FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

本当の意味は?

 この原告の先生たち、あまり世の中でも評判がよくないようなので、的はずれかも知れんが少し擁護を。(といってもシンパシーを持っているわけではないが)

 もともと音楽というのは「全体主義」的な国家で「道具」にされる場合がある。音楽は直接に情緒に訴えかけてくるから人間、特に集団をマインドコントロールしやすいのだ。(他国にも例がある)
 そして「君が代」はかつての戦争でまさしく「道具」にされた、という認識が戦後あったわけで、そういう時代のニオイを無視したり忘れたりしてはこの原告の教師達の行動を読むのは片手落ちだ。

 そもそも学校の教師がなぜ「君が代」「日の丸」のような道具としての象徴を嫌うか、というと、その象徴のもとに何万人もの兵士が戦い、人を殺し、自分も殺されて死んでしまったからだ。その(若い)兵士達は自分の教室で教えた生徒なのだ。統計的な数字ではない、生身の自分たちの教え子が「象徴」「スローガン」のもとに何人も何人も死んでしまった、自分がまさに立っているこの教室で、愛情を注いで教えた子ども達が自分の目の前から消えてしまった、という空疎感はこの時代の教師でなければわからないであろう。

 だから、戦後「教え子を再び戦場に送るな」が教師の合い言葉になったのだ。この考え方って間違ってないだろう?

 ただ、当時の教師達はすでに現役を引退し、そういう「心」を共有する政治家や役人達も今は消えてしまった。そして反対のためにする反対の形だけがエキセントリックな行動とともに残ったのではないだろうか。確かに公務員なのに、国民なのに、何ですかあの行動は!という意見は間違ってなくて、時代錯誤でもあるし、彼らを責めるのは簡単なのだが、もともと俺たち教師の先輩方が学校現場に培ってきた「平和への願い」は踏まえた上で文句言ってほしいなぁ、と思うんだけど。

 そういう私ですか?私は堂々と「君が代」、卒業式には事前に2時間もかけて歌唱指導してますよ。歌詞の意味も、フレージングもちゃんと踏まえて タ・ダ・シ・ク歌うように結構ねちっこく指導します。きょう日の生徒は感覚だけでものを言うから、「こんな暗い歌…」と言っていやがるけどね。

■「君が代」斉唱の職務命令は合憲、初の司法判断…東京地裁(読売新聞 - 06月20日 20:32)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=236199&media_id=20
スポンサーサイト



テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

【 2007/06/21 20:11 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |