FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

A=?狂った調律屋

 今日はカミさんの音楽教室の発表会だ。車で10分の某文化会館ホール(キャパ450名)に朝8時50分到着。いつもの調律さんと合流し、いざ準備開始。
 ところが、調律が始まって10分後に凶報が!なんと、会館のピアノがA=445に調律してある、というのだ。そして、(一気に修正するのは無理 だから)今日はA=442にしかならない、という。どうってことないじゃん、って言いたくもなるのだが、いつもA=440のピアノで練習している人にしてみれば、けっこうヤバイ影響があるのだ。いや、あるらしい。

 ふざけんじゃねえよ!そういう調律するのって、いったいどういう了見だかワケがわかりませ~~ん!責任者だれ??!

 実は、この調律をしたのは、私が勤務している学校がある自治体の最大手の楽器屋「K・・楽器店」の調律師だ。この楽器屋、市内の小中学校のピアノの調律を一手に引き受けている一見有力楽器店なのだが、その内実は最っ低最悪のいかがわしさ。
 何しろ、市内の小中学校のピアノ調律は競争入札で決めるのだが(それもとんでもない悪政)、1台8500円で請け負っているんだよ。中間マージンをハネると、調律師に入ってくるのは6000円。それでグランドピアノを1台調律しろってか?普通は15000円以上でしょ!
    真面目な仕事してるわけないだろ!!
 ピアノの調律は技術だけじゃない、気力や体力勝負の激務なのだ。当然、コイツらはよく使う中音域だけいじって後はそのままとか、非力でセンスのない女の調律師(今まで女の調律師でまともなのは見たことがない)を派遣したりとか、いい加減なことばっかりやっているのだ。

 しかも、娘によれば、鍵盤が妙に浅くて重い状態になっていて、弾きにくいことこの上もない、という。それを、いつもの調律さんがいつも以上に時間をかけて何とか調整してくれたのだが、「本当に、「K・・楽器店」のやった後はどうしようもない」と憤慨して帰って行った。


 しっかし、A=445って、どういう演奏家に要求されてやったんだろう。どう考えても理解できない。公的な機関の会場の備品でしょ?しかも、調律を入れずにイベントをする団体だって結構あるし(その中には小中学校の音楽会、なんてのもある)常識的に考えてピアノだって傷むに決まっているじゃないか。狂ってるとしか言いようがない。

 いったい、こういう悪徳業者を追放するにはどうすればいいのか。音楽は感覚の問題だから、影響を数値化して示すことは出来ない。それをいいことにやりたい放題じゃないか!本当に、誰か正義の鉄槌を下してもらいたいものだ。
スポンサーサイト



テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

【 2007/07/29 20:31 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

教育課程研修会

 毎年7月の末になると教員の気分を悩ます「教育課程研修会」。これは年に1度、我々のやっていることと「学習指導要領」がいかに関係が深いか、ということを思い出させてくれる大事な機会だ。
 と思っている真摯な奴はどうやらあんまり多数派ではないらしい、というのが昨日のそれでわかってしまった。「面倒くせぇ、面倒くせぇ」と口先ではみんな言ってるけどさ、もうちょっとちゃんと考えてやってるかと思ったよ。
 毎回持参・提出させられるレポートがあるのだが、どいつもこいつも(とまでは言わんが)、一目で「去年の奴を日付だけ直してきたでしょ」と言いたくなるようなのばっかり。
 確かに、それでも済むような御題を毎回提示してくる主催者側も悪いのかも知れんが、今回のテーマはちょっと毛色が違ったんだぞ。俺はちゃんと何ヶ月も悩んでたんだ!
 さすがの指導助言者も「レポートを書くときは、課題に正対してください!」なんて言ってたもんな。あきれたぜ。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/07/28 20:31 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

どうなる?7巻に挑戦

 21日にハリーポッター第7巻(Deathly Hallows)が到着して以来、林間学校はあるわ、明日の「教育課程研修会」に提出するレポートがあるわで、とても読んでる場合じゃなかった。ここ一週 間の間、何日も日付が変わるまでいろいろやらねばならない羽目に陥り、もはや体調はヘロヘロ。林間学校の夜、内緒で麦のジュースも出たのだが、350ml でたちまちフラフラだ。

 というわけで、ハリーポッター第7巻はずっとそのままになっている。今日の夕方、やっとの事で本を開き、読み始めるが、なんと!老眼が進んでいるようなのだ。というのも、高校時代から愛用してきた英和辞典の文字が容易に読めない…

 はぁ~~、、、すごくテンション下がってます。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【 2007/07/26 20:30 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ラッキーな林間学校(大人にとって)

 一昨日から昨日にかけて、1年生を連れて林間学校に行ってきた。そして、私の「日頃の行い」がいかに良いか、天が証明してくれたぞ。

 初日の奥日光白根山の登山だが、関越の沼田インターからバスで延々と登ってきて、丸沼のロープウェイ乗り場に着いてみると、山の斜面はミルクを こぼしたような霧でロープウェイの行き着く先なんか全く見えない状態。先着の観光バスが3台いて、その学校の生徒は登っていったようだが(勇気あるの う)、こっちは早々に中止を決定。再びバスに乗り込み、金精道路を戦場ヶ原に向かう。
 赤沼から小田代ヶ原へのハイキングに予定を変更し歩き始める。ところが、途中から雨が強くなってきた。小田代ヶ原に先着した添乗員からもトランシーバーで、「こっちは土砂降りで、小学生が傘をさして立ったままお弁当を食べてます」という連絡が入る。うわ~~…
 再び予定を変更し、逆戻り。光徳牧場で昼食を取ろう、ということになり、バスに乗って向かうと、そこは天地をひっくり返したような土砂降りで道路が川になっている。
 やむを得ず、バスの中でお弁当、と相成った。車窓から見ていると、ハイキングをしているカッパ被った小学生達が膝から下を泥まみれにしながら列を作って歩いていくのも見える。うわ~~……
 さて、食べ終わってみると、小降りになっている!ので、おもむろにバスを降りて光徳牧場でお買い物。私はアイスクリームを舐めながらのんびり生徒と語らいの一時。

 中禅寺湖畔のキャンプ場に着いてみると、今度は一転、天気が回復していく。ビショビショだったキャンプファイヤー場もどんどん水が引いていく。 そして午後7時にはなんと満天の星空のもと、キャンプファイヤーが挙行できた。7月に入って星空になったのは2回目だったそうな。
 盛り上がるか不安だったキャンプファイヤーも、まあほどほどにうまくいったんじゃないでしょうか。ウン、この次はもうちょっとマシなのができるであろう、という手応えは十分にあったぞ(この次があればの話よ)。うれしいのう。

 というわけで雨で濡れたりもせず、年寄りにはキツイ、登山・ハイキング「だけが」中止になるという、希有の林間学校で(特に、私は足が悪いもの だから家人も心配していたのだが)引率の先生は内心ホッと胸をなで下ろし、子ども達は楽しいプログラムだけはちゃんとできてHappyHappyとなる、 という素敵な林間学校だったわけだ。
 悪さをする奴もいないし(反省文のために100枚も原稿用紙を用意したのに1枚も使わなかった!)、病人も出ないし(乗り物酔いで数人参っちゃっただけ)、なんて私は恵まれているのだろうか。この学年はLuckyな星のもとにあるのかも知れないな。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/07/25 20:29 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

私的ハリーポッターDay

 今日はハリーポッター最終巻の世界同時発売日。なんと3ヶ月も前にアマゾンに予約を入れ、鶴首してこの日を待っていたはずでした。ところが、土曜日だと いうのに、午前中は朝7時半から中学校を二つも梯子して合唱と吹奏楽の面倒を見て、午後からは県庁所在地まで足を伸ばして合唱コンクールの打合せ抽選会で ある。さらにとって返し、月曜日からの林間学校に向けて、必要なグッズの買い出しをして、帰ってきてみればなんと、宅配便の「不在者通知(fromアマゾン)」が…。

で、急いで電話して持ってきてもらい、ついに第7巻は我が手に!と思ったら、突然、家族で近所のショッピングモールに入っている映画館に昨日封切られたばかりの「ハリーポッター不死鳥の騎士団」を見に行くことになった。21:30~24:00という結構ハードな時間帯だが、ウルサイ子どもはいないからね、よかったよかった。よくわからんがハリーポッターにに囲まれた1日だったかも。(ちなみに、最終巻では一番最初からスネイプが出てくるよ。まだ 1ページ目の半分しか読んでないけど…)

 予約を入れた時点では、今日は1日のんびり第7巻を読んでいるはずだったのに、何なんだ~、責任者出てこい!って、やっぱり俺じゃねえか。
お後がよろしいようで。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/07/22 20:28 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

やっと明日は終業式、だが…

 学年主任ってとっても疲れる。先々を見ながら仕事するって、私の一番苦手とするところである。而るに、このごろわかってきたのは、私の仕事というのはつまり、他人が仕事をこなしていくためのレールを敷くことなのだ。

 4月から今まで、アッと思ったときには担任や生徒が次に何をやっていいかわからない状態になっているというヤバイ場面を何度も現出させてしまったようだ。たまたま何年来に一度、というほど生徒の質がいいから何とかなっているようなもの。たまらんのう、こんな仕事。来年度はカンベンしてもらいたいものだ。

 そして、やっと1学期も終了に近づいたというのに、来週の月曜日からは1泊2日で1年生を林間学校に引率しなければならない。それが終わったら、今度は「社会体験事業」というのが10月にあって、1年生に職場体験をさせるため、あちこちの会社や事業所、役所関係に頭を下げてまわるという仕事が 待っている。それを、8月18日にコンクールに出場する有志合唱団の面倒を見ながら、月末の「教育課程研究協議会」に提出するレポートを書きながら、となりの中学校の吹奏楽部の面倒を見ながらやらにゃならん。コンクールが終わると今度は「校内研修」が続く。

 夏休みだっちゅうのに、全然休むひまなんかねえじゃねぇか!コラ~!!お盆も休めないってどーゆーこと?!責任者出てこ~い!って俺が責任者だって。

 と、くだらないことを言ってる場合じゃない。この年になって初めての「キャンプファイヤー」の担当者として、林間学校の夜を仕切るという、思いっきり不安な仕事が待っている。頼むぜ、みんな。くだらなくても盛り上がってくれよな~~…

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/07/19 20:27 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

大きな地震

震度6強を観測 新潟や長野で
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=253880&media_id=2

 わたしの住んでいる地方では多分10時15分頃、まるで起震車がスローモーションで動いているような大きくゆっくりした横揺れが延々と続いた。多分震源地はとんでもないことになってるのではないか、というのが容易に予想できる揺れだった。
 これは!と思ってテレビをつけると「10時13分頃…」と報道されていたので、2分近く時間差があったと思うが、またしても新潟…!
 今、テレビを見ながらこの文を書いているが、かなり大きな被害が出たようだ。新潟は、つい先頃地震があったばかりなのに、と思うと気持ちがつぶれる思いである。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/07/16 20:26 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

久々に吹奏楽の指導


 今の勤務校は全校生徒140人足らずの小規模校で、吹奏楽部なんかは当然ない。従って、吹奏楽の指導から遠ざかってすでに4年目である。
 ところが、この間ひょんなことから隣の中学校の吹奏楽部の指導を頼まれた。嬉しいことである。
 というわけで、昨日の午前中いっぱい吹奏楽三昧でした。
 最近の吹奏楽部は実に運営が難しい。特にウチの県でヤバイのは、数年前から運動部の3年生の引退時期が1ヶ月も早まったことで、大会時期が遅い吹奏楽部の3年生が、コンクール直前に受験が心配で浮き足立ってしまうことだ。
 この学校の部活もご多聞に漏れず、3年生と顧問の教師の間がギクシャクしてついこの間まで大変だったらしい。8月5日が本番なのに、そんなこんなでまだ全曲を通して合奏の合わせもしていない、というのだから恐ろしい。
 しかもその面倒を見るように頼まれた俺はといえば、彼らがやる曲なんか聴いたこともないというていたらく。これで一体何ができるのか。全く恐ろしい。

 だが、とにもかくにも頼まれた以上ナントカしなきゃだからね。まずは基礎合奏と分奏だ。奮闘3時間、どうにか無事に終わったが、いったい何なん だ、と思えるような奴といや~この子はいい子だな~という奴が明快にわかるというのも面白い。練習の後でその学校の顧問(吹奏楽なんてヤダヤダ~というお ばちゃん音楽教師)にあのテナーサックスの2年は?とかフルート1stの3年は?と振ってみると、まあ出てくるわ出てくるわ、しょうもない話。
 結局、音楽というのは正直なもので、日頃の生活態度とか、性格なんかが如実に音となって出てしまうんですね~。改めて思い知らされてしまいました。自分も気をつけようっと。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/07/15 20:25 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

伴奏とはなんぞや?

 私は基本的に人前でピアノを弾くことのできない人間である。人前で弾くとつっかえて止まるという、ピアノコンプレックスなのだ(どうやって音大通ってたのか?)。それなのに何で伴奏なんかやらなければならないのか。意味わかんねぇよ~~!!

 きょうはPTAの家庭教育学級で、「音楽で心豊かに」というタイトルで、ようするにウチの学校で家内(ソプラノ歌手)がミニコンサートをする、 というわけだったのだ。ところが、10年来の伴奏者が、間の悪い?ことに第2子ご出産のために頼めなくなってしまったのだ。万事休す。俺がやるしかない じゃん、ということになってしまった。「おぬしがやればいいだろ」と校長も脳天気…

 だが、相方はまがりなりにもプロフェッショナル、授業で中学生の伴奏を手伝うのとはワケが違ってた。

 ここ何日か、毎晩合わせをやって、その微妙な間合い、変幻自在なテンポにドツボっていくばかり。そして今日、本番はやっぱり…全然ダメだった。 あがったのだかどういうのだか、相方の呼吸が聞こえない。テンポもダメ、音も外すし、もう大パニックだ。結果は聞かないでくれ~、という感じになってし まった。PTAの役員が(申し訳なさげに)「ビデオは撮らなかったんですよね~」というのを聞いて、感謝の涙が出そうになったよ。相方も、家に帰ってか ら、「伴奏っていうのは、正しくピアノを弾くってこととは違うんだけどなぁ」とため息をつくし。こっちも伴奏合わせにつきあってダメ出しをするのは得意な んだが…もう面目丸つぶれである。

 教訓。

「餅は餅屋」

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

【 2007/07/12 20:24 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

低温プール

 以前に書いたプール集中講義の続報である。(「7tの水漏れ」参照)
 私は今年度「保健主事」という役職に就いているらしい。そしてその役職の人はプール日誌というものをチェックしてハンコを押すらしい。
 で、先週いっぱいでプールの授業が終わって、体育主任からそのプール日誌が回ってきたのだが…
 なんと、連日水温は19℃~20℃!高いときでも21℃という驚くべき数値を示していたのだ。そりゃそうだわな。何しろ多いときで一日30トンも水を補充したらしいからな。水温なんか上がるわけないのだ。
 それにしても、19℃とは、水泳の授業を受けるには地獄である。私が教員採用試験を受けたときに水泳の試験があったのだが、その時の水温が 19℃だったのだが、なんと、看護婦さんがプールサイドに待機しての試験であった。(私は試験が終わった後で激烈な頭痛と嘔吐感に襲われ、こっそりトイレ で吐いた)
 生徒達も偉い!そんなプールに2時間も連続で入っていたなんて…今どきあるかこんな残酷物語!

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/07/09 20:24 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

可哀想な教師

■校内で女子生徒ける、男性高校教諭を逮捕…埼玉(読売新聞 - 07月07日 11:36)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=248146&media_id=20

「生徒に囲まれて危険を感じ…」という感覚は普通の人にはわかるまい。だが私には手に取るようにわかるぞ。ましてやこの学校の偏差値を考えると… ね。何しろ、この手合いは全く100%といっていいくらい「子宮で」物事を考える。まともな日本語は通じない。よく、うちの家内なんかも「~~って言って やればいいじゃない」とかいうのだが、そんなことができるくらいならとっくにそうしているのだ。なぜ正当防衛としかならないはずのことがあべこべに逮捕と なるのか理解に苦しむが、それだけまともな判断力を持った大人が少なくなっているということかも知れない。そして、それが今の学校現場なのだ。

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

【 2007/07/08 20:22 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

週末の困った騒ぎ

 この週末は土曜日が月末、日曜日が月初め、ということで、そのカレンダーの巡り合わせを利用して土曜日にauを解約し、日曜日にsoftbankで新規契約、というのを一家5人で一気にやってしまった。
 土曜日の解約はまあすぐに出来たのだが、ショップに至るまでに妻と娘があっちで買い物こっちでふらふら、ついには最近第2子をもうけたお友達の家にお祝いに行くことになった。(生後2週間の赤ん坊はかわいいのう)
 そして日曜日、近所の家電量販店に一家うちそろって契約に行ったはいいが、ここに来て機種が決まらない。ああでもないこうでもない、と大騒ぎを してほとんど10時開店と同時にお店に行ったのに、契約が終わったのが12時、電話機を受け取ったのが1時半、古い電話機から新しい電話機へのデータの移 動(結局失敗)が終わったのが3時、昼飯を食ったのがほとんど4時。
 
だが、なんとそれから私は学校に行って仕事をしたのだ。実は今日が期末テスト初日、そしてこの週末の時間を当て込んで期末テストの問題を作る予定だったのに…

というわけで、日曜だというのに、ほとんど暗くなるまで学校で仕事をしたのでした。
格言「怠け者の節句働き」

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/07/02 20:21 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ありえない!コイツ馬鹿

久間防衛相の原爆発言を非難
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=243365&media_id=4

この久間という人は、人間が持っている「感情」というものに全く理解がない人なんですね。精神構造に致命的な欠陥がある人間にしかできない発言だ。
2~300年もたった後に歴史家が言ったり書いたりするぶんにはどうってことないのかも知れないが、立場だって考えてほしいよ。現実に苦しんでい る人、悩んでいる人、戦っている人がいるということ、その人達に聞こえてしまうかも、という危機意識も持てないのかね。本当に、日本はいつからこんな情け ない政治家の国になってしまったんだろう、と思うと悲しくなる。

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

【 2007/07/01 20:19 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |