FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

プール掃除のハプニング

 今日は月に一度の「生徒指導委員会」の日。4時間目がわざわざそのために時間割を工夫して、関係職員が全員参加できるようになっているのです。それなのに、この大事な会議が中止になるなんて今まで聞いたこともない!

 事の発端はプール掃除。3年の授業で生徒も一緒に体育の先生と洗うのだ。ところが、3時間目に掃除が終わり、さて、水を止めて、と思ったら何と 止まらない!というのだ。それどころか元栓のところでザーザー漏れていて、水道メーターも止まったままという異常事態だ。「生徒指導主任」も兼ねていてこ の会議の中心人物であるところの体育の先生が「大変、大変、会議どころじゃないですよ!」と職員室に駆け込んできて、校長教頭はじめみんなでプールにすっ 飛んでいって、あーだこーだしているが埒があかず、大至急業者を呼ぶことに。そうこうするうちに4時間目は終わってしまい、会議は中止となってしまったの だ。

 そういえばちょっと前に、謎の漏水があって、水道代が異様に高くなってるのが問題になっていたが、もしかしてこれか?
との観測もなされたが、結局今回の原因は故障ではなく、凍結防止措置(どんなものかは知らないが)を暖かくなっても解除しなかったことが原因だったらしい。
 なんだかいろいろありすぎだ。
スポンサーサイト



テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/05/31 19:57 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ボランティア(と言えるのか)活動

 今日は校長先生肝煎りのボランティア活動の日。朝から天気が心配でしたが、校長も「無理しないで、ヤバかったらすぐ中止にしちゃっていいからね」と暢気におっしゃって出張に行ってしまった…
 天気予報は午後から雨。職員室でも、(何しろ1.5㎞ほどのコースを徒歩でゴミ拾いをするわけだからどっちかというと乗り気でなく)降らないかな~なんて言っている。なぜか実行責任者であるところの私も、ん~しんどいかも、なんて思っている。
 ところが生徒の方はやる気満々。いよいよ5時間目が終わって空模様を見て、「じゃ、やろか」と外に出てみると、ついにポツリポツリと来たのに、 元気いっぱいで続々外に出てくる。すると体育の先生が、「集まったクラスからすぐに出発させよう!」とおっしゃる。当初は一度全校で集まって諸注意をして から、という予定だったから、さすがは体育の先生、だてに天気相手の仕事をしてないわ~、とあらためて感心する。

 生徒達は喜々として出発していく。やっぱり若いヤツは年寄りに力を与えてくれるものだ。こっちも気合いを入れ直して出発。

 まあその最中にもいろいろあったけど、最後に、環境委員会で分別して終了したとたんに、雨は本降りに!
 天までが俺たちの、この不甲斐なくも情けない「ボランティア」活動を支援していたとは、申し訳ないことだ。そして、もしかすると少し学校周辺がキレイになったかも知れない、と思えて、ちょっと気持ちが晴れやかになってしまいました。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/05/30 19:56 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

本当に変な天気

 先週の週末がまさに夏到来を思わせる暑さだったのに、何なんでしょうか、今週に入ってからの、この寒さは。
 そういえば、GWに田植えの話題を書いたが、どうやら、これはかなりの早稲品種だったようで、主力は今が田植えの盛りのようだ。中にはまだ水が張ってない田んぼも、うちの近所あたりには散見される。
 何しろ、現代では田植えは土日、というのがかなり多いようで、先週末の大会の引率の時には行き帰り、そこら辺じゅうに田植機が姿を現して、いつ もは無人の田んぼも賑やかな様子でした。田植機の用意をしているおじさんの側ではクケケケ、クケケケ…と蛙が鳴いていて、それがなんだかおじさんのお供を しているような風情のあるのも面白い。
 田植えしたての田んぼは水面に姿を現す苗もなんだか無精髭のようだが、早稲品種の方はけっこう根付いてふさふさとしている。
 校舎の窓から見下ろすと、すぐそばの畑では麦が黄色く色づき(穂は茶色)、風になびいて波打っているのも豊かな感じだ。「麦秋」ってヤツですな。今夜こそビールでも飲むか、涼しいけど。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【 2007/05/29 19:55 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

週末は大会

 土日は「通信陸上大会」の市内予選会で一日中役員として、出ていました。主担当の顧問は他にいるんだけど、こっちはそういう大会の生徒引率要員兼審判などの役員としてかり出されているわけです。

 5月というのに真夏を思わせる炎天下のグラウンドで、旗を持って延々と突っ立っているのはツライ。帽子を目深にかぶり、UVカットのサングラ ス、肌の露出部には日焼け止めを塗りたくって完全装備。こうしていると、地球という星はもはや人間に優しくなくなったんだなぁ、と感慨も一入、汗もひと 塩。
競技によっては、ゴール地点の高い鉄塔のてっぺんに登って全体を監視するのだが、高いところが苦手な私としては、足がすくむ。誰かが鉄塔の足を触って通り過ぎるたんびにユサユサ揺れるので心臓バクバク。(もう3年目なので慣れたけど)

 それなのに、うちの陸上部と来た日には、何とも気合いが入らず、情けない。どのレースもどのレースも、ほとんど予選レースでも真ん中以下で敗 退。ある1年生で、1500mで決勝に残ったのがいたんだけど、「決勝進出」と聞いたとたんに「ボク、足痛いから棄権する…」と言い出す根性のなさ。もっ と気概を持てよ!!男だろ!
 その中で、一人だけ、400mで決勝に残り4位入賞、と気を吐いた3年男子がいた。彼に、こんな取り柄があったとは嬉しい限りだ。しかもゴール後の汗と興奮の混じった喜びの笑顔のすばらしさ!人が輝く瞬間というのは本当に見て いて心躍るものがある。

 結局そういう美しい姿はほとんどよその学校の生徒に任せ、こっちはヘトヘトにへばって帰宅。しばらくアルコール抜きの生活をしていたので、今日ぐらいは夕飯の時にビールぐらい飲むか、と思っていたのだが、買って帰るのを忘れて、お流れ。なんだか不完全燃焼の週末でした。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/05/28 19:54 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

カラス続報

本校生徒(というよりどっちかというと先生)を恐怖に陥れたカラスどもでしたが、そのご被害の件数が減っていました。昨日やっと市に委託された業者が来て 巣を撤去していったのですが、(グラウンドの夜間照明灯のてっぺんのすごく高いところ)親ガラスたちは見ていただけでした。中から、死んだ雛が一羽見つ かったそうです。
 そう聞くとなんだか悲しいですね。もともと奴らは子供や仲間を大切にします。以前に巣から落っこちた雛がいて、生徒が取り囲んでいたときも、その上の方に3~4羽止まって大騒ぎをしていたのを思い出します。そういうときはいかにも心配そうな声を出すのがすごい。
 童謡「七つの子」が(志村けんのせいで?)正しく歌える子供もいなくなってしまい、カラスも増えすぎて専ら憎まれ役にしかならなくなってしまい、日本のいいところが消えて行くばっかりです。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/05/25 19:53 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

いやがらせとしての盗難

 先日、近隣の市のある中学校で盗難事件があった。夜、職員室に賊が侵入したのだが、盗られたものが恐い。職員の机の中にあった現金というのなら、たまに聞くことなのだが、同時に生徒の家庭調査票がやられたというのだ。「家庭調査票」とは、子供を学校に上げた人ならわかると思うが、生徒一人一人の名前・生年月日・住所・電話番号から、家族構成や親の職業・趣味特技・自宅周辺の地図などまで書いてある上にその生徒の顔写真が貼ってあるという例のあれで、4月当初に新入生は新しく書き、在校生は一度返却されて変更点を追記するヤツだ。

 そんなものを盗ってどうするのだろう。かなり以前から、卒業アルバムの住所録など、名簿みたいなものが闇世界で取引されるようになり、アルバムに住所を載せるのをやめるとか、クラスの緊急連絡網を発行しないとか、学校でもさまざまな対策が取られるようになっている。それでも、親が留守の家に電話をかけて、言葉巧みに子供から級友の電話番号を大量に聞き出す、という事件は未だに頻発している。そういう闇世界に出回っていくのだろうか。それとも、かわいい女子をピックアップしてストーカーでもするのか。(だとしたら深刻だ。)

 もともと何年か前から、帰宅途中の教師の車を狙って成績表やその原簿などを盗む車上荒らしも大変増えている。中には自宅に盗みに入られて、成績 処理関係のものを盗まれたという事件もあった。これなんかは個人情報が流れていくという他に、影響があるわけでもなく(あるのかな?)まさに学校憎しのいやがらせでしかない。このごろでは、教育委員会も業を煮やして、そういう個人情報関係のものの盗難にあった教師にペナルティを課すようになってしまった。
 物理的に絶対に勤務時間内に終わるはずのない仕事を常に抱えていて、残業代も出ないシステムなのに夏至の日でも真っ暗になるまで仕事をし、挙げ句の果てに風呂敷残業を持ち帰る真面目な教師がなぜそんな目に遭わなければいけないのか。

 結局、この「窃盗」は金が主たる目的ではない。「いやがらせ」であり、愉快犯である。家庭調査票が盗まれた学校では、それを新しく作らなければならないし、そのために地域の親たちに与える不安だって馬鹿にならない。我々の学校でも、「家庭調査票」はいつでも見られる場所から鍵付きの倉庫に移された。何のために存在するのかわからない。しかも、退勤するときはめいめいの机の引き出しに鍵をかけることになった。面倒くさいったらありゃしない。
 世の中全般に言えることだが、何かというと学校は悪者扱い、学校は批難すべし、という風潮がドブ泥の臭気のように日本に漂っている。学校に対してよからぬ思いを持ってるヤツがいっぱいいるのはわかるけど(そういう自分も親の立場としては激しく持ってるからね)、それが仕事の足を引っ張る、このようなモーメントに結びついているように感じるのは私だけであろうか。

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

【 2007/05/23 19:50 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

寝るのが恐い

 このごろ疲れる。朝起きたときが一番最悪。頭痛と首筋の痛みとだるさ・猛烈な肩こり。目を覚ましてから調子が出るまで30分はかかる。
 日中はそれほどでもなく、どっちかというと快適に暮らしているのに、この朝の目覚めの酷さは何なんだ。
 家内は枕が合わないんじゃないか、とか「無呼吸症候群」とかいうのだが、よくわからない。そのうち医者に行くようかも知れない。
 まあ、半世紀も生きてきたんだから、あちこちガタがくるのもしかたがないとはいえ、これじゃ夜ベッドにはいるのがイヤになる。寝るのが恐い。こんな経験初めてである。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

【 2007/05/21 19:49 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

危険なカラス

 今朝、合唱団の朝練習のとき、1年のU君が「先生、カラスに羽で頭を叩かれました!」と言う。「後ろからいきなり叩いたから最初友達だと思って振り返ったら誰もいなくて、前を見たらカラスが飛んでるんですよ」ですと。
 実は、ここ10日ほど、カラスが生徒を襲う、という事件が頻繁に起こっていて、「まずいねえ」という話にはなっていた。たとえば、「Dはもう何回も襲われているんだって。」「その現場を俺も見た、カバンを頭の上にあてて走って逃げている後ろからずーっと追いかけてた」「一度なんか、両足で頭を掴まれたらしい」などなど…
 そのうち(おとといだったか)校庭で草刈り作業中の校長先生までが襲われる事態に!

 学活で担任が確認したところ、思った以上の生徒が被害に遭っている。大抵はすぐそばをかすめて飛んで脅かすか、U君のように羽で叩かれるということだが、「一人で歩いているとやられるが、複数でいれば襲われない」「後ろから不意打ちを食わす」「誰それは自転車でヘルメットの上から叩かれた」「どこそこ(校庭の端の木の上)に巣を作っていて、2羽でそれを守っているらしい」など、様々な情報が飛び交っている。
 そしてさらに、なぜか集中して狙われていた問題のD君が、ついに今日は嘴で耳の後ろをつつかれて流血の事態になってしまった。

 これでは笑い事で済まされない、というわけで、今日教頭先生が市役所に対応を頼んでいたけどどうなることやら。取りあえず、通学路を臨時に変更して、巣の周辺を通らないように生徒に指示しました。これで当分被害がなくなればいいんですけどねぇ…

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/05/18 19:48 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Nessun Dorma

 最近You Tubeにはまっている。特に、オペラアリア。マリオ=デル=モナコの歴史的演奏からカラオケCD片手に自室で一人、という抱腹絶倒のものまで、とにかく信じられないほどたくさん転がっている。

 その中に、どこかの国のある音楽学校の学内発表会のような感じの演奏があった。最近有名になったトゥーランドットの例のテノールのアリアです。とてもアットホームな雰囲気。歌い手はなかなか上手。最前列の中央には、その歌手の先生とおぼしき年配の人が、歌にあわせて手を振ったり体を揺らしたり、大きく動いている。中間部分では、合唱のパートを観客席の中で一緒に歌ってくれる人もいる。そして、歌い終わった瞬間の万雷の拍手、先生は立ち上がってその歌手と握手し、抱き合っている。

 いいなあ。日本の音楽大学でこんな風景が想像できただろうか。こんな雰囲気の環境だったら、「俺、頑張るぞ!」と思って精進するのも自然に熱が入るだろうなあ、なんて、すごくうらやましくなってしまいました。

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

【 2007/05/14 19:46 】

音楽のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

指圧の心は・・心

 連休中、諸事情でどこへも遠出できなかったこともあり、4日間も家でだらだらしていた。私の行動パターンとして、滅多にないことだ。そのせいかどうかは知らないが、指先がしびれるほどの肩こりである。
 昨日の掃除の時間に生徒との世話話ついでにふとそんなことを話したら、ある2年の女子が肩を揉んでくれた。優しいのう。「私のは普通の人はすごく痛がるんだよ」といいながら思い切り体重をかけての指圧である。だがしかし、全然感じないよ!こりゃたいへんだ。
生徒も「まるでウチのおじいちゃんみたいに堅い」という。「おじいちゃんは田んぼやってるからね。」とも言うのだが、田んぼと肩こりの因果関係については今ひとつわからん…
 でも、すこ~し楽になったかな。それに心が幸せになるよ。ありがとう。

 さて話は変わって、家に帰って、作りかけのプラモデルをいじる。複葉機の張線用の穴を翼に開けていたら、手元が狂って、0.3mmのドリル刃を 折ってしまった。で、予備のドリル刃を出して作業を続けるが、程なくそれも折ってしまった。なんということ!ここまで細いドリル刃はけっこう値が張るの に、それをたったの一晩で2本も折ってしまうとは…
作業もストップとなって、がっかり。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/05/08 19:45 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

歳時記2

 連休が終わった。
5日ぶりにいつもの道をたどって職場へ。
以前ここに書いた田んぼは、もうすっかり田植えが終わっていました。どこの田んぼも連休に田植えをするんですね。今はまだ小さな苗の状態で、細~ い10センチほどの葉を水の上につきだしていて、ほとんど無精髭のような状態だ。考えてみると、日頃サラリーマンをしている働き手が連休を利用して田植え をするわけだから、この人達は休みがないんだな、と、ふと思う。

 5時間目には苦手の「総合的な学習」の授業をせねばならなかった。生徒に文章を書かせながら、ふと教室のベランダを見ると、手すりにツバメがと まって身繕いをしている。左右の羽を交互に後ろへ伸ばしたり横へ伸ばしたりしている。野生動物でもストレッチをするのか、と、ふと思う。

 ツバメといえば、職員室のベランダの梁になんだか妙に雑な巣が作ってある、と午前中に気付いた。彼らの仕事は通常けっこう丁寧なものなのだ が??と思ってよく見ると、本当にヘン。わらの先っぽが何本も梁から下の方にはみ出して風になびいているし変に大きい。よほどたくさん卵を産むつもりか? だが今日の放課後、その巣の下半分が突然落ちた。なんだか大きなゴミクズが視界の端を上から下へ移動していく。そして、窓の外を見ると、陸上部の女子が 7~8人こちらに向かって歩いてくる。私がベランダに出ると、
「先生~。巣が落ちたよー。」との目撃談。そして、地上には思いの外に大きな残骸が…。日頃スマートなツバメの中にもやっぱりドジなヤツがいるのか、と、ふと思った。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2007/05/07 19:43 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

雨が憂鬱


 最近は以前に比べて雨が憂鬱だ。自分の中では、雨は実りを約束する、豊かさの象徴のようなイメージを持っていたのだが…

 実はもう6年以上、職場へは原チャリで通っています。それというのも、自動車を通勤に使いたくないのよ。なにしろ、ウチのクルマは環境への配慮などどこ吹く風のハイオク限定燃費5キロ/l.以下、という鯨飲馬食の怪物。一家でオートキャンプとか長距離ドライブということになれば威力を発揮するのだが、デカイ図体も相まって普段使いには最悪だ。(Landrover Discoveryです)

 一方、原チャリは、単に維持費が安いだけでなく、いざというときの家庭訪問や見回り、「生徒が消えた」時の探索などにけっこう便利だが、雨が苦手だ。それで、天気によって通勤方法を分けていたのだが、今や、そうはいかない事情が発生してしまったのだ。

 つまり子ども達が大きくなってきて中学校を出てしまうと、駅まで徒歩30分という、我が家の陸の孤島なロケーションが一家の足を引っ張り始めた。つまり、雨の日に私が通勤しようとすると、「駅まで送ってって!」と子ども達が言い出す。だから雨の日は子ども達それぞれの「本日の予定」とこっちの 仕事の予定を大至急打合せして動きを決めなければならない。場合によっては、家から出て行くすべての人物を家内が送り迎え、なんていう事態も珍しくない。家内自身、仕事をしているから、私を迎えに来られるのは21:00以降なんてこともあるのだ。

 さらに、その自動車もこのごろ調子が思わしくない。オイルが漏れるのだ。あまり漏れるのでしかたなく連休の中休みの時に修理工場に持っていったら、オイルプレッシャーの所から漏れているということで、エンジンをかけると漏れ始める。そして、「人間がリズム感を感じられるほど」のスピードで滴が垂れてしまう。だいたいM.M.=30ぐらいか?ってふざけてる場合じゃない。4リットルも継ぎ足したのに、規定量に達しなかったのだ。「エンジンが焼けちゃったらたいへんなことになるからね」という修理工場の若旦那の苦笑いが浮かぶ。修理は一体どうなるのか。

 あ~雨は憂鬱だ。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

【 2007/05/06 19:42 】

思うこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

写生会

 今日は写生会だった。本当は昨日だったのだが、雨で順延になったのだ。実は昨日は体調が優れず、久々に年休を取って家でグッタリしていたものだから、一日延びてよかったよかった。

 「写生会」とは行事精選授業確保の声が上がると真っ先に消されてしまう行事なのです。だから現代では、やってる学校も少なくなったのではないだ ろうか。しかし多くの先生方は、この行事が消えてから初めて惜しむ声を上げる。「生徒が一心に絵を描いているあの一時って、とてものんびりしてて、よかったよなあ…」

 そう、写生会とは、時間がいつもと違う流れ方をするという、希有の行事なのです。そのなかで、まあ大抵の先生は生徒の絵を冷やかしたり、ボーッとしたりしているのですが(突発的な事故や諍いに備えているのよ)、私はちがう!生徒と一緒に絵を描くのだ。(中学高校の頃の写生会ではどの先生も描いていたからそれが身に付いているのかも。中には油絵をやる先生までいたりして)

 それに、一度やっちゃうと、簡単にやめられない。なにしろ、そこら辺じゅうから私に向けて「先生、今年は描かないんですか???」という生徒の声がかかりまくる。ん~俺は美術の教師じゃないんだけどなあ…しかも実を言うと絵は苦手分野、中学高校と美術の成績はいつも2だった。下手の横好きを曝してもみっともないだけ、という心の声には目をつぶって、つい画用紙とクレヨンを手に外へ出てしまうのさ。

 今年は校庭から見た校舎の絵を描いてみた。ところがすごいカンカン照りと薄曇りが交互にきて、色が全然定まらない。もう無茶苦茶ですヨ。でもまあ、美術と関係ない教師が絵を描いている、というところになんだか生徒も親しみを持つようで、楽しい一時が過ごせました。

 描いた絵は、音楽準備室に貼っておくのです。今日のでついに3枚目になりました。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2007/05/02 19:39 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |