FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

め、目がっ!目がぁぁぁ!!

 そんなわけで「吹奏楽部」の顧問に復帰して一月とちょっとが経過した。「年とったなぁ!」というのがつくづく実感される今日この頃だ。
 なんといっても困ったのは、細かい音符が見えなくなってきていた、ということである。顧問をしなくなって4年、その間プラモデルを作るにもどんどん老眼が進んでいた。そして、直接作業をするときはメガネを外し、部品や工具を探したりするときにはメガネをかけて、という不便な状況が進行しているのはわかっていたのである。だが、実際の「オシゴト」でこんなことになっているのを思い知らされたのは初めての経験だ。
 吹奏楽部の顧問はスコアを見なければいけない。スコアとは全部の楽器のやることがすべてまとめて書いてある楽譜だ。B4版とかA3版に25段とか30段、場合によっては40段にも及ぶ、細か~~~い楽譜がビッチリ書いてある。それだけなら、まあ何となく音を感じられるからいいのだが、一番困るのは小節番号である。これがまた、実際4ポイントとか、さらに小さな数字で書いてあることが多く、もはや年寄りの目に負える代物ではない。いきおい、
「それじゃあ、○○小節目からやってください」
なんて指示を出すたんびにメガネを外し、楽譜に目を近づける、老人独特の所作を若いカワイコちゃんたちの前に曝すことになってしまうのだ。
かっこわるいのう…。
スポンサーサイト



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2008/05/14 23:26 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |