FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

声が出ない!

 きのうバカみたいに声を張り上げたツケが思いっきり回ってきました。音楽の授業だというのに、校内音楽会(合唱祭)だというのに、肝腎の音楽の先生が声出ません、じゃどうするの?
 で、急遽以前作ったプリントをこの学校の実情に合わせてリメイクし、指揮の授業をやることに。1年生のうちから指揮についてはきちんとさせておいた方がいいからね。
スポンサーサイト



テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2008/09/26 20:05 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

体育祭!ハプニング!

 いや~とんでもなかったぜ、体育祭。予定では20日開催だったのだが、台風到来に備えて早々と延期を決定(結果的には出来たんだけどね)、結局開催は今日ということになった。

 まず朝は曇り。きのうはとんでもないピーカンで、しかも午後一の最悪に暑い日差しの中で入場行進練習をしたので、もうすっかり気分は鬱。だが、今日は大丈夫だ!絶好の吹奏楽野外演奏日より。生徒指導担当の求めに応じて、朝6時半!に学校へ。2分前についたというのにすでに5~6人も来ている。7時ぐらいになると生徒もけっこう登場する。修学旅行でもあるまいに、みんな早起きだのう。みんなしてテントを立てたり椅子を出したり。放送器具も前の日からグラウンドに出しとくわけにいかないし。
 吹奏楽も8時には完ぺきスタンバイ(演奏開始は8時45分)。木管の連中は
「今日は曇りだし、カバーを掛けなくてもいいですよね。」
なんて言っている。こっちの学校に来て初めて知ったんだけど、クラリネットなんかは管体のひび割れ防止のために、クロスをゴムで巻いて直射日光をブロックしている。なるほどねぇ。で、そんな手間も省略して、最終的に曲のはじめの練習や、ドラムマーチがはいるタイミングとかのチェックをしていたのだが、さて、もうすぐ本番だ!というときになって、何という運命のいたずら!突然日差しが射してきた。そりゃないだろ~~~が~~~~! で、大急ぎでクラリネットとかオーボエはカバーを掛け始める。向こうの方では整列が終わった生徒の前で体育主任が
「吹奏楽部はOKですか~」
なんてサインを送ってくる。やば~~~!
どうにかこうにか演奏して、開会式も無事終わり、いよいよ競技が始まる。

ハプニングその1:
 3年男子800mリレーでのこと。あるチームの男子(第2走者)がすごいスピードで3人抜き。これぞまさにヒーローだ。ところが、彼は調子に乗りすぎたのか、テイクオーバーゾーンをゴールラインと勘違いし、トップで戻ってきてまだゴールインしていないアンカーに抱きついてしまって、反則負けに。せっかくの彼の活躍は自分自身でフイにしてしまったということだ。やれやれ。ゴールテープがあればこんな問題は起きないのに、と思ったら、ゴールテープは危険なので数年前に廃止したそうな。

ハプニングその2:
 団対抗競技(赤・青・黄・緑の4色)の走れマキバオー(台風の目みたいな競技)で圧倒的にぶっちぎりだったある団が、よそのチームに抜かされた場面がなかったにもかかわらず最下位に。誰もがいぶかしく思ったようだが、収まらないのはその団の連中だ。
「他の団が何チーム走ったか確認してください」
とか騒ぎ出した。で、みんなで確認したところ、リレーに参加した他の団は13チームで参加したにもかかわらず肝心のその団は何と15チームで走っていたのだ。そりゃ最下位にもなるわな。で結局、審判長(体育主任)の裁定は、
「間違えたのはその団が悪いんだから。」ということでそのままに。あとでウチの部活の(その団の)連中なんかもまあ、ぼやくことぼやくこと…

ハプニングその3:
 綱引きには一言ある男であるところのこの私、所属している団の綱引きにいつものように旗とメガホンを手に応援に参加。ところが今日は何とも旗色が悪い。結局4回引いて一勝も出来なかったとは、何とも口惜しいことであった。しかもこっちは応援でかけ声を出し過ぎた結果、ノドを激しく荒らしてしまい、声がやばい。明日からの音楽の授業が大ピンチだ!!!どうする??!

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2008/09/25 23:22 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

再会

 忙しいのう。今日は朝から体育祭の予行をやって、トドメは給食後に入場行進の練習、それから皆様は明日の体育祭に向けて様々な準備活動を行うのだが、こっちは何と、出張で隣の市の中学校に行かなければならない。それが4時からなので、ついでに吹奏楽部の生徒が参加する、といっている「ソロコンテスト」の申込用紙を、行きがけに主催の音楽大学まで持って行こうか、と思った。で、いつもの愛車デュオで出発。いつもの通りどこを走っているかわからなくなって、でも無事到着。
 守衛さんに事務室の場所を聞いて、学内に入っていくと、突然とんでもなくでかい声で、
「あ~!!先生~~~!!!ひさしぶりです~~~!!」
と呼ばわる女性がいる。何と、7~8年前に卒業した吹奏楽部の教え子で、今ではその音大の事務に勤めているのだ、という。まさに久しぶり。しかも、最近になって母校の吹奏楽部のトレーニングを始めたということだ。なるほどねぇ。道理で、ここんところ箸にも棒にもかからなかった部活が、今年は入賞したわけだ。しかも、自分一人ではどうしようもない、と、その代のメンバーを何人か集めて集中して教えたらしい。そりゃ強力だわ。何しろコイツらの代は9人しかいないのに、3年の時には残りのとっちらかった後輩どもをまとめて県大会を突破した強者である。そうやって若い力が育ってくるのは実に喜ばしく頼もしい限りである。
 そういえばつい何日か前にも、別の卒業生(別の中学の吹奏楽部男子)から連絡があって、やはり中学の時の活動がきっかけとなって音楽ライフを楽しんでいるという。 そういう話を聞けるのは有り難いことだ。仕事した甲斐があったというものだのう。
 で、話し込んじゃって、出張の会議の方はスコ~シ遅れてしまいましたとさ。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2008/09/24 19:41 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

 先日の交通事故の実況見分が行われていたらしい。それも事故の起こった同時刻に。以前自分が関わった事故では見聞といってもお互いの予定を合わせたりしてけっこう経ってからのんびりとやったものだったが、この素早さは尋常じゃない(ような気がする)。やっぱり被害者がすごくまずいことになってしまったのか?

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2008/09/22 23:01 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

気晴らし小旅行2日目

今回出かけたのは長野県、小布施から木島平周辺のドライブである。宿泊したのはもう何回もリピーターで利用している「パノラマランド木島平」である。とてもよいところだ。
朝起きて窓の外の景色はこれである。
Image106~00
森の向こうは雲海になっているが、晴れているときはここに田畑や村の景色が一望できる絶景なのである。で、いつものようにそっちこっちをふらふらし、木島平村自慢の野菜や果物を買いあさり、さらに小布施によって栗を買おうと思ったら目玉が飛び出るかというほどのすごい高値。で、その辺を回って地元のスーパーに入ってみたら半額ぐらいで売ってました。(家内は栗が好きなのです)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2008/09/21 19:48 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

気晴らし小旅行のお楽しみ

 大学時代の後半あたりから、一時かなり熱を入れていたNゲージではあるが、今の家に引っ越してきてからというもの、まったく進展することもなくなってしまった。場所がなければレイアウトは展開できない。子供達が独立するまではどうすることもできないであろう。

というわけで、何年前頃であろうか、一泊旅行の時なんかにはカトーのユニトラックとか古いトランスを携え、日頃車両基地に閉じこもりっきりになっている可哀想な機関車や電車を、順番に虫干しがてらお座敷レイアウトで走らせる、というのを密かな楽しみにしてきたのだ。

で、今回は東武鉄道特急けごんの1720系6両編成(マイクロエース)、国鉄70系旧型電車6両編成(スカ色・GMキット組み立て)を携えて、リゾートホテル1泊の旅である。

チェックインして一休みして温泉に入って夕食を待つまでの間、レールのセッティングをするが、久々だったこともあって、レールの表面はかなり汚れている。それを津川洋行のレール磨き(砂消しみたいなヤツ)で磨くのだが、けっこう手間がかかる。面倒くさいので今日は単純な小判型にしよう。

まずは1720系を走らせよう。
Image102~00
幼稚園の時からのあこがれの「デラックス・ロマンス・カー」であったが、実際乗ることが出来たのは引退間際の昭和58年頃だったと記憶している。その後Nゲージで欲しいな~と思っていたが、難しい金属キットがあるだけ。とても無理。なのでマイクロエースの製品が出たときは欣喜雀躍、けっこう高かったけどすぐ買ってしまった。でも、出番は無し。可哀想ですね。
Image099~00
重ねられた座布団にロマンを感じますよね!

次は国鉄70系だ。これは現物を遠目に見たことはあるが実際に乗ったことはない。あんまりあちこち出歩くことがない家庭に育ったからね。そうこうするうちに電車の方はド田舎に引っ込んでしまった。
Image104~00
GMのキットを組みました。たぶん結婚後なので平成時代のごく初期に作ったんだと思います。
Image105~00
特に、サロ75はGMではサハ75100の板を切り継いだ力作です。やっぱり鉄道模型は走ってこそ生き生きしますね。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

【 2008/09/20 23:37 】

Nゲージ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

半端な正義感

 今晩は3人の子供達のうち2人は帰ってこないし、家内は8時過ぎまでピアノの弟子がいて、なんだかなので晩飯はかっぱ寿司にでも行こうか、ということになった。で、自動車を出して、いざ出発!

ところが!

ありゃ?家から出たところの信号の手前で何台もの車がハザードランプをつけて止まっている。ナニとんまなことしてんだ?ありゃ~、こりゃ事故だな。なんだなんだ?といつもの好奇心でこっちも車を止めて歩いていって見ると、何と、道の真ん中に人が倒れていておばちゃんがやけに取り乱して介抱している。倒れている人があまり小さいので一瞬子供か、と思ったが、おばあさんであった。要するにそのおばちゃんが自動車で、歩いているおばあさんをはねとばしてしまったらしい。雨の降る暗い夜道で、歩いているおばあさんにおばちゃんが気づかなかったらしい。濡れた路面の倒れたおばあさんはもう服もびしょ濡れで、何人かの人が傘を差し掛け、
「体が濡れないように何かをかぶせた方がいい」
と誰かが言い、誰かが走り去る。どんどん交差点に車が集まって
「通れないのかよ!」
などと殺気立つ人もいて、緊張感が漂う。そうこうするうちに救急車が登場し、居合わせる人たちの間に安堵のムードが漂う。
 救急隊の人が、
「誰かそっちで車を止めてくれませんか」
というのだが、こりゃ俺らがやるようか。しょうがねぇなあ。
雨のショボ降る中、自宅前の道路の中央に立って、こっちに向かってくる自動車に手を振って止める。だが、ほとんど倅がやってくれました。テキパキ手際がよくて、次々に自動車を迂回させてしまう。たいしたもんだのう。結局2~30分もそんなことをやっているのに救急車はなかなかその場から動かない。やっぱり受け入れ先を探しているのであろうか。

 そのうち警察も来て、交通整理を始めたので、じゃ、俺らも行くか、と半端な正義感の看板も下ろし、寿司屋さんに向かいましたとさ。それにしても、大丈夫だったのか。なんだか意識はかろうじてあるようだったが、頭を打ったっぽいのだ。1時間後、こっちが飯を食って帰ってきたら、まだ警察が現場検証をしていた。もしかして相当ヤバイ事故だったか?心配だ。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2008/09/19 22:46 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

いよいよ今週は体育祭

 先週は大変だった。まだ体育祭まで2週間もあるというのに、早くも団練習だとか入場行進練習だとか、気合いが入っているのである。毎日2時間外で特設練習で、体育とは関係ない音楽教師もグラウンドに出て指導をする。それなのに、木曜日を除いて、ほとんど雲一つない快晴。気温も連日30度越え。初日に日焼け止めを塗り忘れたのは痛恨の出来事であった。今や地球は人間に優しい星ではないのだ。
 こっちは着慣れないジャージ・ポロシャツとかに身を包み、首周りをタオルで巻いてサングラスという完全装備だが、その実は正に「怪しいおじさん」スタイルである。それでも太陽が照りつけ、土埃が舞い上がる乾ききったグラウンドは容赦なく初老の男の体力を奪ってゆく。まさにデスマッチだ。だが、中学生は神懸かりの人間である。そんな過酷な環境下でもスキルも少しずつ高まってきている。
 そしていよいよ今週土曜日が体育祭だ。体育祭が無事終了するのが早いか、こっちがグロッキーになって救急車で運ばれるのが早いか、こうご期待である。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2008/09/15 23:58 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

仙台へ2

 土・日を使って、家内の実家へ。義父が怪我で動けないものだから、とにかく顔を見せてやらないと心配である。困っていることもあろう。
 というわけで、いつものように東北道を突っ走る。といっても、いつものディスカバリーではなく、ノアである。ディスカバリーは130㎞出してもそれほど不安を感じさせない安定感があるが、ノアはやっぱりそうはいかないな。120㎞ではちょっと不安である。だが、乗り心地や使い勝手の良さでは外車なんかでは太刀打ちが出来ないのは確かだ。まあ、急ぐ旅でもない。朝5時過ぎに出発して、到着は11時近く。途中で事故渋滞に巻き込まれたがそのロスも30分ぐらいであった。
 さてその事故であるが…、かなりヤバイ。
080913_091132.jpg
後ろから救急車と消防車が追い抜いていき、しばしあって、現場を通過すると、もう大変な修羅場である。事故車は左側の山肌に突入して横転したようだ。山肌はナンバーがついたバンパーの一部と「山形」のるるぶみたいな旅雑誌などが転々と散乱し、土もえぐれて道路にばらまかれている。自動車に積んであった書類みたいな紙片が数十メートルにわたって散らかって、そこをみんなで通過していくわけだ。写真の自動車の反対側には、救急隊員と意識を失っていると見られる搭乗者が血まみれになって横たわっている。とてもタダですんだとは思えない。
 そういえば、この日の東北道はなんだか危なっかしかった。妙に乱暴なクルマがいるし、やたらにスピードを出して追い越していくバイクがたくさんいて、気を抜けない状況だったのだ。そんな中で、何かに気をとられたのか、居眠りでもしたのか。この事故車に乗っていた人たちだって、幸せな生活があっただろうに、それが一瞬にして破壊されるわけだから、イヤなものだ。

 ま、無事に到着し、いろいろやって、無事に帰ってきました。それにしても、今回は途中でガス欠になって、給油したところ、満タンにしてもたったの45リットルしかはいらない。それなのに530㎞も走ったじゃないか。何という経済効果。ディスカバリーでは満タンにすれば80リットルだからね。まさに鯨飲馬食。そんな怪物をこれまで飼っていたんだからなぁ。今更ながら、趣味としか言えないじゃないか。
 これからはとにかく省エネに徹しよう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2008/09/14 22:23 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

変?な電話と失礼な人たち

 なんだか、「音楽の先生」宛に電話がかかってきたのだが、なんでも、ウチの中学校の「校内音楽会」を見に行きたいのだが、今でもやっているのか、行ってもよろしいか、ということなのだ。そして、その人は、かつて、といっても昭和30年代!にウチの中学校の音楽教師で、件の「校内音楽会」の第1回を立ち上げた人だ、というのである。そりゃとんでもなく古い話だな。その人も相当なお年であろう。ウチの校長に聞いても、知らないと言うし。ところが、事務の人の知り合いの校長先生がその人を知っていて、なんでも、その校長先生が新任の時にすでにベテランだったという。当然であるが、もう80近いはずだそうな。こっちだって、昭和30年代といえばやっと小学校低学年である。
 ちょっとその人に会うのが楽しみだ。

 それなのに、どいつもこいつも、
「せっかく来てもらっても、がっかりさせちゃあねぇ。」なんて言ってる。失礼な奴らだ。もっとも、前任者がグチャグチャにした音楽の授業がまだ完全には立ち直らせてないんだから(生徒どもにちゃんとした音楽の授業がどんなものかというイメージがないんだから、容易でもない)、仕方がないのでもあるのだが。来年も来てもらうように話をするか。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2008/09/11 22:27 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

エアフィックス健在か

 午前中は部活。終わって家に帰ってから、次男坊の要求により、神田の三省堂へ。新たに導入したノアで高速デビューだ。大してスピード出してなのに思ったよりスピード出してる感がある。やっぱり重心の安定したディスカバリーとは一緒にはならんのう。

 で、いつものように裏通りの地球堂へ。なんか面白いものはないかいな。

Image097.jpg
こんなの見つけて買ってしまった。しかも609円也。お値段も手頃。箱も立派。エアフィックスが危機だという話もあって、どうなっちゃうんだろう、と思っていたのだが、なんだか今日はエアフィックスのキットがたくさん並んでいた。どうにか持ち直したのだろうか。エレールにしてもエアフィックスにしても、気をもませる。

それにしても、ここんとこ模型を作っていない。HPも3月下旬にupしたっきりである。夏休みも何も出来なかった。キットをいじりたい気持ちは高まっているのだが、本当に困ったことである。だいたい、夏休み中に、6~7個も在庫が増えてしまった。このままでは「積みモデラー」の道まっしぐらであるが、作らないキットをコレクションするのは趣味ではない。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2008/09/06 21:28 】

プラモデル  | コメント(1)  | トラックバック(0)  |

無責任なのはこっちだ

 人のことも言ってられない。きのうから2日というもの寝込んでいる。学校も年休。もう、だるくてだるくて、気力がない。食欲もない。こんなの久しぶりである。

 夏休みの疲れが出たのかねぇ。だいたい、一般ピープルは
「いいよねぇ、学校のセンセイは。夏休みがあるからね~」
とおっしゃるが、そんなの全くの(とまでは行かないが)誤解である
。夏休みは子供と一緒に休んでる、とでも思ってるのかねぇ。そういうやっかみ半分でものを語られたんじゃ迷惑なのである。まあ、中には夏休に年休を絡めて2週間ぐらい休んで優雅に海外旅行、なんて洒落込んでる方もいますけどね。そういうのはたいてい若い(あるいは婚期を逸した)女性の方がほとんどで、中学校で中核となって学校を動かしている男性教員は規定の休みをちゃんと取ることすら夢のようなもの。むしろ、授業日に出来なかった研修やら何やらが雪崩のように襲いかかってくる上に部活動の指導で忙殺される。今までの印象でも、授業日よりも夏休みの方が気楽、という経験はほとんどない。むしろ大変。中学校の普通の教師にとっては夏休みが来るのは気が重いのである。(バカ奴らどもがよけいにグレないうちに)早く2学期になってくれ~、というのが本音のところだ。

 今年は久々に吹奏楽部の顧問に返り咲いた上に20年次研修なんかも重なって、あっという間に夏休みは終わってしまった。その分疲れも思いっきりため込んだぞ。この2日間でその分をどうにか帳消しに出来ればいいのだが。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2008/09/04 21:09 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

なんか無責任

 福田総理大臣の突然の辞意表明にビックリ。辞任表明の記者会見を今見ていたが、
「絶好のタイミング」
なんていっている。それって、裏返してみれば、とっくの昔に辞めたかったってことだよね。それを
「いつにしよっかなー。今日?明日か???」
とタイミングを計ってた、ってこと?ずいぶん無責任じゃね~か~???
本当に、総理大臣自らこんなにも簡単に敵前逃亡なんて、困った国だな~。

テーマ:政治のニュース - ジャンル:ニュース

【 2008/09/01 23:08 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |