FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

夏本番、というのはさわやかな言い方

 暑い!暑すぎるじゃないか!ここ2日ほど、蒸し風呂のような中学校の校舎にこもり、吹奏楽部の練習に浸りきっている。それにしても、ついに来てしまった太平洋高気圧。連日気温は34度?高度な文化活動(それも芸術カモシレナイ)であるところの吹奏楽をやるような環境ではとっくにない。だが、差し迫った目標のコンクールに向けて、とにかく練習するっきゃない。

 というわけで、まずは環境を整えなければならない。
その1: お弁当の避難。
 1日練習では必需品のお弁当。不用意に教室なんかに置いとかせるわけにはいかない。傷んでしまっては大変である。なので、夏休み中唯一冷房が稼働している職員室にお弁当を避難させる。以前の学校なんかではLL教室とかにクーラー入れて弁当を置き、ついでにじゃんけんで勝ったパートがパート練習したり、なんてこともできたのだが、なんだか「市からの通達」とかいうのがあって、無闇にクーラーをつけてはいけないらしい。ケチだのう!

その2: 扇風機
 クーラーが駄目なら扇風機しかない。音楽室は熱気がこもってスゴイ状態だ。工業用の扇風機(例の、羽がオレンジで本体がダークグレーのでかいヤツね)を親の会に頼んで急遽2台買ってもらい、窓全開にして外のベランダに置いてもらい、思い切りブン回す。奥の方の生徒には直接風が行かないが、部屋の中の空気はとにかく回るであろう。(それにしても、工業用扇風機、値上がりしたぞ。何年か前に買ったときには3560円だったのに、今じゃ同じものが4980円!)
 最初は部屋の中で回したのだが、近くのフルートの2年生はたまったモンじゃない。首を振って風が吹いてくるたびに、髪の毛がゲゲゲの鬼太郎が悪い妖怪を退治するときのように一斉に逆立ち、とても楽器を演奏するどころではない。それに、あたりの譜面台の楽譜があっちこっちでヒラヒラ飛び回る。こんなんで吹奏楽の練習をやっているなんてほとんど奇跡的な状況なのだ。

 そんなに努力しているというのに、演奏の方はとんでもない。全体的に頭がボーッとしているようにも見える。集中力は続かない。熱中症の恐ろしさは昨今喧伝されているとおりで侮れない。1時間もやれば10分は休みを入れる。そして水分補給。差し入れのお茶なんかもあってけっこう恵まれてはいる。ピッチはあわない。第一チューニングができない。鍵盤打楽器はA=442で設定してあるのに、この暑さの中、管楽器はA=445にしてもあわない。無理矢理あわせると曲をやるときにユニゾンがでない。無理に出させようとすると音色が極端に悪くなる。
 こんな泥沼のような戦いがまだ8月1日まで続くんだよ。エライこっちゃ。
スポンサーサイト



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2008/07/24 22:38 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |