FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

虫の知らせ?とは??

 家内の実家は仙台。先週の木曜日から2泊3日で行ってきた。

 さて、到着しての話題は冷蔵庫のこと。お義母さんが言うには、昨日まではなんだか冷蔵庫が妙にやかましくうなっていたのに、今日になったらうん ともすんとも言わない、というのだ。で、家内が「げ、それは…」と冷凍庫を改めてみるとしまってあるモノが汗をかいているではないか!!!大ピンチだ。
 で、とにかく冷蔵庫の中身を急いで消費できる食事を作る、という方針を立てるとともに、次の日は急遽仙台中の家電量販店を巡ってナイスな冷蔵 庫捜しとなったわけです。(ちなみに、メーカーの回し者ではありませんが、お薦めはどちら側からでもドアを開けられるシャープ製のヤツ。うちでも使ってい て、かなり便利で信頼性も高いが、ま、それはオイトイテ)

 さて、いつもは「あれも食わせべぃ、これも食べさせべぃ」との親心で仙台の冷蔵庫はいっぱいになっているのに、なぜか今回は冷蔵庫の中がスカス カだったのだ、幸いなことに。そしてお義母さんのいうことによると、今回は妙にそういう気が起きなかったらしい。不思議なものである。(おかげで、新しい 冷蔵庫が到着するまでどうにか食材を無駄にしない目途が立った。)
 「虫が知らせたのかなぁ」と家内が言うのだが、仙台行きで「虫の知らせ」は一回ではないのだ。

 1~2年前のこと、いつものように里帰りで東北自動車道をすっ飛ばしていたのだが、その時に限り妙にスピードが乗るのだ。いつもはだいたい 100~115㎞で安全運転なのだが、その時だけは125~135㎞というかなり危険な運転。で、思ったよりかなり早く仙台の実家に到着した。ところ が!!

 何と、実家で一緒に暮らしている家内のおじさんが、その日の朝からなんだか変だ、という。まず、まっすぐに歩けなくなり、妙に片側に傾いてしま う、そのうちひっくり返って歩けなくなってしまい、変だ、とお義母さんは騒いでいたのに頼みのお義父さんの方は無関心、という状態で午前中が過ぎ、そこに ウチが到着したのだ。
 その時は俺たち若い衆が危機を察知して大至急病院に連れて行き、案の定脳内出血で緊急手術、幸いにも後遺障害も出ないですんだものの、もうちょっと遅れたら命がかなりヤバかったという、ちょっとトンデモナイ大騒ぎになったのだ。

 その後話題になったのが、やはり行きがけの高速道路での私の「飛ばしすぎ状態」であった。何でこんなに速く走るんだ?と自分でも不思議に思いな がらの運転だったのだが、特にストレスを感じないというのもなんだか妙だった。で、その時も「虫の知らせだねぇ」という話で落ち着いたのだが、今回もなの で、なんだか面白くもあり不思議でもあります。
スポンサーサイト



テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/08/26 20:40 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |