FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

完成!

 一ヶ月ぶりにプラモデル完成!ずーっと懸案だったアヴィアティクD.Iという古~いオーストリアの飛行機です。あとでHPにアップしよう。

 完成といえば、今月は作曲やったぜ。「フルート、クラリネット、ソプラノとピアノのための魔笛の主題による変奏曲」というんだよ。何でそんな編成か、というと、娘が音高のオーディションによるアンサンブルの演奏会に出る、というのに集まったメンバーがそういうことになってしまったかららしい。迷惑な。
 テーマはモノスタトスに捕まりそうになったときに鈴を鳴らして追い払う、例の場面の曲ですが、最初は軽いノリで書き始めちゃって軽快に進んでいたんだけど、途中からモーツァルトの影におびえてしまって、怖くて筆が進まなくなった。変奏曲って、他の人の主題を使うんだから、作曲とは言えないじゃん、とか思っていたんだけど、ちゃんとその人が「作曲した」ということになるのはそういう意味か、とちょっと感じることができました。

 しかも今日はその娘が(別口の)コンクールの2次予選の本番がある。今伴奏者が家にきていて、これから一回合わせて会場に出発です。どうなることやら。
スポンサーサイト



【 2007/04/30 23:44 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

校医さん

 学校のこの時期は健診のオンパレード。身体計測、聴力検査に視力検査、耳鼻科健診、内科健診、眼科健診、歯科健診、心電図なんてのもある。
 おとといのは眼科検診だったが、すごかった。子ども達が両手でアカンベをした状態でお医者さんの前に出るとチラッと見てうなずく。そして、全校生徒130余名がわずか10分ほどで終わってしまった。
 当初の予定では3年生から始まって20分後に1年生が開始される、ということで、1年生の職員はのんびり構えていたのだが、私が何となく進行状 況を見に行ってびっくり仰天、まるでそうじしたてのキッチンシンクに水が吸い込まれるように生徒の列が短くなって行くではないか!!で、大至急1年生を呼 んでこい、ということになったが、全然間に合わず、2年生が終了してから1年生の開始まで間が開いてしまった。昔から、校医さんというのは扱いにくい人種 の代名詞(廊下がウルサイとか言って怒って帰っちゃったりとか)で保健の先生がすごくピリピリするから、今回の「待たせちゃった状態」には肝が冷えた。
 でも、よく考えてみると、なんでそんなに気を遣わなきゃいけないんだ?

【 2007/04/28 23:43 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

飲み会の会費

 昨日は職場の歓送迎会でした。私は酒が強くないし、何よりも(好きでもない職場の)みんなで盛り上がって飲む、というのがはっきり言って嫌いなので、できれば参加したくない。やたら注がれたり、耳障りな騒音の中でどうでもいい人の話を聞き取る努力、酔っぱらったときの気分の悪さ、服や髪の毛にしみこんで 後々まで消えないタバコの煙の禍々しい悪臭、最近は立場上サボれない面も出てきたとは言え、なぜ自分はここにいなけりゃいけないんだ、と思わないことはありません。

 そしてその会費の高さ。昨日の会費は¥5500。それでも当初セッティングされた会費は¥8000!!!職員会議の最後にアナウンスされた時はさすがの酒好きの面々も絶句してしまい、急遽場所を変えての開催となったのです。金銭感覚狂ってないか?
考えてみれば、そんな値段の夕食をプライベートで楽しんだことなんて、ない。それだけのカネがあれば夫婦二人でそれなりのディナーを楽しめるんじゃないか、と思うと口惜しい。

 そんな飲み会が、3月から4月にかけて、卒業式後の3年生お疲れ会、学年末大納会が学年と学校全体の2回、新学年始めの会、そして昨日の歓送迎会、と馬鹿みたいに続く。コチトラの乏しいお小遣いじゃまるで飲み会のために働いているのか?と思いたくなるほどにカネがザバザバ消えていく。さすがにうんざりです。

 しかし、もっとヤバイのは「校長会」の歓送迎会の会費だ。偶然の間違いで、そのお知らせの書類が私の机の上にあって見ちゃったんだけど、なんと ¥10000!!!??たったのひとときの飲み代に何でそんなにかかるの?コンパニオンでも呼ぶのだろうか、という気分にもなっちゃうよ。
【 2007/04/28 23:42 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

提出書類の山

例年この時期は提出書類の締切が一気にゴソッとくる。計画的にやっておけば良さそうなものだが、根がグータラなものだからいつでもせっぱ詰まってからでないと取りかかれない。
学年経営案、年間指導計画(音楽とキャリア教育)、評価計画と評価規準、備品購入希望書、消耗品購入希望書、その他諸々で、今週末までに上げなければならないのだ。

…なので、まだ起きてます。
【 2007/04/26 23:42 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

歳時記

 すごい田舎学校に勤めてるもんだから(といっても都心から1時間圏内なんだけど)、行く途中にたいへん広大な田んぼが左右に広がっているところを通る。 その田んぼに水が入り始めたのを今朝見た。先週末に、用水路の水かさが増えていたので、ああボチボチか、と思っていたのだ。帰りには満々と水をたたえた区 画があちらこちらに広がり始めていた。もうすぐ一面水を張った状態になるであろう。

 まさにこれが日本の原風景?米がなければ食事にならん。田んぼがなければ米はできん。その田んぼに水が入り、田植えをし、稲が育ち、実る。通勤しながら間近にその光景が見られる、というのはなんだか豊かな気がする。

 しかし今年は異常に雪が少なく、水不足がほぼ約束されている?状態である。梅雨の雨量に期待するしかないらしいが、どうにか実りの秋を迎えてほしいものだ。
【 2007/04/24 23:41 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ヤマハ銀座店

 きのうヤマハ銀座店へ行った。といっても、今「銀座のヤマハ」は銀座にはない。ビルの建て替えということで、東京駅八重洲口の駅前で仮店舗営業中である。路地に車を止めて、新幹線のホームが見える大通りを南へ歩いていくと、リプトンだったか紅茶のアンテナショップがあっておしゃれな雰囲気である。その隣がヤマハの仮店舗なのだが、、、
 とにかく狭い。そのためか、品揃えも貧弱になっているのが正直見えてしまう。BGMの音量が大きいのも、空間が狭くて客の話し声がダイレクトにひびいてしまうのを避けるためなのだろうが、楽譜を探す方にしてみれば迷惑この上ない。
 そして、やはり異常をきたしているのが客層か?なんだか場にそぐわない人間が多く紛れ込んでいるのをいつも以上に感じる。家内の話でも、パッタ ンパッタンでかい音を立てて歩き回る小さなお子様をほったらかしにしているお母様とか、やたらに大声であの曲は弾ける、これは弾いたことがあるなどとのたまうおばさまとか、女子トイレで長々とお化粧をなさって一向出ていらっしゃらないお方とか、とにかくヘン。
 この状態が銀座のビルが完成する来年夏?まで続くのかと思うととっても憂鬱だ。
(もっとも、月に1回ぐらいしか行かないんだけどね。)
【 2007/04/22 23:40 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

保護者会

 明日は保護者会だ。1年生の学年主任として、「お話」をしなけりゃいけないのう。通常、保護者会のお話のメニューは
1.学年主任の話(ご挨拶と生徒の様子をかねて)
2.学習について(勉強のしかた、授業の様子等)
3.生活について(生活の決まり、生活の様子、困ったことなど)
4.会計について(学年費をどんなことに使うか)
というわけなんだけど、いろいろな分掌の状況その他から、1~3まで全部俺が話をする羽目になった。しかも持ち時間は30分(少なすぎる)。どうしようか…

 というわけで、話すことを考え、レジュメを考え、しかも考えるだけで遅々として何も進捗せず、時間だけが過ぎ去ってしまった。結局のところ、 「何を話すか」ということと「学年主任としてこの1年生をどう導いていくのか」というのがイコールなんだな。今までと全然違う幅広いところに目を行き届か せなければならない。とてもじゃないが、そんなに簡単にまとまるモンじゃないよ。

 どうにかレジュメとか資料とかをかき集めて、やっとの事で昨日原案を校長に起案。でも今日になってさらに追加があったり、別の分掌(ボランティ ア活動)の計画立案をしたり、授業をやったり、企画会議があったり、避難訓練の誘導係をやったり、生徒手帳用の個人写真の撮り直し(髪の毛が目にかかって 撮影やり直しになったトンマ達が毎回いるのさ)を監督したり、1年坊主たちの部活動本入部につきあったり、3年男子の悩み相談につきあったり(何でそんな こと俺が?)、下校時間を過ぎても教室でキャーキャー騒いでるヤツがいると思って見に行ったら卒業生がもとの担任と話しているのに出くわしたり(そいつら は中学生の時のキレイな姿は見る影もなく、自分の顔をキャンバスにしていて、ほとんど妖怪変化)でもう訳がわかりません。
 やっと一段落したら6時半。今日はもうかえって寝るわ!と宣言して帰ってきたけど、やっぱり寝るのはこんな時間になってしまった。お休み。
【 2007/04/19 23:39 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

日曜大工?

 長年レッスン室で使っている本棚が壊れてしまった。本の重さに耐えかねて、棚板を支えている器具が破壊してしまったのだ、同時に何カ所も。何しろ、本と言ってもほとんどが楽譜で、大学で知り合った彼女と結婚したことで量が倍になり、さらに家内がピアノ教室を続けてきたことで増え続けた。そりゃ壊れるよね、すごい重さなんだから。(本の多い家庭は引っ越し業者にも嫌われるんだよ)

 しかたなく、両サイドに厚めの板を噛まして棚板を支えることにして、板の購入とカッティングのためにカインズホームに行く。そして予定の寸法にカットしてもらって、さて組んでみたら、ありゃ、奥行きが1センチ長すぎて入らない。やむを得ず縁先に出てノコギリで切る。何のためにホームセンターに 行ったのかわかりゃしない…

 さんざん苦労して板を切ったあげくきれいに本を出して並べて元通りにして、さてその後家内がレッスン室で練習をやって、本棚の感想を聞くと、「え?ごめん!見なかった。」ですと。

 レッスン室の寄せ植えが枯れて、それも新しい草花を買ってきて植え替えたりとかね、今日はいろいろやったんだけど、色々そういうメンテをするのはいつも俺なのさ。もうちっと尊敬してもらいたい気がするのは贅沢ってものか?
【 2007/04/15 23:38 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

はやくも怪我人が…

昨日のことである。
 午後から新入生対象の部活動紹介があり、何となく普段と違った雰囲気の中で事故は起こった。といっても、2年生の陸上部男子の生徒が卓球部の2 年女子生徒に「持たせて」といわれて砲丸投げの球を渡しただけのことである。球は5キロ。その女子はその時コンクリートの地面に座っていたのだが、砲丸を 何の気なしに片手で受け取った瞬間に腕が球の重さに耐えきれず手が地面に落ちてしまった。そして、コンクリートの地面と砲丸にはさまれる形になった薬指の 先端を骨折してしまったのである。

○卓球部の顧問1「片手で砲丸を受け取るなんて、何考えているんだ!」
○陸上部の顧問「部外者に砲丸触らせるなって日頃から言ってるのに、何考えてるんだ!」
○卓球部の顧問2「S・・君(その陸上部男子)が普通に持ってたから、軽いと思って受け取ったんだね。でも彼は力強いんだよね。」
ちなみにS・・君はここに来て急激に身長体重が伸びて、いきなり大人になった感じだ。体力も相当伸びているのだろうが、女子はそれを実感できないのかも知れない。

 それにしても、このごろの生徒は簡単に骨を折る。何で?と思うような場面で折るのだから、本当に困りもの。教員側は(ま、たいしたことないでしょ)と思っていてもそれが一大事だったりする。
 教育現場で一番いやなことは、生徒が死んだり大けがをすることだ。何にしても、こんなことは無いに越したことはない。
【 2007/04/11 23:37 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

入学式

きのうは入学式でした。いろいろあった…。
 まず、朝早くからの電話で「T・・さんがインフルエンザで休みだって。」…そしてやや間があって、生徒会担当の先生が突然!バン!と立ち上が り、「えっ!!T・・が休み!!どうすんのよ!」そう、T・・さんは新入生入場の際にプラカードを持って式場に新入生を入場させる役目を持った生徒会役員 だったのです。さあ大変、ということで、急遽代役を立てることに。2階の職員室の窓から登校する生徒を見て「お~い、○○、やってくれ~」「エ~~やだよ ~」なんて会話が交わされている。ま、別の生徒会役員の男子が引き受けてくれて事なきを得たけどね。さすが3年生ともなると肝が据わっている。

 そして入学式本番。「新入生呼名」は、概ね今年の新1年の質がわかるというヤバイ場面だ。一人ずつ担任が名前を呼んで生徒が「ハイッ」と返事をするわけだが、これがなかなかよい。というより今まで見てきた中で最高かも知れない。普通なら物怖じして俯き加減で蚊の泣くような声の返事を想像してしまうのだが、全然そうではない。俺ら年寄りが理想とするような感じなのさ。元気いっぱいすごいでかい声のヤツもいたりして、ビックリ。こりゃ幸先がいいか も。ただ、それは男子だけで、女子はちょっとね。このごろはどこの中学校でも女子の質が悪い(だらしない、すなおじゃない、など)といわれているのだが、 確かにそのような感じがする。

 そのあとは、そのまま新入生の保護者会をやって、役員を決める。そこで「学年主任」であるこの私が「ご挨拶」をしなければならないのだが、そん なの初めてなので、思い切りあがってしまった。声がうわずった。立場が違うとプレッシャーも違うね。けっこう保護者を前にして話す場面は多くて、慣れてい たつもりだったんだけど、なんだか責任の重さを痛感する。

 その後は休むも無く写真撮影、職員会議、というわけで、なんだか時間に翻弄されて一日が過ぎてゆき、どっと疲れてしまいました。
【 2007/04/10 23:37 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

生徒手帳

 生徒手帳って、あの、最後のページが身分証明書になってるヤツですが、それの製作(といっても生徒のゴム印を押したりナンバリングを押したりして生徒た ちに渡す準備ね)をしなければならないのにできない。なんと、ブツが納品されていないのです。その理由が困った。うちの中学校の住所が「江戸川区」とか何 とか全く違う学校のが印刷されていて、一度返品した、という。
 本当に、次々といろいろとあるのう。
【 2007/04/06 23:36 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

学年主任

 なんと、1年生の学年主任になってしまいました。この年になって、初めてです。気配りの苦手の自分としては、向いてないな~とは思っているのですが。
 でも、年齢的にもそんなワガママを言ってられないのかも知れません。不安だけど頑張るしかないね。
 まずは入学式を無事乗り切らなければならない。どうなることやら、これから10日ほどはスリル満点の日々が続きそうです。
【 2007/04/03 23:35 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

恐ろしい事故

 昨日、突然海が見たくなって、妻と大洗海岸までドライブを敢行した。
 その途中の高速道路で、直前に起きた事故の現場に出くわした。突然の渋滞でスピードを落とし、ゆっくり通り過ぎて見る。ワゴン車(ミニバン?) の単独事故のようだった。まだ警察も救急も到着していない。左側に3台ほど仲間の車が止まっていて、その先に、左側に前部バンパーなどの部品が転がり、車 両本体はさらにその先の中央分離帯にあって、後ろの車輪を分離帯のワイヤーに吊られてぶら下がっているように見えた。追い越し車線に人が横たわっているの が見える。
 ハンドルを切り損ねたか、居眠りをしていたのか、おそらく道路の左側に突っ込んで、跳ね返って中央分離帯に乗り上げたのであろう。前部座席は グチャグチャに大破。路上は自動車の破片とえぐれた道路脇の土が散らばって凄惨な有様だ。追い越し車線に積み荷が散乱している。その中に、サッカーボール が7~8個も散らばっているのを見て私は本当にぎょっとした。まさか少年サッカーの遠征の途中かなんかで、子ども達が大勢乗っている?!!
 いや、いない。運転手だけのようだ。その運転手が車外で倒れている。私の車がちょうど脇を通過したときに「う゛~~」という獣のようなうめき声とともに腰をひねろうとした。顔は見えなかったが右腕は肩から手の甲まですべて、まさに血まみれである。介抱している仲間がその手を押さえながら、「○○○っ!(その人の名前)動くなーっ!!」と叫んでいる。声の限りに。その声は彼の耳に届いているのか。地獄だ。
 それにしても高速道路の事故というのはすさまじいものだ。まあ20年以上も自動車を運転しているから、今までもいろいろな事故に遭遇したものだったが、ここまでのは初めてだった。彼は大丈夫だろうか。いろいろな思いが錯綜して、しばらく何も言えなくなった。事故はいやだ。安全運転を心がけねばならぬ。
【 2007/04/02 23:33 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |