぱり2サイクルエンジンのようなわけにはいかないのう。加速のニブさは天下一品?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2008/11/13 21:22 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

バイク買っちまった

 結局、無かったらどうしようもない。今日は倅のバイクで通勤である。自分とは違う人格を感じるバイクは、やはり借り物のぎこちなさを感じてどうにも扱いづらい。
 今通勤している場所は、朝とにかく渋滞するから、やっぱり自動車はイヤだ。

というわけで、仕事帰りにそのままきのうのバイク屋さんに行って、そのまま発注してしまった。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2008/11/11 23:14 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

バイクが壊れた

 とうとう、というか、ついに、というか(同じことか)、ようするにバイクが壊れてしまった。一度は燃料系統の故障か?と思えるような感じでエンジンが息をつき、吹けなくなってしまったことがあって、
「こりゃやばいか」
とも思ったのだが、それはその時だけだったのでホッとしてたのに…。しかし、ここんとこ後ろの車輪が左右に流れるような感じで、イヤだなぁ、とは思っていた。、転がすときも妙に後ろの車輪がブレーキがかかったような感じで重かった。だが、ついにそれがのっぴきならない重さになってしまった。それになんだか後ろが低くなったような…???
 で、家に帰り着いて停車したとたんにすごい異常を感じ、そのままバイク屋さんへ直行だ。お店の人が見て、
「こういう故障は普通ないですねぇ。」
なんて言ってるが、そうれもそうだろう。何しろもう30000㎞以上乗ってる8年半も前の古い原付。これまで走ってきたほうが奇跡なのかも知れない。普通とは違う故障が起きたって、何も不思議なことはない。
「こりゃ、乗らない方がいいでしょう」
というので、故障の見積もりを頼んで、バイク屋から家まで歩いてきた。軽自動車にするか、バイクにするか、はっきりしなくてはいけない。ないじゃすまされないものだしね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2008/11/10 20:00 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

市内小中音楽会その1

 新しく別の自治体の中学校に異動して初めての、この地での市内小中音楽会である。
ここではあきれたことに中学校の合唱は生徒が指揮をするのだ。ここの音楽教師は自分の指導技術とか音楽性とかに関してスキルアップを考えたりはしないのかな?これまでの経験では、生徒が指揮をするのは、教師が産休に入っちゃったみたいなやむを得ない場合か、教師がどうしようもないクズだった場合のどっちかであった。一度修学旅行かなんかで私が指揮できない、ということがあったが、その時には出場を辞退している。
 だいたい、生徒の指揮では味がない。中には上手に動きだけはまねる生徒もいるにはいるのだが、聞いててもちっとも面白くない。実際、今日はくだらない演奏のオンパレードであった。その中で、一人だけ自分で指揮をしていた先生がいた。新任の女性教師である。生徒に「出たがり」とか言われたりしたらしい。だが、教師が指揮をする方がスタンダードなんだから、ぜったいスタイルを崩すな!とアドバイスしてやった。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2008/11/07 20:35 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

出張ヌエック

 出張に行った。道徳主任が集まる出張なのだが、こっちの主任は忙しくて無理なので代わりにいかされた。久しぶりに同窓の指導主事に会った。2年ぐらい後輩なのだが。で、彼が言うには、ご子息が、我々と同じ大学の2年生なんだそうな。ということは、ウチの長男の一級先輩ということになる。大学が様変わりして、練習館も本館も全部一つにまとまって豪華になって…などと話していたところを見ると、入学式にでも出席したのかいな。マメなこっちゃ。

 それにしても、出張先の施設名が…。以前は「国立女性(婦人?だったかな)教育会館」とかなんとかいっていたのだが、今では「ヌエック」というのだ。なんというセンスのないネーミング。なんの施設なんだか、聞いただけではさっぱりわからない上、ヌエみたいな妖怪が出てきそうだ。この名前を考えた人の顔が見てみたい感じだな。文部科学省の出先機関らしいのだが、ホント、わけわからんわ。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2008/11/05 18:20 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

あてどもなく…

 あまりにも仕事が忙しすぎて、もうイヤだ!どっか行っちゃいたい!という、いつもの「家にいたくない病」が発症し、めぼしいガイドブックを車に放り込んで出発だ。そうだ、宇都宮へ餃子を食べに行こう!
 で、家から自動車を出し、出発する。ところが、家内が(自分で言い出したくせに)
「宇都宮は都会だよね。もっと、あんまり人が来ないところをのんびり行きたいんだけど!」
と緊急動議を発する。なんだよな~!!まあ仕方があるまい。それなら、富士五湖の方はどうだ、高速道路もできたし、すぐ行けるぜ、と提案するがピンとこないようなんだな。まあ、でも山梨近くなったし、大丈夫だろ、といつものいい加減さであっさり方向転換し、圏央道に入って一路南下する。そして、山奥のジャンクションから中央高速へ。ここまでは最近はもう走り慣れた道だ。
 大月から河口湖へ進むのも話のつれづれに、早くも高速を降り、
「河口湖より山中湖の方が好き」
という言葉に従ってじゃんじゃん進み、「富士山レーダードーム記念館」みたいな建物に併設されているみたいな道の駅に到着。ここまでで2時間弱である。早いのう。

 道の駅で情報収集をしてみると、「サンタクロース博物館」とかいう幸せな博物館があるらしい。さっそく出発。なにしろクリスマスは我が家の一大イベントだ。我々としても見過ごせないポイントである。今度の車に装備されているナビの案内に従って、とんでもない山道というか狭いくねくね道を進んでいくと、こぢんまりした木造の博物館が林の中に隠れるように建っていた。で、しばし見学し、すっかり幸福な気分に浸って、お土産も買って、お昼ご飯にするが、これもすぐ近くの森の中に造りソーセージやさんを兼ねたレストランで、またまたおしゃれないい感じ。で、ソーセージとハムの盛り合わせ、ソーセージとキャベツの煮込みをとって、焼きたてパンでおいしくいただき、ナイスなコーヒーでしめたらもう3時過ぎだ。
 で、先ほどの道の駅で入手したガイドブックに書いてあった草餅とソフトクリームを食べに忍野八海の周辺にあるお土産やさん街に向かう。ところで、山中湖畔の道を結局一周するが、富士山が見えない!全く雲の中なのだ。山中湖は晴れているのに!
「こりゃ、また来い、ということだな」
なんていいながら車を進める。
で、肝心の忍野八海は素通りして、食べるものだけ食べて、帰宅の途に。

 高速を降りてから、パソコンショップに行ってビデオキャプチャー用の周辺機器を購入したところまではよかったのだが、それからが大変であった。紳士服のお店やなんだか服のお店に行って、いっぱい着せ替えをさせられた。面倒くさかった。

 うちに帰ってからがまた大変で、倅の歌のレッスンにつきあって夜10時半。金曜日に学内のコンクールがあるというので、チェックはしておかなけりゃいけないのだが、ま~、たまらんわ!やっぱり現役の音大生の声楽科が六畳間で鳴らしまくったんじゃ、もう音の洪水に揉みくちゃにされているような感じである。明日からまた学校かと思うと、ほんと、たまらんわ~~!!

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2008/11/04 20:18 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

家族で音楽会

 朝8時50分、市民会館向けて出発。
 9時到着、忘れ物を思い出して、倅を置いて逆戻り。彼は、この時間帯に舞台の仕込みの手伝い等をしなければならない。
 9時20分、再び市民会館到着。
 9時半、伴奏者が駅に到着する時間なので、迎えに行く。ところが、広島から音大進学で4月に東京に出てきたばかりの彼女は迷子になってなかなか駅から出てこない。ちょっと手間がかかって、
 10時、市民会館に無事到着。さらにこれら演奏者と自分の昼食を調達するため近所のコンビニに車を走らせる。
 10時30分、ゲネプロ。家内と倅と娘がそれぞれのソロと、3重唱があって、舞台の立ち位置と音量のバランスについてチェックをする。
 11時、こっちはやることがなくなり、駐車場の車の中で時間つぶし。最近アマゾンで買った中古本の「あるぷす大将(吉川英治)」を読み進める。面白いのう。
 12時半、昼食のコンビニお握りがすべて楽屋にあることに気づき、取りに行くが、1個しか残ってないという。なんじゃいな。
 12時50分寂しく飯を食い終わり、ビデオカメラを片手に客席へ。さらに本を読み進める。
 13時30分、開演。オープニングは倅のトランペットソロで「展覧会の絵」のプロムナードである。これは、この俺様がトランペットソロ(ピアノ伴奏付き)のために書き下ろしたものであるからして、つまりこの俺様こそが編曲者そのものなのである。それから、有志のピアノソロなど、けっこう達者なアマチュア音楽家なんかが次々に登場する。娘はロッシーニのオペラ「セビリアの理髪師」から「今の歌声は」である。今時の音大受験生はレベルが高いのう。倅はモーツァルトのオペラ「ドンジョバンニ」から「カタログの歌」。あまり響きがよくないが今後彼はどうなるのであろう、と少し不安になる。家内はティリンデルリという作曲家の、珍しい歌曲である。そして最後に一家での3重唱。賑々しく終わって、よかったよかった。
 3時半、伴奏者とその母親(同時開催されている音大の学祭を見に、わざわざ広島から出てきていた)を駅まで送り、
 4時、再度文化会館に行って家族を拾い、ファミレスに夕食を取りに行く。
 5時、家に帰り着くころにはもう暗くなっている。帰宅を待ちかねた犬が喜んでいる。
 なんだか忙しい一日だった。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2008/11/03 20:09 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

心理作戦

 先週末の夜、ウチの学年の臨時保護者会があった。生徒が荒れて収拾がつかず、授業は進まないわ悪さはするわで生徒指導が追い付かない。この現実を保護者にも分かってもらい、今後の展望をどうにかしたい、というあまり結論が出にくい感じの会ではあったのだが、ともかくも心配した保護者がかなり大勢集まり、予定の時間を超えての話し合いとなった。そして、途中から会場の体育館のそこここで、予定にはなかった学級懇談会となり、さらに予定を超えて話し合いは進んでいった。
 そして、懇談会があちこちでお開きになり始めると、いつものパターン、三々五々その場での雑談タイムとなってしまった。その時点でもう9時を回っている。こっちは副担任だから、あまり話し相手の保護者もいなくて暇なのだが、まさか片付けもせずこの場を立ち去るわけにもいくまい。

 さて、間もなく9時半か、というところで学年主任が
「これじゃいつまでたっても終わらないなぁ。」
とそばに来てつぶやく。そこで冗談半分に、
「ステージの電気だけでも消せば帰りますよ、きっと…」
と言い、で、そのあとに
「ま、いかにも早く帰れ、と言わんばっかりだから、やめた方がいいですけどね(何しろこっちが困っているから、というので人を呼んだのだから、余計やばいデショ)」
と言おうとしたら、もう主任はその場からサッサといなくなり、電気のスイッチの方に歩いて行ってしまった。ヤベ~!本当にやるのかよ!と思って急いで追ったが後の祭り、体育館のステージの電気がパッと消える。
 そして何と!、その瞬間、会場に残っていた50人以上の人々が、まるで排水溝に流れ込む水のように、体育館の出口に向かって歩き出したのだ。で、主任が、
「Petchuuさん、鋭いな~~、すごいね~」
なんて感心している。鋭いなじゃね~だろ!!まったくもう!と苦々しく思いつつも表情は笑顔で、
「なんか、いかにも帰れって感じになっちゃったじゃないですか」
と言ってみたが、ご当人は全然気にしていない。
「大丈夫だよ、帰るきっかけを待っていたようなモンだな。」
まあ、結果的にはよかったのかも知れないが、自分チじゃ絶対に御法度の行動だから、すごく良心が痛んだぞ。

 それにしても、人の心理というのも面白いものだ、と感心はしたけどね。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【 2008/11/02 23:09 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |