FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

終わった…合唱祭…どうすんだ

 今日、イジメの現場を見たくもないのに発見し、(というかやられた奴:1年男子からご注進があり)やった奴ら5人を教室の中できつく叱った。というより(セオリー通り)他の生徒もいる前で怒鳴りまくった。5人して、その男子の筆箱をグーで殴る、という遊びを考え出し、中身をグチャグチャにしてしまったのだ。シャーペンの換え芯のケースがつぶれて中のシャー芯もバキバキ、三角定規も裂けるという凄まじさ。
 で、そいつらを並べて、「何やってんだ~~~!!!」「テメエらがこんなみっともない奴らだとは思わなかった~~~!!!」てな感じで、まあ賛否両論はあるだろうが、こんなの絶対に放っておくわけにいかないからな。

 バカでした、私は。やりすぎました…

 のどが、、、嗄れました…

 来月の10日に迫った合唱祭のために、今やクラス合唱の授業も佳境に入っている。俺は、範唱をするにしても何をするにしても、毎年この時期には発声法に気をつけたりいろいろ考えて(というほどでもないが)喉を大切にして授業に支障がないようにしていたというのに、これはとんでもない落とし穴だった。あさってだって、「指導課訪問」で研究授業をやらなければならないのに。

 これは自ら招いたピンチなのか、それとも喉がいかれるのは職業病か?!

 どうなる?俺?!
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/10/30 23:49 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ジャンボより大きい飛行機

■世界最大の旅客機A380、シンガポールで初就航(読売新聞 - 10月25日 11:22)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=324238&media_id=20

 ボーイング747が就航したときには、それまでがDC8とかボーイング707、727だったりしたから、さすがジャンボ!信じられないようなデカイ飛行機!という印象だった。その後ギャラクシーとか、ジャンボより大きい飛行機があるのは知っていたが、ついに旅客機でそういう飛行機が登場するとは 隔世の感がある。
 いずれ乗る機会もあるだろうが、私はどっちかというとローマに行ったときに乗ったボーイング737みたいな田舎っぽい飛行機が好みだな。

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

【 2007/10/25 23:47 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

若い人の急死

 昨日仕事から帰ってきたら、二十歳の次男坊が「メモリードホール」に行っている、という。一瞬(どこのコンサート?でも彼がコンサート?あり得ないし)と思いをめぐらせたが、家内が「斎場だよ」。
 二十歳の人間がお通夜に出るなんてあまり普通のことじゃない。
 何と、彼のお友達が急死したのだ。それも「脳内出血」で。そんなのは普通中年以降の気にしなきゃいけない病気なので、驚いた。くわしい話を聞いてみようと思ったのだが、彼はそのまま友達と晩飯を一緒に食べてくる、とメールしてきたきり帰ってこないので、こっちは寝てしまった。

 若い人の葬式はいやだ。これまでも、教え子で事故や病死、中には拒食症の衰弱死なんてのまであったが、その場の雰囲気は最悪だ(当たり前だが)。未来のあるヤツはそう簡単に死んでほしくない。まあ、20年教員やってきて、在学中の(つまり目の前にいる)生徒が死んだ、というのは今までにないから、私はそれだけでもラッキーかも知れない。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/10/23 23:47 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

また折っちまった

 ついこの間買ってきたばかりのドリル刃0.3㎜2本セットをもう2本とも折ってしまった。何しろ0.3㎜だから折れやすいのは当たり前だが、まことに 困ったことだ。またもや模型作りの工程が止まってしまった。どうも、今作っているソッピースキャメルの張線取り付け用の穴が、けっこう深く、しかも斜め方 向に開けなければならない場所が多いせいらしい。2本セットで650円もするというのに、これを作っている最中に、少なくとも3本は折っちゃったからとん だ出費である。今日は朝からカインズホームに行って性懲りもなく補充してきたのだが、今度こそ折らないように気をつけよう。これじゃいつまでたっても完成 しないよ。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2007/10/21 23:45 】

プラモデル  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

食べ物のもったいなさ

■「赤福」に無期限営業禁止命令、農水省が立ち入り検査(読売新聞 - 10月19日 09:18)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=319760&media_id=20

 売れ残ったたべものは勿体ない、と常々思っている。賞味期限切れのコンビニ弁当やファーストフードなんかでも一定時間が過ぎたら「捨てる」というのが売り文句になっているような、こういうやり方は、本来だったら絶対に間違っている。「食べ物を捨てる」なんて、道徳としてやってはいけないことの一つでしょう。

 赤福のこういう体質も問題が多いのは確かだが、売れ残って期限切れになった商品を「勿体ない」と思う感覚そのものは正常なはずだ。「売れ残りを 右から左に回してぬかりなく儲けちゃれ」という発想だとすれば、そういうのには一言ぐらい文句も言いたくなるが、なんだか割り切れない思いがするのは私だけか…?

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

【 2007/10/19 23:44 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

事故って誰の責任?

■保護板の長さ、基準以下だった…エスカレーター重体事故(読売新聞 - 10月17日 13:25)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=318190&media_id=20


 エスカレーターにはさまれて重体となった小学3年生がでた。痛ましいことだ。無事であってほしい。一夜明けてのニュース番組では、エスカレーターの構造がどうだとか、そのスーパーの対応がどうだとか、いろいろ特集でやってたのを見たが、マスコミで常に、絶対に語られないことは(そりゃ当然、という認識ぐらいは俺だってもちろん持っているが)そのケガをした本人と保護者の責任である。
 今朝職場でもちょっと話題になって、「お店もいい迷惑だよな。」「親が店にわびを入れるべきだろ。」ということで意見の一致を見たが、ある人が「ウチじゃ年寄りを中心に、子どもが気の毒だ、お店の責任だ、で譲らなかったよ…」と、トホホ顔で言っていた。かわいそうに(その人の子どもが)。

 6月15日の日記でも書いたが、エスカレーターが危ないものだ、なんて誰でも想像できるはずなのに、その子の保護者は彼に教えなかったのだろう か。体を乗り出してエスカレーターに乗るなんて、自殺行為に等しいじゃないか。俺は、両親からもじいちゃんばあちゃんからも、「エスカレーター」という物 体に遭遇するたんびに「ちゃんと乗らないと危ない。」「骨なんか簡単に折れちゃうぞ。」「手なんか挟まったらすぐにもぎ取られちゃうんだからな!」と脅されてきたから、どこの家でもそうやってきたのかと思ってたんだが、現代はちがうんだな。

 文明の利器というものは何であれ便利さの反面、危険や弊害が伴うってことを昔の人は本能的に知っていたのだろう。新しいモノに出会うたびにそう いう危険とか、裏に隠れているものを無意識に探っていたに違いない。だから子どもにもそういう躾をした。それなのに俺たちはそういう大切な警戒心を「古くさい」とあざ笑いながら目を背ける努力をしてきてしまった。
 だが、たとえマスコミが騒いでくれようと、お店が何らかの賠償をしてくれようと、ようするに(百歩譲って)責任が自分になかったからといったって、ケガして痛いのは本人である。体に障害を負って一生不便な思いをするのは本人である。そんな目に遭わないように厳重に注意し、躾けるのが保護者と しては何よりも先決の義務のはずなのに、それをやっておかないというのは、つまり我が子の「運の良さ」にすべてを賭けちゃってるってことかな。俺にはできなかったね、そんな冒険。

 もう一つ、問題なのは学校の対応である。たとえばこの事故の場合、この子が通っている小学校の校長先生は、子ども達に何と訓示するのであろうか。
「○○君は、エスカレーターから身を乗り出す、という危険なことをしていたのだから自業自得です。皆さんはそんなことをしてはいけません。」
と言えるだろうか。緊急保護者会かなんかで、
「○○君の事故に鑑み、エスカレーターから身を乗り出すような無謀なことをしないようにご家庭でも十分に躾をしてください。」
と言えるであろうか。言えるわけがない。本人や家族の心情を無視して云々、などと騒がれたらどうしよう、とかって二の足を踏んでしまうからね。つまり、学校は現代においても最も影響力の強い「教育機関」であるにもかかわらず、マスコミと同様、この「当たり前のこと」がきちんと言えなくなってしまっている、というこの事態は、日本を蝕んでしまっている病理なんだ、と国民が気づいてもらいたい。オマエ以外の誰も、お前の子どもを守ってくれない、教え導いてくれないってことなんだぞ!

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/10/17 23:42 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

涼しくなってきたので模型

 このごろ涼しくなってきた。この夏は想像を絶する猛暑で、とてもじゃないが工作のために机に向かう気がしなかったので、仕掛品もなにも春からずっと放ったらかしでホコリまみれだ。

 やっと季節もよくなってきたところで、この間釣具屋さんにいった。テグス糸を探しに。だいぶ前に行ったときに、黒い釣り糸を売っていたのを見か けたのだが、それが4500円ぐらいして手が出なかったのだが、何となく、もしかしたら俺にも手が出る手頃な値段で、適当な太さの黒い釣り糸が手にはいる かも知れない、という予感がしていたのだ。

 いってみてよかったです。1500円ぐらいで、釣り堀とかのスレた魚用、というヤツで、1メートル中70㎝が黒、30㎝がオレンジというまだらの釣り糸を発見しました。何に使うかはいうまでもありません。わたしのHPを見てくだされば自ずとわかるでしょう。

 何日か後(私の場合何ヶ月という単位になるかも)には、この釣り糸を導入した成果をお見せしたいですね。

 ちなみに今取りかかっているのは、昔懐かしいレベルの「ソッピースキャメル」です。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【 2007/10/14 21:46 】

プラモデル  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

授業参観の怪

その1
 今日は土曜日だというのに授業参観だ。生徒は弁当持ちで朝から一日、1時間目から5時間目まで全部普通にやって、トドメに教師と親は保護者会と学級懇談会をやる、というけっこうハードなスケジュール。(その分月曜日が代休になる)

 そんな大事な日だというのに、肝心の校長先生は朝、顔を見せて2時間目の途中まではいたのだが、その後学校から消えてしまった。そのわけというのが、何と!娘さんの結婚式だというから驚きである。一昨日も企画会(校長・教頭・学年主任・教務主任が集まって、職員会議の議題を事前に検討するなどの、まあけっこう大事な首脳会議)で、
「いやもう、今度ばかりはまいったなぁ。俺、娘の結婚式、日曜だとばかり思ってたんだよなあ、まいったなあ、そしたら土曜日でやんの。こんなの がぶつかっちまうなんてなぁ。そういうわけで、悪いけど当日私、いませんから!あ、でもご内密に!!あぁ困った困った。ヤベェなあ…」
もう、お茶目すぎである。
 今日も、
「Sさん(PTA副会長)あたりにバレたら何言われるかわからねえな」
などと言っている。さすがの校長も、このダブルブッキングには本当にまいってしまったようだ。家でも無茶苦茶いわれているのかも知れない。
「やっぱりこういう場面では校長先生が学校にいていただかないと!」
などと四角四面のことを言う先生がいないのがせめてもの救いかな。でもまあ、考えてみれば俺たちも結婚したの10月だったし、この時期はそういうのが多いだろうね。それに、この少子高齢化の時代には誠に喜ばしいことではある。やっぱり授業参観・保護者会よりは自分の娘の結婚式の方が圧倒的に大事なのはいうまでもあるまい。人生の重大局面だからね。…やれやれ。

教訓:ダブルブッキングには気をつけましょう。

その2
 昨年度、臨時採用で1年間ウチの学校にいた理科の教師が、採用試験にめでたく合格し、お世話になったお礼を、とやってきた。ちょうど2年生(このヒトが去年1年生の時に担任していた)が特別教室での授業を終えて大挙して出てきたところに出っくわしたのだが、口さがない2年の野郎どもが口々に言うには、
「T先生、ちっちぇえ~~!」

 T先生は別にちっちゃくは、あ・り・ま・せん。すらっとしたスタイルの好青年だ。要するにこの半年でコイツらの背がやたらに伸びただけである。そう思って改めてみてみると、2年の男どもの背が実に高い。それにしても昨今の中学生はデカくなるものだ。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/10/13 21:44 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コンクールの伴奏あわせ

 今日は、娘のコンクールの伴奏合わせだ。エウリディーチェと、ルッチのアヴェマリア。伴奏者は、これまで頼んでいた同級生(男じゃない)と一月ほど前に ケンカ別れしてしまい、大ピンチ。で、一次予選は通過したことだし、少し上手な人に頼んだ方が…ということで、娘がついているピアノの先生に頼んで承諾し てもらっていたのだが、当日別の用事が入っていたのを失念していたらしく、違う人を紹介してきた。というわけで今日が初対面である。
 現役で演奏活動をしている、というその人(男性)はやさしい雰囲気で、音色も美しく、さすがにVery Goodだ。しかし、ウチの娘は高2にしては小柄なため、最初はあまり大きい音を出してくれなかったりして、誤解されることが多いのね、ということがわかった。
 それにしても肝心の歌手であるところのウチのは…コンクールまでにもっと曲の勉強をしてくれよ!

 というわけで、天気は気持ちよく秋晴れ。猫の額だってもっと広いでしょ、といえる庭に植えてある柿の木の実もすこ~し色を付け、家の壁際に植えてあるキンモクセイも蕾をつけ、あの独特の芳香が漂い始めた、よい一日でした。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/10/07 21:43 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

驚きの制度いじり

教員免許更新 60点未満不認定
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=308668&media_id=4

 教員ってのは半端に真面目だからね。これで、みんな授業(教材研究)そっちのけで試験勉強することになるでしょう。本当に、このところの教育改 革って悪い方へ悪い方へ、としか進まないね。たった今教室にいる子ども達に対しての思いが全く感じられないのだ。その子ども達への教育は待ったなし。二度 とやり直しはきかない学齢期なのに、それをほったらかしてでも、教師の意識を別の方角に向けちゃっていいんですか?
 まあ、私としても、生活がかかっているとなれば、子どもそっちのけで勉強せざるを得ないでしょうねぇ。ホント、良心が痛みますよ、自分のせいじゃ、な・い・け・ど。

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

【 2007/10/03 21:42 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ネットが落ちた

 この一週間、Yahooの光回線の状態が最悪で、ネットも電話も落ちっぱなしだった。さんざん騒いだあげく、新しく導入した無線ルーターが原因だったらしいことがわかった。一週間も落ちっぱなしで改めて思ったのは、今やネットは市民生活の目であり耳である、ということだ。そして、ネットも困ったが、電話の落ちたのはまさに痛かった。今は携帯が通信手段の主役になりつつあるからなんとかなりそうなものと思ったが、とんでもない。「家電」がないのは致命的に痛い。これ以上長びけばもうどうなるか、というところで原因がわかって、よかったよかった。

皆さん、ルーターを並列につなぐのはやめましょう。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/10/01 21:41 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

大相撲の危機

日本相撲協会 時津風親方を事情聴取へ
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=306979&media_id=30

 大相撲は最近よいことがない。横綱は外国からの出稼ぎ力士ばっかり。しかも例の朝青龍問題。新弟子のなり手がいない。いかれた女が本場所の土俵に乱入する。そして今回の「リンチ殺人事件」。大鵬柏戸時代からオスモウに親しんできた者としては、次々に夢の世界が踏みにじられ泥まみれになるような感覚で、寂しいことこの上もない。

 だが、時代が本当に変わってしまったのかも知れない。今度の事件でも、根性のない若い力士と、「無理偏に拳骨」の古い体質が不幸な衝突をしてしまったようにも見える。一連の問題はすべて根が同じであろう。

 もともと大相撲の力士は、ハングリー精神の旺盛な貧しく恵まれない家の若者が身一つでのし上がっていく、という「成功物語」の世界であったのだ が、そんなガッツのある若者はもう日本にいるべくもない。何しろ今や出世するべき人はみんなそれぞれの世界で出世してしまって、新弟子になる年代で「貧しく恵まれない人」というのは家庭が崩壊して学習も生活もグズグズの根性なしばっかり。ハングリー精神なんて望むべくもない。日本人の体位も向上して、新弟子の基準の身長体重なんて珍しくもなんともない。だから、たまに「相撲取りになろう」と思って中卒で相撲部屋の門を叩くヤツがいてもものにならない者も増えているのではないのか。挙げ句の果てに脱走したり今回のようなことが発生する。しかたなく貧しい国の外国人に頼る。外国人は日本の伝統(スポーツという概念が存在しない、特に相撲は神に奉納する、という独特の感覚)なんか理解できないから自覚のない横綱ができあがる。伝統が弛むから女が土俵に上がりたいなんて言い出す。

 今回のことをきっかけに、外部からどうのこうの、と口を出す体制ができるのかも知れないが、そうなってはもういい意味での伝統さえも守れなくなってしまうであろう。
 はっきり言って大相撲がこれまで通りの「興業」をする時代はもう終わったのかも。本来の「神事」として、雅楽のようにアマチュアが細々と伝統をつないでいくような方向に進むのがこれからはいいのかも知れない。

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

【 2007/10/01 21:40 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |