FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

崩壊寸前!2年生の明日はどっちだ!

 今日は「校内音楽会」の学年別リハーサルの日。3時間目が1年生で、以下2年・3年と続く。
問題はやっぱり2年生。何日も前から、一体どうなるんだろうか…とこんなトシになってまで心を痛めていたというのに、やっぱり…!

 まず、体育館の床に出演順に、演奏する体形で並んでもらうのだが、それがまずできない。ゴチャゴチャ騒ぎながら、それでもどうにか5分遅れぐらいで整列して座る。ところがその頃になって不良連中のご登場である。4~5人のバカ奴らがペッタンペッタンかかとを踏みつぶした上履きの音も高らかにその場に現れると、付和雷同組が一斉に落ち着かなくなる。そして全くおしゃべりが止まなくなる。服装もひどいものだ。シャツははみ出る、セーターはデロリ~ンと汚らしい。ネクタイはしてない、ボタンは外れてる、スカートをたくし上げてるヤツもいる。なんたるよどんだ集団であろう。いつからコイツらこうなっちゃったの?

 でやっとのことで始まりの挨拶をした時点ですでに開始から10分が経過している。しかも、生徒指導の教師が、(ちゃんとやらせなきゃ)というモードに突入してしまった。こっちの感覚としてはいつもよりは落ち着いたスタートかな、と思ったのだが…。で、
「ボタンを閉めなさい」
「体育座りでこっちを注目しなさい」
と言い始めた。だが、大多数の生徒はちゃんとしているのであって、相手は専らそうではない連中ということになってしまう。だがコイツらはもともと教師の言うことなんか聞かないことに自分のアイデンティティを見いだしているんだから、言うだけ無駄なのだ。でも言わなければ他の生徒に示しがつかない。でも言い出した以上は言うことを聞かせないと教師としての威厳が保てない。ここは実に難しいところだ。昔のように引きずり出してぶっ叩けるなら簡単なんだけどね。きょうび、特にこんな連中をどうにかしちゃったらそれこそバカ親を巻き込んでの大騒動になってしまうだろう。
で、服装を直させて、取りあえず形ができるのにまた5分。全員合唱の体形に移動させるのにさらに5分。これでもう20分経過だ。

 ところが、そこからが大変だった。
「静かにしてから開始だ」
「おしゃべりをやめろ」
という指示がでたために、おしゃべりが止まらなくなってしまったのだ。何しろ「指示に従わない」のが大事なんだから、全く始末に負えない。で、いつになってもしゃべっててそれを
「静かにしろ!」
「こんなんでいいのか!」
という教師の怒声が飛び交い、それに
「ほんとだよな!」
「僕は歌いたいんだよ!」
というバカガキの茶々が入ったりして、泥沼状態になってしまった。で、結局全員合唱が開始できたのは終了10分前。歌い終わってあと5分。本当はこのあと各クラスの入退場やら指揮者のお辞儀やら、いろいろあったはずなのが、すべておじゃん。ぶっつけ本番でやるしかない。ありなのかよ、そんなの…。

 本当に、こんなの初めてである。こういうのを通常は「荒れている」というのだが、全く短い期間にこんなにも荒れてしまうとは驚きだ。これは音楽科だけでどうこうできる問題ではない。もはや教師の指導力の限界を超えているというべきであろう。放課後は職員会議だったが、そのあと臨時の学年会。でも、どうしていこうという結論が出るわけでもない。このまま腫れ物に触るようにバカ連中の子守りを続けるのか、それとも別の方策をとるか。
 何にせよ、今後のことについて、臨時保護者会を開催することになった。一体どうなるんだか…。

 学年会は18時30分に終わり、それから市内の某小学校で市内吹奏楽連盟の打ち合わせがあって、その会議にも出席して、帰宅したのは20時30分頃でした。
スポンサーサイト



テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2008/10/20 22:25 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |