FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

犬が嫌い

 ペットって、可愛いものなんだけどねぇ。犬は嫌いだ。もともとは好きだった。捨て犬なんかどんどん拾ってきちゃって、飼うとかいって親を困らせた。

 転機は18の時だったな。新聞配達をしてたら、いつも吠える犬がいる。しつこくねちっこく、恫喝的に。鬱陶しいな~~と思っていたが、ある時、別な家に集金に行ったら、いないと思っていたその家の飼い犬がいて、飼い主の脇で尻尾を又に挟んでじっと立っている。飼い主からお金をも立ってお釣りと領収書を渡そうと思って手を伸ばしたら、いきなりそいつが私の手に咬みつきやがった。怪我した。それ以来、犬に警戒感を持つようになってしまったのが始まりだな。

 それからずっと犬ってのはどっちかというといけ好かない動物で、特に誰かを訪問したときにその家の座敷犬が偉そうにワンワンだのキャンキャンだの大騒ぎをする光景にはうんざりしてた。

 決定的だったのは去年の10月に斜向かいの賃貸住宅に引っ越してきた住人が連れてきた2頭の大型犬だった。この住人の女性というのが異常な虚言癖の持ち主。旦那がいるのに母子家庭と言ってみたり、母子家庭のはずなのに赤ちゃんが生まれたり、犬が吠えるのがうるさいから文句を言いに行くと、近所で20匹犬を飼っている家が2軒あってそこが犬をみんな連れて散歩にくるからそれに向かって吠えている、みたいな、誰が聞いてもあり得ない、妄想としか思えないことを平気で言いまくる。そして最近秋田県(だったかな)であった豪健君殺害事件の容疑者の女に印象がそっくりなのだ。話をしてみれば一見物わかりのよい、常識をわきまえたいい人。しかし、生活そのものはまったく破綻、という二重人格者だ。

 その犬である。グレートピレニーズっていうのかな、白くてばかでかい奴が2頭。それが夜も昼もなく延々と吠えまくる。朝は5時半から夜は11時過ぎまで。ひどいときにはもっと長時間。何があるというのか、とにかくひたすら吠え続けているのだ。もう周辺はうるさくて大パニック。そればかりか、低い塀から上半身を乗り出して通行人を威嚇する。飼い主といえば、犬の手入れどころか散歩にすら連れて行かず、庭はクソだらけで悪臭が充満する。下手をすると、鎖から離れて道を歩ってたりするんだからね。
 こっちも、小さい子がピアノを習いに来てたり、受験生がいるわけだから死活問題だ。市役所や警察に連絡したり、相談して指導してもらったり、あまりうるさいときには直接文句を言いに行ったり、とイヤなことばっかりが続いた。

 もう、すっかり、骨の髄から犬が嫌いになりました。「犬」という存在そのものがイヤ!テレビに犬が映ったり、何かの世話話が犬の話題になったり、自動車で走っていて視界に犬が入ってくるだけでも、コノヤロー!!って感じになる。

 でも一番可哀想なのはたぶんその犬でしょう。何も躾らしい躾をされず、自慢の毛並みはもつれて黄ばみ、足腰の筋肉はげっそりと落ち、誰からも疎まれて、かわいがられることもない。塀から乗り出したり庭から外へ出たりするのを私が文句言いに行ってからは鎖に繋ぎっぱなし。たま~に散歩に連れて行くふりをするのだが、5分で帰ってくる。何なんだろうかあの住人。結局、先月引っ越していった。なんだか、隣の市で犬を室内で飼うことが出来るような防音の部屋、というか離れのある貸家が見つかったという、訳のわからない話を残して。うちの一家は心身症にならずにすんだ。しかし犬たちはどうなるんだろう。

 そして私には「犬が嫌い」という明確な自覚が残った。
スポンサーサイト



【 2007/12/29 21:38 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ねてた

 一日中家にいた。
8時頃目を覚ましたが、気分ははなはだ不快である。
軽い頭痛と、起きあがった瞬間のめまい、胸の周辺の気持ち悪さがずっと取れない。頭痛も、これまで感じたことのない目の奥のそのまた奥の方が広い範囲で痛いともなく痛い、というのがもうずーっと続いている。いつ直るんだろう。
朝10時頃まで寝てた。やっと何とかなったので起き出して、シャワーを浴びて頭を洗おうと思ったら、ちょうど洗濯機の作業が終了していたので、まずその中身を引っ張り出して二階で干した。それからシャワー浴びた。それからリビングに行ったら、娘が教えている6年生が来ていた。あと2週間しかないのに、ちゃんと問題読めよ!と怒っていた。

勉強できない奴って、どうしてこう問題をちゃんと読まないんだろうね。

それからパンで昼飯。午後はテレビを見て、楽譜を作った。その楽譜とはなんだか息子が教えているピアノの弟子がもらってきた伴奏なのだが、どうも卒業生を送る会向けの歌の伴奏のようだ。とても普通の6年生が弾けるような代物ではなく、教師が弾くのを前提に書かれているとしか思えないものを、バイエルも終わってない奴にやらそうってんだから小学校の先生も無茶苦茶なものだ。自分は弾けないからわかんないんだな。で、それをやたらに簡単に書き直す。フィナーレだから作業も楽なものだ。

 そろそろ年賀状もやらないとまずいな。めんどうくさいのう。
【 2007/12/27 17:47 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

今日のこと

 今日は午前中学校に行った。来月の末に人間ドックを受けるのに職務専念義務免除願をまだ出していないのが気になっているので、まずそれを書いて教頭の机の上に提出。
それから音楽室と準備室のお片付け、なんやかんややっているうちにお昼になったので帰ってきた。途中作りパン屋さんで焼きたてのホテルブレッドを買った。
 午後は次男をバイト先に送りに行った。なんだか体調が悪かった。肩は凝るし頭は痛いし、悪寒がする。
帰ってきてから寝た。22時に起き出して晩飯を食った。熱が6度7分あった。自分としては高熱だ。(平熱が5度6分だからな)
【 2007/12/26 23:40 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

小5が高速道路で転落死

 可哀想に…。高速道路でマイクロバスから転げ落ち、後続のトラックにひかれて即死だったそうな。何でそんなことに?

 あまり滅多なことは言えないのだが、

その子はなぜドアが開いちゃったときにドアのそばに立っていたのだろうか。

 「サッカーの少年チーム」で「ムードメーカー」???なんだか偶然じゃないような気がするけどね。まあでも、ひとつ言えるのは、「君子危うきに近寄らず」という、いにしえの教えを親やまわりの大人はしっかりと子供にたたき込むべきだ、ということでしょうね。それで言うことを聞かない子はどうなるのか、ということもわかっていてもらわねばなりません。親たるものは、それを徹底して教えなければ悔いが残るでしょうね。

 そういえば、私が教員になって最初の年に行った遠足である中1の男子が、教師や運転手が何度注意してもバスの窓を開けて手だの肘だのを出して引っ込めない、というのがあった。終いに運転手が怒ってしまって、バスを止め、「その子をおろしてくださいっ!」という一幕までになった。その子の家のしつけはメチャメチャ、喫煙や万引きなどの問題行動は小学校のウチから常習化し、何よりも困ったのはすごい虚言癖があったことだった。やっぱり何事も家庭あっての子供である。その場でどうこうではなく、日頃からどんな風に目を行き届かせるか、親は毎日勝負なんだけどなぁ。
【 2007/12/25 19:43 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

パソコンを捨てる

 今日は朝からパソコンを捨てに行こうと、予定していた。何しろ、今やパソコンひとつ処分するにもお金がかかる時代。ウチにある、古くて使わなくなったパソコンは天袋ひとつに一杯となり、どうすればよかろうか、ともう何年来の頭の痛い問題だったのだ。デスクトップが1台に、ノートが7台。よくもまあため込んだものである。
 で、いろいろ調査してみると、三郷の方に、タダでパソコンを引き取ってくれるお店があるという。もう、勝手に宅急便で送ってください、部品取りなどで有効活用しますから、ということらしい。しかし、こんなにもたくさんのパソコンを精密機器扱いで送ったら、とんだ物いりになるであろう、というわけで、直接持ち込みが出来るように、平日で休みが取れる今日という日をねらっていたのだ。

 ところが出発するまでが大変。荷物を車に積むのは早々と出来てしまったのだが、それから英語が弱いのに勉強をさぼるウチのバカ受験生に対する説教モードになってしまい、結局出発できたのが1時。その上朝飯も食っていないというので夢庵によってランチを食べて2時。もうイヤになるほど時間がつぶれていく。それから関越に乗り、外環道に乗りかえて突っ走る。行ってみたら、パソコンが一杯積んであるあまり広くないお店だった。何という奇特な志。で、快く持ち込みさせてもらって、ホクホクで帰ってきたのだが、古いパソコンをまとめて持って行ったケースを回収するのを忘れてしまったのに、帰ってから気がついた。は~~。

 きのうはクリスマスイブを一家5人で盛大にお祝いした。そしてプレゼント交換も盛大にやって、夜遅くまでDVDを見て、超リッチな気分に浸っていました。メニューはローストビーフを中心に、ブルーチーズなど数種類のチーズ、生ハム、バケット、フライドポテト、サラダ、スパークリングワイン、という我が家定番のクリスマス料理。幸せ一杯の夜でした。
【 2007/12/25 19:25 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

お買い物

 もうすぐクリスマス。ウチではとにかくクリスマスに盛り上がる、というのを家風にしている。もう息子が二人成人式を超える年になったが、子供たちには、結婚したら、正月は相手の家で過ごすべし。クリスマスは、必ずあけて我が家に戻るべし、と今から言い含めている。 
 で、今日はクリスマスに向けて買い物をした。

 そうそう、近所の老人施設で午前中餅つきがあり、ところが朝のうちの雨であまり人が来なかったらしく、うちにお裾分けを持ってきた。それで、そのお礼に、とうちの長男と家内で何曲か歌を歌ってきた。アカペラで。で、やっぱりアカペラはきつい、というのでコジマ電気へキーボードの値段を見に行った。それから生ハム、ブルーチーズ、テリーヌ、スペアリブなど、クリスマス気分満点のものを買いにあちこち行くが、世の中はなんだかもうお正月の用意だ。しらけるのう。
【 2007/12/23 20:39 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

またもや「やってもうた」

 昨日オークションで2つもストックが増えてしまったのに、またもや買ってきてしまった。ドイツレベルのDH-2です。最近「撃墜王リヒトホーフェン」という文庫本をアマゾンの古本で3500円も出して買ってしまい、それを読んでるうちに作りたくなってしまったのです。だけど、実はDH-2はすでに持っている。というより仕掛品があるのに…。実はエドゥアルドのDH-2プロフィパックが途中まで作って放ってあるのです。なんだかすごく難しい上、胴体支柱の長さが不揃いだった上に折れたりしてしまい、組むことが出来ず、さらに説明書にある張線のあまりの多さにびびってしまい、製作を放棄する予定なのです。でも勿体ないしなぁ…。どうしたものか…。
 で、レベルのを参考にして何とかならないか、これから考えるつもり。
【 2007/12/22 19:59 】

DH2(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

オークションのブツが届いた

 ついこの間落としたオークションのブツが今日届いていた。アルバトロスD.VとフォッカーDr.I、いずれもエアフィックスで二つ一緒に300円で売りに出ていた。他に入札がいなかったのでそれを300円で落とし、送料が140円、払込手数料が525円で結局1個あたりの値段が500円を超してしまった。得したのか損したのかよくわからない。まだ箱を開けていないが、いずれもかつて(中学生の時に)購入して作ったことがあるという代物、期待は出来ないが、まあそれなりに楽しめるであろう。
【 2007/12/21 23:58 】

プラモデル  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

飲み会は大っキライだ

 今日は終業式。どこの学校でも大概学期終了の納め会が行われる。ま、飲み会だな。

 しかし、な~んでこんなことつきあわなきゃいけないのかねぇ。実にくだらない。というより大嫌いだ。だいたいからして、会費5000円だって?ふざけるなよ、それだけあれば家内と二人で2回もランチを食べにいけるじゃないか。そう考えると、金のかかった宴会料理を食っても、一向においしく感じられないんだから損な性分だ。酒飲むにしたって、私は「好きだけど弱い」というタチなので、自分のペースで飲める自宅での晩酌が一番好き。大して気の許せる相手ばかりじゃない席でついつい飲み過ぎなきゃいけないなんて辛い業である。こんなのが年明けにも1回あって、また5000円ふんだくられる。でも立場上サボれなくなってきたしね。

 それにしても何よりイヤなのは、「毒ガス煙突」と長時間同席しなければならないことだ。特に今年度は校長教頭教務主任に2学年の主任、臨採の若い奴、と毒ガス煙突が何本も集結して、とても我慢の出来る状況ではない。「毒ガス煙突」じゃわからない?タバコ飲みだよ、タ・バ・コ・ノ・ミッ!!!何でこの世にタバコなんてものがあるんだ、すぐに撲滅して欲しい。タバコ税を1000%増額します、なんて言う政治家がいたら、そいつがたとえヒットラーであっても一票を入れちゃうね。
 でまあ、狭い席で、終いには濡れたおしぼりを鼻と口に当てなければ呼吸も出来ず、飲み過ぎて頭はガンガン、胸はムカムカ、もう死ぬ…という感じになった頃にやっとお開きになる。2次会なんか行くもんかね、絶対ごめんだね。何で高い金払わされてこんな目にあわなけりゃならないのか。

 というわけで、タバコの薄汚い煙のにおいがしみこんだセーター、コート、マフラーを階段の踊り場に広げて晒し、風呂でシャワーを浴びて髪の毛から何から染みついてまとわりつく気持ち悪い煙のにおいを洗い落とし、やっと一息ついて今これを書いているのだ。
【 2007/12/21 23:57 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

サンタクロースの怪

 今日は息子の自慢話を書こう。

「ママがサンタにキスをした」というムカつく歌を知っているかね?私はこの、子供の夢をぶちこわすけしからん歌が大大大だいっキライである!!この歌を作った奴を縛り首にしたい、とさえ思うことがあるくらいだ。だいたい、ここのところ日本は、サンタクロースなんていない、親が夜中にこっそり子供の枕元においているんだ、というのを子供にバラすのが流行する、という嘆かわしい状況に陥ってきた。何も理屈のわからない小さな子供をそういう夢のある嘘でだますのなんて、いいじゃないか!何で、そういう折角の心温まる世界を、いい大人やこまっしゃくれたガキが、したり顔でぶちこわすような、イヤな世の中になってしまったのだろう。

 さて、私の家では、細心の注意を払って、サンタクロースの手伝いをしているのが親だ、というのがバレないようにしてきた。だから、ウチの3人の子供たちは、少なくともよその心貧しい家庭の可哀想な子供たちよりは、長ずるまでサンタクロースを信じていたはずである。だが、ついに、息子どもがサンタクロース伝説に疑いを持つ日がやってきた。彼らは、親の留守をねらって、かなりあっちこっち探り回っていたらしい。そしてある年(たぶん長男が小学校高学年)、ついに、私らが前年サンタクロースのお手伝いをした残りの包装紙がクローゼットの奥に放り込まれているのを発見し、そのからくりを明確に悟るに至ってしまった。

 それでどうなった、と思います?

 なんと、我が家では、何も知らない末の妹の枕元に、親のあずかり知らないプレゼントがひとつ増えたのである。なんと心温まる話であろうか。なんて優しい人間に育ったんだ、ウチの倅は!!

 それで?なんだこの親バカが…と言いたいだろ。

 勘違いしないでよ。私らの子育てがいかに上手だったか、を自慢したいのであって、子供の自慢をしているんじゃないのよ。くやしかったら、そういう子供を育ててみなって。へっへっへっへ~~~
【 2007/12/19 20:08 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

寒い

 うちの音楽室ストーブがないんだわ!!面倒くさくて入れない、というか煙突が破損していてセットできないのだが、今日みたいな日は寒い。それなのに、2 年生のIと来た日は、半袖ハーフパンツの体育着姿。上に着るジャージを忘れたらしい。肩をすくめた寒そうな姿で、頼むから音楽の授業なんか受けに来るなよ!見てるだけで風邪ひきそうだ。
 で、きょうは寒さを吹き飛ばすべく、ひたすら合唱だ!この間の合唱祭で1年生の課題曲だったLet's search for Tomorrowをレパートリー拡充のために手をつける。意外にこの歌、音程取るのが難しいポイントがあるんだな。結局、うまくいかんかった。明日もう1 時間あるから何とかやらせよう。
 次の時間はその1年生。授業が終わったら、陸上部の連中が、「先生、ウチら、きのう市民駅伝で18チーム中9位だったんだよ!!」とニコニコして報告に来た。聞くと、他所は上級生だったのに、1年生だけでチームを組んで出たらしい。「たいしたモンだな!!」と激励して、あとで陸上の顧問に聞いてみたら、「他所のAチームと比べると最下位なんだけどね。」と言いながら成績表を見せてもらってみると、確かに…。でもまあ、1年のチームだからな。これまでの実績を考えればウチの学校にしては快挙といってもいいだろう。

 昼休みは寒いのにけっこう外に出ている生徒がいる。サッカーだの野球だの、まあいろいろとやることを考えるモンだな。と思いながらふとバスケットをやってる連中を見てみると、1年生だ。ありゃ、女が混じってる。なんと、男女混合で遊んでるじゃないか。何という、究極の人間関係の良さだ!初めて見たぜ。

 午後は学年会。といっても、たいした議題があるわけでもない。通知票の「総合的学習」の評価欄に何を書くか、という相談をして、来年行く修学旅行をどうするか、というブレーンストーミングというよりただの雑談をして、おしまい。
【 2007/12/17 21:28 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

フラッシュメモリー

 今日は午前中グタグタ、午後遅くなってから買い物をする。1GBのスティックメモリーが最近安いというので、買ってこようかと思い、近所のPCデポへ。
 それというのも最近、教師のパソコンが盗まれて個人情報が流出するという事件が後を絶たず、しかも、今やそういう事件があった場合教師が責任を問われることが当たり前になってしまっている。盗みの被害にあった上に、悪いのはオマエだって言うんじゃやりきれないが、それが現実だ。それで私も、先日パソコンをリカバリーしたついでに、個人情報を自分のパソコンから一掃するべく、学校関係のデータが全部入るスティックメモリーが必要となっていたのだ。
 で、行ってみると、1GBが1970円!何じゃそりゃ?1年か2年前に買った128MBが2500円ぐらいしたのにねぇ。世の中の動きの速さにはついて行けません…。結局2GBが2470円で、500円しか違わない、ということで、2GBを買ってきてしまった。あり得ない安さだ。

 それから大安売りのカップ麺だとかインスタントコーヒーとかクリスマスイブの晩餐用のキャンドルとかを大量に買い込んで帰ってきましたとさ。
【 2007/12/16 20:20 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

お歳暮

 お歳暮を出しに行ってきた。いつものところに行った。とても混んでいた。今年は、去年まで贈っていた大学時代の恩師(しかも俺らの仲人)がお亡くなりになってしまい、そういうときにはどうすればいいのか??よくわからないので、奥さんに出しといた。

 それからスパークリングワインを買いに安売りの酒屋さんに行って、でもイタリアのやつが白しかなくて、クック-Yというお店まで足を伸ばす。で、しっかりイタリアの赤も発見して(しかも値段もリーズナブルで)うれしく帰ってきた。しかし、クリスマスイブの晩に食卓で使用するキャンドルがないのだ。どこを探しても。いつだって100円ショップに行けば腐るほどおいてあるのに、期間限定でこの時期になると何で消えてしまうんだ!!結局見つからない。

 それにしても、最近は世の中の気分がクリスマスにならないのはどういう訳だろう。去年のクリスマスの時に「ありゃ」と思ったのだが、どうも日本人はクリスマスに燃えなくなってしまったのか?さみしいことである。

 ところが、娘がピアノのレッスンから帰る途中で駅ビルに入っている100円ショップでクリスマスムード満点のキャンドルを4本買ってきた。えらい!!
娘はその前にも、パネトーネ(イタリアのクリスマス限定フルーツケーキのようなパン?)を俺たちが見つけられなくて困っているときに、変なところのお店でしっかり見つけて買ってきてくれた。今年の冬はまさにうちの娘、ヒーローである、じゃなかった、ヒロインだな。
【 2007/12/15 20:09 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

お袋の味

 以前から家内が気にすることの一つに、「お袋の味」というのがある。「あなたのお袋の味って何なの?」と聞かれるのだが、な~んもないんだよな。特にこれと言って思い浮かぶものがない。そしてちょっと前に、「うちのお袋の味って何だろう」と家内が言い出すものだから、こっちも真剣に考えてみたのだが、結局俺の到達した結論は以下の通り。

「我が家にはお袋の味は存在しない。なぜならば、家内の作る料理は何を取ってもおいしいから。「お袋の味」というのは、料理が下手な女房が、これだけは得意、という料理をしょっちゅう作って出すことによって存在が確認される」

 で、それを家内に言うと、妙な顔をして、納得したんだかしないんだか?という感じだった。で、そのあと次男に同じ質問をぶつけている。「うちのお袋の味ってなんだと思う?」ところが、次男の答えが、別に示し合わせたこともないのに俺の答えと全く同じだったのには俺自身びっくりしてしまった。やっぱりそうなのか?
【 2007/12/14 19:40 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

駅伝大会

 今日は駅伝大会。午前中3時間授業やって、給食食べて、近くの陸上競技場へ自転車で出発。
ところが競技場に生徒が到着したあたりから風が強くなってきた。日が当たっているところは充分暖かいんだけど、日陰はもう体感温度下がりまくりだ。 3000メートル走る生徒はいいが、突っ立っている役員の俺たち教員にはとんだ拷問である。で、午後12時過ぎから4時近くまで外でいろいろやっている間にすっかり体は冷え切り、家に帰ってぐったり。参った参った。
【 2007/12/14 19:32 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

成績やり直し!!

 なんと、教科ごとの5の人数4の人数3の人数がすごいバラツキがあってどうにもならん!と校長が言い出して、大変なことに!特に音楽の評価が厳しすぎるんだって!しかも、3年の2学期の成績だというのに、1学期に5で3に落ちた奴が3人もいて、「何で?」と自分でも思って再度確認してみると、要するに俺が1学期に出した評価が甘すぎた、ということがわかってしまった。でも1学期のはもう変えられないから、いろいろと2学期の分を調整したりして、午後は終わった。やれやれ。本当は、ウチの学年の「中学生社会体験事業」についての、市教委への報告書を書こうと思っていたのに…

 昨日はその社会体験事業の報告発表会。B組の担任が、「机がないと評価用紙を書くのが無理」なんて言うもんだから、1年生全員(といっても44人)が自分の教室から会場の音楽室まで、机と椅子を持って昼休みに大移動だ。さんざんな騒ぎのあげく、それでも予定時間5分前には始められるばっかりになってみんな着席して待っている。何でコイツらこんなに出来がいいんだ?

 で、保護者も(誰も来ないと思ってたのに)6人も出席していよいよ開始。前日の月曜に、前もって書かせた台本をもとに1グループ5分の持ち時間で発表する練習をしたから、一応スムーズに進んでいく。4分30秒で終了予告のベルを鳴らす、という進行がなかなか楽しい。ほぼ持ち時間内で終わらせる。どうしても時間が余るグループは質問タイムってのをつくって、サクラを頼んで質問してもらえ、と指示しといたら、それもほとんどその通りやっている。可愛い奴らだ。そして、生徒たちは評価用紙にいちいち感想などを書くのだが、みんなして一心不乱に書いている。発表をきく態度もなんだか信じられないぐらい行儀がいいのだ。こんなショウもない形態の発表、見てて面白いのか?と、仕掛けといた方が思っているようじゃしょうがないが、それでも生徒たちは真剣そのもの。一度だけ、何かの農業用機械に巻き込まれそうになった、という驚くべきエピソードが紹介されると、そのときだけびっくりするほど盛り上がった。つまり、マジ真剣に聞いているのだ。何でこんなにみんな行儀がいいのだ?ここまで出来がいいと、かえって不気味だぞ!って何を贅沢なことを言ってるんだか。
【 2007/12/12 23:01 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

体調不良?

 このごろあまり体調がよくない。といっても非常に微妙なのだ。先週の初めあたりから、1時間目の授業をやるのが妙につらい。頭がクラクラする、というか、胸がつまって吐き気がしそうでしない、というか、とにかく変。でも変だというほどでない、という微妙さ。気になる。もしかして何か悪い病気か?いつぞやテレビで見た、「脳疾患の前兆」?それとも、高血圧の薬の副作用?それとも単なる風邪?実は気のせい?そして、いつも授業をやってるうちに何となく気にならなくなってしまうのだが、大丈夫なのだろうか。

 それはともかく、疲れがたまっているのは確かだ。昨日おとといの土日は結局1日中走ったりなんだりで出づっぱり。体を休める暇がない。1日中ベッドでごろごろする、というのが目下の「夢」なんだから、非生産的なもんだ。

 3時間目の授業は2年生で先日「マイフェアレディ」を見せたクラス。あんまり気乗りしないなぁ、と思いながら音楽室に行ってみると、生徒たちはすでに「鑑賞の体勢」に椅子を並べて待ってる。なあんだ、それほど強く「面白くない」と思ってるわけでもないのね、とホッとする。こういうのはちょっとうれしいね。

 今日は、放課後進路先検討委員会が開かれた。これは、一人一人の卒業予定者の進路希望(要するに受験したい高校)についてその適否を判定し、ダメなら次善の策は何か、を検討する、というもの。明日から3年生は三者面談なのだから、待ったなしの今日なのだ。何でそんなせっぱ詰まってから、というと、3年生の成績が上がってくるのが先週の金曜日。成績をつける重要な行事の一つ「期末テスト」の行われたのがその前の週の火・水だから、たったの3日で採点・返却・採点ミスチェックをこなし、提出物をかき集め、次の週の5日間で2学期の成績と、1・2学期を合算した「調査書用」の評価を出さなければならないが、ムカシと違って非常勤の先生も多く、常勤の教師と検討するために時間を取って会合を開くのも容易ではない。まさにここ数週間は綱渡りの日程が続くのだ。

 でも、今年は特に紛糾することもなく、5時には終わったので、風呂敷残業を抱えて帰宅した。今から、明日の5・6時間目に行われる「総合的学習:中学生社会体験事業の報告発表会」のための、司会用原稿を作り、1・2年生の2学期の成績をつけなければならない。やれやれ。

 そういうわけで、今日もまた模型には手がつけられません。
【 2007/12/10 19:35 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

演奏会

 今日は演奏会。S市音楽祭である。うちの家内・倅・娘がそれぞれソロを1曲ずつと私の構成した童謡メドレーの3重唱を演奏した。結果は…近年にないひどい出来。出は間違えるは音程はぐらつくは、で散々だった。家に帰ってからビデオを見て検証。8割方、伴奏者さんの責任だったな。人のせいにするのも何だが、全然歌を聞いてないで息が合わない。事前に練習で決めたテンポを無視する。それぞれの歌を何コーラスやるかの打ち合わせが頭から飛んでいる。日頃やらない形態の演奏なものだから、舞いあがっちまったようだ。聞いてる方が「あちゃ~~」だったのだから、歌ってる方は本当に悲惨。ここまで歌いにくかったのは初めてだ、なんて言っている。いつも頼んでいる伴奏者だったらこんなことにはならなかったであろう。だが、いつもの人は育児ノイローゼ気味で、頼むべき時期に頼める状態ではなかったのだ。
 「伴奏者」がいかに大事か、身にしみてわかった一日であった。サミュエルサンダースとか、
【 2007/12/09 22:05 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

明日は演奏会

 明日はついにS市音楽連盟による演奏会である。今日は午前中最後の伴奏あわせをした。まあ、何とかなるでしょ。ということで次は以前から懇意にしている幼稚園のクリスマス会で家内が歌う、というので、その伴奏あわせに、「いつもの」伴奏者さんの家に伺った。1時から、という約束で1時にいった。俺は運転手兼お付きの者として、ついて歩くだけだが。ところが、伴奏者さんは第2子が生まれて半年、赤ん坊もかわいさが増してくる頃だ。というわけで赤ん坊をかまっていていつまでたっても練習に入らない。ちょこっと練習してはまた赤ん坊をかまっていつまでたっても帰らない。結局1時間も時間を無駄にして、やっと 2時半過ぎにファミレスでブランチって、そりゃないんじゃないか?

 それから100円ショップや大型のショッピングモールなどをうろうろしてクリスマスのグッズなどを買いあさり、夜も7時を回ってから、明日の伴奏者さんへのお礼を準備してないことに気づいて、しゃれた洋菓子でも探しに造りケーキ屋さんへ。帰宅したのは結局8時。それから夕食の支度を初めて、食べ終わって一息、というのがやっと今(22:10)というわけなのさ。

 そういうわけで、模型も全然進まない。といいわけをする。そのわりにはネットオークションにどんなキットが出品されているかなにげにチェックする暇はあるんだから、その分もっと生産的なことをするべきだろうな。本当に俺は弱い人間の性を他の人より多く持って生まれてきた、と実感することしきりのここ数ヶ月だ。
【 2007/12/08 22:40 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

成績交換

 今日は成績交換日、と言っても3年生のみである。3年生は受験もいよいよ本番が近く、調査書を作成しなければならない。そのための成績を決まった期日までに仕上げて進路指導部が取りまとめをしないと「進路先検討委員会」が開けないことになるのだ。で、音楽の成績をつけるのに、何日もかかっていっこうに進まず、困っていたが、今日は、空き時間に一気にやってしまった。そして、昼休みに一覧表に書き込んで無事終了。
 そういうことをやりながら授業をする。2年生は一クラスだけ3時間もよけいに時間が余ってしまって困ったのう。と言うわけで、マイフェアレディーのLD(まだ生きてるのよ)を鑑賞することにしよう。だが今時のガキは鑑賞が苦手だ。あまりピンとこなかったようだのう。って、ピントがずれてるのはこっちか?
 1年生は、火曜日に社会体験事業のレポート発表会があるのだが、そのレポート集(全59ページ)の製本綴じ込みをしなければならず、頭を抱える。で、結局1年A組の音楽の時間をつぶして人海戦術でやっつけちまうことにした。いい加減な計画じゃのう。しかし、生徒たちは一生懸命、落丁乱丁の有無まで自主的に調べてくれて、無事完成。よかったよかった。本当にありがとう。で、そのクラスの担任が出張に行ってしまったので給食は1年A組で取る。なんだか盛りが悪いのは担任の先生がダイエットしているからか?で、生徒と争ってお代わりをする。いい歳して何なんだろうね。
 6時間目は「歯科指導」ということで学校歯科医のじいちゃん先生が来て1年生に話をするのだが、これがまたくどいんだ。時間が過ぎてもなかなか終わらない。結局50分で開会・閉会行事もお話も事後アンケートもすべてやるはずがダメになって、アンケートだけは帰りの会でやったのだが、これがまた時間のかかるアンケートで、終わったときにはほとんど下校時刻間際。
 で、教室から引き上げ、図書室の前を通りかかってふと見ると電気がついている。中を覗いてみると、2年の男子が二人、小さな石油ファンヒーターの前に寄り添って三国志か何かの漫画を読んでいる。一人はあぐら、もう一人は寝そべっていて完璧くつろぎモード。で、何してんの?と声をかけると、要するに、図書委員会のシゴトで、図書室を開けているらしい。でも、どう見ても「中学生の男子が2名、図書室に黙って入り込んで勝手に漫画を読んでいる」という図にしか見えないよ、キミタチ。

 で、まあ生徒が全部帰ってから、今日は日直だったので校舎の見回りと鍵締めをして、学校日誌を書いて帰宅しました。すると、今度は娘の通っている高校の学校評価の一環で保護者アンケートが来ているから書け、と言う。24時間学校漬けだのう。
【 2007/12/07 23:58 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

食糧自給率

 今朝のTVニュースによると、来年は今年よりも米の生産を39万トンも減らさなければならないらしい。食糧自給率が異常に低い国、日本でなぜこのようなことになるのか。困ったことだ。今日の帰り道でも昨日まで田んぼだったのに埋め立てを始めているところがあった。悲しいことである。埋め立てたあとには安っぽい住宅や、コンビニなどの別になくても困らない商業施設ができるのであろう。

 だいたい、こんなに食糧が自給できなくていいんだろうか。このところの石油値上げで、何もかも値上がりが始まっている。石油が値上がりしたというのも、もとはといえばアメリカの住宅ローン焦げ付き問題に端を発しているらしいが、昔から「アメリカがくしゃみをすると日本が風邪を引く」といわれていて、それをずーっと放ったらかしにしておいたのは誰の責任か。

 石油が上がりすぎて、流通、というより輸出入が停滞し、肝腎の食料が日本に入ってこなくなる、なんてことはないのか。気になるところである。
【 2007/12/05 23:57 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

寒!

 寒くて困ったです。ガソリン高いからうっかり自家用車で通勤なんてできません。なので原チャリです。真冬でも。ロングのダウンコートに身を固めれば、手足が冷たいだけで本体はそんなに寒くないからね。一応氷点下4度を超えたら、道路凍結がこわいのでその日は自動車で行く、と自分的にボーダーを決めているけど、今年の原油高ではそんなことも行っていられないかもね。
 今日は一応私も学年主任だし、「学年だより」を書いて起案した。そうしたら、教頭先生が月予定表の一番小さな字が、一行だけポイント数がちがっているのを発見して、修正を要求してきた。よっく見てるのう!さすが教頭先生!!それからコーヒーを飲んで、授業をして、コーヒーを飲んで、起案の修正をやって印刷をして、ついでに3年生の新しく手をつける合唱曲を印刷して、授業をしたらお昼になった。2年生は、今度の教科書から新たに掲載されている「カリンカ」 3部合唱に手をつけてみたら、けっこう面白いんだ、これが。
 で、給食食べて、昼休みは提出物が出てない生徒にいちいち文句を言いに教室に行って、紙をなくしたなんてほざくやつに新たに紙を渡して追いつめたりして、授業をして、駅伝大会の練習につきあってコースをぐるぐる逆方向に歩く。(本当はいっしょに走りたいところだが、実は膝が悪いのだ)ウチの学年の連中はけっこういい顔をして走っている。可愛いのう。イヤ、本当に可愛い奴らだ。
 で、掃除の時間になったので、4階の音楽室にまたもや戻って、掃除の監督をし、帰りの会の時間になったので、またコーヒー飲んで、音楽準備室をなんやかんや片付けたりしてるうちにもう下校放送もなりおわり、辺りは暗くなってくる。

 毎日そんなことやってるよ。

でも、今日はあさってに迫った演奏の伴奏をしなけりゃで、その楽譜を作り直さなきゃいけない。何てったってキーボードだからな。音域狭いし。楽譜作ったら練習もしなきゃでしょ。何時に寝られるだろう。ま、がんばらなきゃね。

 それにしても、このブログ、実は「プラモデル」の購入とか、進捗状況を書いといたりとか、完成品をさらしたりとか、そういうために立ち上げたつもりだったんだけど、なかなか本題に入れない…
【 2007/12/04 20:29 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

お受験対策

 今日も一日めいっぱいシゴトしたぞ。で、6時に帰ってきたら、お受験6年生の面倒を見ろだぁ~??
仕方あるまい。娘も別に金もらってやってる訳じゃないし、ただの「お受験を経験したというだけの」大して勉強ができるわけでもないふつうの高校生である。少しは進捗状況を見てやらないと他人様の娘に申し訳ない。
 で、国語の勉強を見てやったのだが…。

 まず、基本的な言葉の意味を知らない。たった2時間面倒見ただけで「具体的」「抽象的」「調和」「観点」…これらの意味がわからんというのだが、これじゃ勝負にならんじゃないか。そして、ギリシャの神殿ってどういうのだか、イメージがないとか、とにかく、基本的な知識がゴソッと欠落しているのだ。このごろの小学校って、いったい何やってるのよ???と思うことしきりだったが、またもやその実証を見てしまったな。
 つぎに、「テクニック」と称する変な知識だけは身につけていて、問題を解くのに邪魔をする。塾って本当にくだらないところだ、と、あらためて実感する。たとえば、「傍線部について筆者がいいたいことはなんですか」なんて問題があったとすると、「いいたいことが何か」という、肝心なことを考えもしないで、「傍線部」のそばの適当な言葉をとりあえず探してみる、なんて無駄なことをする。これじゃどうにもならない。

 本当に日本の教育はどうなるのか!!いやな現実をかいま見た一日だった。
【 2007/12/03 23:43 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

週末は忙しい!

 この週末はまたもや忙しいことおびただしい。どうも、結婚してからというもの(といってももう20年もたっているのだが)ウィークデーはお勤め、ウィークエンドは家のシゴト、というわけで、体の休まる暇がない。ま、今じゃ別に不満がある訳でもないけどね。

 で、昨日はまず午前中は、クリスマス関係の演奏会に向けての伴奏合わせ。なんと家内と娘と息子の3重唱(ソプラノ2人とバス1人!)である。しかも編曲はこの私、という豪華な布陣。それなのにバカ野郎どもが、譜読みもろくすっぽできてないでやがる。あきれたね。本番来週なんですけど!!!
で、昼前にそれが終わって、ブランチで、それからグタグタしてるうちに、はや夕方に。で、お買い物に行って、戻ってきたらもう真っ暗。娘は中学受験をしたいという6年生(家内のピアノの弟子の一人)に勉強を教えているし、倅2人(浪人中)は次の日模試だ、というので、当てにならず、結局年老いた両親(つまり俺たちね)がモタモタとクリスマス関係の飾り付けをする。
リビングのクリスマスツリー


 今日も今日とて、お買い物に行かなければ、というので10時に出発。目的は、リビングの方のクリスマスの飾り付けがさみしいのでいろいろ買い足すことと、玄関に下げたリースが何年か使ってるうちに古くなって色褪せてきたので、作り直そう、というわけでその材料を探そう、ということでDIYのお店から、トイザらス、100円ショップ、イトーヨーカ堂、と辺り構わず走り回る。すっかりくたびれて帰ってくればもう真っ暗。やれやれ、この間の合唱祭のビデオをキャプチャーしてDVDにでも焼くか、と思えば、今度は「声楽家志望」の娘が、この間お亡くなりになったパバロッティの追悼番組「ラ・ボエーム」全曲を視聴し始めたため、こちらの注意もそっちへ行ってしまって、結局もうこの時間だ。あまりにもいろいろあり過ぎじゃないですかい?
【 2007/12/02 21:26 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

もう暮れだ

 この一週間は嵐のようだった。期末試験の問題作り・実施・採点。それをやりながら授業。社会体験事業の発表会の企画立案。家では新たにバイトを始めた娘がくたびれてヤーな雰囲気を出してるし、せがれの風邪がうつって家内はノド痛いなんていってるし。昨日もおとといも異常に寒いし。
 そして、ふと気づけば、もう12月だ。速すぎる。それに、いつもは11月の最終の週末にクリスマスの飾り付けをするのを、今年はまだやってない。明日は間近に迫った本番の伴奏合わせをするということで、家内と倅は午前中からスタンバイ。当然俺もつきあっていろいろ調整をせねば。
 このブログも、毎日日記をつける、というつもりで始めたのに、はやくもそんな状況じゃなくなっている。というか、Yahooのブログって、使いにくくないか?コンテンツを全部まとめて、FC2に引っ越すことを現在検討中である。
【 2007/12/01 01:16 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |