FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

谷中の幽霊画

 昨日、上野の東京G大の近所に用事があって出かけた。その途中、不忍通りから団子坂下を左に入っていくとその通りには「円朝まつり」というのぼりが立っている。

 不思議な「まつり」だ。と思いながら左右にお寺の並ぶ道をいくと、「幽霊画展」をやっているお寺があってビックリ。一緒に行った娘が、「何こ れ」と不思議がるから、「昔から幽霊の絵というのは縁起がいい、といわれて珍重されていたのだ」と父親として蘊蓄を語り、だがこっちも興味津々だ。帰りに 寄りたい、と思っているとうまいことに時間が空いた。
「こんなの見る人いるのかな」と娘は不思議がるが、次々と人が入っていく。私も、「つまり東京というのは文化の集まる場所なんだから、こういう モノだってはしっこい奴はめざとく見つけてちゃんと鑑賞するもんなんだ。」などと、適当なことを言ってるようでも芸術家としての心構えをちゃんと説いてる だろ?

 拝観料(?だったかな)500円を出して入ってみるとそこは禅宗のお寺で、本堂の隣の広間が展示室だ。三遊亭円朝という昔の落語家がその当時の錚々たる画家に描かせたりしてコレクションしたらしいが、その辺は事情通ではないのでよくわからない。

 一歩踏み入れたとたんに一陣の冷たい風が吹いているようなおどろおどろしい薄暗い部屋で、お寺ならではのお線香の香りもいい雰囲気を醸し出して いる。ほとんどが彩色のない墨絵であるが、どの絵も結構なもので、どの絵をとってもうっかり家に飾ろうものなら誰も夜中にトイレになんか行けなくなるよう な迫力で迫ってくる。
 一番はじっこに幽霊画とは関係なく、なぜかマリア様の小さな絵が掛けてあるのも面白い。禅寺って変だね。

 まあ、いいものが見られたかな、という充実感のうれしい一時であった。夜、寝るときになって娘が二階の寝室にいけなくなって一騒ぎしたのが副作用ではあったが、全く、高2にもなって何なんでしょうね。
スポンサーサイト



テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/08/14 20:37 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |